05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

hanaso体験レッスン 2回目 

今日は、hanasoの2回目の体験レッスンを受けました。
予約していた先生が都合が悪いらしく、いきなりの代講レッスンでした。

前回同様、記事レッスンをしたいと希望欄に書いておいたのに、簡単な自己紹介のあと、記事レッスンにするかフリートークにするか聞かれました。記事レッスンをしたいと言うと、Breaking News Englishのリンクが送られてきて、「この中から選んでね。」と言われたので、一番新しい記事"Newborn baby alive after 40 hours in sewer"を選びました。
これまでに、Breaking News Englishを使ってレッスンしたことはほとんど無かったんじゃないかな。記事自体は簡単でしたが、まあ、あまり面白くないトピックだったこともあり、盛り上がりに欠けました。
先生は悪くはないんですが、特にこの先生じゃなきゃというのもなく、といったところです。

6/30までは初月半額キャンペーンをやっているそうですが、決め手に欠けます。先生も多そうだし、とりあえずやってみるというのもありですが、記事レッスンをやるスクールを探しているのに、毎回、「フリートークにするか?」と聞かれるのもちょっと面倒です。代講は多いのかなあ?あと3日ぐらい考えてみます。
スポンサーサイト

category: 体験レッスン

cm 0   tb 0   page top

今週の記録 5週目 

オンライン以外の勉強の記録です。相変わらずはかどっていません。

『DME』の音読は、Stage9のレッスン146まで終わりました。忘れていた言葉が結構でてきます。
"provided that(ただし〜ならば)"とか"put out(火や明かりを消す)"とか"in the event of(〜の場合には)"などです。会話で使っていきたいです。

そういえば、"stop off"と"stop over"は全く同じ意味でいいんですかね?この間、アンディさんと話していた時に"stop off"と言っていたので、意味を聞くと、「飛行機の乗り換えの時に、経由地でちょっと観光をする時とか・・・。」と言っていたので、"stop over"のことかなと思ったのですが、聞き忘れてしまいました。

『English Grammar in Use intermediate』は、21ユニットまで終わりました。"shall"の辺りです。"Shall I ~"、"Shall we ~"以外に使ったことはほとんど無いかも・・・。"should"はよく使うんですけどね。

『キクタン990』はひと通り終わったので、キクタンのウリであるチャンツを通勤中に聞いたりしました。聞くだけで覚えるというのは、私には無理なのですが、覚えてから聞くというのは結構いいかもしれません。現在は『キクタン12000』をやっています。まだ5daysまでしか進んでいませんが、いまのところ『キクタン990』より易しいです。

『ゼロからスタート 基本動詞』
は読み進めるだけですが、とりあえず続いています。

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

ロシア語の言語交換 

ようやくロシアへの荷物を送ることができました。
他の方のブログなどを見て、実際の送り方や郵便事情などを調べましたが、見れば見るほど混乱してきたので、ターニャさんの希望通りにEMSではない普通の小包で送ることにしました。SALというエコノミー航空便を使いました。これは普通に箱詰めして、宅配便の宛名ラベルのようなものに書き込むだけです。普通の宅配便のラベルより内容物を少し詳しく書く(重さなど)程度で、簡単です。これを郵便局に持っていくと、ラベルにハンコをバン、バンと捺されて、追跡番号をもらって帰ってきました。EMSでは必要となる明細書も要らず、国内送付とほとんど変わらない手軽さで送れました。料金は6.5kg程度で1万円近かったので、かなり高いと感じましたが。あとは無事に届いてくれるのを待つばかり。

お好み焼きの材料の中で手に入りにくいものを送る予定でしたが、魚製品はダメとか制限が多かったため、結局、鰹節をあきらめて、お好み焼きソースとお好み焼き粉だけになりました。他には浴衣一式とフィギュアスケート関連の雑誌、日本語能力検定試験の問題集、擬態語・擬音語辞典、たくさんのお菓子などです。衣類などに関税がかかる場合があるとのことなのですが、結局、調べてもよくわかりませんでした。多分、ブランドとか金額などによってでしょうか。ターニャさんに負担がかかりませんように。。。

ターニャさんとの言語交換では、夏の遊びについて話しました。私は肝試しとスイカ割りについて話しました。今回はかなり直されました。

Школьники и студенты обычно отправляются в поход во время летних каникул.
По случаю, они развлекаются традиционные забавы.
«Кимодамеси» - это игра, которая проверяет тебя на мужество. Летней ночью, когда собираются несколько людей, они начинают играть в эту игру. Один из участников идёт в страшное место, например в заброшенный дом, на кладбище или в пустынный храм. Когда дойдёт до места назначения, человек должен принести оттуда что-нибудь, или написать там своё имя, чтобы доказать, что он там был. А иногда другой человек выступает в роли привидения, чтобы его ещё и напугать.
Мы часто видим, как играют в игру под названием «Суикавари» на пляже в летнее время. Игрок, с завязанными глазами, стоит на расстоянии нескольких метров от арбуза и держит в руках палку. Он вращается на одном месте десять раз, а затем идёт к арбузу, чтобы сломать его.

