03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

今日はダニエル先生で発音レッスンを受講しました。

レッスンの一時間前に、先生からコールがあったので代講になるのかな?と思ったら、「お昼ご飯は食べたのか?」とか「調子はどうだ?」とか、どうでもいいことばかり言っています。これは時間を間違っているなと思い、「先生、私は16時からです。」と日本語で言うと、「わ〜お!どうしましたか?」と、理解しているのかしていないのかわからないリアクションをされました。「それはこっちのセリフだ!」と言いたいのを我慢して、「一時間後ですよ。」というと「すみません。また、あとで。」と言って、切ってくれました。
ロシア語の作文中だったため、ロシア語で頭がいっぱいで、英語で返事する余裕がありませんでした。先生の日本語も、かなり上達しているようです。

今日のレッスンは、もうやるべき課題(発音クラスの中級らしい)は終わったので、TOEIC Writing/Speakingという試験のSpeakingの問題をやろうとのことでした。TOEIC Speakingというのは発音が重視される試験なのでしょうか?試験自体も知らなかったのですが、まあ、することも無いし、やってみることにしました。
結果は、Pronuciationはいいけど、ストレスの位置やイントネーションはだめだとのことで、その辺りの練習をやりました。その後、あれこれダメ出しされているのを大人しく聞いていたら、「怒っている?もうやりたくない?」とか言っています。もちろん怒っている訳ないのですが、評価を聞いて怒りだす人もいるということでしょうか?

そのあと、珍しく(多分、今までしたことがない)勉強の目的や勉強法の話になり、真面目にアドバイスしていただきました。
TOEICは受けたことあるのかと聞かれたので、「ない」と答えると、勉強の目的を確認されました。目的は特に無いと言うと、「ただの趣味?以前言っていたことと違うんじゃない(仕事のためと言っていたらしい)?」と突っ込まれましたが、今日は趣味ということで押し切りました。ちょっと怒られてるっぽかったけど、素知らぬ顔でやり過ごしました。最近は初めての先生のレッスンを受ける機会が多いのですが、気が向いた時には「仕事で稀に必要になる」と言っていますが、ほとんどは「趣味」で通しています。昔の方が雑談にも真面目に答えていましたね、多分。
勉強法は、かいつまんで言うと、やはり、ドラマやニュースを聞いて真似しろとのことでした。「グレイズ・アナトミーみたいな専門用語がたくさん出てくるやつじゃない方がいいんだけど、まあ、何でもいいや」とのことでした。

発音レッスンの終わりの方で、立ち上がって、着ているTシャツを見せてくれました。「一番」と書いてありました。お気に入りだそうで、「日本の子供たちに見せるために着てきたのに、今日は子供のレッスンが無かった。」と言っていました。

関係ないですが、さっき、山芋を触ったので、手が猛烈に痒くなってきた・・・。とりあえず、ウナコーワでも塗ってみようかな
スポンサーサイト

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

今週の記録 3週目 

今週も進みはあまりよくありませんでした。オンラインレッスンに力を入れたので、まあ良しとします。相変わらず自分に甘いです。

『DME』の音読は、今、Stage7 (lesson117)が終わりました。Stage6までとは異なり、スラスラ読めない文が結構あるので、もう一度Stage7を繰り返してから進みたいと思います。特に難しい単語や言い回しがあるような気はしないのですが(直接話法と間接話法の言い換えは除く)、なぜでしょう?

『英文解釈教室』は「Chapter2 目的補語」を読みおわりました。かなりスローペースです。連休中に少しは進めたいです。文がややこしいだけでなく、知らない単語が含まれているというのもネックです。

『キクタン990』は55/70daysまで進みました。順調なのはこれだけですね。まだイディオムのところに入っていないので進みがいいです。『キクタン』の仲間はたくさんあり、『キクジュク』という熟語を覚えるためのものもあるようですが、iPhoneアプリが無さそうなので見送ります。

『"英語のしくみ"が見える[基本動詞+前置詞] イディオム1000』は、進んでいません・・・。

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

バリューイングリッシュVOA講座 29回目 

バリューイングリッシュのVOA講座です。いつも通り、フェイ先生です。

テーマはこちらです。
Nigerian Doctor Honored for Fight Against River Blindness

アフリカでみられる河川盲目症と、それと戦った女医さんの話です。サブサハラ地区の急流周辺に発生するハエが媒介するウイルスが原因で、皮膚疾患がおこったり失明したりするそうです。特効薬はあるのですが、内戦や貧困で患者の手に渡らないため、その薬を提供するプロジェクトを始めたとのことです。

先生からの質問は、「こういった病気は日本でもあるか?」、「この女医はどのようなことをした人か?」、「病名の由来は何か?」、「薬が手に入らない理由は何か?」、「皮膚疾患を負った女性達はなぜ社会に受け入れられにくいのか?」、「ハエに噛まれたらどのような症状が起こるか?」などでした。

理解しやすい話だったのですが、やはり回答になるとつまりますね。あと、語尾を濁したり、途中で考えてしまったり・・・。フェイ先生は本当に教え方の上手い先生なので、そんな時には、適当に質問の言い回しを変えて答えやすい様にしてくれるので助かってます。良い先生です。

先月、ほとんどオンラインを受講していないので、この2週間ほど、集中的に受講中です。まあ、カランの最初の方なども含むので、スピーキングにどれ位効果があるかは謎ですが、ましになるといいなあ。スピーキングはずっと苦手なのですが、最近、前よりひどくなったんじゃないかと、さすがに危機感を感じています。

