02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

オンライン英会話・体験レッスン 

今回はEnglish de goというところの体験レッスンを受講しました。

初回から、いきなりの代行レッスンでしたが、代わりの先生がとても良い先生で話しやすくて良かったです。
"Breaking News English"から、歩きながら携帯メールなどをするのは危険という話でした。この位、短くて易しい文だと、どんなことが書いてあったか聞かれても、割とスラスラまとめられるのですが、政治や経済の記事になると、とたんに詰まりまくってしまいます。

体験レッスン2回目の先生は、ESLのトピック集からどれについて話したいかを選ばせてくれました。一番、当たり障りのなさそうな食べ物に関する話題を選びました。この先生も話しやすい先生で、文法ミスがあればさりげなく言い直してくれたりして良かったです。
二人ともいい先生だったので、少し心が動いています。

もう一つは、eTOCです。こちらも2回の体験レッスンが受講できます。
一人目の先生とは、コロケーションの勉強をしました。使用する教材のリンクを送ってくれましたが、その教材は全く使用せず、コロケーションの説明をしてくれました。途中、質問をしたのですが、説明がちょっと納得いかず・・・でした。

二人目の先生とは、英検準一級コースをやりました。一応、合格しているのですが、一級コースだとさっぱりわからない可能性が高いし、一次試験の勉強をどうやってやるのか興味があったので。
すごく良さそうな先生だったのですが、音質に問題があり、半分ぐらいしか聞こえませんでした。何度かコールしなおしてもらったのですが、最後まで良くなりませんでした。
どうするか微妙な結果になってしまいました。

ウィリーズは週2回、ちゃんとやってます。
カリキュラムより、先生との雑談が楽しいです。

最近、体験レッスンをいろんな所で受けていてよく言われるのが、テキストを読むの時の発音やイントネーションが日本人ぽくないということです。もちろん、ネイティブっぽいと言われたことはありません。なに人っぽいのかはわかりません。フィリピンっぽいんですかね?まあ、それでいいということなので、このままで。
一時期、いろんなネイティブスピーカー(イギリス人は難しいのでアメリカ人だけ)の音源を真似していたことがあったので、そのおかげかもしれません。今はネイティブの真似ブームが去って、発音に関しては何もしていませんが、イントネーションは多少意識しています。

ようやく英語での読書を始めました。2年位前に"The Piano Shop on the Left Bank"を読んで以来です。ニュース記事や論文は日常的に読んでいても、小説は非常に読みにくく、かなり時間をかけて読んだのを覚えています。今でも多分それは変わっていないです。
今回は、"The Snowden Files"を読んでいます。これはニュースの延長で読めるし、ニュースより英語自体が易しいので非常に読みやすいです。
スポンサーサイト

category: 体験レッスン

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 38-39 

ジェリメ先生、ダニエル先生、マリアン先生、ルー先生、パール先生、チェル先生で受講しました。

今回は、進みの速い先生が多かったです。唯一、チェル先生はしっかり言い直し派です。やはり私には、何度も言い直しをしながらのんびり進む方が合ってますね。予習をちゃんとしていれば良いのでしょうが、知ってて当たり前みたいな感じでレッスンしている中、「え〜っと、それはどういう意味ですか?」とたびたび聞くのは気が引けます・・・。

"confirmed bachelor(独身主義者)"のことをダニエル先生は、「日本だと草食男子のこと。英語だと、熱中している趣味や確率したライフスタイルがある人が、あえて結婚しないことを選択しているポジティブな意味だけど、草食男子はちょっと違うね。」と言っていました。私も反論はしませんでしたが、草食男子というよりは独身貴族の方がしっくり来ますね。

答えにくかったのは、これです。
"Do you think there are many outspoken opponents of the government in China? Why?"
私は、"No"で答えるつもりでしたが、最初の先生は、私が答えを言う前に、"Yes"で答えて、模範解答まで教えてくれました。"totalitarian country"だから無理と答えるつもりだったのに。

stag party (結婚前夜の)男だけのパーティー
alight 降りる、燃えて
outspoken 率直な、遠慮のない
in the same camp 味方同士で

category: DME Advanced Book2

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 38 

DME Advanced はローデット先生、グレース先生、ジュリー先生、チェリー先生、ルー先生、アリックス先生、ジェイアン先生で受講しました。

新しい単語が結構出てきました。あまり進んでないので、かなり言い直しをしたということですね。おかげで単語はほとんど覚えてしまいましたが・・・。
一番手こずったのはこれです。有無をいわさず模範解答へ誘導されました。