文法ミスとか、そもそも言葉を選び間違えているとかいう間違いもありますが、ネイティブスピーカーならではの指摘もあります。と
例えば、私が、"Летняя ночь, когда несколько друзей собираются, эта игра часто начинается(夏の夜に、何人かの人が集まれば、その遊びが始まります)."と言うと、ターニャさんがニヤニヤしているので、「間違ってる?」と聞くと、「文法も意味もあっています。でも、すごくロマンチックな文になりました。」という指摘を受けました。ターニャさんの直してくれた文は、"Летней ночью, когда собираются несколько людей, они начинают играть в эту игру(夏の夜に、何人かの人が集まれば、その遊びを始めます)."と、主語が人であるところが違います。英語でも日本語でも、何か(物事)が始まるという言い方は普通にあるし、ロシア語でももちろんあるのですが、この場合はちょっと不自然だったようです。

ロシア人は一般的に、夏は、森や山に行くそうです。日本だと、海が多いかなあ。そして、気温が30℃以上の日には屋外で火を使うことは禁止されているそうです。バーベキューなどをしているところを見つかると、罰金を取られるそうです。といっても30℃以上の日は、年に数回しかないそうです。

ロシア人は、郊外にダーチャと呼ばれる別荘を持っている場合が多いです。ターニャさんによると7割位の人が持っているのではないかと言っていました。日本語には何と訳したらいいかと聞かれたので、「別荘という言葉があるけど、普通、別荘はお金持ちの人が持つもので、立派な家のことが多い。」と言うと、「ダーチャは小さくて、電気も風呂も無い場合が多い。」とのことでした。「じゃあ、小さな家か小屋かな?」というと『小屋』という単語を調べて、「小屋が一番近いみたい。」と言っていました。ダーチャでは、夏の間に家庭菜園などをして楽しむそうです。

category: ロシア語

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 30 

ジェリメ先生、マアン先生、マリアン先生、ダニエル先生、ジェイアン先生で受講しました。
マリアン先生はテキパキと進めます。ジェイアン先生は、最近ほぼ週一で受講しています。

"If you were a singer and you were greeted with jeers when walking onto the stage, what would you do(もしあなたが歌手だったとして、ステージに入る時にやじられたらどうするか)?"という質問がありました。ダニエル先生が、「無視して歌え。」とかごちゃごちゃ言っていましたが、"I'd cancel the performance."と答えると、「やめるの?」と驚いていました。普通、歌えないと思う。

"How long are the police allowed to detain suspects(警察は容疑者をどれくらいの期間勾留することが認められているか)?"との質問に、"indefinitely(無期限です)"と答えると、ジェイアン先生は驚いていました。「普通は24時間でしょう?」と言うので、「日本の場合は延長可能で、基本的には自白するまで。」と答えると、さらに驚いていました。冤罪が多い理由の一つでしょうね。

drift apart だんだん離れて行く、隔たりができる
pester しつこく悩ませる、~にうるさくせがむ
indignant 腹を立てた、憤慨した
jeer at ~を嘲る、やじる、酷評する
impetuous 激しい、衝動的な、性急な、せっかちな、猛烈な
detain 拘束する、拘留する
denounce 非難する、責める、非を鳴らす、糾弾する
renounce (所有物・権利などを)放棄する、(計画などを)断念する、否認する、拒絶する

約1ヶ月ぶりに発音クラスを受講しました。先生も私も、前回何をやったか全く覚えておらず、ファイルを送ってもらまでに15分位かかりました。今回も、文強勢でした。

take advantage of 〜を利用する、〜につけこむ
It takes two to tango. けんか両成敗
have against 〜に恨みを抱いている
have nothing against 〜に反感を抱いていない

category: DME Advanced Book2

cm 0   tb 0   page top

ZUBU Easy Englishでの受講 

ティナ先生、ベル先生、ディンプル先生、ジョシュ先生で受講しました。
もうすぐポイントが無くなります。更新を迷っています。

ディンプル先生の授業の時には、毎回、新出単語の英作文をやるのですが、今回は、「今日は、作文するのも速いし、文もいいわね。」とほめて頂きました。作文以外の、ディスカッションの部分も調子良くできました。明るく、生徒のやる気を出すのが上手い先生です。

ジョシュ先生は初めての先生です。真面目そうで優しい先生ですが、先生の経験は浅いのでしょうか?テキストを使ってきっちりやりたい人には良いのかもしれません。

昨夜は、アンディさんとお話をしました。
”How are you?”ときかれた時、私は、自分の返事だけして、相手に聞き返さないことが多いのですが、昨日は、「僕にもきいてよ。」と言われてしまいました。どうも、歯(厳密には歯肉)が痛くて、そのことを言いたかったようです。しばらくは、「痛い、痛い。」と大騒ぎをしていましたが、鎮痛剤が効かないのかどうか確認すると、「鎮痛剤!なんと良いアイディア!」と薬を飲んでいました。
アンディさんによると、日本の薬は弱くて効かないことが多く、アメリカの薬は強すぎて目眩がしたことがあるそうです。外国の薬が強いというのは良く聞く話ですが、アメリカとイギリスにそんなに差があるとは思いませんでした。

アンディさんは歯痛になったいきさつを日本語で話し、それを長時間きいていたせいか、私が無口になってしまいました。彼は私をなんとかしゃべらせようと、英語でいろんな話題を振ってきました。レッスン中でもそうなんですが、一度下がったテンションってなかなか上がらなくないですか?