Don't give me that. そんなこと言わないで。
give away 無料で与える
give as good as they get 互角に戦う、やり返す

category: バリューイングリッシュ

cm 0   tb 0   page top

ZUBU Easy Englishレッスンと言語交換 

ZUBUでは、カランをディンプル先生とシェリー先生で、それ以外のレッスンをディンプル先生で2コマ受講しました。
カランのルールは、短縮系を使わなければいけないとか、Yes/Noの後に質問内容を繰り返しつつ回答するなど、DMEと同じなのですが、DME Advancedでは、そこら辺はかなり自由になっているので、ついうっかり忘れて言い直しを食らうことがあります。カランは続けるかどうかはまだ決めていません。というのも、カラン担当の先生が少ないからです。トータルの先生の数も少ないです。

それ以外のレッスンは、先生に記事を送ってもらい、それを音読、要約、新出語彙を使っての作文などをやっています。前回の先生のときよりも、面白い記事だったせいか、なかなかいいです。記事の難易度は、VOA Special Learning Englishと同じ位か、少し易しいぐらいなので、音読しながら意味がとれ、要約もその場でそれなりにできます。作文はDMEと瞬間英作文のおかげで今のところ大丈夫です。ディンプル先生とは合っているような気がするので、他の先生も受講しつつ、定期的に受講したい先生です。

昨夜、アンディさんと話しました。日本での仕事が決まったそうで、夏には日本に来るそうです。その為に、大学院の課題を早く終わらせたいと言っていました。
最近、私が日本語で説明するのが良くわかるようになってきたそうです。彼は謙遜家なので、「易しい日本語だけで説明するのは大変でしょう。」と言っていますが、それほど手加減してしゃべっている訳ではないので、上達したのだと思います。進歩が感じられるのはうらやましい限りです。日本に来たら、ますます上達するでしょうね。

そういえば、DMEの復習を最近やっていますが、レッスンでやっていた頃に、いまいち意味がわからない文がいくつかありました。Stage 7に、"Do you ever work just anyhow?"という文があります。以前の記録を見ると、"Do you ever work carelessly?"の意味だと教えてもらったと書いてありますが、一応、アンディさんに確認してみました。そうしたら、「anywhereじゃなくてanyhowなの?意味が分からない。」と言われてしまったので、「ああ、そうですか。」と言って引き下がってしまいました。どうする?

「orientalの反対は何か知ってる?」と聞かれたので、「occidental?」と答えると、「何故知ってる?イギリス人でも知らない人が結構いるのに。」と言われました。使ったことは一度も無い単語ですが、高校生の頃にorientalとセットで覚えさせられた気がするので、ほとんどの日本人は知っているのでは?そんな感じで、語彙に関してはよく知っていると言われます。で、やっぱり「問題はコロケーションだよ。」ということで、昨日も句動詞の練習をやりました。

try on 試着する
try out 試してみる
take up 着手する、始める
take down 降ろす
ask out デートに誘う
break up 仲違いする、別れる
build up 高まる、増大する
burn up 高熱が出る
take overはovertakeと同じ意味で、車などを追い越すことだと説明してもらいましたが、私の辞書にはその意味は載っていませんでした。

bank statement 銀行取引明細書(ビザ取得のために必要らしい)
eyesore 目障りなもの(電柱と電線の話の時に出てきました)
haddock モンツキダラ(また魚の話に・・・)
plague ペスト
lava (溶けている)溶岩

category: ZUBU Easy English

cm 0   tb 0   page top

ロシア人との言語交換 

今週はロシア語の勉強はほとんどしていません。言語交換のための予習ぐらいです。ここに記録している文を作ったり、近況報告のための文を作ったりしただけでした。といっても、かなり時間がかかっています。
ネイティブスピーカーの先生に習っていた頃も、テーマだけ与えられて作文する宿題が毎週出ていたので、標準的なロシアの語学学習のスタイルなのかもしれません。作文だと、会話で使える範囲の言葉よりも、かなり背伸びした文になりますが、そのうちに会話が追いつくであろうと期待しています。英語でもやった方がいいんでしょうね。

今回のテーマは、オリンピックについてです。私は東京オリンピックについて話しました。多分、日本が上り調子のいい時代だったのだと思います。東京オリンピックにより、高速道路や新幹線ができたり、テレビが普及したりと、近代化が進んだことや、再度オリンピックの誘致に挑戦していることなどを話しました。

Олимпийские игры в Токио 1964 года – первый Олимпийские игры в Азии. Церемония открытия была 10 октября.
Олимпийские игры модернизирована Японии быстро. Например в строительстве автомобильных дорог и синкансэнов. Кроме того, телевизор стал популярным, в то время у многих японцев не было телевизоров, но они хотели смотреть Олимпийские игры по телевизору.
Токио хочет провести олимпиаду снова. После того как, Япония проиграла Бразилии на выборах места проведения Олимпиады в две тысячи шестнадцатом году, она выступит кандидатом на следующих выборах. Если Олимпийские игры пройдут в Токио, я хочу посмотреть легкую атлетику или плаванию.

