FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ZUBU Easy Englishでの受講 

ティナ先生、ベル先生、ディンプル先生、ジョシュ先生で受講しました。
もうすぐポイントが無くなります。更新を迷っています。

ディンプル先生の授業の時には、毎回、新出単語の英作文をやるのですが、今回は、「今日は、作文するのも速いし、文もいいわね。」とほめて頂きました。作文以外の、ディスカッションの部分も調子良くできました。明るく、生徒のやる気を出すのが上手い先生です。

ジョシュ先生は初めての先生です。真面目そうで優しい先生ですが、先生の経験は浅いのでしょうか?テキストを使ってきっちりやりたい人には良いのかもしれません。

昨夜は、アンディさんとお話をしました。
”How are you?”ときかれた時、私は、自分の返事だけして、相手に聞き返さないことが多いのですが、昨日は、「僕にもきいてよ。」と言われてしまいました。どうも、歯(厳密には歯肉)が痛くて、そのことを言いたかったようです。しばらくは、「痛い、痛い。」と大騒ぎをしていましたが、鎮痛剤が効かないのかどうか確認すると、「鎮痛剤!なんと良いアイディア!」と薬を飲んでいました。
アンディさんによると、日本の薬は弱くて効かないことが多く、アメリカの薬は強すぎて目眩がしたことがあるそうです。外国の薬が強いというのは良く聞く話ですが、アメリカとイギリスにそんなに差があるとは思いませんでした。

アンディさんは歯痛になったいきさつを日本語で話し、それを長時間きいていたせいか、私が無口になってしまいました。彼は私をなんとかしゃべらせようと、英語でいろんな話題を振ってきました。レッスン中でもそうなんですが、一度下がったテンションってなかなか上がらなくないですか?

結局、選挙に行ったという話をきっかけに、ようやく調子が出てきました。イギリスでは、普通、投票率は30%程度だと言っていました(本当かどうかはわかりません)。どの政党も言っていることがほとんど変わらないから、みんな選挙に行かなくなったそうです。
私が、地方選はそういう部分もあるけど、国政選挙の時には、結構違うし、例えば憲法改正にも関わることだから投票しなくてはならないとか、そんな話から、外国人参政権の話題になりました。
基本的に、私は外国人参政権に反対だと言うと、理由をしつこく聞かれました。"Foreigners have less responsibilities."と切り出し、「帰る国がある人が日本人と同じ位、真剣に日本の将来について考えているとは思えないから、同じ権利を与える必要は無い」、という趣旨のことを言うと、「全く同じ考えだ。」と同意していました。でも最初は、私を非難しようとしていたので、多分嘘だと思います。

話の内容はちょっとアレですが、別にけんか腰で話している訳ではありません。二人とものんびりしゃべるタイプだし、感情の起伏も小さいので、どんな話題でも揉めることはないと思います。今回は最後まで、「鎮痛剤のことを教えてくれてありがとう。」と感謝されました。
スポンサーサイト

category: ZUBU Easy English

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://piro55diary.blog109.fc2.com/tb.php/729-6d852ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。