"What happens when the policy of a government is incoherent?"の解答です。長いし難しいです。
"Check and balances should be applied between the three branches in the government, such as the legislative, the judicial, and the executive of the government, when the policy of the government is incoherent."

windfall 思いがけない大きな収入
bounty 報奨金
perk 臨時収入
kitty 賭け金
equivocal あいまいな
perplex 当惑させる
blunder 大失敗
fidelity 忠誠、忠実
inclined to ~する傾向がある
give credence to 信じる
keep in with 仲良くする

オンライン以外の勉強として、英作文を習慣にしようと思っていました。語学系SNSを使ったり、アンディさんに直してもらうことも考えましたが、プロの英文添削サービスを利用することにしました。毎日は無理っぽいので、週に2、3回提出する予定です。

仕事が一段落したので、週末に映画を見ました。『それでも夜は明ける』です。原題は"12 Years a slave"です。
キャスティングとかストーリーとか全然知らずに見たので、ベネディクト・カンバーバッチが出てきて驚きました。前半に少しですが。そして、後半ではブラッド・ピットが出てきました。風貌といい、発言といい、なんか突然、空気が今風になってしまったような気がしました。
映画自体は一応ハッピーエンド風になっていますが、主人公自体、元々「自由黒人」という当時のアメリカの黒人の中では特権階級だったわけでしょう?そう考えると、なんだかなあ・・・という気がしました。

category: DME Advanced Book2

cm 0   tb 0   page top

アンドラーシュ・シフ サントリーホール 

コンサートの記録を書くのは久しぶりですね。長い間行っていませんでした。
3月16日、アンドラーシュ・シフ氏、サントリーホールでのコンサートです。

6つのバガデル
ピアノソナタ32番ハ短調 op.111
ディアベッリの主題による33の変奏曲ハ長調 op.120

私は会場に来るまで知らなかったのですが、震災のための追悼と復興への祈りを込めたコンサートだったようです。
ピアノはベーゼンドルファーでした。演奏はいつも通り、素晴らしいです。

アンコール1曲目は、バッハのゴールドベルクのアリアでした。ベーゼンはベートーベンよりバッハの方が合うのかもしれません。
本人から被災者や遺族、日本人へメッセージがあり、その後、驚いたことに、アンコール2曲目としてベートーベンのピアノソナタ30番をフルで演奏してくれました。終わったら、会場が総立ちでした。演奏も素晴らしいですが、人柄も素晴らしい方です。
会場を出たら9時50分でした。開始から、3時間近くに及ぶ熱演でした。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

オンライン英会話・体験レッスン 

オンライン英会話の体験レッスンを受講中です。
イングリッシュ・ベルはしばらくは継続予定ですが、ニュース記事やテキストを使ったディスカッション主体のレッスンを加えたいと思っています。
他に希望する条件は、毎日受講型ではないということだけです。

リアル英会話、スラリーe、ウィリーズ英語塾の体験レッスンを受講しました。

リアル英会話は50分レッスンで講師陣に自信有りとのことです。レッスン価格もお手頃です。ポイントは1ヶ月ごとの購入ですが3ヶ月有効とのことで、使い勝手がよさそうなスクールです。
50分レッスンのためか、体験レッスンは1回だけです。
ニュース記事のディスカッションとかだと25分じゃ足りないことが多かったので、50分レッスンのみということなのかなと思いますが、体験ではフリートークを50分だったので、いまいち50分レッスンにこだわる必要性がわかりませんでした。最初に希望を言っておけば時事英語とかも選べたのでしょうかね?