ついでに1980年に行われたモスクワのオリンピックについて調べてみると、知らないことだらけでした。アメリカのボイコットに追従して日本が不参加だったことは知っていましたが、それ以外にも不参加の国が多く、参加した国も国旗・国歌を使用しなかったり、開会式には不参加だったりとひどい状態だったようです。日本ではテレビ放送もなかったのでしょうか?ターニャさんはまだ生まれていなかったので、ボイコットのことも知らなかったようです。

ターニャさんは、ソチオリンピックについて話してくれました。日本からも100万円を超えるツアーが企画されていますが、ロシアでも、一般の人は行けないぐらい高額らしいです。
ソチオリンピックのマスコットは、ウサギとヒョウとクマの3種類らしいのですが、ウサギは民間からの投票で選ばれたもので、ヒョウはプーチン大統領の好みで、クマは数合わせのために(ロシアでは通常3という数が好まれるらしい)選ばれたそうです。「ヒョウはロシアの動物じゃないのに選ばれるなんて、変でしょう?でも、彼(プーチン)は大統領ですから。」と言っていました。みんな、「彼が喜ぶなら。」と言っているそうです。大統領の話になると、ターニャさんはいつも皮肉屋さんです。

引退した選手で金メダリストは芸能界入りすることがよくあるそうです。アイスダンスのタチアナ・ナフカさんは女優になったと言っていました。イリヤ・アベルブフ氏は毎週、フィギュアスケーターや芸能人を集めて自分のショーを主宰しており、テレビで放送されているそうです。楽しそうです。

category: ロシア語

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 21-25の総復習 

また寒くなってしまいましたね。ロシアのターニャさんは、「今日は16℃です。」と言って喜んでいました。まさか、東京が負けているとは・・・。

DMEは引き続きLesson 21-25の総復習の総復習をやっています。マアン先生とビクシャ先生で受講しました。

マアン先生は初めての先生です。目元が印象的(つまり美人)な先生です。言い直しは、程よくしっかりさせます。たま〜にフレージングがおや?と思うところがありましたが、気にするほどのことでは無いです。
ビクシャ先生は、相変わらず優しいです。言い直しもやさしいです。どんどん進んでいきました。

DME Advancedだいぶ慣れてきました。たまに長い文があるとひるんでしまいますが、3、4回位言い直しをすれば、まあなんとかなります。一発で答えられずに、モゴモゴしたり、適当な文をでっち上げたりすると、「おやおや?」という顔をされたりすることがあるので、皆さんスラスラと答えているんでしょうね・・・。まず、既出の単語を覚えてしまわないと。

最近、空いた時間にアニメの三国志をyoutubeで見ています。小説を読もうと思ったのですが、登場人物の名前が覚えられそうになかったので、まずアニメで顔と名前を覚えてからにしようと思っています。で、英語字幕がついているので、そっちを見ていると、結構面白いです。"Reinforcements!(援軍だ!)"とかね。「reinforce=補強する」と覚えていたので、なるほどと思いました。

give in to 〜に負ける
give a damn 気にする
give ... a second thought 〜について考え直す

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

今週の記録 2週目 

今週の記録です。土、日に出かけていたため、進みが悪いです。イングリッシュベルを再開したり、ZUBUの受講を開始したりしたため、落ち着いて自習をする時間が減ってしまったことも原因の一つです。

まとまった時間が取れない時でも、単語とDMEの音読は可能です。あまり、頭使わなくてもいいですしね。

『DME』は、今、Stage7のlesson102まで終わりました(全部でLesson197まであります)。Stage6までは、この辺りまでなら会話で使えているかもと思いながらやっていましたが、Stage7は読むだけでも難しい文があります(読みにくい文という意味です)。単語、熟語、構文が難しいわけでは無さそうなのですが・・・?

『英文解釈教室』は「Chapter2 目的補語」を読んでいる途中です。まとまった時間がとれれば、もう少し進むはずです。

『キクタン990』は46/70daysまで進みました。これはiPhoneアプリを使って細切れの時間でできるので、割と進みました。毎日、大量の復習をやるはめになっています。何度も「知らない」にチェックを入れた単語は太いアンダーラインがひかれています。

『"英語のしくみ"が見える[基本動詞+前置詞] イディオム1000』は、先週覚えたところの復習だけです。

no laughing matter 笑い事ではない
make waves 波風を立てる、ことを大きくする
yield to 〜に屈する、〜に譲歩する

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 21-25の総復習 

こんばんは。
久しぶりのDME Advancedの記録です。お休み期間は、ほぼ、一ヶ月といったところでしょうか?

今日は、ダニエル先生で発音レッスンを受講した後、DMEをやりました。
発音は、イントネーションで、同じ文でもどの単語にストレスをおくかで意味が変わってくるということをやりました。

DME Advancedは、あまりにも久しぶりすぎて、総復習だというのに全然出来ませんでした。
先生が質問を終えても、「・・・?」という感じだったので、先生が回答に誘導しようとしているのですが、わからない単語があったせいか、それも上手く言えず、「???」となってしまいました。先生が、「何か間違ってる?この答えじゃ気に入らない?」と聞いてきたので、「間違ってません。」と言い、強引に進めようとしましたが、2問目でギブアップして、「先生、今日は出来ません。」と言い、先生を驚かせてしまいました。「は〜?英語を全部忘れたの?2年もやったのに?じゃあ、ダニエルと日本語でしゃべる?」というので、「いや、それはちょっと・・・。」と言うと、「じゃあ、ゆっくり読むから・・・。」とのことで、続けることになりました。
何問かやっているうちに、多少、やり方を思い出して、答えられるようになってきましたが、先生の質問は終始ゆっくりのままでした。知らない単語が複数あると、おうむ返しすら出来なくなるようです。1ヶ月ぶりなのに、復習も全くせずの受講は、無謀でした。
DME Advancedはやってて意味あるかな〜、と思っていましたが、やっぱり続けることにしました。最近、好き勝手にしゃべるとか、易しめの記事を使ったレッスンとか、カランの最初の方とか、難しい言葉を使わずにしゃべる練習ばかりやっていせいか、DME Advancedがとてつもなく難しく感じられました。1ヶ月前は、答えていたんだよなあと思うと、ちょっとびっくりですね。次の先生が手加減してくれるかどうかはわからないので、一度、見直しておきたいと思います。

