08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

italki レッスン 

今日はダニエル先生の発音クラスとDMEの予約を入れていたのですが、二度寝してしまい、起きたら開始10分前ぐらいでした。慌てて顔を洗い、スカイプをオンにすると、ジェニー先生から、「今日はダニエルが休みだから、アナベルに変わってもいいかしら?」という連絡がありました。発音はダニエル先生でしたいのでキャンセルしたのですが、アナベル先生を断るとは惜しいことをしたと後悔しています。寝ぼけていたので判断力が鈍ってしまった・・・。

そんなこんなで、先週すっぽかされて受講し損ねたフィリピンの女性の先生のレッスンを受講しました。
一度、体験レッスンをキャンセルしたことになっているので、いきなり1時間の通常レッスンです。

始めに自己紹介をするように言われて、軽く自己紹介をしました。その間に、先生が送ってくれたファイルを受信していたのですが、やけに受信に時間のかかるファイルでした。自己紹介だけでは間が持たなかったので、趣味や生活について先生がいろいろと質問してつなぎました。

ようやく受信できたファイルを見ると、驚いたことに、先週受講したフィリピン人男性の熱血教師とのレッスンで使った物と同じ物でした。フィリピンでは(というか世界中で)一般的な教材なのでしょうか?

とりあえず、発音をチェックするために読むように言われました。これはvery goodとのことで、発音には全く厳しくない先生です。そのあと、付属の設問に沿って質問がありました。フリートークが得意な先生なのだと思いますが、結構、プライベートなことも聞いてくる先生です。こういうのは、フレンドリーな感じで好きという人も多いと思いますが、私は苦手です。私は年配の男性の先生のレッスンが落ち着くのですが、立ち入ったことを聞いてこないというか無駄な話が少ないからなのかもしれません。
まあそんな感じで、細かく文や発音を直したりするタイプの先生ではなく、楽しく会話して、どんどんしゃべって話せるようになりましょうというタイプの先生でした。

話は変わって、以前受講したアメリカ人女性(亀梨loveの先生)から、スカイプにメッセージが入っていました。先生が住んでいるところの日本人会の人たちが運営している秋祭りがあるのだそうです。そんなに大都市というイメージのところじゃなかったので、祭をやるほど日本人が住んでいるということに驚きました。そのメッセージをきっかけに、次回のレッスンの予約を取ることにしました。この先生が、一番発音にうるさかったから発音の勉強になると思って。あと、英語のスピードも良かったんですよね。ただ、話題について行けるかどうかが問題です。
スポンサーサイト

category: italki関連

cm 0   tb 0   page top

バリューイングリッシュVOA講座 9回目 

バリューのVOA講座です。
8回で1シリーズになっているので、今日から新シリーズです。まあ、やることは同じですが、ちゃんと続いていますよ。
スクールでは週2回を推奨しているようですが、他でも記事レッスンをやっているのでこちらは週1でやることにしています。1年ぐらい続ければマシになるかなあ?

今回は、香港で起こったデモについての話題です。

Chinese Patriotism Classes Fuel Protest in Hong Kong

中国が香港の教育現場に、中国の愛国教育を導入させようとしていて、それに対して香港市民が「洗脳反対」のデモを行ったことについての記事です。

先生からの質問は、「なぜこのようなデモが起こったか」、「日本で押しつけの教育が行われることになったらどのような反応が起こると思うか」、「なぜ、香港の行政長官は中国の愛国教育を導入することにしたのか」、「この愛国教育を導入するとどのような問題が起こるか」などでした。他にもあったかもしれませんが、覚えているのはこれ位です。

この香港の行政長官は親北京派の人だとのことです。なぜこういう人をリーダーに選んだのかと思い、ちょっと調べてみたら行政長官選挙は直接選挙ではなく、選挙委員会という1200人から成る組織により選ばれているとのことです。そして、その選挙委員も香港市民が選ぶのではなく、親北京派が過半数を占めているのだそう。行政長官選挙に直接選挙を導入しようという動きは以前からあるようですが、リーダーがそんな感じで選ばれているので、なかなかうまく進まないようです。

記事からは少し離れるのですが、以前他のレッスンで使おうとして結局使わなかったBBCの記事に、9月9日に行われた行政議会の選挙の話が出ています。定数70議席の内の40議席が直接選挙で選ばれ、法案の拒否権は定数の3分の1以上で成立するとのことです。

こちらは選挙後のCNNの記事です。
今回の選挙では、民主派は27議席を獲得して拒否権の行使が可能になったものの、民主派議員の得票率は予想を下回り、親北京派が過半数を獲得してしまったようです。それを受けて、民主党のリーダーAlbert Hoは引責辞任すると書いてありますね。
ちなみに、親北京派の行政長官は、選挙の直前に中国の愛国教育導入を撤回すると表明したそうです。

レッスンの話からはだいぶ離れてしまいましたが、なかなか面白い記事でした。今回は、結構答えられたつもりでしたが、もっとtalkativeにという評価でした。う〜ん、そうですかぁ・・・。要約はGreatだそうです。こっちは気合い入ってましたからねえ。

category: バリューイングリッシュ

cm 0   tb 0   page top

今週の記録 13週目 

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、今年は本当に見事にことわざ通りになりましたね。さわやかで快適です。

