12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ロゼッタストーンStudioレッスン 

今日もアンナ先生の予約が取れたので、studioレッスンを受講しました。
ユニット2レッスン4を受講しました。先生の発音を聞いたあとだと、自分の発音の悪さを感じます。先生はお芝居のようにしゃべります。巻き舌もすごいです。頑張ります!
ロシア語(他の言語も?)の先生達はアメリカに住んでいるんですね。ロシア人ならたくさんアメリカにいそうな気がします。

前置詞на/вの練習や、髪や目の色、暑さ寒さを表現する時には人は与格(Мне холодноなど)にすることなどを勉強しました。茶色い髪はкаштанавые волосыですが、茶色い目はкарие глазаなんですよね。

コースレッスンではユニット3のレッスン3が終わったところです。これまではスラスラ言えないところはしつこく繰り返していましたが、前にやったものを完璧に覚えていなくても、また後から同じようなことが練習出来る仕組みになっているようなので、気楽に進めていくことにします。

ついでに書きますが、英検2級2次対策コースも受講しました。
テキストを読んで答える問題は、いつも質問を聞いて自分で考えて答えていましたが、テキストの中から抜き出して答えても良いそうです。自分で答えを作る場合には、キーワードを外さないようにとアドバイスをもらいました。
音読は、いつも良いと言われるのですが、今日はもっと感情を込めて読む練習をしようとのことで、読み直しをしました。それって、点数に関係あるんですかね?
最後の、テキストやイラストから離れた質問は、考えがまとまらないうちに答えたのですが、よく答えられているとのことで、特に何もせず、3コママンガみたいなものを説明するところを重点的にやりました。私は、英語の問題もあるのですが、イラストの意図するところを勘違いしてしまうこともあります。それから、もっとシンプルに答えるようにとのアドバイスもありました。くどいんですかね?
スポンサーサイト

category: ロシア語

cm 0   tb 0   page top

バリューイングリッシュVOA講座 23回目 

今日はバリューのVOAレッスンを受講しました。

最初のあいさつの時に、英検を受けた話をしました。私が受けたのは2級なのですが、先生は、私がもっと上の級を受けたものと勘違いしたらしく、「じゃあ、すぐに2次試験の準備を始めなきゃ。2分間のスピーチは難しいわよ。」と言っていました。その場で与えられたテーマで2分間のスピーチをするんですかね?私には日本語でも無理そうです。2級には無くて良かったです。

今日のテーマはこちらです。
In Eastern DRC, Ex-Fighters Make a New Life With Coffee

コンゴで、反政府ゲリラや兵士だった人たちにコーヒーを生産する組織で働いてもらおうという試みをやっているという記事です。この組織の目的は、コーヒーを生産すること、元テロリストや兵士に職を与えること以外にも、諍いの起こっている異民族同士が一緒に働くことで民族闘争の解決の助けになることも期待しているそうです。

先生からの質問は、「この組織を作った目的は?」、「元兵士達の生活をどのように変えたか?」、「どれくらいの人がそこで働いているか?」、「この組織が公正取引の証明書をもらうために必要な条件は何か?」、「夜中に湖をわたってコーヒーを運ぶリスクは何か?」などでした。
このコーヒーは日本でも売られているそうです。コンゴのコーヒー、見たこと無いなあ。

今週末の、ターニャさんとの言語交換のテーマは「動物」です。簡単そうだと思っていたのですが、いざ書こうと思うと、何を書いていいのかわかりません。動物園とかサファリとかはロシアの方がすごいのを持っていそうだし・・・。猿回しの話でもする?でも、動物に芸をさせるのも向こうの方が色々あるんだよなあ。どうしよう。

cut it out やめる、中断する
fall behind 遅れる、ついてこれなくなる
fall short of ~ (結果として)〜に手が届かない、〜を達成できない

category: バリューイングリッシュ

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 23 

今日はサイル先生で受講しました。初めての先生です。

mock  あざ笑う、ばかにする
take off ものまねをする

"take off"は本当にたくさんの意味がありますね。パッと思いつくだけでも、離陸する、服や靴を脱ぐ、仕事などにとりかかる、などがありますが、辞書をみるとものすごくたくさんの意味があります。困ります・・・。

昨夜はアンディさんと言語交換をしました。
先週、日本語を使いすぎたので、今日は最初の30分は絶対に英語しか使わないと心に決めて挑みました。特に宣言はしていなかったのですが、アンディさんもそれに合わせてくれているようで、ずっと英語で話しています。30分が過ぎ、1時間が過ぎても日本語に変わってくれません。キリのいいところで「そろそろ日本語にしましょう。」と言うつもりだったのですが、いつまでたっても英語でしゃべりかけてくるので、だんだん疲れてきました。ようやく、「日本語でお願いします。」と言ってくれたので、「ああ〜、助かった。もう疲れたよ。長過ぎる!」とここぞとばかりになじりました。「1時間以上、よくがんばったね〜。」と言って笑っていましたが、1時間半は軽く過ぎていて、本当に疲れました。

英語で話している間、ちょこちょこ文法ミスを直されたり、より適した単語に置き換えてもらったりしました。例えば私が"organize"を使うと、会話だと"set up”か"put on"の方が自然だとか、"scold"を使うと、会話では若干フォーマルなので、"tell off"の方がいいとかいう感じです。その度に、コロケーションを覚えるように言われます。

なんか、刺身の話から(よく刺身の話になる)ヨーロッパの漁業の話になり、イギリス周辺の海で以前よく取れていたアジの一種が、温暖化に伴い、ノルウェイやアイスランドの方に北上してしまい、他のヨーロッパ諸国で取れなくなってしまったとのことでした。それで、ノルウェイやアイスランドに規制をかけるだったか、自分たちも取れるように規則を変えるだったかを提案していて、ノルウェイとアイスランドが反発していると言っていました。当たり前ですね。自分に都合が悪くなったからといって、すぐルールを変えたがるのはいかがなものかと思うのですが。

今回は、「どこ」という言葉の使い方についての質問を受けました。「どこ」と聞くとwhereが浮かんでしまうらしく、「これはどこのコンピュータですか?」と聞かれて、「机の上です。」というとんちんかんな答えをしたことがあると言って恥ずかしがっていました。
最近は、漢字の勉強を始めたそうです。今、一番難しいのは、「週」と「道」だそうです。わたしもこどもの頃、しんにょうがうまく書けなくて、「週」とか「道」のような字だけ巨大になっていたので、気持ちはよくわかります。

do the trick うまくいく、効果がある
come (back) to one's senses 正気をとりもどす、夢から覚める
break one's back 大きな努力をする、骨を折る