結局、選挙に行ったという話をきっかけに、ようやく調子が出てきました。イギリスでは、普通、投票率は30%程度だと言っていました(本当かどうかはわかりません)。どの政党も言っていることがほとんど変わらないから、みんな選挙に行かなくなったそうです。
私が、地方選はそういう部分もあるけど、国政選挙の時には、結構違うし、例えば憲法改正にも関わることだから投票しなくてはならないとか、そんな話から、外国人参政権の話題になりました。
基本的に、私は外国人参政権に反対だと言うと、理由をしつこく聞かれました。"Foreigners have less responsibilities."と切り出し、「帰る国がある人が日本人と同じ位、真剣に日本の将来について考えているとは思えないから、同じ権利を与える必要は無い」、という趣旨のことを言うと、「全く同じ考えだ。」と同意していました。でも最初は、私を非難しようとしていたので、多分嘘だと思います。

話の内容はちょっとアレですが、別にけんか腰で話している訳ではありません。二人とものんびりしゃべるタイプだし、感情の起伏も小さいので、どんな話題でも揉めることはないと思います。今回は最後まで、「鎮痛剤のことを教えてくれてありがとう。」と感謝されました。

category: ZUBU Easy English

cm 0   tb 0   page top

hanaso体験レッスン 1回目 

オンライン英会話スクールhanasoの体験レッスンを受講しました。こちらのスクールは、私がオンライン英会話を始める前からあるので、オンライン英会話スクールの中では古いほうに入るのかもしれません。以前から気になっていましたが、ようやく体験レッスンを受けてみる気になりました。

週2回のプランと毎日受講可のプランがあり、それぞれ25分と50分のコースがあります。25分で週2回だと料金的にはイングリッシュベルと同じぐらいですが、毎日だと半分程度になるようです。テキストレッスンの他に、記事レッスンとフリートークがあります。フリートークは怖いので、記事レッスン狙いです。オンライン英会話を始めてから2年半以上たちますが、いまだにフリートークを受講したことがありません。
イングリッシュベルは、少なくともDME Advancedが終わるまでは続けます。ZUBUもポイントに期限がないし、良い先生たちが多いので、時々ポイントを買い足してもいいかなと思っています。それ以外のスクールに求めているのは、主にニュース記事を使ったレッスンです。

一回目の体験レッスンはアグネス先生で受講しました。
大学生の娘さんがいるそうです。とても多趣味な方で、話を膨らませるのもうまいです。優しくて、緊張せずに話せる先生です。こういう先生の時には、私もわりと饒舌になり(滅多にないことです)、先生からも、「結構、話せるようだけど、もう長い間勉強しているの?」という好評価をいただきました。
簡単な自己紹介の後、しばらく雑談をして、「記事レッスンを受講したいと書いてあったけど、このままフリートークを続ける?それとも記事レッスンにする?」と聞かれたので、どちらでも良かったのですが、記事レッスンにしてもらいました。特に私は用意していないと言うと、先生から2つのリンクが送られてきました。

The Japan Timesの"One-third of U.S. marriages found to start online"という記事を選びました。タイトルどおり、アメリカで結婚したカップルの1/3はオンラインで出会っているという記事でした。多いですね。しかも、離婚率は他のきっかけで知り合ったカップルより少ないそうです。「何故だと思う?」というあたりを、先生と推測しながら話しました。
「日本ではどうなの?」と聞かれたので、「そんなに多くないと思う。」と答えると、「私は韓国人に長いこと教えていたけど、韓国では多いわよ。」と言っていました。私が知らないだけで、日本でも多いのかもしれません。
hanaso、かなり好感触です。先生は、「記事レッスンだけじゃなくて、フリートークもとった方がいい。」と言っていました。

英語とは関係ない話ですが、最近、まつげの美容液の話をよく聞きます。私は、短いほうではないと思いますが、興味があったのでDHCの製品を試してみました。今、2週間ぐらい経ちましたが、本当に伸びていて、バサバサ感があり、マスカラ要らずな感じになってきました。使用前の写真を撮っていないので気のせいでは?と言われるかもしれませんが。まつげの寿命を延ばして、短いうちに抜け落ちないようにするんだそう。でも、この1本を使い終わったら止めます。

category: 体験レッスン

cm 0   tb 0   page top

ロシア語のロゼッタストーンStudioレッスンと言語交換 

久しぶりにロゼッタストーンのstudioレッスンを受講しました。まだ、レベル2のユニット2です。アリック先生という男性の先生です。他の生徒さんは、フィンランド人とイギリス人の男性でした。
アリック先生は、面白くて良い先生なのですが、習っていない単語もビシバシ使うし、ジョークを言ったりもするし、ちょっと緊張します。優しい先生なんですけどね、特に女性には。
他の受講生も、知らない単語を使ってどんどん話したり、先生のジョークについていける人もいたりして、更に緊張が高まります。マズイ!まだレベル2だというのに!ちなみにレベル5まであります。かなりのんびりペースで進んでいるので、延長は確実でしょう。

週末のターニャさんとの言語交換では、好きな作曲家について話しました。ターニャさんもピアノが弾けます。イギリス人のアンディさんも弾けます。3人の共通点はこれ位ですね。あと、日本語が話せることかな。

私は、ロシアの作曲家ならチャイコフスキーとリムスキー=コルサコフが好きで、ピアノに限定すると、ラフマニノフとスクリャービンが好きです。でも、難しい曲が多いのでほとんど弾いたことはありません。ロシア人以外だと、スペインの作曲家、イザーク・アルベニスが好きです。という話をしました。
今回の作文は難しかったです。たくさん直されました。

Мои любимые русские композиторы - Римский-Корсаков и Чайковский. Я чувствую, что их музыка имеет особенность русской народной и европейской классической музыки. В фортепианной музыке мне нравятся Рахманинов и Скрябин. существует много красивой музыки, например, концерт Рахманинова и этюды Скрябина,но в большинстве своём, музыку, которую написали русские композиторы. трудно играть, поэтому я её не играла.
кроме русских композиторов, мне нравится испанский композитор Исаак Арбенис. Интересно то, что его музыка, исполняемая на фортепиано, слышится так, будто играют на гитаре.