最近は、新しい先生の授業を取ることが多いです。初めての先生でも、以前に比べて緊張も物怖じもしなくなっています。多分、聞き取れないという心配が減ったからかな?リスニングには『KHシステム』と単語の暗記が聞いていると思います。あと、記事レッスンもとにかく何か意見をいうという点で役に立ってます。オンライン学習は得ることが多いのですが、自習の時間が減ります。バランスが難しいですね。

今週の記録です。

『究極の英語学習法K/H System (入門編)』
パート2のシャドーイングやってます。
何ワード間違っているかをカウントしています。
初回 59/430
2週目 23/430
3週目 18/430
4週目 11/430
「音をつかむ」のところが完成に近づいてきましたが、パート1をやっていた時ほどの満足感がありません。練習量も圧倒的に少ないし、前のときのように覚えてしまっている感じでもないです。それでも間違いの数を一桁まで減らせれば良いのでしょうが、どうも達成感が無いなあ。まあ、まだ終わってないので、あと一週間満足いくまで頑張ります。

『ドラゴンイングリッシュ』

2周目が終わりました。iPhoneに入れてから、いつでもどこでも(いつでもはウソですね)できるのではかどります。単語の暗記と違って、2周目では、ほぼ正解が答えられます。受験英語ならこれでいいのだと思いますが、話すための英語なので「瞬間」英作文できるようなるまで回します。

『キクタン TOEIC Test Score 990』&『TOEIC TEST 完全攻略 3000語』
家では『キクタン』の本の方をパラパラめくりながら覚えていない単語をチェックして、通勤中に聞いています。今はそれだけです。『キクタン』に満足したら、また『3000語』に戻ります。

『山口英文法 講義の実況中継』
第43回目の講義まで読み終わりました。41、42回目の講義は口語表現です。これは役立ちそうです。というか、多分DMEをやっていたおかげでこの辺りはあまり困らないのですが、現役の高校生の頃は全くできなかったんでしょうねえ。大学入試で、こういう問題の割合が増えていると書かれているので、最近の高校生は大変ですね。

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 19 

週末分のDMEの記録です。ダニエル先生、グレイス先生、ノマ先生で受講しました。

グレイス先生の授業の前に、レッスン時間なのにスカイプがオンラインになっていない時にくる「レッスンのお時間です」メールが来ていました。慌ててコールすると、先生から、「ごめんなさい。1時間間違えたの。」というメッセージがきました。自分が勘違いしていたのだと思いました。

レッスン19に入ってから、少し難しくなりました。やっぱりレッスン17、18の食べ物や飲み物の話題は答えやすかったです。レッスン19では、道理にかなっているとか、分別があるとか、人間的に未熟な人などの質問やその理由を問うものが多いです。例えば、
"Why are down-to-earth people more likely to win our friendship, than those who show off(分別のある人は目立ちたがり屋の人より友情を得やすいのは何故か)?"とか、
"Is it reasonable to assume that the prices of petrol will continue to go up and up(石油の価格が上がり続けるだろうと予測するのは理にかなっているか)? Why?"などです。
非常にDMEらしい質問だと思います。ちなみに、ダニエル先生から教えてもらった模範解答は、"because they are usually more humble(より謙虚だから)."でした。後者の模範解答は聞いていませんが、ノマ先生が"I agree."と言っていた私の答えは、"because there will be many conflicts in the Middle East(中東でゴタゴタがあるから)."です。後者は答えやすい質問ですね。

down-to-earth 現実的な、実際的な、堅実な、分別のある
rational 道理にかなった、合理的な、分別のある
on the rocks 危機に瀕して、行き詰まって
bomb 失敗に終わる

週末に、日本語を勉強中のベトナムの女子大生とスカイプで会話をしました。
チャットでのやりとりから判断すると英語はかなり出来そうなのですが、ちょっと聞き取りにくくて何度か聞き返してしまいました。
早々に、日本語の練習をしましょうか?と促し、日本語で会話をすることに。考えながらしゃべっている感じで、とても可愛いです。声も可愛くて。まだ数ヶ月しかやっていないらしいのですが、結構、言いたいことは分かりました。ベトナムの大学では、教科書は英語だけど、授業はベトナム語でやるそうです。英語も日本語も聞き取りが苦手だと言っていました。情報工学を専攻していて、日本のソフトウェアの会社で働きたいのだそうです。来年の5月から、日本の某大学に留学生とし数ヶ月間滞在するそうです。
なんか、滑舌よく、ゆっくり、はっきり、語尾を濁したりせずに日本語を話すのって照れますね。「多分」とか「かも」など、曖昧な表現は相手を混乱させるので使わないように心がけました。そうすると、すごくぎこちなくなってしまって、「お前、なに人だよ。」と自分にツッコミを入れたくなりました。普段、どれだけいい加減な会話をしているのかよくわかりました。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

italki 体験レッスン 

今日はitalkiの体験レッスンを受講しました。italkiで初めてのフィリピン人の先生です。若い男性の先生です。この先生はコミュニティ・チューターです。

きれいな英語を話す先生です。が、しゃべりが無茶苦茶速いです。ネイティブも含めて私が受講したことのある先生たちの中で一番速いかも。英語がきれいなので速くても聞き取りやすいのですが、気を抜くとlostしてしまいます。そして、ものすごくよくしゃべります。ダニエル先生の10倍位はしゃべります。前日に受講したボストン先生がゆっくりしゃべるので対照的です。私はフィリピンで生活すると、ものすごく寡黙な人と思われるのかもしれません。