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

ロシア語のロゼッタストーンStudioレッスンと言語交換 

昨日もロゼッタストーンStudioレッスンに参加しました。

2コマ受講しました。先週の土曜日と同じカーチャ先生です。1コマ目は生徒は私一人で、2コマ目はもう一人受講者がいたのですが、接続がうまくいかなかったようで、授業の終わる直前につながり、"до свидания"だけ言って終了になってしまいました。かわいそうに。
なんだかんだで、先週の土曜以外は、ずっとプライベートレッスン状態です。格変化を口で覚えたいので、コースで受講しているものよりも下のレベルのクラス(ユニット1レッスン2、ユニット2レッスン1)を受講しています。数字と名詞の格変化の組み合わせは大分マシになってきました。先生には、同じレベルの授業を何度受けているかは分かっているらしく、前回とは質問を変えてきたり、まだ習っていないことを少し取り入れて質問したりしてくれます。良い先生です。

夜はターニャさんとの言語交換でした。『祭』がテーマです。祭と言っても、祝日のことも含んでいます。
私は、日本の祭をいくつか列挙して、その中で、時期的に近い節分とひな祭りについて説明しました。結構ぼろぼろで、ほぼ全ての文に直しが入りました。ターニャさんは、辛抱強く、親切なので、間違っていた文は正しい文にしてタイプしてくれました。説明も分かりやすいです。先生っぽいです。あまりにも手間をかけさせてしまったので、「いっぱい間違っててゴメン。」と謝ると、「今日のは知らない話が多くて面白かった!」と言ってもらえました。感謝!

もうちょっと長い文を作ったのですが、節分とひな祭りの説明部分を載せておきます。メモし損ねたところもあるかもしれないので、完全には直っていないかもしれませんが。
ロシア語の作文は私にとって非常に大変です。前もってテーマを決めているので予習しない訳にはいかないし、ぶっつけで説明出来る訳でもないのですが、短い文を作るのにもものすごく時間がかかります。英語だと、会話よりも作文の方が圧倒的に得意なのですが(ちょっと言い過ぎかも)、ロシア語だと作文の方が苦手です。面白い現象です。

Я хочу рассказать о празднике “сэцубун” и “хинамацури”. “Сэцубун” означает, этот день разделяет сезоны. Мы празднуем сэцубун третьего февраля, просим о здоровье. Мы разбросаем бобы и кричим “нечисть изыди, счастье приди,” и каждый человек должен съесть бобов столько, сколько ему лет.
“Хинамацури” – праздник для девочек третьего марта. Люди украшают комнаты куклами в традиционных костюмах. Мы просим о благополучном взрослении и счастье для наших дочерей.

「鬼は外、福は内」を“черти выйди, счастье войди(悪魔よ出て行け、幸せよ入って来い)”と訳すと、笑われてしまいました。“нечисть изыди, счастье приди(悪よ消えろ、幸せよ来い)”という言葉は、ロシアのシャーマンがよく言う言葉だそうです。

あとは、受験シーズンにちなんで、受験生を送り出すときの言葉として、“ни пуха, ни пера!”と言う言葉と、それに対する返答“к чёрту!”を教えてもらいました。これらは、元の意味と大分違った使われ方をしているので、そのまま覚えた方が良さそうです。普通に、“Желаю успеха(成功を祈る)!”という言い方でもいいそうです。

category: ロシア語

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 23 

昨日と今日のDMEの記録です。ダニエル先生、ローン先生、ジーン先生で受講しました。
いろんな先生に説明してもらってばかりで、なかなか先に進みません。一日3文ぐらいしか進まないことも多いです。まあ、その分、説明してもらった単語などは結構覚えています。

ダニエル先生は、今日もレッスンの最後に、「1時間後に今日の回答文を送るから」と言って終わり、他のクラスが終わった後(多分)に回答文が送られてきました。こういうサービスを始めたのでしょうか?

swear(誓う)はDME standardの時に、oath(誓い)とセットで覚えたのですが、罵るという意味もあるんですね。なんで、こんなに意味の違うものが一緒の単語なのか謎です。"swear like a trooper(口汚く罵る)"という言葉の説明で、「アメリカでは、軍人は言葉遣いが汚いということになっているから。」と言っていました。確かにガムを噛みながら禁止用語を連発していそうです。自衛隊の方々には全くそんなイメージはないですけど。そういえば、『プラダを着た悪魔』で、"paratrooper(落下傘降下兵)"という単語が出てきたのを思い出しました。結局あれも(DVDを見ながらリピーティングするやつ)一度しかやってない。『グレイズアナトミー』はもっとひどくて日本語字幕で見ただけです。

stake 賭ける
foolhardy 向こう見ずな
daredevil 向こう見ずな人

ジーン先生は、話しやすい先生です。言い直しはほとんどありませんが、それぞれの文で、先生のコメントや追加質問があります。
前回受講した時もそうでしたが、新出語の説明のとき、彼女のやり方は他の先生と違っていて、「本は持ってるの?」と聞き、持っているというと、「じゃあ、定義文を読んでみて。」とのことで、私が読むだけでかなりあっさりと終わります。まあ、フレーズごとに繰り返すより意味が取りやすいことは確かです。でも、問題もあって、一度本を取り出してしまうと、その後、問題文を見てしまうんですよね。全て大文字の読みにくいフォントなので、ずっと見っぱなしということにはならないのですが、開いているとついチラッと見てしまう。まあ、閉じれば良いだけのことなんですが

safe and sound とても安全な、怪我ひとつなくピンピンしている
take someone's breath away 〜をはっとさせる
can't agree more 大賛成である、まったく同感である

"can't agree more"とか、この手の表現って、よくありますね。"couldn't be better"みたいな。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