私は共産主義や社会主義に賛同するつもりは無いのですが、ターニャさんの話を聞いていて、いいなあと思うのは、ソ連時代の教育システムです。義務教育の間、学校の授業が終わると、音楽の学校に通っていたそうです。放課後は、1クラス24人のうちの18人が音楽学校に行き、残りの生徒たちは他の学校に行っていたそうです。こんな状況だから、子供たちの才能も見つけやすいのでしょう。ロシアから、定期的に(?)天才少年や天才少女が生まれるのもわかる気がします。

話は変わって、以前、お互いの国のレシピの話をした時に、「手に入りにくい材料があると思うので、送りましょう。」という話をして、それぞれ贈り物をすることになりました。
色々調べた結果、EMSが一番いいのかなと思ったのですが、ターニャさんによると、EMSは勝手に(時間指定出来ない)3回配達して、不在だったら事務所に持ち帰ってしまうとのことでした。ターニャさんのうちからは、その事務所が遠いらしく、普通の小包で送ってくれたら近くの郵便局で受け取れるから、そちらの方が良いとのことでした。
送ってはいけないものも色々ありそうだし、送る品物の明細書もつくらなければいけないようだし、思った以上に面倒です。日本からモスクワまでは5日位で届くらしいのですが、モスクワから各家庭までは下手すると2ヶ月位かかることもあるそうです。何をしているのでしょう???さらに、届かないことや荷抜きをされることもあるようです。ターニャさんには悪いですが、届いたらラッキー位のつもりで送ります。届かなかったら夏休みに直接届けようかな・・・。

category: ロシア語

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 29-30 その他 

最近、土・日に用事が入ることが多く、なかなかゆっくり休めません。という訳で、ろくに勉強もしていないくせに、週明けから眠いです。

DME Advancedの記録です。パール先生、グレイス先生、マテット先生、ジェリメ先生、ジェニーメイ先生、マベル先生、ライカ先生で受講しました。

先週は、毎日受講できました。レッスン29が終わり、レッスン30に入りました。
“Why do you think some children show open hostility towards one another(子ども達の中に、他人に対して敵意をあらわにする者がいるのはなぜか)?”という質問がありました。模範解答は、「自分の方が優れていると思っているから。」だったらしいのですが、その回答を教えてもらう時に、先生が、"superior than"という表現を使ったので、"superior to"に変えて言い直すと、"than"に言い直しをさせられました。翌日のレビューの時、別な先生にも同じように直されました。superiorとinferior、major とminor、seniorとjuniorあたりはtoを使って比較級を作るんだったはず・・・と思いながらも質問する勇気がなかったです。ん〜、"superior than"もありなんですか?

bleak (見通しが)暗い、希望のない
forlorn わびしい、見捨てられた、孤独な
austere [ɔːstíə(r)] 禁欲的な、簡素な、飾り気のない
fringe 額にかかった前髪
zealous 熱心な、熱狂的な
avid 熱烈な、熱心な
half-hearted 身が入らない、気乗りしない
hostility 敵意、敵対心
enmity 憎しみ、敵意
fall out with 〜とけんかする、〜と不仲になる

言語交換は、開始直後にアンディさんから、「僕は先週、日本語で、40分位連続でしゃべったから、今日は君が英語でたくさんしゃべるべき。」と言い放たれてしまったので、昨日はわりと英語の日でした。
仕事で必要な資格試験を受けることになった話から、仕事の話をメインでしました。資格試験の内容から、怪しいやつと思われてしまったようで、誤解を解く為に頑張って説明しました。
試験は年に数回あるのですが、今年度中に受けたいので、一番仕事が暇そうな時期を選んで受けたいです。合格率は3割程度らしいのですが、一度で受からないと恥ずかしいので、その時には少し英語を休むかもしれません。

その後は、アンディさんのとぼけた話を聞きました。今回は、顔に木がぶつかってけがをした話です。気が付くといきなり木の枝が顔にぶつかってきたと言っていましたが、そんなわけない。そして、ジョギング中にたくさんハエがいるエリアを通ったら、ハエを吸い込んで咳き込んだという話もしていました。なんか病気になりそうです・・・。
アンディさんは日本に来たら車を運転するつもりらしく、国際免許証を申請したと言っていました。出来たら乗らないで欲しいと思います。

「この後、カリフラワーチーズを食べるんだ。」と言っていました。ゆでたカリフラワーに、ホワイトソースとチーズをかけて焼くだけだそうです。これは美味しそう。

what it takes to 〜するために必要なもの
take away 〜を引く
take...for example 〜を例にとる

category: DME Advanced Book2

cm 2   tb 0   page top

ZUBU Easy Englishレッスン 

ふう〜、暑いですね。暑がりの私としては困った季節になってきました。

今週は、ティナ先生とシェリー先生で記事レッスンを受講しました。間にベル先生も受講する予定でしたが、時間を勘違いしていてすっぽかしてしまいました。普段、イングリッシュベルとZUBUを両方受講する時に、イングリッシュベルを先に受講することが多いのですが、今回はZUBUが先だったため、間違えてしまいました。最近多い気がするので気をつけたいです。
一時期、iCalendarでスケジュール管理をしていたのですが、ちょっと面倒になって、最近は入力したり、しなかったりだったので、これからはちゃんと記入します。