日曜日はアンディさんとの言語交換でした。
イギリスが夏時間になってから1時間早く開始してくれるかと思ったのですが、「遅い方がいい!」とのことで、私の開始時間は変わっていません。というか、終了時間が延びがちになり、月曜の朝が辛いです。
前回に引き続き、今回も句動詞を使った作文をやりました。なかなか大変です。

アンディさんは、助詞を選択する問題でどうしてもわからないものがあるとのことだったので、それについて説明しました。今後、会話の中で、助詞の間違いがあったら全部直して欲しいとのことでした。助詞はたまに間違うことはあるけど、ほとんど合っているし、間違っても意味は通じるので、今まで直したことがありませんでした。私が毎回注意するのは、会話の途中で、thatやthereをすべて、「あの」とか「あそこ」と訳すことです。例えば、あるテレビ番組の話をしている時に、「あの番組では、〜と言っていました。」と言うと違和感がありまくりなので、「その番組」と言い直させています。(文字に書くとあまり違和感が無いですが、実際に話していると変なんです。)
それ以外には、"wear"など、身につける動作を表す日本語が多いということを嘆いていました。シャツを着る、ズボンをはく、靴を履く、帽子を被る、メガネをかける、ベルトをする、ネクタイを締める、手袋をはめる、などです。何故だかわかりませんが、「シャツを着る」という言葉は彼にとって、かなり難しい単語らしいです。そのあと、"I wear my shirt."と"I cut my shirt."を日本語で言えというので、「シャツを着る。」、「シャツを切る。」とイントネーションを変えていったのですが、よくわからなかったようです。過去形にして、「シャツを着た。」、「シャツを切った。」と言うと、シラブルが違うと言っていました。
あとは、右翼の黒塗りのワンボックスカーについて聞かれました。どうやら、彼は、あの車はどこかの政党の選挙演説の車だと思っていたらしいです。こんなことを英語で説明しなくてはいけなくなるとは・・・。

count for little 重要でない、影響力の無い
in hot water やばい状況にある、苦しんでいる
no walk in a park 簡単でない、やりたくない

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

ロシア語のロゼッタストーンStudioレッスンと言語交換 

今週は、ロゼッタストーンstudioレッスンは1回だけの受講でした。先生はカーチャ先生です。レベル2になったからか、先生の話すスピードが速くなっており、授業の最初に少しだけ雑談も入りました。私以外にはアメリカ人男性の生徒が2人いて、年配の方はよくしゃべる感じでしたが、学生さんの方はとてもおとなしい方でした。今回やるところは、だいぶ前にコースレッスンでやったところなので忘れていると思い、iPhoneアプリで復習したのですが、「あれ?」と言うぐらい出来ませんでした。変だなと思ったら、違うところを勉強していました。

夜はターニャさんとのお話です。昨日は、フィギュア観戦のため帰宅が遅くなりそうだったので、時間を変更してもらっていました。スカイプで話し始めたら、ターニャさんが、「piroさん、今日はどこに行っていましたか?」と質問してきます。「今日はスケートリンクに言っていました。何故かと言うと・・・」と言いかけると、「フィギュアスケートの国別対抗戦(командный чемпионат мира)でしょう?」と当てられてしまいました。すでにyoutubeに動画がアップされていたらしく、「羽生選手は出ていませんでした。」と残念そうに言っていました。

さて、今回のテーマは難しく、誰でもいいので、日本の歴史上の人物について説明するというものでした。私は豊臣秀吉について説明しました。ターニャさんは何でも詳しいので、信長や家康は知っていましたが、秀吉は知らないとのことでした。歴史上の事柄を説明するのは難しく、辞書が手放せない感じで説明文を考えたのですが、それでもかなり訂正が入りました。ターニャさんも歴史用語は知らないようなので、お互いに質問する時も、辞書を引きながらになりました。

В Японии самый популярный самураев - Нобунага Ода. Хидэеси Тоетоми не такой популярный. Большинство японских лидеров, в древности, рождались в семьях высокого класса, но он родился в крестьянской семье.
Сначала он служил у Нобунаги Оды, а после того, как тот умер, Хидэёси стал сёгуном. В то время было много отдельных кланов и шли войны. Одним из великих дел Хидэёси стало объединение страны, он долго потом управлял страной.