ダニエル先生の発音レッスンを受けました。先生は風邪をひいているそうで、具合が悪そうでした。

先生がファイルか何かを探している間、間を持たせるためか、「俺は具合が悪いから、何か面白いジョークを言え。」というので、「出来ない。」と答えると、先生は、「2つだけ、日本のジョークを知っている」と言っていました。聞いてみると、「ネコがねころんだ。」だったので、「それはジョークというよりおやじギャグだよ。」と言うと、「えっ、オヤジ?」とショックを受けていました。「いいんだよ。どうせ、オヤジだから・・・。」とかごちゃごちゃ言っていたのですが、おやじギャグをうまく説明出来る気がしなかったので、ニコニコ笑ってうなずいておきました。ちなみに、もう一つは「ふとんがふっとんだ。」でした。次はもっといいヤツを探してくるそうです。

今日は、前回ファイルを送ってもらっていた、3匹のこぶたの話を読む練習をしました。ストレスのあるところは太字になっています。やっぱり時々"W"の音が抜けてしまうようです。ダメですね。かなり口を突き出して発音した方がよさそうです。"Y"もたまに抜けます。
その後は、前回の復習をしたりしました。次回も、ストレス・イントネーションの復習と母音の復習をするそうです。

do everything in one's power 全力を尽くす
speak the same language 同意見である、同じ考えである
with open arms 心から歓迎して、もろ手をあげて

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 23 

今日は、DME、英検対策コース、ロゼッタストーンStudioと3連続で受講したので疲れました。
DME Advancedは、月曜日にジェリメ先生、今日はジェニーメイ先生で受講しました。

ジェニーメイ先生は初めての先生でした。なかなか良い先生のような気がします。言い直しも手頃で、ちょこちょこトークも挟んで、いい感じです。先生にとっても、私が初めてのDME Advancedの生徒だったそうです。予約が取れたら、また受講したいです。

英検2級2次対策コースは、かなり疲れた状態で受けたので、ボロボロでした。特に、一問目のテキストを読んで質問に答えるタイプの問題で、最初の20秒で黙読が終わらなかったために焦ってしまい、読み直しながら質問に答えてしまいました。
イラストを解説する問題は、まあ、前回と変わらずといったところです。
後半は持ち直し、テキストや図からはなれた2つの問題は、自分でも不思議なくらいスラスラと答えられ、先生からも、解答の内容も、文法的にも非常に良いとの評価をもらいました。不思議なこともあるものです。

これから『KHシステム』をやって、寝ます。

(there is ) nothing to it 簡単である、面倒なことは一切ない
have a ball 楽しい時を過ごす
get along (with) 〜と仲良くやっていく

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

ロゼッタストーンStudioレッスン 

先週、ロゼッタストーンStudioの予約が取れないとぼやいておりましたが、昨日、ロゼッタストーンStudioの予約画面を見ると、突然、平日の夜に予約の枠が出来ていました。週2ですが十分です。この前リクエストしたことが、もう反映されたのでしょうか?とにかくお願いした手前、予約しない訳にはいかないと思い、今日、受講しました。

今日はレベル1ユニット2のレッスン2をやりました。
予想通り、生徒は私一人でした。やっぱりリクエストをきいて開講してくれたに違いないです。それにしても素早い対応です。先生はアンナ先生です。この先生もとても優しい先生でした。

この課では、数と名詞の格の対応を勉強します。

1 + 単数主格
2,3,4 + 単数生格
5以上 複数生格

例1)少年
один мальчик
два, три, четыре мальчика
пять мальчиков

例2)少女
одна девочка
две, три, четыре девочки
пять девочек

紙に書くと簡単なのですが、これを間違えずに言うのは非常に難しいです。こういう訓練をしたかったんですよね〜。もう少しコースで練習して、もう一度同じところを受講します。
生徒はもう一人ぐらいいた方がいいですね。

category: ロシア語

cm 0   tb 0   page top

発音レッスン 

先週末のダニエル先生との発音レッスンの記録です。

え〜と、相変わらずストレスについてやっています。
先週の復習をやった後、今日のレッスンに入りました。

adjective
-adjective-noun-noun
adverb-adjective-noun-noun

これらのフレーズを含む文を練習します。単独の文でやる分には難しくないです。文章を読む時に出来るかと言われると、そこまで気が回りません。
来週は、これらを含んだショートストーリーを読む練習をするそうです。"The three little pigs"です。先生が、「三人のブーちゃん。」と言っていたので、「さんびきのブーちゃん。」と言い直すと、「いちびき、にびき、さんびき?」と聞いてきました。「いっぴき、にひき、さんびき、よんひき。」と言い直すと、先生も繰り返していました。めっちゃ素直です。日本語の単位は難しいようですね。いろんな外国人に「何故いちいち変わるのか?」と文句を言われます。覚えてね

昨日の夜は、アンディさんとの言語交換でした。
イギリスは前日から雪が降り続いているそうで、雪が降ると学校が閉鎖になるので自分の仕事も休みになるらしく、「雪は嫌いだけど降ってほしい。」と言っていました。
最近、私の状態が良くないです。日本語でも結構通じるようだということがわかったせいか、面倒な言い回しになると英語で言うことを放棄して日本語で話したりしていました。「わかるかな?」と確認すると、「多分・・・。」という心もとない返事が返ってくるので、下手でも英語で説明した方が話の通りが良いのは分かっているんですが、最近、甘えが出ています。次回は固い意志で、英語を話す時には英語しか話さないようにします。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

ロシア語のロゼッタストーンStudioレッスンと言語交換 

ロゼッタストーンを始めてから2週間ほどたちました。
英語の場合だと、Studioレッスンのコマ数が多く、空いた時間に直前予約も出来るらしいのですが、ロシア語だと一日のうちの限られた時間しか空いていなくて、平日はほとんど昼間だけ、あと土曜の午前中だけというひどい状況です。マイナー言語は仕方ないですね。一応、事務局の方に平日の夜の開講希望のお願いをしたところ、本社に伝えるとの返事はきましたが改善されるかどうかはわからないとのことでした。

そんなわけで、開始から2週間後に始めてレッスンを受けることができました。2コマ受講しました。
2コマとも同じ先生で、優しい女性の先生でした。
ひとコマ目は、私が入室すると、既にアメリカ人男性が先生にさかんに英語であれこれ話しかけていて、先生から「私は英語は理解出来ないのよ。ロシア語で話しましょう。」と返されていました。男性は、"Why?"と不服そうでした。「あんた、先生になんてことを・・・。」と思っていると、先生が私の入室に気付き、あいさつをして、早速授業に入りました。生徒はこの男性と私の2人のようです。この方は、かなり慣れている感じです。
基本的にはコースで自習したものを先生が質問するという具合です。生徒同士で質問させることもあります。時々、質問内容を生徒合ったものに変えて、自分のことを答えさせたりもします。あと、習っていない言葉を教えてくれることもあります。アメリカ人生徒は、時々英語が出てしまい、「英語はダメよ。」とその度にたしなめられていました。