ティナ先生とは、海外の脳トレサイトについての記事をやりました。この先生は、要約させたり、語彙の説明をしたりすることに時間を割かず、新出語彙を用いた作文をした後に、さっさとディスカッションに入ります。ディスカッションは最も苦手なところなので、時間をかけてもらえるので良いです。そして、私が答えに詰まると、「まずタイピングして、それを読み上げてみて。考えがまとまるから。」とおっしゃいます。こんな風に言う先生は珍しいです。瞬発力重視の人も多いですが、最近、「結局、会話は作文の積み重ねだよな〜。」と改めて思っていて、折に触れて書き散らかしているので、なんか妙に納得です。

シェリー先生はカラン以外で受講するのは初めてです。授業の最初に、「カランはどうなってるのかしら?」と尋ねられ、「やめてしまいました。」と答えると、「つまらなかった?」ときかれたので、「はい。」と答えてしまいました。カランの中ではシェリー先生のレッスンが一番好きだったんですけどね。
今回はBBCの記事を用いたようです。お金の使い方についての記事でした。記事を読む前に、お金の使い方についての一般的な質問や自分の経験した話などに半分以上の時間を費やしました。この辺は、バリューのフェイ先生っぽいです。シェリー先生はきれいなアメリカンアクセントの先生です。教え方や話の振り方も上手いです。

今日は久しぶりに、ウォン・カーウァイ監督の映画を見ました。何とカンフーです。といっても、作風はいつも通りだったので安心して見ることができました。トニー・レオンはいいですね。チャン・ツィーもきれいだし。

category: ZUBU Easy English

cm 0   tb 0   page top

ロシア語の言語交換 

週末のターニャさんとの言語交換の記録です。
今回は、行きたい場所について話しました。

私は、短期の休みならば北海道、長期の休みが取れればヨーロッパの美術館やお城や教会を見て回りたいということを話しました。

Если у меня есть короткий отпуск, я хочу ехать на Хоккайдо. Самолёт летит в течение одного часа от Токио до Хоккайдо. Я уже была на Хоккайдо, и у меня было хорошее путешествие, потому что морцкие продукты и прохладный климат. Растения и пейзаж отличаются от любого другого региона в Японии.
Если у меня будет длительный отпуск, более чем за двух недель, я хочу поехать куда-то в Европу, особенно Рим и Греция. Мне нравится осматривать музеи, дворцы, церкви и исторические сооружения, например, Парфенон в Афинах и Колизей в Риме. Кроме того, мне нравится пробовать местные блюда.

今回は、「今までの中で一番いい!」という評価を頂きました。あまり直されなかったです。こういう時にターニャさんは、思い切り褒めてくれます。励みになります。
ターニャさんは日本語も上手いし、教え方も上手いし、褒め上手だし、日本で良い先生として活躍出来ると思うんだけどなあ。いかんせん需要が無いですからねえ・・・。

ターニャさんは、3年位かけて、いろんな国に住んでみたいそうです。「アメリカは好きじゃないけど、カリフォルニアには住んでみたい。」とのことです。モスクワは年間を通して、気候のいい時期が少ないので、ロシア人は温暖なカリフォルニアの気候に憧れがあるそうです。そういえば、私が以前ロシア語を教えてもらっていた先生のご自宅もカリフォルニアでした。
ちなみに住みたくない国としては、真っ先にドイツを挙げていました。他には、ウクライナとベラルーシも住みたくないそうです。この2カ国はロシア人から見てそれほど面白みがある国じゃないのかもしれません。

ターニャさんが言うには、ロシア人(スラブ系全般?)は、スラブ系の言語は大体わかるそうです。チェコ語やポーランド語はラテン文字を使っているので見た目は全然違うのですが、言っていることは大体わかるとのことでした。ロシア人から見るとウクライナ語はちょっと面白いそうです。ロシアではスラング扱いの言葉がフォーマルな言葉としてニュースなどで使われるのでかなり違和感があるそうです。似た外国語があるというのはちょっと羨ましいです。

category: ロシア語

cm 0   tb 0   page top

ZUBU Easy Englishでのレッスン 

最近のZUBUでのレッスンは少なめで、2回だけでした。ジア先生とティナ先生で、両方とも記事レッスンです。

ジア先生は初めての先生です。簡単な自己紹介をしたあと、記事が送られてきました。Eagleについての記事です。フィリピンの国鳥だそうです。フィリピンの南部にはハーピーイーグルという大鷲がいるそうです。画像検索すると、ちょっと上品な顔をしています。記事を読ませた後、知らない単語の説明をしてもらい、その後、先生から文中のことが読み取れているかの質問があり、設問をやりました。良さそうな先生です。

ニッキ先生の代講でティナ先生のレッスンでした。世界の食べ物の半分はゴミになっているという話です。この記事と同じ内容のものを、最近、どこかで読んだことがあります。とはいっても、通勤中にザッと読んだ程度なので、大意はつかめているものの、原因や対策について深く考えている訳も無く、答えはしどろもどろでした。新出単語を使っての作文も、今日は不調で、ちょっと時間がかかってしまいました。
この先生はシェアスクリーンでレッスンする先生だったなあと、レッスン中に思い出しましたが、レッスンの最後に、「後で記事を送るから復習してね。」と仰り、記事を送ってくださいました。今日はちょっと社会派な記事で面白かったです。

