06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

DME Advanced Lesson 1-15 General Review 12 

今日はデル先生とフローア先生で予約していましたが、デル先生が高熱が出ているとの事で、ローズマリー先生の代講になりました。

ローズマリー先生は相変わらず言い直しが厳しいです。でも、今日はかなりご機嫌だったのではないかと思います。スモールトークが多めで、途中少し日本語を挟んだりしていました。ローズマリー先生の日本語は初めてなのでちょっとびっくりでした。
質問すると丁寧に説明してくれる良い先生ですが、毎回はちょっときついです。最低3回連続ノーミスで答えないといけないというローズマリールールがあるんですよね。文が長くなると、どこかでつっかえてしまう。

フローア先生にも、久しぶりねと言われました。受講頻度が減っているので、最近、いろんな先生に久しぶりといわれます。
総復習が終わって、レッスン16に戻りました。途中まで進んでいたはずなのですが、先生はレッスン16の最初から始めてしまいました。私もどこまでやっていたかはっきり覚えていなかったので、そのまま進めてもらいました。また、犯罪、法廷がらみの話ですね。

週末にいろんな事をやろうと思っていても、日曜の夜にやり残しを思い出してしまいます。まあ、いいや。
スポンサーサイト

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 1-15 General Review 11 

今日はフェイス先生とティナ先生で受講しました。
かなり前に受講した事があるような気がしますが、良く覚えていません。

フェイス先生は大人な雰囲気の先生です。[ər]の発音がいい感じです。
言い直しは厳しく無いです。

ティナ先生はメガネが似合う真面目そうな先生です。
雑談もほとんどなくどんどん進んで行きました。

今、レッスン15をやっているところなので、多分、明日で総復習が終わります。なんとなく気が重いです。予習しなきゃね。

オリンピック始まりましたね。
開会式をちらっと見たら、バレンボイムがオリンピック旗をもっている人たちの中に入っていた。他に分かったのは潘基文国連事務総長ぐらいかな?どういうメンバーなんだろう?
あとは見ていないけどサイモン・ラトルが指揮をしていたそうで。北京の時は、ラン・ランがピアノを弾いていたので、今回はポール・ルイスに弾いてほしかった。
サイモン・ラトルとポール・ルイスは二人ともリヴァプール出身なんだそう。そして二人ともモジャモジャ頭。
イギリスはコンテンツがたくさんあっていいですね。演劇も映画もロックもクラシックもある。
いつ頃からオリンピックの開会式はあんな風に派手になったんですかね?東京オリンピックとかモスクワオリンピックの時はきっと無いですよね?
なんか話がまとまらなくなってきたので、もう寝ます。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

バリューイングリッシュVOA講座 1回目 

バリューイングリッシュのVOA講座を始めました。
ここは担任制になっています。以前、発音レッスンを受講していたときの先生はもう在籍しておらず、体験レッスンを受講したときの先生は人気の先生なので希望の時間が空いていませんでした。7月31日まで新人の先生は、8回6000円のコースが4000円になるキャンペーンをやっているとのことだったのでそれに乗っかって、新しい先生で受講することにしました。appyさんに、ジュナフェ先生のいとこだと教えていただいたフェイ先生にしました。

まずは軽く自己紹介をしました。明るく話しやすい感じの先生です。新しい先生ですが、6年の指導歴があるそうです。
オフィスは遠いので自宅でレッスンしているとのことでした。回線状態は非常に良かったです。

VOAの記事ですが、事前にメールでリストを送信して下さったようですが、上手くいかなかったとのことでその場で選びました。
全体を読んでからディスカッションするか、数パラグラフずつ読んでそれぞれについてディスカッションするかを選ばせてくれました。全体を通すと忘れてしまうかなと思ったので分けてやることにしました。

エイズの治療薬として使用されているTruvadaという薬がHIV感染の予防薬としても有効とのことで、それが予防薬として認可されたことについての話です。
先生の最初の質問は、それについて賛成か反対かというものでした。私は、発症していない人が服用するのは人体へのリスクの方が大きいと思うので反対だと答えました。他にも、理由としては耐性ウイルスが出来るかもしれないとか、予防であれば他に手段があるからなど、後になって考えればいろいろあるのですが、とっさに浮かびませんでした。