2コマ目は生徒が4人で、私ともう一人日本人の女性がいて、あとの2人は多分アメリカ人だと思います。アメリカ人の話すロシア語というのは、聞き取りにくいです。ひとコマ目の男性はロシア語っぽい発音だったのですが、2コマ目の2人は、語尾がはっきりせず、格変化がどうなっているのかよくわからない状況でした。

ロゼッタストーンでは、受講生同士のチャットができるのですが、ロシア語の受講生は、ほとんどがアメリカ人やカナダ人などの北米の人のようです。チャットルームを覗くと、参加者の国籍がわかります。英語オンリーで会話が進んでいました。本当は学習中の言語でやることになっているはずなんですが。

夜は、ターニャさんとおしゃべりしました。今日は季節についてのお話です。
ロシア人が、秋になるとキノコ狩りに出かけるのが好きなのは知っていましたが、その時期には会社の中でもキノコ狩りの話で持ちきりになるそうです。ターニャさんはキノコの種類を見分けることが出来ないから、行かないと言っていました。ということは、普通はみんな、食用のキノコかどうか判断出来るんですね。

Листья на деревьях меняют окраску 紅葉(木の葉が色を変える)

昨日は、文法事項につても少し教えてもらいました。期間を表す時には、с мая по ноябрь(5月から9月まで)のようにс ~ по ~を使うのですが、年齢を表す時には、с 7лет до 16лет(7歳から16歳まで)と、с ~ до ~を使用すると注意されました。
あと、 基本的なことなのですが忘れていたことで、смотреть(見る)という動詞は、テレビや映画を見る時にはсмотреть кино(映画を見る)と動詞の後に目的語をおきますが、あるものに目をやる時には、смотреть в окно(窓を見る)のように前置詞в/наを使い、見る対象は対格にします。

あとは、なぜか早口言葉の話になり、いくつか教えてもらいました。こんな感じです。ターニャさんはものすごく速く言えました。
Грека через реку , видит Грека в реке рак, сунул Грека руку в реку ,рак за руку Греку цап!

category: ロシア語

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 22-23 

今週のDMEの記録です。
ジェリメ先生、マリー先生、ダニエル先生を平日にひとコマずつ受講して、今朝ひとコマ他の先生で受講しました。

レッスン23をやっています。
pester ~を苦しめる、しつこく悩ませる、~にうるさくせがむ、ワイワイ言う
butter up 〜のご機嫌を取る、〜にごまをする
wind up  興奮させる、イライラさせる
stammer どもること、どもり、どもる
impediment  障害、妨害するもの、身体的障害

ジェリメ先生と、Focus on Writingの副詞/副詞句を選ぶ問題をサササッと終わらせて、レッスン23に入りました。今回はわりとあっさり進みました。たま〜に、ジェリメ先生はしっかり言い直しをさせる日がありますが、大体はあっさりです。
マリー先生は、レビューに時間をかけてくれたので、よく復習ができました。
ダニエル先生の授業では、色々な単語や文の意味を質問していたせいか、全然分かっていないと思われたらしく、授業が終わった後、その日にやった分の回答文を全部タイプしてきてくれました。10分位かかったんじゃないかな?ご面倒をおかけしました。こんなことは初めてです。ただ、タイプしてくれた回答文が、"Yes, I think Daniel would make a promising comedian."とか、"If someone wound my friend up because of his stammering, I would react. I would shout URUSAI."とかなので、他の先生の時にはそのまま使う訳にはいきません。
今朝の先生は、多分、以前にも受講したことがあると思うのですが、いまいちでした。単語や質問文の意味をきちんと理解しているのか疑問に思うことが数カ所あったもので。私の勘違いかもしれませんが・・・。

be right there すぐその場に行く
hang in there 耐え抜く、頑張り続ける
no sweat とても簡単な、お安い御用です

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

英検2級2次対策コース 1回目 

今日からバリューイングリッシュの英検2級2次対策コースを受講します。
このコースを担当している先生は少なく、普段VOAコースを受講しているフェイ先生は担当していないようです。なので、ペース先生という先生にお願いすることにしました。

若くて美人な先生で少し緊張しました。発音はすごくきれいです。アメリカンアクセントだけどアメリカ人よりも聞き取りやすいという、こういう英語を目指したいなあという感じの英語です。

軽く自己紹介をした後、早速、問題が送られてきました。短い文章と3コマのイラストが書かれています。
面接試験の段取りを知らなかったので、言われた通りに20秒間黙読をした後、声に出して読み上げました。その後、先生から3問ほど質問がありました。文章の内容からの質問と、関連事項ではあるけれども少し離れた内容の質問でした。
その後、イラストを20秒間見た後、イラストについての説明をするように言われました。ちょっと、まとまりのない感じになりつつも、一応説明しました。

先生からの評価とアドバイスは、音読に関しては発音がクリアで分かりやすくて問題ないとのことでした。ただ、勘違いしていた発音があったので、直してもらいました。その後の質問については、一問目の文章の内容からのものは文中の中の言葉を使って良いとのことです。2問目以降の質問は、Yes/Noで答えて、賛成理由または反対理由を言う問題でした。私の答えで良いとのことでしたが、賛成・反対の両方の回答例を教えてもらいました。いずれの問題も、2センテンス以上で答えた方が良いとのことでした。
イラストを説明する問題では、少し説明が曖昧になる部分があるけど、概ね良いとのことでした。自分としては、かなりグダグダな感じだったんですが。こちらも、各イラストにつき、3センテンス程度で答えた方が良いとのことでした。こういうことを知っているのと知らないのでは大違いなので、これだけでもためになったなあと思いました。