自己紹介も、私の方は住んでいるところとか英語を勉強している理由程度であっさり終わったのに対し、先生は初対面の人にそんなことまで、という位詳しく話していました。でも、言い回しとか自己紹介の時に話す内容とか勉強になりました。今後参考にさせてもらおうと思っています。そういえば、兄弟のことはsiblingsを使っていました。

話し好きな先生とはいえ、私がしゃべるのを遮って話し続けるようなことはいっさい無く、詰まったりしても待っていてくれたり、助けを出してくれたりするので、先生としてはちゃんと経験を積んでいるのかも。

授業は、先生から教材のファイルが送られてきました。A4用紙1枚程度のエッセイとそれに関する設問がありました。私が音読して、分からないことなどがあれば先生が説明してくれるのですが、その説明が熱い!もう、相槌も打てない位です。そして、付属の設問に加えてオリジナルな質問や解説、さらに雑談などが加わり、30分のはずのトライアルレッスンが軽く1時間を超えてしまいました。授業後の先生からのコメントに、"we even lost track of time"とありましたが、私は気付いてましたよ。。。

教えるのもしゃべるのも大好きそうです。説明も上手いし、話は面白いし、親切そうだし、日本人に教えたこともあるようで、日本人の英語の指導にも慣れているようです。良い先生だと思います。ただ、初めての先生ということもあり、ちょっと疲れました。
熱い授業をお望みの方にお勧めしたい先生です。私も、もう一回位は受講してみるかもしれません。

ところで、今日もうひとコマitalki経由でフィリピンの女性の先生の体験レッスンを受講する予定でしたが、先生側のno showでした。あとから来たメッセージによると、台風のせいで停電だったそうです。すごく謝っていました。もうすでに、italkiのサイトからキャンセルしてしまったと言うと、「フリーで30分のトライアルをしましょうか?」と申し出てくれました。いい人です。キャンセルしてしまったので「苦情のあったレッスン」扱いになってしまったのでしょう。親切そうな人なので、来週また予約しなおすと約束しました。

category: italki関連

cm 0   tb 0   page top

italki ボストン先生 

先週末に体験レッスンを受講したitalkiの先生の授業を受けました。アメリカ人の年配の先生です。ボストン在住なのでボストン先生と呼ぶことにします。
前回は風貌に驚いたと書いていますが、今回は予備知識があったせいか、向こうが昼間で明るかったせいか、前回のような衝撃はありませんでした。写真とはやはり別人なのですが。

今日は文法事項の確認から入りました。定冠詞と不定冠詞の使い方や、単数と複数の使い分けや、前置詞の使い方や、時系列に沿って説明する時の接続詞などについて勉強しました。
それぞれについて、説明をしたり、例を示したり、私に文を作らせたりと本当に授業のような感じで進みました。

途中で、これまで気になっていたことなど質問したりしながら進んで行きました。
"in the street"と"on the street"はどのように使い分けるのかと尋ねると、「"in the street"は使わないよ。」とあっさり言われてしまいました。DMEでは、"on the street"と答えると"in the street"に言い直されたりしたのになあ。要するにイギリス英語だったんですね。
あと、"at the restaurant"と"in the restaurant"の使い分けを聞くと、場所として説明する時にはatを使うとのことでした。例えば、"I'm waiting at the restaurant."という感じで使うそうです。それ以外はinと考えて良さそうです。

雑談で、明日の予定を聞かれた時に、「ピアノの練習でもしようかな。」と答えたのをきっかけに、クラシック音楽の話になりました。小澤征爾のマーラーを聴きに行ったことがあるそうです。素晴らしかったと言っていました。私はナマ小澤はないです。羨ましいです。

どういう風に授業を進めて行く予定なのかは分かりませんが、この先生は緊張せずに受けられるので聞きたいことをいろいろ質問する時間にするのも良さそうです。
先生としても、スクールと違って定期的に受講してくれるかどうか分からない生徒には何をしていいか困るでしょうね。私も、自分でも何をしたいのかよくわからないし。5回とか10回とかのパッケージで受講する方がいいのかなあ??

category: italki関連

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

昨夜受講した、週1回のダニエル先生の発音レッスンです。
どういう順序で進めているのか、終わりがあるのか無いのかさっぱりわかりませんが、今日も単語のストレスの位置についてやりました。

まずは前回出た宿題の答え合わせからです。

15個の3音節以上の単語について、強勢の位置がどのパターンに該当するかを答えるものです。seasicknessを間違えました。第一音節なのですね。

途中で、ある単語について、「これはフィリピン人はここにストレスをおきたがって、韓国人はここにおきたがる。」とか言いつつ間違った発音をやってみせたので、「ほ〜!」と思って真似してみたら、"Stop! Stop! Never mind!"と、慌てて止められました。もう覚えちゃったよ・・・。

そのあと、2音節の単語のストレスをやりました。2音節のは以前もやったことがありますが、今日送られてきたファイルはその時のものとは違いました。名詞と動詞でストレスの位置が違うものが結構ありますね。