発音はほめられました。まあ、ほかにほめるところが無かったからだと思います・・・。でも、毎週イングリッシュベルの発音レッスンでダメだしされているのでうれしかったです。
バリューの発音レッスンをドロップアウトした私が言うのもなんですが、こちらの発音レッスンはすごくいいです。DMEを始めた頃は、発音や読み方のあまりのひどさにリーディングレッスンだけでひとコマ終わったこともあったのに、バリューの発音レッスンを始めてから、お世辞半分だとしても時々ほめられるようになりました。

まあ、そんな感じでかなりしどろもどろで25分間を終えました。時間は多分ひとコマでは全然たりないです。
先生もそう思ったのか、「次回は事前に記事を読んで要約してきてね。そして、いきなりディスカッションに入りましょう。」とのことでした。う~ん、ついて行けるかな?
次の記事として提案されたものが結構難しそうなんですよね。しかも、すでにVOAでは無いです。私はVOAにこだわっている訳ではないし、実はレッスンのレベルは記事の英語レベルよりも内容に依存しそうだなということに気付いてしまったからです。まあ、がんばります。

category: バリューイングリッシュ

cm 0   tb 0   page top

今週の記録 6、7週目 

涼しかった日々も終わり、蒸し暑い日が戻ってきてしまいました。つらい。

今週の記録です。
2週間分ですが、実質的には1週間分も出来ていないかもしれません。

『究極の英語学習法K/H System (入門編)』

音をかたまりでつかむことを意識しながらシャドーイングしていますが、なかなか難しいです。今は、かたまりごとに音を止めて意味を考えています。録音した方がいいんですかね?
表現のパターンがわかると先読みも出来るらしいです。なじむまでやるしかないですね。

『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』

トレーニング2のパート1の7周目が終わりました。今回は進みが悪いです。

『TOEIC TEST 完全攻略 3000語』

2 周目に入って、1320語が終わったところです。
1周目に比べて格段にスピードが上がっています。2周目だからというのもあるのでしょうが、覚えるのが速くなっているような気がしています。気のせいかな?
忘れている単語は結構あるのですが、それを単語カードアプリに入力しているうちに思い出すらしく、カードをめくる時にはほぼ覚えているという状態です。発音があやしいので、2周目をさっさと終わらせて3週目はCDを使って確認していく予定です。

『山口英文法 講義の実況中継』

第19回の講義まで読み終わりました。飛行機の中で読んでいたので今回は進みました。

最近は、iPhoneにTIME Mobileを入れて読んだりしています。難しくて読めないのかと思っていましたが、英語的には他のニュース記事と変わらないと思います。記事を選ばないと中身が難しかったりはしますが。せっかくなので、Kindleに有料のTIMEを入れてみました。有料とはいえ、$2.99/月です。とりあえず2週間は無料期間らしいです。

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

今日はダニエル先生で発音レッスンを受講しました。

DME無しの発音だけだったので、「発音だけなの?」と言われました。最近、ダニエル先生の予約がとりにくくなっていて、連続で取れなかったから仕方が無いです。

先生は髪の毛もヒゲもだいぶ伸びています。ちょっとむさ苦しいです。

今日は、前回言っていた通り、ストレスについてやりました。
まず、2音節の単語のどちらに強いストレスがあるかの問題をたくさんやって、その後、センテンスストレスについて勉強しました。(なんか、小学生の日記みたいですね)

単語のストレスはそんなに問題ないです。
文のストレスについてやる時には、先生からファイルが送られてきました。多分自作です。なぜならば、途中で「あっ、間違えた。」と言って、訂正箇所を教えてくれたからです。
まあ、それはいいとして、いまファイルを見直すと、発音はともかく、文法的にちょっとわからない文があったりして中身を書くのをためらっています。出てくる固有名詞も微妙なので(多分日本語)、ちゃんと確認してからにします。

発音に関しては、
-Who's that letter from?
-From my parents.
の場合、疑問文のfromと答えのfromは、強弱だけじゃなくて発音が違うということを教わりました。
先生の真似をしてやって、「パーフェクト」と言ってもらえましたが、今、文章でどう違うのかを上手く説明出来ません。
今日のブログは書けないことだらけで、何のために書いているのやらわからなくなってきました。
次回も文強勢についてやることになっているので、その時にまとめて記録します。多分。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