授業の最後に、後でレポートを送ると言っていた通り、各項目ごとに評価が書かれたレポートが送られてきました。これを一人ずつに書くのは大変そうです。ちょっと褒めすぎな気がしますが、自信をつけさせる作戦なのかも知れません。次回からは、ブログに記録はつけないでおこうと思います。同じ講座を受講している方がいるとネタバレになるので、レッスン内容が詳しく書けないからです。
この講座は6回で終了ですが、良さそうな先生なので終わったら他のコースも考えたいと思います。

come off (汚れ・体重などが)落ちる、〜と見受けられる
sit by 静観する、無関心な態度をとる、何もしない
get ~ across 〜をわからせる(同: get ~ through, get ~ over)

category: バリューイングリッシュ

cm 0   tb 0   page top

バリューイングリッシュVOA講座 22回目 

バリューのVOA講座です。
今回は、フェイ先生のすすめで、VOAではなく、テーマを決めて話す(主に先生が質問する)というのをやりました。

テーマはインターネットです。
最初は「いつ頃から使っているか?」とか「使用頻度は?」とか聞かれたので、一問一答みたいになってしまいDME的だったのですが、徐々に回答も質問も自由な感じになってきて楽しかったです。後半は、「インターネットを使ったビジネスをやるとしたらどんなことをしたいか?」とか、そんな感じでしゃべっていました。しかし、私の話は相変わらずまとまりがないというか、締まらない感じです。ビシッと言い切って終わりたいんですけど、普段からそんな感じじゃないからなあ。
今回使ったものに限らず、ネット上にあるESLのトピック集には話題の提供だけでなく、質問例も書いてあるものが多いです。暇な時に、自分で答えを考えたりするのも勉強になっていいのかもしれません。

at the table 席についている、(手が空いていて)会える
be set on ~ 〜にすることを決心する、〜をとてもしたい
on the decline 衰えて、下り坂で

category: バリューイングリッシュ

cm 0   tb 0   page top

これからの勉強 

先日、池袋に行った時に見つけた生煎(シェンジェン)屋さんです。池袋駅の北口を出てすぐのところにある『永祥生煎館』というお店で、焼小龍包という名前で売られていました。イート・イン・コーナーもあります。ちょっと味付けが濃いめですが、なかなか美味しいです。

生煎館

さて、本題に入ります。
英語学習の見直しをしたいと思います。新年ですし。見直すという以前に、最近はオンライン以外の学習をあまりしていないという問題点がありますけど・・・。年度末に向けて仕事も忙しくなるし、主婦だし(一応)、ロシア語とかも始めちゃったし、ピアノも弾きたいし、寝る時間はこれ以上削れないし。時間は限られているので、どれかを削るしか無いんですよね。
まあ、それはそうと、思い返してみると、一番伸びを感じた時期は、昨年の6月からオンラインの時間を減らして自習時間を増やしたあたりでした。DME Standard終了後も、どうもうまくしゃべれず(決してDMEに効果がないという意味では無い)、どうして良いか分からない状態でした。この時期には、フリートークは敷居が高く、記事レッスンでも緊張していたので、言語交換のような先生以外の人とおしゃべりをする状況は考えられませんでした(未だに、フリートークと名のつくレッスンは怖くて取ったことがないです)。6月からの3ヶ月程度の学習期間に、リスニングと語彙を強化できた(多分)おかげで、度胸だけはついた気がします。ということで、もう一度、仕切り直してやってみたいと思います。

私的に、最も効果があったと思うのが『KHシステム』でした。シャドーイングに慣れるまではかなりつらかったのですが、出来るようになると、録音を聞いて「やるじゃん、私。」という感じになります。ということで、以前やった入門編の続編『究極の英語学習法 K/Hシステム 入門編 ワークブック』をやることにします。
それから、やるやると言ってほったらかしている『英文解釈教室』をやります。
そして、しばらく放置していたため、だいぶ抜けてしまった感がある『TOEIC TEST 完全攻略 3000語』をもう一度やろうと思います。
瞬間英作文的なものも必要だと思うので、また『ドラゴンイングリッシュ』のお世話になろうと思います。
後は、いつも通り、通勤中の記事読み(主にBBCとTIME)とPodcastでニュース(ABCとBBC World)を聞くことを継続して行きます。
たくさんやるみたいに見えるかもしれませんが、それぞれにかける時間はもの凄く短いです。
なんだかんだで、ダラダラとでも2年以上継続できたのは、英語が好きとか嫌いとかではないからかもしれません。ロシア語ほど集中的に入れ込んだ時期も無ければ、ピタリとやめてしまうこともなく、なんとなく続けてきました。良いことではないのですが、まあ、私にはこの程度が合っているかな、と。
ということで、当面は以下の4つです。週一で記録をつけていきます。気が変わったら教材も変わります

『究極の英語学習法 K/Hシステム 入門編 ワークブック』
『英文解釈教室』
『TOEIC TEST 完全攻略 3000語』
『ドラゴンイングリッシュ』

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

イギリス人との言語交換 

日曜の夜にイギリス人と話をしました。こちらも今日からアンディさん(仮名)と呼ぶことにします。

日本はこんなに寒いのに、イギリスは暖かいらしいです。あまりにも暖かいので、桜が咲き始めたと言っていました。でも、相変わらず天気は悪いらしく湿気がすごいそうです。湿度が高いなら、インフルエンザは流行りにくくていいかもしれない。アメリカはインフルエンザが大流行で大変そうだし。

今、タブレットが欲しいそうです。iPadはちょっと高いから他のにしたいけど、Kindleだと7インチだからちょっと小さいと言っていました。「日本では、インチは使わないよね?」と言っていたので、「テレビやコンピュータのディスプレイ、あと自転車のタイヤには(あ、ジーンズもですね)インチを使う。」と言うと驚いていました。日本に住んでいた頃に、テレビも自転車も持っていたようですが、なぜ知らないのかは謎です。

私はlendとborrowがごっちゃになることがあるのですが、彼もそうだと言っていました。しかし、「え〜と、lendが返すだったかな?」と、さらに他の言葉もごっちゃになっているようでした。他にも、teachとlearn、あとはkで始まる単語は混乱しやすいそうです。山ほどあると思いますが。
今回は、"こたつ"と言いたいのに、なぜか、トンカツや豚骨が登場していました。あとは、最初と最後や昨日と明日など、正反対の言葉を使うこともあります。"きのう"というひびきが、どうしてもfutureな感じがしてしまうのだとか。びっくりするような間違いがよくあるので、推測するのが面白いです。
まあ、私も人のことは言えず、ロシア語でターニャさんに爆笑されることがよくあるので、変な間違い方をしているに違いない。