また宿題が出ました。最近は毎回出ます。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

今週の記録 12週目 

今日は、午後に雨が降ってから涼しくなりましたね。エアコンの設定温度が難しいです。

毎週、水曜日に記録しようと思っているのですが、ブログが追いついていません・・・。最近、オンラインもまた増えつつあるので自習時間が減っている気がします。
試行錯誤を繰り返しながらやってきましたが、これから勉強を開始される方は、自習で、単語や表現を仕込んでから、オンラインレッスンを受講する方がはるかに効率が良いですよ。当たり前か。でも、自分の場合、一人だとやめてしまっていたかもしれないので、DMEで易しいところから始めて、毎日受講する習慣をつけたのは正解だったのかもしれないと思っています。まあ、なんにせよ続けることが大事ですよね。

『究極の英語学習法K/H System (入門編)』

パート2のシャドーイングやってます。
何ワード間違っているかをカウントしています。
初回 59/430
2週目 23/430
3週目 18/430
ちょっと伸び悩んでいる感じです。後半、集中力が途切れてボロボロになることが多いです。

『ドラゴンイングリッシュ』

『瞬間英作文 スラスラ』から『ドラゴン・イングリッシュ基本構文100』に切り替えました。自分で作文して、答え合わせをしつつ進んでいます。解説を読みながら1周終えました。
単語カードアプリ『単語Box』が、『単語BoxPro』という有料版(\85)を出しました。何が違うかというと、長めの文も登録できます。構文がいつでも勉強できるなあと思ったので早速乗り換えました。今、『ドラゴン』の半分ぐらいを登録しました。

『キクタン TOEIC Test Score 990』&『TOEIC TEST 完全攻略 3000語』

前回、『TOEIC TEST 完全攻略 3000語』より易しくて、知らない単語はほとんどないと書きましたが、後半は知らない単語が結構ありました。完全にかぶっているわけではないです。知っている単語の確認には良いですが、私の場合耳だけでは記憶が全く定着しないので、知らないものに関しては本を見てスペルを目に焼き付けるほうが良いようです。

『山口英文法 講義の実況中継』

第40回の講義まで進みました。冠詞、形容詞、副詞をやりました。このあたりは、まあいい感じですすんでいます。

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

バリューイングリッシュVOA講座 8回目 

バリューイングリッシュのVOA講座です。
フェイ先生はいつも授業の最初に、「何か特別なことはあった?」と質問するのですが、普通に生活しているとあるわけもないので、以前はこの質問は嫌いでした。最近では、「今、こんなニュースで持ち切りです。」とか、「会社の同僚からこんな話を聞きました。」というようなちょっとしたことを話すようにしています。
今回は、中国の反日デモのニュースについて話すと、他の生徒さんからも聞いたそうで、「中国はいろんな国と争いごとがあるから・・・.」と言っていました。フィリピンとも領海の問題がありましたよね。

今回は、アメリカ人が子どもの大学進学のためにどのような方法で貯金をしているかというニュースを選びました。

Saving Money for College

この記事を読むとアメリカの大学進学にかかる費用は日本以上ですね。平均の授業料は8000ドルで、非営利の私立大学だと平均は2万8千5百ドルだそうです。アイビーリーグのような名門私立大学はこの平均よりもさらに高いのでしょうから、アメリカ人は大変です。
その資金を子供が小さいうちから準備しておこうという親のために提供されているもののひとつに529プランというものがあるそうです。投資会社が取り扱っていて、各親が株にするか債券にするかなど金融商品を選ぶそうですが、金融商品なので多少のリスクがあります。もう少し安全なものに、prepaid tuition planというものがあり、その名の通り子供が大学に入る前に費用を払い込んでおくというものです。これは、その州内の大学に行く場合のみ有効で、他の州の大学に行く場合には家族の他の誰か(例えば弟とか)がそのお金を州内の大学進学に使うことが出来るほか、所得税を払うために使うことも出来るそうです。

今回は、話題自体が面白かったせいか、自分の考えが言えていて良かったという評価をもらいました。サマリーも褒められました。よしっ!

category: バリューイングリッシュ

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 18-19 

チェリー先生とジェリメ先生で受講しました。

今日でポイントが失効するところでしたが、今回もなんとか使い切りました。DMEは週平均3~4コマってところですかね。もう止めてもいいかなと思う時もありますが、今やっている勉強の中で出てくる単語のレベルが一番高いのはやはりDME Advancedなのでしばらく続けます。Formalな用語かinformalな用語かがきちんと説明されているところもいいです。授業自体はもう開き直って、「え〜、全然分かんない。説明して」という術を覚えてから全く気負いなく受けることが出来るようになったのですが、試験とか、グラマーレッスンみたいなやつを宿題として解いておきなさいと言われた時は、レッスンを受けるのがおっくうになっています。Book1しか持っていないので、Book 2を買うかどうかが最大の山場ですね。

先生の紹介ページを見ると、チェリー先生は新しい先生のインストラクターなんですね。それにしても、ベルの先生増えましたね〜。100人位いるのでは?

レッスンはFocus on Writingというグラマーレッスン的なところに入りました。今回は文副詞とか接続副詞のことを勉強しています。問題の答え合わせの途中で終わりになりましたが、終始、私が難しい顔をしていたためか、授業の最後に、「ここはすごく難しいところだから、よく頑張った。」的なことを言っていました。お気遣いどうもありがとう。

ジェリメ先生は授業の最初のあいさつの時に、「今日はもう夕食はすんだの?ヤキトリ食べた?」と質問してきました。以前、話したことを覚えていたとも思えないので、どこかに「Piroはヤキトリ好き」とか書かれているのでしょうか?