日曜の夜はアンディさんと話をしました。早く日本に行きたいらしく、イギリスでの日々の生活がつまらなくなってしまっているそうです。今が一番楽しいときなのかもしれません。

今回は私の調子も悪かったのですが(ノリも悪かった)、アンディさんの日本語もひどく、日本語で会話をすると突然関係ない単語が出てきたりするので何の話題か分からなくなることがしばしばありました。失礼ながら、「今、何についてしゃべってるの?」と会話中に確認すると、「わかりません。」ときっぱりと答えるので、どうしていいのか私にもわかりません。

アンディさんとロシアのターニャさんは当人同士は知らないのですが、私が時々話題に出すので、お互いに興味を持っているようで、いろいろ尋ねてきます。
「ターニャさんは、趣味で、日本映画ファンのグループの人たちと、手分けして翻訳したりしているから、彼女の日本語はなかなかすごいよ。」というと、アンディさんも「すごい!」と感心していましたが、「僕より上手い?」と私を困らせる質問をします。笑うところなのかどうかわからなかったので、「うん、まあ・・・、そうかな。」とお茶をにごしました。普段、僕はばかだとか、上手くしゃべれるようになるとは思えないとか言っているのに、意外と自信があったのね・・・。そのあと、「日本語が好きだし、一生、勉強するのをやめない。」と決意表明していました。私に言われても困るし。

日本語が上手く話せない日は、聞き取りもダメらしく、私の英語の練習の時に、「さっきの話、英語で話してみて。」と同じ話を英語で説明し直すはめになりました。あとは・・・、たいした話はしてないですね。
日本の店ではポイントカードがあるところが多いから、財布がカードでいっぱいになると不平を言っていました。
あとは・・・、ヤマダ電機のポイントカードはスロットで何かするんですか?私はヤマダ派じゃないので知らなかったのですが。まあ、そんなどうでもいい話ばかりでした。

category: ZUBU Easy English

cm 0   tb 0   page top

都響・調布シリーズ「ドイツ3大Bの響宴」 調布市グリーンホール 

6月7日に調布市グリーンホールで行われた東京交響楽団の演奏会に行ってきました。指揮は川瀬賢太郎氏で、
ピアノはクシシュトフ・ヤブウォンスキ氏でした。

プログラムはこちらです。

バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第3番
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第4番
ブラームス:ハンガリー舞曲 第1番~第5番

ドイツ3大Bというとかたい感じがしますが、とっつきやすい曲ばかりです。
お目当てはヤブウォンスキのベートーベンです。ベートーベンの協奏曲は第5番『皇帝』が有名ですが、4番も同じ位好きです。ヤブウォンスキのベートーベンはソナタを何曲か聴いたことがありますが、協奏曲は初めてです。上手いです!本人も満足そうでした。アンコールにショパンの『華麗なワルツ』を弾きました。

ブラームス、すごく良かったです!指揮者の川瀬氏はラ・フォル・ジュルネに続いて2回目です。若いし、細いし、身のこなしが軽やかで、表情豊かです。多分、顔の表情も豊かだと思います。
オケのアンコール曲は、ブラームスのハンガリー舞曲第6番でした。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

今週の記録 4週目  

4週目ではないのですが、全然勉強していない期間があったので、「4週目」というタイトルです。
スタート直後ですが、勉強の見直しをしました。理由は教材との相性です。

『DME』の音読は、Stage7を2回やり、現在、Stage9のレッスン138まで終わりました。文法事項が結構出てきているのに、普段会話で使えていないものがあるので(存在を忘れていて・・・)、これを機にできるだけ使っていきたいです。

『英文解釈教室』は、え〜と、やめました。というか休止しました。それで、アンディさんに勧めてもらった『Cutting Edge』と『English Grammar in Use』のAdvancedを購入しました(pdfが見にくかったため)。しかし、結局、『English Grammar in Use intermediate』からやることにしました。途中まではまあどうでもいいのですが、後半に句動詞が大量に出てきているので、これはやるべきでしょうと思い、こちらからやることにしました。現在、12/145ユニットまでやりました。文法説明はそれほど詳しくないですが、易しい練習問題が大量にあります。習うより慣れろ方式で、DMEに近い感じです。詳しい説明が欲しい人には満足出来ないかもしれません。日本の高校生用の参考書の方が詳しいし、難しいです。面白いのは、まず時制から入るということです。日本の文法書だと文の作りの説明から入ることが多いです。『English Collocations in Use』というのもあるようなので、これが終わったらやりたいです。『Cutting Edge』方は、ディスカッション形式のところが多く、相手(先生)がいた方が良さそうなので、やる時にはアンディさんにお願いしてみようかなと思っています。

『キクタン990』は終わりました。多分、passive vocaburaryとしては完璧(に近い)のではないかと思います。毎日、アプリから「勉強しろ〜」と怒られていたので。各単語ごとに、覚えるまでに何回かかったかがわかるのですが、私がもっとも苦手だったのは"arbitration(調停、仲裁)"だったらしく、25回を要していました。逆に言うと、どんなに苦手なものでも、これ位やれば覚えられるんです。20回以上かかるものはまれで、ほとんどは7回以下で覚えられるようです。