ターニャさんの方は、ピョートル一世について説明してくれました。ピョートル大帝に関しては、私も結構知っていました。ロシアでも一番人気の皇帝だそうです。
ターニャさんは、日本の映画やドラマをよく見るせいか、「ちょっとまって。」とか「おもしろーい!」とか相槌の打ち方が、かなり日本人っぽいです。
私にも、まずアニメを見たら良いのではないかと、「マーシャと熊(Маша и Медведь)」というサイトを紹介してくれました。まだ2話しか見ていませんが、BGMとか凝っていて、よく出来たアニメだと思います。ロシア語字幕が表示できれば言うことなしなのですが、学習用のものではないので仕方ありません。台詞はかなり少ないです。

category: ロシア語

cm 0   tb 0   page top

ZUBU Easy Englishのポイントを買いました 

結局、ZUBUのポイントを少し買ってみました。

1回目は、ロリ先生で受講しました。先生が用意したトピックで話をするものでした。文を読ませてアクティビティをやるという感じです。ニュース記事を使ったレッスンよりも実際に使う可能性が高そうなので良いのかもしれませんが、トピックがあまり面白くないのが残念なところです。いくつかの中から選ばせてくれると良いのですが。

2回目は、体験レッスンでお世話になったディンプル先生です。もう一度カランを試してみました。テキスト無しで1からやってみるのもいいかもしれないなあと思っています。
イングリッシュ・ベルとの違いは(DMEとの比較ですが)、ベルでは、イラストが必要な問いで、先生達がイラストをカメラで写していましたが、こちらはパワーポイントか何かで作成したものを使用しているので、見やすいです。カラン対応の先生はそんなに多くはなさそうです。二人の先生で受講してみた感じでは、ベルの方が言い直しは厳しいと思います。まあ、先生によるので何とも言えませんけど。

lose one's head 正気でなくなる、思考が停止する
get/be carried away 我を忘れる、興奮する
stick one's nose into ~に首を突っ込む
"stick one's nose into"はDMEなどで何度も出てきていますが、使える気がしないです。

昨日、今日と、フィギュアスケートの国別対抗戦を観戦してきました。普段の競技会と違って、選手の皆さんの応援が面白いです。
アイスダンスはデイビス/ホワイト組やヴァーチュー/モイア組が来ていないので、多少盛り上がりに欠けました。リード組は上手くなりましたね。
男子フリーは、第二グループの選手達が微妙な出来だったのに対し、第一グループのケビン・レイノルズ選手やブライアン・ジュベール選手などが非常に良い出来でした。
中国のハン・ヤン選手はいい選手ですね。アジア人には難しいと言われているワルツをきれいに滑っていました。中国の選手には、スケーティングがいまいちな人が多いのですが、そんなこともないです。まだ、17歳とのことで荒削りな感じもありますが、楽しみな選手です。プログラムと曲の編集をもうちょっと何とかするともっといいと思います。
それから、久しぶりに見たアボット選手!ベストな出来では無かったのですが、最近の大転倒を何度もやらかすような演技とは違って、手堅くまとめていました。が、衣装の色が彼には合ってないかも。
アボット選手、高橋選手、パトリック・チャン選手は、ほんと、ジャンプなんか跳ばなくても十分満足できる選手です。時間が経つのが速い!
メンショフ選手は演技中に怪我をしてしまい、気の毒でした。ここ数年、ロシアの選手の中では比較的安定した成績を残せていたのに、あまり大きな大会に派遣されずにいた感があります。SPで3位につけていたのに、残念でした。ジャパンオープンで肩を痛めて、シーズン中調子が上がらなかった中野友加里さんのことを思い出してしまいました。

今日はペアと女子のフリーがありました。
女子は、アメリカの二人がダントツにいい演技をしましたね~。ワグナーの自信に満ち溢れた演技は圧巻です。ゴールド選手はとにかくかわいい。かわいいつながりで、李子君選手。かわいいだけじゃなくて、本当に将来が楽しみです。中国はペアだけが強い印象でしたが、男女ともシングル選手が育ってきているので、平昌五輪のメダル候補になるのかもしれませんね。
ロシア勢は、トゥクタミシェワの調子がいまいち上がりきれないシーズンだったので、ソチまでに間に合うといいなあと思います。ソトニコワ選手も今日はいくつかミスがありましたね。もう少し点が出るかと思っていましたが・・・。
鈴木選手は微妙な着氷のジャンプがいくつかありましたが、URはとられていなかった(?)ようですね。浅田選手、ステップはバテ気味でしたね。彼女には珍しく、ステップのときに曲にのれていない感じでハラハラしました。
調子があまりよくなさそうな選手が多かったので、世界選手権の後に競技会用のコンディションに持っていくのは大変なんだろうなと思いました。
そういえば、アシスタント・テクニカル・スペシャリストはスコット・デイビスさんでした。スピンの名手でしたっけ?

category: ZUBU Easy English

cm 0   tb 0   page top

今週の記録 1週目 

花粉症で目と鼻の調子が悪いです。

今週のオンライン以外の勉強の進み具合です。
まずは『DME』です。音読するだけなので、順調に進んで行っています。Stage5からStage12はLesson61からLesson197までありますが、今、Stage6のlesson90まで終わりました。最近、『DUO 3.0』を見直していて思ったのが、単語は覚えているけど熟語(特に句動詞)はうろ覚えのものが多く、スルーしていたんだなあと思ったので、DMEもそうなのだろうかと思い、チェックしています。今のところ、句動詞は少ししか出てきておらず、出てきているものについては大丈夫です。

『英文解釈教室』は「Chapter1 主語と動詞」を読み終わりました。複雑な構造の文が多く、こういう文は、耳で聞いただけでは理解出来ないだろうなあというものばかりです。

『キクタン990』は36/70daysまで進みました。この本のウリであるchantsはそれほど利用しておらず、もっぱらアプリのチェック機能を利用しています。いいペースで進んでおり、結構、覚えていますが、終盤に熟語がまとめて出てくるところがあるので、スピードダウンすることは間違いないです。