レッスン18の設問を解き終わり、レッスン19に入りました。PrejudiceとかsuperstitionとかDME Standardで出てきたものなので答えやすかったです。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

italki 体験レッスン 

引き続き連休中に受講したitalkiの体験レッスンです。

先生は年配のアメリカ人男性です。普段は日本人の学生たちに英語を教えているそうです。日本人の苦手なところとかを良く把握していてくれそうなので、ちょっと安心感があります。この先生も、いろんな言語を勉強しているようです。

ビデオ有りでのレッスンだったのですが、登録してある写真とのギャップに驚きました。写真では顔はよくわからないものの、ジャケットを着ていて、日本人の大学生に英語を教えているというのが納得いく感じなのですが、ビデオで見ると長髪で、写真の印象よりだいぶ年配で、かけているメガネが時々光って怪しさ満点で、ヒッピーってこんな感じだったのだろうか?という印象の先生でした。

見た目で驚いたものの先生自体はすごく良くて、英語はどれ位勉強しているのかと言う質問から始まり、今もオンラインで授業を受けているのに何故まだ先生をさがしているのかとか、何が自分にとって一番の問題点だと思うか、など勉強に関する質問がメインでした。それらの質問にひとつずつ答える間に、英語力をチェックされていたようです。
時制の使い方と発音を褒められました。悪いのは単数と複数の区別です。これは自覚があるところで、冠詞よりも苦手としています。作文ならば多少はマシなのですが、無意識に話していると全部単数形で話している可能性があります。
時制の使い方が良かったとすれば、それは全てDMEのおかげですね。DMEで流暢にしゃべれるようにはならなかったものの、時制や冠詞の使い方が身に付いたほか、不定詞がくるのか動名詞がくるのかなどは、口で覚えてしまっている部分があるので良かったなあと思っています。
発音は、比較の対象が日本人学生なので判定が甘いのだと思います。気になるところがあるなら言ってみなさい、と言うので[ər]を含む単語をいくつかタイプしてから発音してみましたが、どれも出来ているから自信を持って良いとの事でした。
それから、「毎日ニュース記事を2、3個は読むようにしているが、ニュースの表現は実際の会話にはあまり使えないから・・・」と言うと、「ほ〜、真面目なんだね〜。新聞を読むのは良い事だから続けると良い。そして、会話のためには毎日1パラグラフでもいいから何か書く事を習慣づけなさい。」というアドバイスをもらいました。ごもっともです。

そんな感じで風貌はあれでしたが、フィリピンの先生も含めて実は一番話しやすい先生だったかもしれません。先に受講した2人の先生よりは、しゃべりは幾分ゆっくりでした。

連休中に3人の先生の体験を受けたのですが、みなさん良い先生でした。自己紹介とかはほとんど無しでした。名前位かな?そして、以前はアメリカ人の英語は聞き取りにくいと思っていたのですが、今回の先生方は3人ともむしろフィリピンの先生よりも聞き取りやすかったです。最近、一番聞いている英語がABC Newsのダイアン・ソイヤーだからアメリカンアクセントに慣れてきたのかなあ?
これまで受講していたジョン先生も良い先生なのですが、スカイプがよく落ちるのとドイツ在住なので時差の関係で受講出来る時間帯が限られているという難点があります。どうしよう。。。

category: italki関連

cm 0   tb 0   page top

italki 体験レッスン 

今日もitalkiの体験レッスンを受講しました。

先生はアメリカ人の男性です。この先生も結構若いのかな?
italkiにはプロ教師とコミュニティチューターの2種類の先生がいます。どこかに定義があるのかもしれませんが、italkiのサイトは見にくいので見つけられません。多分、初心者でもきっちり指導ををしてくれるのがプロ教師で、ある程度できる人のスピーキングの練習相手をしてくれる人がコミュニティチューターだ思います。

今日の先生はコミュニティーチューターでした。1時間6ドルです。ベルの先生より安いですね。多分、これでもうけようという気はサラサラなくて、他の先生のレッスンを受ける時に使うのではないかなと思います。

先生はアラビア語を習っているそうで、「もう5年もやっているけど、やっぱりスピーキングは全然だめだ。」と言っていました。スピーキングが弱いのは日本人の特徴だと思っていましたが、そうでもないようです。他言語を学習している先生と言うのは、こちらの気持ちをわかってくれそうでいいですね。

この先生は、通常、ニュース記事を使ったレッスンをやるそうです。ということで、USA TODAYのリンクが送られてきました。とりあえず、少し前にアメリカを襲ったハリケーン・アイザックが100年ぐらいまえの難破船を打ち上げた話を選びました。

1パラグラフずつ読ませて、先生が用語や内容を解説してくれます。たまには内容を理解しているかの質問を出してくれたりもします。解説はすごく丁寧でわかりやすくていいです。質問したことにも例をあげながら丁寧にこたえてくれます。発音の修正などは一切ありませんでした。伝わればいいという方針なのか、私が事前に発音を直してくれと言っていなかったせいなのかはわかりません。

英語も聞き取りやすく、説明もわかりやすく、いい先生だと思います。ただ、私がもう少し積極的に話しに割り込めるぐらいにならないと、私が話している時間少ないというのが難点です。耳は鍛えられそうですが。

category: italki関連

cm 0   tb 0   page top

italki 体験レッスン 

italkiの先生の体験レッスンを受講しました。
先生はアメリカ人の女性です。結構若いのかな?