クシシュトフ・ヤブウォンスキ 鹿児島カテドラルザビエル記念聖堂 

7月20日に鹿児島カテドラルザビエル記念聖堂で行われたクシシュトフ・ヤブウォンスキピアノリサイタルに行ってきました。

プログラムはこちらです。

バッハ=ブゾーニ:コラール前奏曲「いざ来たれ、異教徒の救い主よ」BWV659
モーツアルト:ピアノソナタ第10番ハ長調K.330
シューマン:子供の情景Op.15
ショパン:ノクターン第7番嬰ハ短調Op.27-1
ショパン:ノクターン第8番変ニ長調Op.27-2
ショパン:ノクターン第13番ハ短調Op.48-1
ショパン:バラード第1番ト短調Op.23
ショパン:ノクターン第19番ホ短調Op.72-1
ショパン:ポロネーズ第5番嬰ヘ短調Op.44
ショパン:エチュードハ短調Op.25-12

アンコール
ショパン:幻想即興曲Op.66
ショパン:エチュード「黒鍵」Op.10-5
ショパン:ノクターン(遺作)
ショパン:華麗なワルツOp.34-1

ヤブウォンスキ氏の追っかけをしているわけでは無いのですが、鹿児島でのコンサートです。霧島音楽祭というイベントのひとつとして行われたようです。
最近は出張や旅行に行く時に、現地のコンサート情報を調べています。たまたまタイミングがあえばラッキーです。地方公演の方がチケットが取りやすかったり、安かったりもするんですよね。
ザビエル記念聖堂はもちろん初めてです。普段はミサなどに使用されているのでしょう。中央の祭壇をよけて、左寄りに小型のグランドピアノが置かれていました。音はちょっと響きすぎな位で、これ以上大きなサイズはいらない感じです。

やっぱりうまいですね〜。
1曲目のバッハの前半こそ会場のザワツキもあったものの、以降は聴衆も完全に引き込まれていた様子で、演奏中は静まり返っていました。拍手のタイミングというか、次の曲を続けて弾こうとしてる時にはそのまま弾かせてあげて♡という所もありましたが、手を叩きたくなる気持ちもわかりました。

ヤブウォンスキ氏のショパンが素晴らしいのは当然として、古典も得意としているようです。これまでにベートーベンとハイドンをライブで聴いたことがありますが、モーツアルトを弾いているのは私は初めてです。どちらかというと叙情的なモーツアルトで、とても良かったです。

ポロネーズ5番はおそらくヤブウォンスキ氏がポロネーズの中で一番好きなのではないかと思っているのですが、私もヤブウォンスキ氏の弾く男性的な5番はとても好きです。

で話は少しそれますが、ヤブウォンスキ氏が3位だった時のショパンコンクールの優勝者はブーニン氏です。その演奏がこちらです。ポロネーズ5番の演奏が見つからなかったので、6番「英雄」です。

正直、「これに負けたのか〜〜〜!!」と思います。youtubeのコメントでは絶賛している人もいるので人それぞれですね。コンクールの審査は好みでするものではないとわかってはいますが・・・。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 1-15 General Review 10 

今日はジューン先生でひとコマだけ受講しました。

レッスン14の病気がらみのトピックが終わったところです。
疲れていたせいか、変なところでつまったりしたため、今日は言い直しが多かったです。

不在中には勉強があまりできませんでしたが、iPhoneの単語カードアプリに入れておいた単語帳と持って行った文法書があったので、空港の待ち時間や飛行機の中やホテルでちょこちょこやりました。

最近、CNN English ExpressやPodcastのABCNewsをだらだら聞いたりもしています。リスニングに関しては少し前から、かなりクリアに聞こえるようになってきた感覚があるのですが、聞きながら意味をつかむというのが以前より楽に出来るようになってきているような気がします。KHシステムの成果だと信じたいです。
しかし、ニュースやインタビューは聞けるのに、DMEやDUOのCDを聞き始めると、途端に他の事を考え始めて何も頭に入ってこないというのはどういう現象なんでしょうね?