『”英語のしくみ”が見える[基本動詞+前置詞] イディオム1000』は、解説(というほど詳しくはないのですが)を読みながら進め、前日までに読んだところの音読を毎日やるようにしています。ただ、この前の言語交換の時に思ったのは、覚えたいイディオムを使って作文をするのが一番効果がありそうだということです。まあ、とりあえず読み進めていきますが、まだ、やり方を模索中です。

on the take 賄賂を受け取っている
at large 逃走中で、自由に、一般の
back out (of/from) 〜の約束を破棄する、〜から退却する

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

ZUBU Easy English 体験レッスンと言語交換 

ZUBU Easy Englishというオンライン英会話スクールの体験レッスンを受けました。ベルをやめる訳ではありません。飲み会やら他の用事やらで出来ない日が多いので、今ポイントを購入すると、ポイント消化がヤバいことになりそうなので、ちょっと休んでいます。DME Advancedは来週あたりから再開します。

さて、ZUBUですが、初回は、ディンプル先生でレベルチェックをしました。話しやすく、良さそうな先生です。ちょっとほめ過ぎなきもしますが、初めてオンラインスクールで習うとしたら、こんな先生が良いなあという感じの先生です。レベルチェックは、かなり甘めに判定がでますね。チェックを受けている最中にも、ほめられまくられたのですが(特に発音)、後から送られてくるレポートでもほめまくっています。こういう易しい質問だと、結構すらすらと答えられるんですが、ちょっと突っ込んだ質問だと、「んー・・・」という感じになって、間があいてしまいます。なんとかなりませんかね?

2回目は、ジル先生で受講しました。「カランに興味ある?」と、すごくカラン押しだったので、その気はなかったのですが、カランにしてしまいました。DMEよりカランの方が難しいと言われていますが、一応DMEを終了した者としては、さすがにステージ1は楽勝でした。しかし、ディンプル先生よりさらにほめる先生だったため、一文ごとにといっても過言ではないほど、ほめられました。やっていることは、"yes, it's a pen."とかですからね。正直、ちょっと萎えてしまいましたが、優しい先生なので、やはり、最初のスクールだったら、こんな先生が良いのかもしれません。
ちょっと微妙な気もしますが、期限無しのポイント制ということなので、一度ポイントを購入しておいても良いかなと思っています。

日曜の夜は言語交換です。
イギリスもようやく暖かくなってきて、いいお天気だそうです。アンディさんは二日酔いだと言っていましたが、いつになくペラペラと英語でまくしたてていたので、多分、酔っぱらいですね。二日酔いを理由に英語でしゃべり続けていました。
今、英語はどんな勉強をしているかと聞かれたので、句動詞の勉強と文法の勉強(『英文解釈教室』)と答えました。先週、ちょっと句動詞の質問をしたこともあり、句動詞のトレーニングをすることになりました。アンディさんが句動詞を言い、それを使った文を作るようにと言われました。それを30分位やりました。終わったら、「毎週やったらいいと思うんだよね。」と言うので、確かに勉強になりそうだけど辛いなあと思い、返事に困っていたら、伝わっていないと思ったのか、「ほら、句動詞の勉強をしているって言ってたでしょう?だから手伝いたいと思って。」とご丁寧に言い直してくれました。「あっ、ありがとう・・・。」と返事すると、「いつも教えてもらっているから。」と嬉しそうに言っていました。意外といいヤツです。が、大変そうです。
ターニャさんもそうですが、多分、私のひどさを見かねていろいろ提案してくれているのだと思います。アンディさんは、「例えば、会話で"discover"を使うと、意味はもちろんわかるけど、かなり堅苦しく感じるから、"find out"、"make out"、"work out"なんかを使った方が自然なんだ。」と言っていました。私の英語はかなり居心地が悪く感じているということですね。多分、初回から句動詞を勉強しろと言われていたので、ようやく取りかかったことを喜んでいるのでしょう。

effeminate 女々しい、男らしくない
feud 確執、不和
watered-down 水で薄めた(割った)
frothy 泡状の、泡だらけの

category: ZUBU Easy English

cm 0   tb 0   page top

ロシア語の進捗状況 

土曜にロゼッタストーンのstudioレッスンを予約していたのですが、レッスン開始時刻を勘違いしていて受講出来ませんでした。予約が取りにくいので、1回逃すのは痛いです。まだ一度もユニット5のレッスンを受けていません。
コースレッスンはようやくユニット6に入りました。

週末はターニャさんとの言語交換です。今回はジェスチャーについて話しました。私は、例えば、自分のことを言う時には、人差し指で鼻を指差すとか、謝る時には顔の前で手を合わせるとか、そんなことを説明しました。

1. Когда мы говорим о себе, мы указываем на свой нос.
2. Когда мы хотим сказать "нет," мы машем рукой перед лицом.
3. Когда мы хотим извиниться, мы складываем руки ладонями вместе перед лицом.
4. Когда мы хотим сказать "стоп!" или "жди!", мы выставляем ладони вперед.
5. Когда мы хотим сказать "иди сюда," мы машем рукой.
6. Когда мы делаем кольцо указательным и большим пальцами, это означает деньги.
7. Когда я задумываюсь, я складываю руки на груди.