ビデオ有りでやりました。以前、受講したアメリカの先生の時もそうでしたが、スカイプの音声がものすごくクリアです。タイピングの音がすごく良く聞こえます。こっそり調べるとかが出来なくなりますね。

まず、どういうレッスンをやるかを話し合いました。まあ、話し合ったというか、先生がこういう事はやりたいか?とか、途中で発音も直してほしいか?とか聞かれた事に答えただけなんですが。
結局、記事を読みながら発音を直したり、語彙を増強したりして行きましょう、ということになりました。会話の練習は途中でどうしてもする事になるので、語彙増強というのは魅力的です。

途中で発音を直されたりもしたのですが、visualとかritualのa[ə]が弱すぎるということで練習しました。これを注意されたのは初めてです。いくつか直されたものは、やはり全て母音でした。だめですね

記事を選ぶために、どういう分野に興味があるかと聞かれたので、健康とか科学とか答えていたら先生から「アートは?」とか「他には?」とか聞かれて、つい「entertainment」と答えてしまいました。すると待ってましたとばかりに、「日本の俳優で誰が好き?」と聞かれたので、前回ダニエル先生の授業の例文で出てきたオダギリジョーという事にしました。先生はご存知無かったようでホッとしました。ほかにも「日本の歌手では?」とか「アメリカの歌手や俳優は?」とか聞かれて困りました。とりあえずジョン・メイヤーが好きという事にしておきました。数曲しか知らないけど。

授業の最初のあいさつをした時に、先生が、「日本の文化にはとても興味があるの。来年の夏に日本に行くつもりよ。」と言っていたので、まあリップサービスだろうと思っていたら、そうでもないようでした。授業が終わった後で、先生が、「カートゥーンが好き。」というので、やばい今度はアニメの話題だと警戒していたら、チャットボックスに"KAT-TUN"とタイプしてきました。亀梨和也が好きなのだそうです。Dream boysがどうのこうのと言っていましたが、正直にそれは知らないと言いました。亀梨氏主演の舞台なのですね。

先生は容赦ないナチュラルスピードで話していましたが(多分)、滑舌がいいためか聞き取りやすかったです。
すごく良い先生で、継続して受講したい気もするのですが、ジャニーズやオダギリジョーの勉強もしておいたほうがいいだろうか?とか色々考えてしまっています。
連休中にもう少し体験レッスンをする予定です。

category: italki関連

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

連休ですね 私は特に予定が無いので、真面目に勉強する事にします。
今日はダニエル先生で発音レッスンを受講しました。

まず、前回の宿題の答え合わせをやりました。違うスペリングだけど発音は同じものを探すという問題です。まあ、これはそんなに難しくありませんでした。

そのあとで、3~5音節の単語のストレスについて勉強しました。
7パターンの強勢の置き方についての説明があり、その後、チャットボックスにどんどん単語が打ち込まれるので、どのパターンに該当するかを答えていきます。やっぱり時々強勢の位置を勘違いしているものがありますね。refugeeとか。
で、どんどん進めていったら既に50分近く経ってしまっていて、先生が、「この位にしようか。DMEもあるし。」と言ったのでようやく気付きました。そのあと、強引に少しだけDMEもやりました。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 18 

ディンプル先生でひとコマだけ受講しました。
初めての先生です。

予約画面で空きコマがやたらに多い先生だったので少し警戒していたのですが、とても良い先生でした。
英語もきれいだし、ニコニコと明るく、すごく話しやすくて良かったです。

DME Advancedでは、先生が読んでくれる用語の説明文を復唱する部分があるのですが、そこも一文ごとに先生のオリジナルな説明や経験を交えた例文などをあげてくれます。こういうのがあると、単語も記憶に残りやすくていいですね。
各質問でもちょこちょこ雑談をまじえつつ、かといってしゃべりすぎでもなくちょうどいい感じでした。
授業の終わりに、先生にも、「今日の授業はたのしかったわ〜。」と言ってもらえました。また受講したいです。

pub crawl はしご酒

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

バリューイングリッシュVOA講座 6、7回目 

バリューイングリッシュのVOA講座の記録です。
先週の金曜と昨日受講したものです。

前回のお題はこちらです。
Getting a Firm Grip on Weed Control

農業関連の記事で、農薬を使わずに雑草を抑える方法がいくつか紹介されています。

う〜ん、この記事、読んでいてあまり面白くなかったんですよね。方法の羅列ばかりで特に結果や考察があるわけではなく・・・。で、いつものサマリーもほとんど準備せず、ぶっつけで本文のつぎはぎを読んだら、やっぱりバレバレで、「次回は自分の言葉で言ってね。」と言われてしまいました〜。

で、昨日の分はこちらです。
US Farmers Struggle With Drought

なぜか2週続けて、農業の記事を選んでしまいました。
アメリカは半世紀ぶりぐらいの干ばつに悲鳴を上げているという記事です。

最初のスモールトークで、「先週、他の生徒から東京は水不足になっていると聞いたけど、どんな具合なの?」という質問がありました。「ダムの貯水量が減っているけど、今のところは水の使用に制限は無いです。ただ、もう2週間ぐらい(←根拠無しです)雨が降らないと、何か制限されるかもしれない。」と答えると、雨が降るといいわね〜との事でした。関東以外は結構降っているんですよね?