『"英語のしくみ"が見える[基本動詞+前置詞] イディオム1000』もやめて、『ゼロからスタート 基本動詞』をやっています。今は読んでいるだけですが、使えるようにならないと意味が無いので、作文でもしようかなと思っています。

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

岡田博美《イベリア》全曲を弾く トッパンホール 

5月24日に岡田博美氏のリサイタルに行ってきました。イベリアの全曲演奏会ということで楽しみにして行きました。
5月は、ラ・フォル・ジュルネでもペレス氏のイベリア全曲を聴いたばかりです。それほど演奏されることが多くないアルベニスの作品を立て続けに聴くことが出来てラッキーです。

プログラムはイベリア全曲で、アンコールにナバーラ(岡田博美氏補筆)と『組曲スペイン』よりタンゴが演奏されました。

イベリア第3集は、一年半ほど前に行われた岡田氏のコンサートで聴いていますが、今回の方が断然良かったです。私は第3集が一番好きなのですが、弾きにくいのか、結構崩れる方が多いのです。でも、今回の演奏は、本当に素晴らしく、プログラム後半に行くに従ってノリも良くなってました。岡田氏とピアノとの相性も良さそうでした。

アンコールの岡田氏補筆のナバーラは、途中までは多分セヴラック版と同じ(?)だと思うのですが、後半がかなり華やかな感じ、印象派風というかラヴェル風というか、になっていました。
本当にいい演奏会でした。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced 28-29 

今週のDME Adevancedの記録です。
ヴィクシャ先生、グレイス先生、チェリー先生、ジェリメ先生、ジェイアン先生、ライカ先生で受講しました。ほぼ毎日受講出来てます。

レッスン29は匂いや香りについての話から始まりました。次のトピックは火に関する用語です。雑談や質問、自分の回答で押し切るための説明などに時間をとられるため、進みは極めて遅いです。予習をちゃんとしていれば多少はマシになるのかもしれません。

come across 思い浮かぶ、心をよぎる、~に出くわす
scald [skɔːld] やけど、煮沸消毒
put out(明かり・火を)消す
self-disciplined 自己規制できる、自制力のある

ヴィクシャ先生の時には、スカイプの調子が悪かったのか、何故か私が答え始めると同時に先生もしゃべりだすということが続いて、少しイライラしました。前に受講した時にはそんなことは無かった気がするので、私の音が遅れて届いていたのかもしれません。
グレイス先生は面白い先生です。匂いに関するトピックをやりました。「変な質問ばっかりねえ。」といいながら、雑談を交えながら楽しく進みました。こんな人が友だちにいると楽しそうです。
チェリー先生は久しぶりで、ジェリメ先生は毎度おなじみです。チェリー先生も何か役職があるんでしたっけ?授業数がやたらに少ないので、なかなか受講の機会がありません。
ジェイアン先生はなかなか気に入っています。言い直ししっかり派で、雑談を交えつつもテンポがいいです。声も可愛いです。
ライカ先生は、受講したことがあったかもしれませんが、初めてのような気もします。ちょっとハスキーボイスですが、聞き取りにくいことはありません。多分、Advancedを担当するようになったのは最近からではないでしょうか?落ち着いていて良さそうな先生です。

"What happens when the Olympic flame goes out(オリンピックの火が消えたらどうなるか)?"という質問があったので、「スペアの火を持って走る」と答えたら、「火は消えたのよ。」と言われたので、「オリンピック委員会はスペアを持っているはずだから、それを使えば良い。」というと「チェックしておく。」と言われてOKになりました。模範解答をきいておけば良かったと後悔しています。

前回、Book2には章末のExerciseが無くて良いと書きましたが、レッスンの方も、体感ではBook1よりも易しいというか答えやすい問題が多いような気がします。でもレッスンやトピックによって難度が変わるので、この後、難しくなるのかもしれません。

What took you so long? 何でそんなに時間がかかったのですか? 遅かったね。
take the news well (hard) 知らせを喜ぶ(落胆する)
take me for 私を〜と思う、〜のように扱う

category: DME Advanced Book2

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 28 

先週は、ジェイアン先生、マリアン先生、ジェニーメイ先生、ノマ先生で受講しました。

ジェイアン先生は初めてかな?受講したことがあるとしても、かなり昔です。可愛い声の先生ですが、授業の進め方はテキパキしているし、単語なども教えてもらえたりして、いいですね。
マリアン先生はとノマ先生はすごく久しぶりでした。受講するチャンスはほとんど無いですが、良い先生です。

レッスン28が終わりました。Book2はBook1よりもExerciseが少ないです。"Speaking Practice"とか嫌いだったので、無くなったようで(多分)うれしいです。嫌いなところほどやった方がいいんでしょうけど。

apt pupil 物わかりが早い生徒
disused すでに使用されていない
unused 未使用の、未利用の、不慣れな
gynecologist 婦人科医
pediatrician [pìːdiətríʃn] 小児科医
coal mine 炭鉱
fall into ~し始める、急に~になる
bigoted 凝り固まった意見を持つ、頑固一徹の
implicit 暗黙の、潜在する、間接的な
explicit はっきりと述べられた、曖昧さのない、明確な