ターニャさんの教えてくれたものの中で知らなかったものは、飲みに行こうという合図をする時に、あごの下辺りを指ではじく仕草をするものでした。ターニャさんによると、ピョートル1世が労働者へのお礼として、首に判子を捺したのだそうです。そして、その人は飲み屋でそれを見せると、酒代がタダになったというところから来たジェスチャーだそうです。

その後は、先週に引き続き、数字の練習をしました。私は、年号は大分慣れてきたものの、1000円(ルーブル)を超えるモノの値段がダメで、ターニャさんは日付と万を超える数字がダメなようです。

今週から、新年度のNHK語学講座が始まりましたね。私はラジオの英語(ラジオ英会話、攻略!英語リスニング)とロシア語、それからテレビのロシア語会話をチェックしました。テレビのロシア語講座に出演しているジェーニャさんの日本語の上手さに驚きました。アニメとか見ないので知らなかったのですが、声優さんなのですね。日本語はアニメから入ったそうです。やはり、音から入った人は発音がいいのかも。

category: ロシア語

cm 0   tb 0   page top

バリューイングリッシュVOA講座 28回目 

バリューイングリッシュのフェイ先生で、VOA講座を受講しました。
先生は自宅からレッスンをしているのですが、昨日は親戚の方が来ているとのことで、「うるさくてごめんなさい」との前置きがありました。

今日はこちらのトピックです。

Study Finds Overweight People Have Lower Risk of Death

オーバーウェイトの人の方が死亡リスクが低いという研究結果があるそうです。
先生からの質問は、「このタイトルは信じられるか?」、「この研究では、肥満の人は正常な人よりどれ位死亡リスクが低いか?」、「一般に、肥満の人はどのような病気にかかりやすいと考えられているか?」、「BMIとは何か?」、「BMIを指標として用いる問題点は何か?」、「周囲の人を見て、肥満の人の方が死亡リスクが低いと思うか?」などでした。

最後まで読むと、肥満の方がいいと言っている訳ではありません。適性体重の方が心臓病や糖尿病のリスクは低いのでいくら太ってもいいという訳では無いようです。記事には研究結果のことは詳しく書かれていないのですが、筋肉質の人は体重が重くなるのでBMIが高めに出てしまうけど、そういう人はむしろ健康でしょう、ということが書かれていました。

今日は、自分の意見がよく言えていて良かったとの評価でした。

be good-for-nothing 役立たず
pick on いじめる、いびる
get on someone’s nerves 〜をいらいらさせる、〜の癇にさわる

category: バリューイングリッシュ

cm 0   tb 0   page top

英語の自習の計画と今週の言語交換 

今日の雨で桜がほとんど散ってしまいましたね。

年始に目標を立てつつも、なかなか始めなかったオンライン以外の勉強を始めようと思います。
『K/Hシステム入門編』の続編である『究極の英語学習法 K/Hシステム入門編ワークブック』を第一の候補に考えていたのですが、実際にやってみるとシャドーイングでの間違いは13/179語と思っていたよりもかなり少なく、意味もほぼ取れていました。ただ、若干推測で意味を補っている部分があるので、そこら辺を詰めてくべきなのかも知れませんが、今はどうも気が向かないので寝かせておくことにします。

で、何をやるかというと、『DME』をもう一度復習しようと思います。といってもレッスンでやるのではなく、ひとりDMEでもなく、ただの音読です。ちょっと色々確認したいことがあるので、とりあえず、ステージ5〜12をひと通り読んでみます。
文法事項としては『英文解釈教室』をやる予定です。これはお風呂で読む本というよりは、机で真面目にやった方がよさそうです。
語彙は『キクタン990』をもう一度やろうと思います。これは、書籍版を持っていたのですが、最近アプリを買ったところ、こちらの方が安くて多機能で、暗記には向いています。チェック機能があるので、覚えたつもりになっているものがあぶり出せますし、間違った単語は翌日に復習させられます。また、一日サボると「勉強しろ〜」とお叱りのメッセージが入ります。自分で単語帳アプリに単語を入れてくのもいいですが、市販のものはよく出来ているなあと感心しています。
それから、コロケーション(というか句動詞だけですが)をいい加減、なんとかしたいので、『”英語のしくみ”が見える[基本動詞+前置詞] イディオム1000』という本を買いました。が、どうやって勉強するのがいいのかよくわからない状態です。とりあえずは、ザッと1回目を通します。言語交換相手のアンディさんは、以前、スペイン人を相手に句動詞のクラスをやっていたことがあるらしいのですが、「スペイン人達が本当に嫌がっていたから大変なのは理解するが、どうやって覚えたらいいのかは僕にはわからない。」と言っていました。まあ、そうでしょうね。単語を覚えるのよりも100倍位厄介です。なにせ、全て知っている単語の組み合わせなのに元の動詞とは意味が全然違ってくるし、一つの句動詞で意味がいくつもあるし、使えなきゃ意味が無いのできっちり覚えたいし、と大変なこと尽くしです。

ということで、やるのはこの4つです。
『DME』
『英文解釈教室』
『キクタン990』
『”英語のしくみ”が見える[基本動詞+前置詞] イディオム1000』


あとは、『ドラゴンイングリッシュ』を使っての瞬間英作文と、『TIME』を好きな記事だけ読むのと、日々のニュース記事を読むのと、Podcastでニュースを聞くというのを気楽に続けていくつもりです。まあ、多分、時間が足りないでしょうね・・・。