日本人はtidyなイメージだという話をしていた流れで、イギリスやイギリス人についてのイメージを知りたいと言われて困りました。「イギリスに興味がある日本人はみんな、イギリス人は紳士で、お茶を飲んでいるイメージだと言うけど、そんな人はほとんどいない。」と言っていました。
私が思いついたのは、食事がまずい、ドラッグ、ずたずたのジーンズ、レイシストとろくなことが無く、「あまり良いことが思いつかないので言いたくない。」と正直に言いました。「そういうのが知りたい。」と食い下がられたのですが、やはり言えず、「イギリス人はクリスチャンが多いのかな?」とか、どうでも良い質問をしてしまいました。他の人のことは知らないけど、教会に行く人はほとんど居ないから、ほとんど無宗教なんじゃないかと言っていました。サイエンスの方が大事だからとのことでした。DMEでも出てきましたが、宗教と科学は相反するものという考え方のようですね。

2週間後に英検を受ける話をしたら、「何に力を入れて勉強してるの?語彙?文法?」ときかれたので、「まだやっていない。」と答えると、「その試験は、何時間位かかるの?」と聞いてきます。ヤバいです。全く知らない。受験票が来たら分かるかなあと思っていた。知らないと答えるとあきれられたので、「でも受かると思う。」と根拠も無く主張してみると、"Good luck!"と鼻で笑われてしまいました。のんびりしすぎていたようです。

overcast 曇で覆われた、どんよりした
haze もや、かすみ
pass or fail test 合否試験

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

ロシア人との言語交換 

土曜の夜はロシア人とのおしゃべりの時間です。ロシア人と呼ぶのもアレなので、今日からターニャさん(仮名)と呼ぶことにします。

今回のテーマは教育制度です。それぞれの国の教育システムについて話しました。私から提案した話題ですが、お互いに難しく、四苦八苦しながら説明したり、質問に答えたりしていました。

ロシアは結構、教育制度が変わるそうです。基本的には3歳から幼稚園に通って、7歳から学校に通うそうです。学校は、9年か11年かを選べるらしく、大学に行く場合には11年間通わなければいけないとのことでした。
お金持ちの家のこどもは、母親が家にいるので幼稚園には通わないそうです。日本では、お金持ちのこどもは有名私立幼稚園に通うことが多いというと、「じゃあ、お金持ちの主婦は何をして過ごしているのですか?」という質問がきてしまいました。ロシアでは、お金持ちの奥様は外国で暮らしたり、旅行に行ったりするために、語学の勉強をしていることが多いそうです。

私のロシア語は、もともと勉強していた期間が短く(でも結構ハードに勉強していたつもり)、ブランクが3年近くあるので、語彙も文法もひどいもんです。そこら辺はターニャさんもよくわかっているのですが、「ぴろさんは、知っていることに比べて、すごくよくしゃべれますね。」という驚きの評価を頂きました。英語と真逆です。まあ、文法的にはうろ覚えな部分が多いので、格変化とか前置詞の使い方とかしょっちゅう直されるのですが、「ぴろさんの言っていることは、全部分かります。」と言ってくれています。本当ですかね?だとしたら嬉しいです。でも不思議です。よく、英語を話せない理由として、日本人はシャイだからとか、間違いを恐れてしゃべらないとか、文法中心の教育が悪いとかいわれていますが、違うんじゃないかという気がしますね。
英語では何と言っていいかわからないけど、ロシア語でなら言えるというフレーズや文もありますが、やはり語彙が少ないので会話はかなり厳しいです。以前習っていたネイティブの先生は日本語が話せなかったので、ロシア語で説明してもわからないところは英語で説明していたのですが、彼女にも、「せめて英語と同じぐらい単語を知っていればねえ・・・。」と嘆かれたものでした。語彙増強、頑張ります。

ロゼッタストーン、コツコツやってます。レベル1のユニット1が終わりました。ユニット1はレッスン4までありました。今、ユニット2のレッスン2をやっています。さりげなく、格変化や動詞の変化が出てきています。
例えば、мальчикの複数形がмальчикиで、所有の形にする時にはу+生格なのでу мальчика、生格の複数形はу мальчиковと、写真とともに出てくるので自然に覚えられます。

category: ロシア語

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 22 

今日は、昼ごろにノコノコ起きてみると、雪が降っていてびっくりしました。もう止みましたね。成人式に参加した方々は、雪の中の晴れ着で大変だったでしょうね。

DMEはジーン先生、ノマ先生、ダニエル先生で受講しました。

レッスン22は、それほど変な問題も出てこなくて、あっさり終わりました。ジーン先生が言い直しをほとんどさせない先生だからかもしれません。ノマ先生も結構あっさりした先生ですが、それに比べてもあっさりです。
ダニエル先生とのレッスンで、"If I told you there was a big hairy spider coming up your arm, would you scream in fear?(あなたの腕に毛の生えた大きなクモがいると言ったら、怖くて叫び声をあげるか?)"という質問があったので、"Yes"と答えると、「本当?落ち着いてクモをつまんで捨てそうに見える。」と言われました。いろんな人から、物事に動じなさそうと言われます。うろたえているように見られるのが恥ずかしいので、そういうふりをしているだけなのですが。

shout down ~を言い負かす、怒鳴りつけて黙らせる
mumble つぶやき、つぶやく、ブツブツ言う
mutter ブツブツ言うこと、つぶやき、不平、ブツブツ言う

レッスン22の質問文のところが終わって、Focus on Writingに入りました。様々な副詞/副詞句の使い分けをします。concludingとかclarifyingなどの用途別に80個ぐらい例示されています。これは、用途別にまとめて覚えておくと、文を書くときなどに、同じものばっかり使ってしまうのを避けられて便利そうです。

come down with 病気にかかる
inform ~ of... ~に・・・を知らせる
drive at ~ ~を言おうとしている

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

ダニエル先生で発音レッスンを受講しました。ものすごく久しぶりです。お互いに何をやったかすっかり忘れていました。先生が、「じゃあ、記録を見てみよう。」と言って記録をみながら、「12月は、北朝鮮の話をたくさんしたと書いてある・・・。」と言っていましが、本当にそんなことを書いているのでしょうか?