以前、日本語で会話をしたことがあり、今も時々チャットをすることがあるベトナムの女子大生とチャットをしました。この4月から、日本の大学に交換留学生として来ているそうです。ここからそれほど遠くないところなので、東京に来ることがあったら会いましょう、と約束をしました。真面目で可愛らしいです。日本語がすごく上手くなっているので、この調子で頑張って欲しいです。

category: DME Advanced Book2

cm 0   tb 0   page top

ロシア語の言語交換 

週末のターニャさんとの言語交換では、自分の一日について話しました。
日常の行動に関する文は、ロゼッタストーンでも繰り返し出てきているし、以前、習っていた時にもやったことがあるので、難しくはありませんでした。ターニャさんも、「今回は易しすぎたね。」と言っていました。

Я встаю в шесть часов, готовлю завтрак и мы с мужем завтракаем. мы обычно едим хлеб, овощной суп и кофе. Затем умываюсь и одеваюсь. В семь часов я езжу на работу на поезде. Я начинаю работать в 8 часов, но каждый может начинать работать когда он хочет.
Обеденный перерывс двенадцати часов до часу дня, я ем в столовой компании.
Я заканчиваю работать в 6 часов, прихожу домой в семь часов, и готовлю ужин. Мой муж приходит в 8 часов. Если он приходит домой раньше, чем я, он готовит ужин. Мы ужинаем в восемь часов, мой муж всегда моет посуду. После этого, я моюсь в ванне. Я занимаюсь русский язык тридцать минут, и сижу в интернете. Я ложусь спать в двенадцать часов.

日常のことを話すといっても、どこまで話すかとか、毎日何をしているとかは結構個人差があります。ターニャさんは、朝起きたら顔を洗い、腹筋をしますと言っていました。パワフルです。一方、イギリス人のアンディさんとこのテーマで話した時には、「朝起きたら、カーテンを開けて窓を拭きます。」と言っていました。イギリスは結露がすごいのだそうです。特に今年の冬はずっと雨が降っていたので、至る所がカビだらけだと言っていました。

ターニャさんは、昼休みにも卓球をしているそうです。パソコンが置いているデスクの後ろにはルームランナーが置いているのが見えています。「ロシア人は太りやすいですから。」と言っていました。食事にチーズやサワークリームをたっぷり使っていますからね。美味しいんですけど、太りやすいかもしれません。

そのあと、体のパーツの名前を教えてもらいました。「次回までに覚えてきて下さい。」と言われました・・・。最近、ターニャさんと私の関係は先生と生徒のようになってしまいました。
体のパーツも覚えないといけないのですが、数詞の格変化もすっかり忘れているので覚えなければいけません。

ухо, уши 耳
глаз, глаза 目
шея 首
бровь, брови 眉
щека, щёки 頬
лоб ひたい
губа, губы 唇
язык 舌
подбородок あご
двойной подбородок 二重あご
плечо, плечи 肩
локоть, локти 肘
грудь 胸
живот お腹
рука 腕
кисть 手
запястье 手首
ладонь 手のひら

category: ロシア語

cm 0   tb 0   page top

ZUBU Easy Englishレッスン 

日曜に急用が入り、帰りが夜中になってしまったため、勉強はもちろん、ブログの更新も遅れています。そんな訳で、今週は英語の言語交換も無しです。連絡が上手くとれず、すっぽかしてしまったので、謝っておきました。

ZUBUでのレッスンは、ティナ先生、ディンプル先生、バイ先生で記事レッスンを受講しました。カランはもうやめようと思います。

ティナ先生は初めての先生でした。他の先生は記事を添付してくれますが、この先生はスカイプのスクリーンシェアでレッスンを進めました。それ自体はいいのですが、記事が手元に残らないので、何の記事をやったかさっぱり覚えていません。レッスンレポートが送られてくるのでそれを見ると、チョコレートの健康に対する影響に関する記事でした。そういえば、記事の内容とは無関係に二人でチョコレートに関する話をしたような気がします。良い先生でした。レッスンレポートには"She did very well in reading the article."とあります。このスクールでは、リーディングだけは褒められます。
trim down 縮小する
binge-eating 無茶食い、過食

ディンプル先生は風邪をひいていたようで、ハスキーな声で、いつもより元気が無さそうでした。早く良くなって欲しいです。

バイ先生は初めての先生です。何をやりたいかきかれたので、「どんな分野でもいいので、記事レッスンをお願いします。」とお願いしました。"Love or Selfishness"という記事です。先生の好きな記事で、よくレッスンに使うそうです。
自分の死後に相手に再婚しないで欲しいと願うのはどうなんだろうという記事でした。私は、「是非、再婚して欲しいと答えました」が、先生は、絶対イヤだそうです。「愛とは、時にわがままなものよ。」と言っていました。先生からの質問で、「じゃあ、逆に、あなたの夫から自分の死後に結婚しないで欲しいと言われたらどうする?」ときかれたので、「その場ではYesと答えるけど、死んだ後にどうするかはわからない。」と答えると大ウケで、「当然よね。」と言っていました。落ち着いた感じの先生で、質問の仕方も良かったです・
frivolous [frív(ə)ləs] つまらない、取るに足りない

ZUBUのレッスンは、先生たちもよい方が多いし、悪くないのですが、物足りなさを感じるのは、トピックの分野が偏っているせいだと思います。今まで一度も政治、経済の記事を勧められたことはありません。何故でしょうね?

What's got into your today? 今日はどうしたのですか?
you got me there. 痛いところをつかれました。
as ... as you can get できる限り、最も

category: ZUBU Easy English

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。