スラリーeは2回の体験レッスンが終わりました。
最初のフリートークとカリキュラムレッスンは別々の先生で受講しましたが、どちらも話しやすい良い先生でした。
カリキュラムレッスンはグラマーレッスンとのことで、スポーツに関する動詞についてでした。雑談を交えながら楽しくおわりました。

ウィリーズ英語塾も50分レッスンのみです。担任制で週2回の時間固定制です。ここは、瞬間英作文(森沢本ではないので、スクールでは別な呼び方をしていたかもしれません)と音読を柱にしています。
体験レッスンは2回でした。スパルタ系かと思っていましたが、担当の先生がほんわかした感じの方だったので、全くそんな感じがしませんでした。瞬間英作文と音読はそこそこ出来ているらしいので、「あなたはもっと自分の考えを表現する練習をした方がいいわね。」ということで、合間にちょこちょこ質問を挟んだり、意見を言わせたりしてくれます。上手く言えませんでしたが・・・。
時間固定制というのは辛いのですが、まあ、なんだかんだで良さそうだったので、とりあえずここだけは本登録しました。サポートもきめ細かい感じです。

結局、予定外のスクールを契約してしまい、記事レッスンをするところはまだ決まっていません。スラリーeも良かったし、バリューに戻ってもいいのですが、あと2、3気になるスクールがあるので、気力が続けば体験レッスンを受けてみます。

category: 体験レッスン

cm 0   tb 0   page top

ロシア語のロゼッタストーンと言語交換 

ロゼッタストーンは、レベル3の最後、ユニット12のレッスン3をやっています。3月中にレベル3が終わるかどうかという感じですね。まあ、急ぐ必要は無いのですが、失速するとやる気に影響するので、がんばります。

レベル1と2の復習は、もう3~4回まわしています。苦手のディクテーションもだいぶ正解率が上がってきました。рとл、шとщの聞き分けはだいぶ自信がついてきましたが、ьとиを耳だけで判断するのは難しいです。それ以外の母音も難しい(というか不可能なものもある)ので、その辺りのスペルミスが多いです。

レベル1は次回の復習から省略してもいいかなあと思っています。そのかわり、ロゼッタストーンの中の、ゲームやリーディングもやっていきたいです。そして、そろそろstudioレッスンも再開しようかな?

ターニャさんとの言語交換は、ちゃんと毎週やっています。今回は、日本昔話の中から『狐と熊』の話を説明しました。一緒に大根を植えて、半分ずつ収穫しようと、狐が持ちかけます。収穫の時には、狐が地下のものを、熊が地上のものをという半分こです。ターニャさんは、似た話がロシアにもあると言っていました。そして、ロシアでも、狐はだいたい悪役だそうです。

前回、ターニャさんに、なぜクリミア(彼女はクリムと言っています)にはロシア系住民が多いのかと尋ねたら、「いい所だから!」という緊張感ゼロの答えが返ってきたのですが、今回、「piroさんの質問をお母さんにきいてみたら、クリミアは以前はロシアのものだったから、ロシア人がたくさん住んでいるそうです。」と教えてくれました。
夏には、ターニャさん一家もよく旅行で行っていたようで、友人や、知人もクリミアに住んでいるそうです。どっちにせよ、穏やかに決着がついて欲しいです。

ターニャさんはいろんな言葉を覚えていて、「おじゃんになる」とか「腰抜け」などを会話に混ぜていました。最近覚えたそうです。
「おじゃんになる」は、意味はわかりますが、私は多分使ったことがないです。腰抜けはтрус(трусиха)というそうですが、「ロシア人は腰抜けが大嫌いなので、そういう人を見ると、どんどん悪い言葉を言いたくなります」と言っていました。本当は、もっと悪い言葉があるようなのですが、「これ以上は教えられません。」とのことでした。

秋のロシア語検定を受けるなら、そろそろ文法の勉強を始めないといけません。ロゼッタストーンだけでは、語彙も文法も全然足りてないでしょうから。

category: ロシア語

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 36-38 

しばらく記録を怠けていましたが、DMEは細々と受講していました。

ニッキ先生、ルー先生、ナイス先生、グレース先生、ダニエル先生、アリックス先生、マベル先生、ジェリメ先生、マテット先生、アンジェリー先生、チェル先生、ジェイアン先生、ダニエル先生、ルー先生、マテット先生で受講していたらしいです。いつの間にかレッスン38に入っていました。
解答の自由度は、ベテランの先生の方が高いのかと思っていましたが、最近入った先生の方がサンプルアンサーに導くことが少ない気がします。

相変わらず変な質問文も多く、どの先生もこの(↓)の質問文の時には読みながら爆笑していました。
"If you were on a very crowded bus, and suddenly noticed that a person standing next to you had hairy armpits, what would you do? Would you feel comfortable?"