相変わらずストレスの勉強です。すっかり忘れています。
名詞を修飾する品詞の組み合わせによって、ストレスを置く場所がかわりますよ、という練習です。だいたい感覚的にわかっているものと、勘違いしているものが入り乱れていました。
まとめると、こんな感じになります。

noun-noun
adjective-noun
adjective-adjective-noun
adjective-noun-noun
noun-noun-noun

chocolateという単語の発音が以前から苦手で、これまでに何度か注意されたことがあります。choc-litと2音節で発音するようにと言われていて、単語でならできるのですが、文中に入ると言えなくなります。

先生の髪は、久しぶりに見るとさらに伸びていて、もじゃもじゃになってきました。先生の髪の話題になった時に、「髪が伸びた〜。」とか日本語を話していたので、「伸ばすの?」ときくと、「のばす?何、それ英語?」と突然、日本語の分からない人になってしまいました。伸ばして、姪御さんと同じ髪型にするのだそうです。本当かどうか分からないけど。

忘れていましたが、年末に気分が盛り上がった時に英検の申し込みをしていました。とりあえず2級を受けます。難しいんですかね?英検のサイトで公開されている過去問を1ページ目だけざっと見たころ、いけそうな気がしたので(ナメ過ぎですか?)。今のところ何の対策もしていませんが、1次は受かるつもりで、バリューの面接対策コースを申し込んでしまいました。面接はダメかもしれません。とりあえず、試験までに一度は過去問を解いておこうと思っています。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

バリューイングリッシュVOA講座 21回目 

バリューのVOA講座です。

今日はこちらです。
Russian Prime Minister Calls for Ban on Smoking in Public

ロシアは世界で2番目に喫煙者の割合が多い国なので、メドベージェフ首相がそれに対して、公共の場での喫煙やタバコの広告を禁止するということを提案したという話です。

先生からの質問は、「日本では喫煙に関して何か制限はあるか?」、「公共の場での喫煙やタバコの広告を禁止することで、どのような効果があると考えられるか?」、「メドベージェフはどのような効果を狙って、このような提案をしたのか?」、「ロシアの女性の喫煙率はどうか?また、日本ではどうか?」、「公共の場での喫煙を禁止することは、個人の権利を侵害することにはならないか?」などの質問がありました。
今日は、結構答えられたつもりでしたが、先生からは、「もっと自由に、もっとたくさん話してね。」というコメントをもらいました。自由に、ですか・・・。ということで、次週は、VOAはお休みしてESLのフリートーク用の教材の中から自由に話す練習をすることになりました。これはこれで楽しそうです。

そろそろDMEに復帰する予定ですが、質問をききとれるか、質問をきちんと覚えた状態で答えられるか、自信がありません・・・。最近は、「あ、ちょっとずれたことを答えてるなあ。」と思いながら答えることが多いので。

talk ~ out of... 〜を説得して・・・をやめさせる
pull up (車などが)止まる、(情報を)引き出す、入手する
let up やむ、弱まる

category: バリューイングリッシュ

cm 0   tb 0   page top

イギリス人との言語交換 

毎日寒いですね。今日から仕事という方も多いと思いますが、私もそうでした。辛い一日でした。あと4日もあります。
昨日は久しぶりにイギリス人と話をしました。2週間前にインフルエンザにかかったと言っていましたが、まだ咳き込んでいました。

今回は、直前までロゼッタストーンでロシア語を勉強していたせいか、全く英語が入ってきませんでした。彼は、普段から話すスピードがゆっくりで、はっきり話すので、ちゃんと聞き取れていたし、速さの問題では無いことは分かっていたのですが、聞こえてくる言葉が頭の中で意味を成さないので、なんとか話を遮りたくて、ちょっとゆっくり話して欲しいとお願いしました。なんとか質問の意味は分かったものの、今度は英語が出てこないので、「今日は無理みたい。」と言うと、「日本語の勉強になるから日本語でいいよ。」と言ってくれたので助かりました。しばらくすると、普段の状態に戻りました。
そういえば、前日のロシア語の言語交換の時にも、ロシア語で答え始めたのに、いつの間にか英語で話していたらしく、「ぴろさん、それは英語です。」と爆笑されることが2回ほどありました。う〜ん、なんか気持ち悪い感じです。とにかく、レッスンや言語交換の直前に他の言語の勉強をするのはやめようと思います。

結構久しぶりだったので、冬休みに何をしていたかとか、最近、日本では何があったかとか、そういうことを話しました。先月、選挙があって政権与党と総理大臣が変わったことについて話しました。「また変わったの〜?」というようなリアクションでした。社会問題や政治の話は相変わらず英語でする方が多いです。最初に、「今日は英語が出てこない。」と自己申告していたせいか、英語で説明すると、「全部英語で言えたじゃない!」と、いつになくやさしかったです。

あとは、イギリスの最近の国勢調査で、ロンドンの外国人の人口がイギリス人の人口を超えたと言っていました。これは異常な事態ですね。
彼は現在、仕事の傍ら、オープンユニバーシティで歴史学の修士を取るために勉強中で、ギリシャ語を勉強する必要があるそうです。だから、ギリシャ人に教えてもらえていいんじゃないかと思いましたが、アフリカ、アラブ、東欧出身の人が多くてギリシャ人はあまりいないそうです。
この話題のおかげで、TOEIC用の単語集にあったcensus(国勢調査)と言う単語が定着しました。

今回、彼の中では、「〜なんです。」という表現がブームでした。最初は、「合ってる?」とか確認しながら使っていたので、「合ってる、合ってる。」と褒めながら聞いていたのですが、あまりにもいろんなところにねじ込んでくるので、ちょっとイラッときましたが、多分その日だけのことなので我慢しようと思い、褒め続けました。合っている文でも、同じ言い回しをたくさん使うと不自然になるということがわかりました。

enter into ~ 交渉に入る、契約を結ぶ
meet with ~ 〜に約束して会う、(成功・困難などを)経験する
talk ~ out of ••• 〜を説得して・・・をやめさせる

category: italki関連

cm 0   tb 0   page top

ロシア人との言語交換 

ロシア人との言語交換の記録です。今日のお題は『スポーツ』です。
前回は、マイナス20度ぐらいで室内も寒いと言っていましたが、今回はプラス1度で暖かいとのことで、半袖のTシャツを着ていました。