バリューイングリッシュのVOA講座を申し込んだという話を前回書きましたが、それ以外にも英語関連で新しい事を2つほど始めました。フェイドアウトする可能性もあるのでまだ書きませんが、ひとつはオンライン英会話がらみです。時間がないと言っているのに何故新しい事に手を出してしまうのか、自分でもバカだなあと思いますが、とりあえずやってみます。犠牲になるのは多分DMEです。
昨日、ホテルでNHKの世界ふれあい街歩きを見ていたら、フランスの大人のカップルの男性が、「恋は探すものではなく、小鳥が枝にとまるように訪れるものだ」と言っていました。私の勉強もそんな感じです。いや、探してるか?

category: DME Advanced Book1

cm 2   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

ダニエル先生で発音レッスンを受講しました。

今日は、すごく申し訳ない事をしました。
スカイプを立ち上げると、いきなりマリアン先生からコールがあったので、「え〜、ダニエル先生、また遅刻?」と思っていたら、マリアン先生が心配そうに、「ダニエルがスカイプがつながらないと言っているの。多分、彼のコンピュータのせいだと思う。じゃあ、つながったからダニエルにかけさせるわね。」と言って切ってしまいました。
なんのこっちゃ?と思いながら、一応スケジュールを見てみました。すみません、私が30分勘違いしていて、のんびりコーヒーを飲みながらTESCOのクッキーを食べていました。
ダニエル先生もすごく謝っていて、「メール見てくれた?ちゃんと時間を延長するから。」と言っていたので「いや、延長する必要は無い・・・。」と言ったのですが、「え?聞こえない?」と言われ、本当に接続が悪そうだったので、そのまま接続不良説に乗っかってしまいました。
ここしばらく、ダニエル先生の授業のとき接続のトラブルが多かったので、そう思い込んでしまったのかもしれません。

肝心な発音レッスンですが、今、復習中です。先生がチャットウィンドウにいろいろな問題を出し、発音させたり、違う音のものを選んだりしています。次回はストレスについてやると言っていました。
DME Advancedも受講しました。前の生徒さんとの授業のテンションを引きずっていたのか、妙なハイテンションだったので、ちょっと引き気味でした(私が)。負い目もあったし。

TESCOのクッキー、結構、気に入っています。100円位の割には美味しいです。イギリスって、ビスケットとかショートブレッドとかスコーンなどは上手に作れますよね。

バリューイングリッシュのVOA講座を申し込んでしまいました。9月までは独学に力を入れる予定だったのに、つい勢いで。詳細は来週書きます。
ただいま新講師加入キャンペーンという事で、8回のコースで4000円とお得になっています。7月31日までだそうです。興味のある方は是非この機会に。

明日からちょっと出かけるので、ブログお休みします。まだ支度がゼロです。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 1-15 General Review 9 

今日はノマ先生とジューン先生で受講しました。

ジューン先生は久しぶりです。この先生の声と話し方、すごく好きです。こんな感じでしゃべれるといいなあと思っています。
ノマ先生もジューン先生も回答の自由度が高いのでいいです。ノマ先生よりもジューン先生の方が文の直しを細かくするタイプですね。ノマ先生は自分の意見などを補足しますが、それをあえて生徒に言わせる事はあまり無いです。どちらも良い先生です。

レビューはレッスン14に入りました。病名がてんこ盛りのところです。
以前、ダニエル先生との授業の時に、AIDSがcontagious diseaseかどうかということで疑問が残ったままになっていたところです。

ええと、概要を言うと、DME Standardのテキストでは、
A contagious disease spreads by physical contact(contagious diseaseは身体的接触により広がる).
An infectious disease can be passed from one person to another person through the air they breathe(infectious diseaseは呼吸した空気によって人から人へと感染する).
という風に定義されていて、私はそのまんまの定義を覚えていたわけです。
そして、Advancedのレッスンの時に、'Name me a contagious disease, please( contagious diseaseの名前を挙げよ)?'という問題があったので、'AIDS'と答えると、「は〜?エイズが触っただけでうつるか〜?」と言われてしまいました。その後、先生は「例えばインフルエンザとかさ。」と言ったので、私が「インフルエンザは空気感染するからinfectious diseaseでは?」と質問したのですが、まあ、結局うやむやになっていました。
で、今日の授業で、同じ質問があったので、「インフルエンザ」と回答すると、あっさりOKでした。
気になったので少し調べてみると、DME Standardの定義は正しくないような気がします。
ベン図で説明するとわかりやすいのですが、infectious diseaseというのが感染症という大きなくくりで、空気感染に限定したものではなく、人から人への感染とは限らない。
Contagious diseaseは基本的には、人から人への接触による感染という定義でいいのですが、エイズや性感染症のようなものはcommunicable diseasesと呼んで区別しているようです。でも、海外のFAQでは「AIDSはもちろんcontagious diseaseです。」と言っている人もいたりしたので、人によって認識が違うのかもしれません。