レッスン37の後に、"Writing Folder"という練習問題があり、formalな表現からinformalな表現への言い換え(またはその逆)を練習しました。ダニエル先生との授業の時でした。
informalの方に"do your own cooking"という表現があり、先生が、「cookのformalな言い方は何?」と言うので、知らないと答えると、先生も知らないとのことでした。先生が答えをチェックして"concoct"が正解とのことでしたが、「良くない問題だね。」と言っていました。そもそも私は、"do your own cooking"自体、見たことが無いです。

そういえば、アンディさんと英検の勉強をしている時に、時々、「それはアメリカ英語だね。」と言われることがありました。英検の問題集は、ほぼ、アメリカ英語で出来ているようです。condominiumという単語も、「ちゃんとした意味が分からないから説明して。」と言われました。イギリスでは、賃貸だろうと分譲だろうとflatだそうです。なんかチープな感じですね。
あと、2次試験の問題集の模範解答を読み上げていたら、一カ所だけ、「変な英語だね。意味が分からない。」と言われた所がありました。これも英米の差なのかどうかはわかりません。

これから、どんな勉強をするか考えている所です。文法と英作文の勉強のために、『英文法解説 江川泰一郎(金子書房)』『基礎英作文問題精講 花本 金吾(旺文社)』を買ってみました。『英文法解説』の方は、かなり堅い感じです。電車や風呂で読める感じではありません。『基礎英作文問題精講』は学参ですが、実際の会話に使えそうな例文も多いです。
単語(コロケーションも)はこれまで通りコツコツ(というかダラダラ)やることにして、リスニングをなんとかした方が良さそうなので対策を考え中です。出来ないという自覚が足りていませんでしたが、実際はかなり出来ないようです。ここはやはり、ヒアリングマラソンでしょうか?でも難しそうなんだよなあ・・・。
ニュース記事を読むのと聞くのは習慣化したので続けることにしますが、知りたい所しか聞いていなかったりするせいか、リスニング力アップにはあまり貢献していないようです。
その他には、英作文も継続的にやっていきたいと思っています。欲張っていますが、時間が作り出せるかどうかが問題です。
とりあえず、来週、2つオンラインスクールの体験レッスンを入れました。2カ所とも50分レッスンです。1つはスパルタ系と思われます。大丈夫かな??

春ですね。だから、新しいことをやりたくなっているのかも。

category: DME Advanced Book2

cm 0   tb 0   page top

ZUBU Easy English 

ご無沙汰しております。
ZUBUのポイントが少し残っていたことを思い出し、久々に受講してみました。多分、最後の受講から半年以上経ってると思いますが、さすが、期限無しのポイントなだけあって、今でも有効でした。

ザラ先生です。多分初めてです。
しばらく自己紹介や雑談をして、「最後までこんな感じで話す?」と聞かれたので、記事レッスンにして欲しいというと、チャットボックスに記事がペーストされてきました。遺伝子組み換えの牛から人乳を作ると言う話でした。
組み替え食品についての感想や日本では普及しているかということをきかれました。フィリピンでは組み替えの食材は一般的なようです。

最近は、音読をしながら内容を理解することがだいぶ出来るようになってきたかなと思っていましたが、音読の後、「内容を要約してみて。」と言われて、慌てて「もう一度読み直してもいいですか?」と確認してしまいました。やっぱり出来るようにはなっていなかったようです。
久しぶりだったので、ZUBUのホームページは以前とだいぶ変わりましたが、肝心の予約画面は以前のままですね。ちょっと使いづらいです。

英検は、一次同様、ギリギリでパスしました。達成感はありません・・・。面接中に自覚があるほどひどい出来だったので。1次試験も含めて、ダメな所がよりはっきりわかったので良かったです。
仕事も一段落したので(束の間ですが)、またスクールジプシーをするかもしれません。そして、自主勉強のプランも練り直したいです。

昨年の秋に、ベランダのプランターにディルとビーツの種を蒔きました。ビーツの方は枯らしてしまいましたが、ディルは越冬してぐんぐん育っています。ハーブは強いですね。もう少し暖かくなったら、ビーツをやり直します。

category: ZUBU Easy English

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。