先週のリベンジのために、しっかりと読んで、きちんと自分なりの言い回しで記事をまとめて挑みました。
まず、いつも通り記事を音読し、先生からの質問タイムです。どのくらいぶりの干ばつか?とか、政府はどのような対応をすべきかとか、いくつか質問がありましたが、どれも今回は詰まりまくってしまいました。そのせいで、なんと準備万端の要約を披露出来ませんでした・・・。無念。
2回連続で、農業の話題でドツボにはまってます。結構、得意分野だと思っていたのに・・・。

category: バリューイングリッシュ

cm 0   tb 0   page top

今週の記録 11週目 

まだまだ暑いですね。
今週の記録です。

『究極の英語学習法K/H System (入門編)』

パート2に入りました。シャドーイングやってます。
パート1の時と同じく、何ワード間違っているかをカウントしています。
初回 59/430
2週目 23/430
パート1の時に比べれば随分楽ですが、日によって全くろれつが回らないことがあります。休日は快調です。
このままとにかく続けます。

『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』

トレーニング2のパート2の1周目の途中で止める事にしました。理由はいろいろありますが、日本語がわかりにくいのが一番の理由かもしれません。
それで、今週からは、『ドラゴン・イングリッシュ基本構文100』という受験参考書?のようなものをやる事にします。こちらの方が、日本語も英語も自然です。とりあえず、日本語を見て作文しているのですが、ぴったり一緒の文はまだ作れていません。どこかちょっと違うんですよね〜。で、説明が結構詳しくて、「日本人はこうやりがち」みたいな解説が書いてあるのでいいです。構文が100文しか無いというのもいいですね。

『TOEIC TEST 完全攻略 3000語』

2周目が終わったあと、付属CDを聞こうとしていたのですが、相性が悪くて困っていました。そして、いろいろ探した結果、『キクタン TOEIC Test Score 990』というものをやる事にしました。ひと通り見た感じでは、『TOEIC TEST 完全攻略 3000語』の方が難しいです。『3000語』をやった後だからかもしれませんが、知らない単語はほとんどないです。まあ、この教材は基本的に発音の確認のために使うだけなので気楽にやります。

『山口英文法 講義の実況中継』

第36回の講義まで進みました。分子構文、動名詞、名詞、代名詞あたりをやっています。

まあ、仕事が忙しかったりしたのでボチボチやってます。
Kindleで購読中の『Time』は土曜日に更新なので、結構必死で読んでます。知らない芸能人やスポーツ選手の話などもあるので、そういうところはバッサリとばしてます。英語のニュースや新聞のおかげで、最近、副大統領候補のポール・ライアンにやけに詳しくなってしまいました・・・。

駐リビア米大使死亡のニュースに驚いています。言いたい事は色々ありますが、言わないでおきます。

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 17-18 

雨が上がりましたね
DMEの記録です。ダニエル先生、ロザリー先生、ノマ先生で受講しました。2日分です。

レッスン17が終わり、レッスン18に入りました。食べ物の話題から飲み物に移ったようです。

レッスン17、18は答えやすい質問が続きます。いいですね〜。よくわからない質問も無かったかな?

ダニエル先生には中国人の子供の生徒さんもいるようです。ベルのサイトの中国語は台湾人用だと思っていたのですが、中国人もいるんですね。そういえば、先生は、韓国人の生徒のお母さんが自分の名前を覚えてくれないと言ってました。"Hi,David!"って言われるんだよ〜、と嘆いていました。意外と子供の生徒が多いんですね。

ロザリー先生はものすごく久しぶりです。というか、そんなに何度も受けた事はありません。DME Standardの時受講した時には、ものすごくいい言い直しが厳しい先生だった記憶がありますが、今日はそんなことはありませんでした。それよりも、進めるテンポが速いので(しゃべりが特別に速いという訳ではない)、すごい勢いで進んで行ってしまいました。いろんな面で、とても良い先生です。受講のチャンスがほとんど無いのが残念です。

ノマ先生も久しぶりです。ロザリー先生の後だと、ゆっくりに感じますね。ノマ先生のところは、単語を調べていなかったので、先生に意味を尋ねたりしながらのんびりと進みました。ちょっと、グダグダ感もありました(もちろん私が)。久しぶりだったのに・・・。

ダニエル先生からTYPOのお知らせです。p.144の
"If you notice that your friend wanted to drive a car while not being completely sober, how would you react?"という文は、
"If you noticed that your friend wanted to drive a car while not completely sober, how would you react?"の間違いだそうです。
まあ、こんなもんじゃないぐらい誤植が多い気がします、DME Advancedのテキストと瞬間英作文は。

teetotaler 禁酒家
make a sober assessment of ~を慎重に評価する
wino [wáinou] アルコール依存者
intoxicated (酒・麻薬などに)酔って、酩酊して
wasted 疲れ切った、酔っぱらった
tipsy ほろ酔いの
hangover  二日酔い、薬酔い
drunkard 酔っぱらい、大酒飲み、飲んだくれ
booze 酒、ビール、アルコール飲料

そういえば、私が怠けている間にフローア先生はお辞めになったようですね。週末の癒しだったのに・・・。マベル先生も産休のようだし。これは、ますます足が遠のきます。またポイントの消費が危ういです。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