話は変わって、iPod nanoを買い替えました。今までは第5世代のものを使っていました。大きいやつですが、ホイール付きなので、音量の調整とか曲送りが本体を見なくても手探りで出来るので結構気に入ってました。まあ、買い替えた直接の原因はバッテリーの持ちが悪くなったから仕方が無いのですが。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 1-15 General Review 8 

三連休ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか

今日はフローア先生とノマ先生で受講しました。

今、レッスン13あたりを復習中です。答えるのに詰まりまくってます。
DME Standardの時のレビューは、完璧に言えるようになって当然という感じで先生方も進めていっていたような気がしますが、Advancedではそこは求められていない気がします。先生にもよるのでしょうが。
相変わらず、単語の定義の質問は自分で適当に答えてもダメな事が多いので、誘導してもらう事がほとんどです。レビューなのに。

Stage Examが返ってきました。試験では、単語の定義は自分で作った文でもほとんどOKです。まあ、口頭で言うのと違って見直しする時間があるので、文法ミスがほとんどないというのが大きいのかもしれません。今回は単語の問題ばかりで、日本語で意味を答えさせる問題もあったりしたので楽でした。病名って、長い単語や発音しにくい単語が多いのですが、意外と覚えやすいですね。

最近、Amazonのおすすめ本が支離滅裂になってきました。以前は、仕事関連のものに加えて、ロシア語、小説、歴史などがメインでしたが、最近は英語本が増えてきたのは理解出来るとして、楽譜、文房具、DVD、ミネラルウォーター、雑誌など、混沌としてきました。
おすすめの中に、『できる男の顔になるフェイス・ビルダー―人生を変えるフェイシャル筋トレ』という本が紛れ込んでました
女性用のフェイササイズの本は「小顔に!」とか「たるみがとれる!」などを売りにしたものが多いのですが、男性用のは「できる男の顔」ですか。カスタマーレビューもたくさんあって、皆さん真剣に取り組んでいるようです。「鼻がシュピーンってなった」という意見もありました。マジですか?ちょっと欲しくなっている自分がいます。

あ、なんか晴れて来ましたね

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

練馬交響楽団 第55回定期演奏会 練馬文化センター大ホール 

7月8日に練馬交響楽団の定期演奏会に行ってきました。

先日に同ホールで行われたラスベート交響楽団の演奏会の時にいただいたパンフレットを見て、行こう!決めました。理由は、ソリストとしてピアニストの高橋多佳子さんが参加するからです。
高橋さんはショパンコンクールでの入賞経験もある有名なピアニストなのですが、私はまだ一度も聴いたことがなかったので、是非聴いてみたいと常々思っていました。

プログラムはこちらです。

ヴェルディ: 歌劇「ナブッコ」序曲
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調 Op.18
ラフマニノフ:交響的舞曲 Op.45

高橋さん効果なのか、普段からそうなのか知りませんが、会場は満席です。

高橋さん、期待以上に良かったです!!余裕の演奏でしたね。テクニックもすごいのですが、それでいて全くイヤミのない演奏です。コンチェルトだけでなく、是非今度はソロを聴きたいなあと思わせる演奏でした。
コンチェルトの力強い演奏とはうってかわって、アンコールのラフマニノフのプレリュードも繊細でとても良かったです。フランスものなんかすごく似合いそうです。

そして、全く情報を持ち合わせていなかった練馬交響楽団ですが、すごく上手かったです。びっくりしました。特に後半のシンフォニックダンスの完成度の高さには驚きました。素晴らしい!
アンコールとして演奏されたラフマニノフのヴォカリーズも良かったです。
練馬区はミュージシャンが多いんですよね、確か。団員を、練馬区内に在住・在勤の方に限っているのも人材が豊富にいるという自信の表れなのでしょう。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