先週は、出張先のホテルの部屋からアンディさんとの言語交換をしました。
直前まで会社への報告書を作成していたため、完全に頭が日本語モードだったせいか、英語が出てこず、ほとんど日本語でした。「今日は、私は・・・」と言いかけると、「全然ダメですね。」と素早く返されてしまいました。
一方、アンディさんの日本語は冴え渡っていたので、「今日はすごく上手いけど、どうしたの?」と聞くと、「ピンズラーをやったせいかな?」との答えでした。初心者向きのやつだと言っていましたが、あまり私に新しい教材の知識を与えないで欲しいです。

今週は、あいさつの直後に、「今日は二日酔いでダメだから、英語メインでお願いします。」とクギをさされました。前回、ほとんど日本語だけだったので逆襲なのか親心なのかわかりませんが、最初の1時間半位は、ほぼ英語でした。今回は、比較的私が調子よくしゃべれました。長い間、英語のオンラインレッスンを受けていないのですが、あまり影響なさそうでした。直前に、英文メールを書いていたのが良かったのかもしれません。

今回は、日本語についてあれこれ質問されました。まずは調理法です。"煮る"と"煮える"の違いを質問した後は、それ以外にどんな調理法があるかという質問を受けました。"蒸す"というのが一番説明に手間取りました。"steam"と言っても、「それはどういうことだ?」と質問されてしまい、蒸し器の画像を送ると、「ああ、それなら、5年位前から、こっちでも流行り始めた。」と言っていました。「何故スチームが出るのか?」とか、「何故、蒸すのか?ゆでるのと何が違うのか?」となかなかしつこく質問されました。

今週気になったのは、彼は日本語の自動詞と他動詞がいまいち区別出来ていないんじゃないかなということです。 会話の途中で"transitive verb"とか"intransitive verb"とか言っているので、そういう概念はあるようですが、よく間違えます。英語だと一つの動詞で両方を兼ねていることがあるからでしょうか?ロシア人のターニャさんはこの辺りは、ほぼ完璧です。母語の特徴によるんでしょうね。

そろそろ、オンラインレッスンも開始しなければと思いつつ、スクールを変えてみようかな?と思ったりもしていてなかなか踏ん切りがつきません。

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

ロシア語のロゼッタストーンStudioレッスンと言語交換 

お久しぶりです。
先週半ばには出張から帰ってきていましたが、花見やコンサートや映画など、毎日私用で忙しく、ブログを書く時間がとれませんでした

一昨日は、ロゼッタストーンStudioレッスンをカーチャ先生で受講しました。ユニット4をやっています。なかなか予約が取れなくて、前のところの復習をしている状態です。私以外の生徒はアメリカ人3人でした。アメリカ人のロシア語は発音が聞き取りにくいのですが、それ以上に、格の概念が無いのか、3人とも全く格変化をさせずに、常に主格で答えているところが気になっています。そして、日本人はおとなしいとか間違いを恐れてなかなかしゃべらないと言う人がいますが、日本人に限ったことでは無いというのがよくわかります。アメリカ人だっておとなしいです。というか、おとなしいんじゃなくて、言うべき言葉を知らないだけですよ。

ターニャさんとの言語交換では、広告について話しました。
私が話したのは、タバコとお酒のテレビCMは制限されていることと、番組の途中で割り込まれるので嫌われていて、チャンネルを変えてしまう人が多いことを話しました。あとは、トヨタや東京ガスのCMについて少し説明しました。

В японии рекламы больших компаний транслируются в популярных телевизионных программах. Телереклама табака запрещена весь день, и реклама алкоголя запрещена днём.
Мне нравится реклама автомобиля Тойота. Актеры изображают персонажей из анимэ "Дораэмон." Из других, мне нравится реклама компании Токио Газ. Исторический персонаж приходит в комнату , где живет современный человек и удивляется удобствам.
Есть много интересной телерекламы, но она прерывает телевизионные программы, поэтому многие люди не любят её. Когда начинаются реклама, многие люди переключают канал.

ロシアでは日本車は人気があるそうで、日本車のコマーシャルが多いとのことです。トヨタのCMのキャッチコピーは”Тойота - управляй мечтой”といい、「トヨタを運転するのが夢」という意味と「トヨタが夢に導く」という意味がかかっていると説明してもらったような気がしますが、間違っているかもしれません。

その後、映画「アンナ・カレーニナ」を見に行った話をしました。この映画は、舞台仕立てになっていたので、実際のロシアの風景は全く出てこず、また出演者達も全くロシアっぽさの無い俳優ばかりだったので、ちょっとイメージと違いました。そして、何より不倫相手のヴロンスキー伯爵の風貌がちょっと気持ち悪かったので、途中で背後からアンナに熱い視線を送っているシーンなどはストーカーにしか見えず、なんでジュード・ロウよりこっちがいいのか?とか思いながら見ていました。そんなわけで、「あまり好みじゃなかった。」とターニャさんに伝えると、「是非、ロシアのアンナ・カレーニナを見て下さい。」と言われました。ソ連時代の映画だと長そうですね。

前回、ロシア語の数字が苦手だという話をしたら、ターニャさんも数字が苦手ということだったので、これから、毎回、数字の練習をしようということになりました。よく使うのが西暦、日付、年齢などです。お金の話だともっと桁が大きくなるので大変です。5、6問、問題を出し合ったのですが、2人とも答えにたどり着くのに結構時間がかかりました。数字は意味が分かっているので敢えて自分で練習することが無いうえに、数字の読み上げが普段の会話より速くなる人が多い(気がする)ので厄介です。

category: ロシア語

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。