今週は仕事が忙しくてオンラインも自習もほとんど出来てません・・・。
一応、発音レッスンとバリューのVOAだけはやろうと思って、なんとか頑張りました。

で、発音レッスンです。イントネーションの続きをやっています。

送られてきたファイル名に、私の名前の一部が入っています。カスタマイズされているのでしょうか?といっても、これは(前回の分も)ダニエル先生が作ったファイルではないですね、多分。芸風が違う気がする。そして、特に難しくはなかったです。

また、途中で音声が聞こえなくなってしまったので、先生に伝えようとジェスチャーで、耳を指差したり、手を振ったりしていたのですが、先生は楽しそうにしゃべりまくっていたのでどうしても止められず、チャットボックスで聞こえてない事を伝えました。先生は、"chotto matte kudasai"とタイプしてきました。非常時に小ネタはいらないのですが。どうやら、どこかのコネクタの接続不良のようです。
italkiのジョン先生のスカイプもよく落ちます。音声は特に問題ないのですが、突然落ちるのはなぜでしょう。ドイツってどうなんだろう?接続の問題は、先生の質とか以前の問題で、私にとってはかなり重要です。

今回は、珍しく宿題がでました。同音異義語というのでしょうか?スペリングは違うけど同じ発音のものをたくさんの単語の中からペアリングさせるというものです。発音とつづりの関係がいまいちあやふやな私にはぴったりな宿題です。

この後、DMEも受講しましたが、次回まとめて書く予定です。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

italki ジョン先生 3回目 

italkiのジョン先生とのレッスンです。
前回と同じく卵の取り過ぎは良く無いという記事の続きです。

Is Eating Eggs Really as Bad for Your Heart as Smoking?

こちらは記事レッスンといっても、記事以外の事がメインになっています。
今回は、なんとこの1文しか進んでいませんね。

After about age 40, participants’ plaque began building up steadily, but among the participants who ate the most eggs — three or more yolks per week — that build-up increased “exponentially,” the study found. As people’s egg-yolk years went up, so did their plaque accumulation — an association that was independent of factors like gender, cholesterol levels, blood pressure, smoking, body mass index and diabetes.

用語の説明をしたり、出てくる単語や熟語を使って文を作ったりしています。
その中で、文中にあることに関連して、40歳以上になって”build up(高まる、増える)”ものは他に何があるか、という質問が出ました。先生は、例えば血圧とか、と例を挙げてくれました。私は、「40歳以上になると、男性は血中の尿酸が増えます。」と答えると、「それが増えるとどうなるのだ?」との質問が来ました。「関節が痛くなる症状が現れます。」と答えると、興味をもったらしく、「どういうことだ?男性だけなのか?尿酸がたまる事と痛みはどんな関係があるのか?」など矢継ぎ早に質問が来てしまいました。私は医者じゃないので、「発症のメカニズムはわからないけど、男性に多くて、ビールと牛肉が良く無い。」と答えると、「実は膝が痛くて・・・。」という先生の話になってしまいました。ちなみに通風という単語がわからなかったので、ちょっと調べて「”gout”というらしい」と伝えると、先生も調べたらしく、「怖い事が書いてある。」と言っていたので、「薬を飲んで、食事に気をつければ尿酸の量は増えない。」というと、「今度、医者に行った時に確認してくる。」と言っていました。

まあ、そんな感じで今回は通風談義で終わってしまいました。通風は中年以降の病気というイメージでしたが、少し前に知り合いの20歳台の男性がなってしまいました。彼はビールと珍味系が好きだったらしいです。その時にちょっと調べていた知識が役に立ちましたが、今回のレッスンはちょっと辛かったです。色々勉強にはなるし、いろんな人といろんな話が出来るようになるのは目指すところでもあるので、まあいいかなという気もするのですが。他の生徒さんのフィードバックを見ると、政治の話とかマルクス・レーニン主義の話とかなんかえらいことをやっているようなんですが、私は通風の話・・・。

category: italki関連

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

発音クラスを受講しました。

ダニエル先生に、昨夜フィリピン沖であった地震のこと聞くと、「ぜ〜んぜん問題ない。」と言っていました。まあいつも、何でも問題ない事になります。

イントネーションの続きをやりたいか他の事をやりたいかと聞かれたので、イントネーションをやりたいというと、「そんな大変なものを・・・。」みたいな事をつぶやいていました。

今まで、イントネーションの授業を2回やったのですが、今日は何故か"Intonation 6"というファイルが送られてきました。説明文があり、前回までのファイルとはちょっと違いました。自作じゃないのかも。
今日の練習は比較的易しかったです。

問題が終わった後、「これはほんの導入に過ぎない。外国に住んでいてイントネーションを完璧にするのは非常に難しい。一番簡単な方法は、アメリカに住んで、絶えず周りの人の言葉を聞いて真似する事だ。でも、イントネーションを完璧にする事はそれほど重要な事じゃない。」という意味の事を言っていました。
まあ、イントネーション云々よりも、この台詞をバーッとまくしたてられてもちゃんと聞き取れるようなったんだなあと思いました。聞き取れているという勘違いや思い込みじゃないかと思い、先ほど授業の録音を聞きつつ、ディクテーションをしてしまいました。ディクテーション久しぶりです。結構、この作業好きかも。

授業の最後に、「しまった!今日は文強勢の残りをやるんだった。」と思い出していました。どうやら違うところをやってしまったようです。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。