私は、日本の伝統的なスポーツである柔道や剣道について少し話した後、こどもに人気のあるスポーツとして野球、サッカー、水泳などを挙げました。これらを部活動としてやっているこどもが多いと説明しました。
彼女は、ロシアではやはりウィンタースポーツが盛んで、冬は授業でスキーをやると言っていました。スケートは授業ではやらないけど、みんな出来ると言っていました。リンクもたくさんあるそうです。ロシア人はこどもの頃、習い事としていろんなスポーツをやるそうです。ロシアのスポーツが強いのは裾野が広いせいかも知れませんね。

私は毎回、彼女に発音を褒められます。多分、大したレベルの話ではないと思いますが、少なくとも私の発音のせいで言っている内容が分からないということは無いようです。前回は、中国人でロシア語を勉強している人はたくさんいるけど、彼らの話している内容が発音のせいで理解できないと言っていました。私も、中国人の話す日本語よりロシア人の話す日本語の方が聞き取りやすいので、そういうものかも知れないと思いました。今回は、彼女は前日に日本人のロシア語学習者と会ったらしいのですが、やはり聞き取れなかったそうで、どうやって発音を勉強したのかときかれました。私自身も、発音は教室の日本人の先生に最初の2コマぐらい受けただけで、そのあとネイティブの先生の個人レッスンを受けていた時にも、特に発音に特化したレッスンは受けたことがありませんでした。だからそんなにうまい訳は無いと思います。実際、難しいし。
毎回ロシアの話を聞くのが楽しみですが、ロシア語をもう少しなんとかしたいです。

え〜と、ロゼッタストーンのクリスマス割引セールの誘惑を振り切ったと以前ブログに書きましたが、その後も、年内ならば3万円引きというセールのご案内が来まして、それも何とかしのぎました。それなのに、今度は初夢セールをやるというメールが来ました。我慢出来ずに買ってしまいました。『ロゼッタストーンロシア語 ver.4 TOTALe』です。

今、レッスン1のユニット2が終わりました。これは、DME と同じで、全くゼロの状態から始めるのは難しく、知識として知っているけど言葉としては使えないという人向きですね。ロシア語のように、動詞の人称変化や名詞や形容詞の格変化が複雑な言語には非常に効果的なのではないかと思います。結構、しつこく同じ単語や文が写真とともに出てきます。発音のジャッジは甘いと思います。出てくる単語は、日本のロシア語教室などで習う単語とは大分違っていて、より実践的な感じがします。例えば、ロシア語教室だとаудитория(教室)、преподаватель(講師)などの学生が使うような言葉を早い時期に習いますが、ロゼッタストーンだとそういうものはまだ出てきておらず、бутерброд(サンドイッチ)、взрослый(大人の)など、教室では結構後の方で習う言葉が最初から出てきます。
それから、Studioというシステムを使ってオンラインティーチャーとレッスン出来るようなのですが、予約が取りにくいんですよね。英語とかのメジャー言語だと先生も多いのでしょうが、ロシア語の場合、私がチェックした限りでは、平日の夜は開講していないか空きが無く、土曜しか受講出来ないようです。しかも、今週のは時間帯が合わなかったので、2週間先です。
これから、ロシア語の記録もボチボチつけていきます。

category: ロシア語

cm 0   tb 0   page top

バリューイングリッシュVOA講座 20回目 

あけましておめでとうございます。

今日が今年初めてのオンラインレッスンです。バリューイングリッシュのフェイ先生でVOA講座です。
お題はこちらです。
United Nations Report Urges “Putting Education to Work”

発展途上国では小学校をドロップアウトするケースが多く、読み書きや計算が出来ないために貧困から抜け出すことが出来ないので、そのためにはどのような方法で仕事に結びつく教育をしたら良いかという話です。

「日本では初等教育を終えることが出来ない子供が何パーセントぐらいいるか?」、「アフリカの発展途上国において仕事を得るうえで必要とされているスキルは何か?」、「それらのスキルを教える能力が現地の小学校の先生にあるか?」、「教育と職業はどのような関係にあるか?」、「国連が行おうとしている教育プログラムは将来的に有効だと思うか?」などでした。

教育関連のトピックの時には先生のノリが特にいいような気がします。普段は平日の夜に受講していますが、今日は土曜の午前中に変えてもらい、私の後のクラスは無かったせいか、時間が過ぎても質問が終わらず、かなり時間延長になってしまいました。

私は、この2週間ぐらい全く英語に触れていなかったのですが、まあ、普段とたいして変わりなくという感じでした。普段がひどいんですよ・・・。この夏以降、勉強らしい勉強はしていない日でも、ニュース記事を読んだり、Podcastで英語のニュースを聞いたりするのは毎日続いていたので、こんなに長い間何もしなかったのは久しぶりです。
そうそう、以前、時々チャットするアメリカ人に紹介してもらったアメリカのTVドラマ『グレイズ・アナトミー』のシーズン1を見終わりました。シーズン2まで買ってしまいましたが、Dlifeで放送しているようですね。英語の勉強用に買ったのですが、まずは日本語字幕で見ました。この後、英語字幕で見て、さらにその後、真似をする予定です。研修医のお話です。あなたたち病院でそんなことしてるんですか?という感じですよ・・・。

今、思い出しましたが、私は先週の言語交換の(イギリス人との)約束をすっぽかしていたようです。旅行中だったので、全く思い出しませんでした。どうしよう 明日謝るしかないですね。

休み中は台湾に行っていました。暖かいを通り越して暑い位でした。今回で3回目なので、まだ行っていない所を中心に台北近郊を散歩がてらうろつきました。旅行のメインの目的は食事ですね。

これは鹹豆漿という豆乳ベースのスープで、朝食としてよく食べられているようです。具は干しえびや油條(揚げパンのようなもの)などで、お酢も入っているらしく食べているうちに固まってきました。おいしいし、温まります。私は汗をかきながら食べました。豆漿専門の店は街中にたくさんあり、朝は通勤前の人でにぎわっています。
豆漿

こちらは忠烈祠というところに衛兵の交代を見に行った時の写真です。衛兵さんたちはすごいです。瞬きひとつしません。忠烈祠は現地の人が、「日本の靖国神社的なところです。」と言っていたとおり、戦争で無くなった英霊を祀っているところです。お天気にも恵まれて、空の色とのコントラストがきれいでした。
忠烈祠

category: バリューイングリッシュ

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。