今週の記録 5週目  

今週の記録です。
満足に時間が確保出来ていない状況は変わりないのですが、ちょっとずつ前に進めています。

『究極の英語学習法K/H System (入門編)』

先週で「音をつかむ」のところが終わって、今週から「意味をつかむ」に入りました。といっても最初にやる力試しの部分しかやっていません。
英文を一文ずつ聞いて、自分で理解した意味を声に出して言い(日本語で)、録音していく作業をします。1ヶ月ぐらいシャドーイングしてたのだから、完璧でしょうと思っていましたが、やはりフレーズ単位で端折ったりしているところがありました。あと、推測というか、聞き取っていない(というよりは記憶していない)単語やフレーズを自分で勝手に補っているところがあります。
このチェック項目が、1)かたまりで認識出来ていないところがあるかとか、2)文のメッセージを把握出来ているか、3)単語ベースで聞き取れたものを推測で言っていないか、というものなのですが、私の場合、3)は完全にアウトです。これから訓練すると出来るようになるのでしょうか???
自分の英語を聞くのは恥ずかしいですが、自分の日本語を聞くのはさらに恥ずかしいことがわかりました

『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』

トレーニング2のパート1の5周目が終わりました。2周/週というところでしょうか?まあ、ぼちぼちやります。

『TOEIC TEST 完全攻略 3000語』

1周目終わりました〜!と言いたいところですが、覚えきれていないものがあと30語ほどあるので、これを覚えてから2周目に入ります。その30語の覚えきれていない単語の中に、repel(追い払う、撃退する)、expel(追放する、追い出す)、impel(推進する、促す)、compel(強要する)と-pelで終わるものが4つもありました。ごっちゃになっていたんだと思いますが、関連語のrepulsion、impulse、compulsoryの存在に気付いたおかげで、すんなり覚えられました。単独で覚えるよりいいのかも。

『山口英文法 講義の実況中継』

第9回の講義まで読み終わりました。読むだけというのはちょっとつまらないです。やってる!という実感がないからでしょうか?

今週末は頑張ります!

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 1-15 General Review 7 

今日も暑かったですね〜

DMEはマリー先生とジェリメ先生で受講しました。

マリー先生は数回受講した事がありますが、なかなかバランスの良い先生だと思います。話を膨らますのが上手くていいですね。
ジェリメ先生は相変わらず楽しい授業です。

どうも今日は答えにくいというか一度で理解しにくい問題が多いなあと思っていたら、単語の問題でした。結構忘れているのがあります。今やっている単語集『TOEIC TEST 完全攻略 3000語』と被っているものが結構あるので、そういうのは良いのですが、出てきていないものは忘れていますね。rambunctiousとか、他で出くわした事が無い単語はやばいです。一応忘れていたやつを書いておこう。

intrigue (人)の興味を引き付ける、(人)の好奇心をそそる
mesmerized ~にほだされる
rumbustious (英話)騒々しい
rambunctious (米話)〔乱暴な、やんちゃな、騒々しい
boisterous ばか騒ぎの、騒々しい、(天候が)荒れ狂った
turbulently 激しく、乱暴に、 騒々しく

『TOEIC TEST 完全攻略 3000語』はとりあえず1周目が終わりました。2周目でどれぐらい覚えているかちょっと怖いです。1周目と全く同じだったら悲しいです。

通勤中に英語を聞く気になれず、ミューズのエクソジェネシスを聞いているのですが、Symphony Part3になると頭の中でアボット君が踊りだします。そして、転びます・・・。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 1-15 General Review 6 

今日はアイザ先生とマエス先生で受講しました。

週末は予約がかなり厳しいので、不本意ながら朝7時台のレッスンを取る事になってしまいました。開始10分前ぐらいに起きて、コーヒーを飲んで挑んだものの、結局寝ぼけたままで受講することになりました。

初めてのアイザ先生は、写真よりも若くて可愛い感じの先生で、話し好きそうでした。しかし、私が寝ぼけていたので雑談どころかDMEすらままならない感じで、せっかく振ってくれた話もyes/no程度しか答える事が出来ませんでした。決して不機嫌だった訳ではないのですが、かなりそっけない対応をしてしまいました。申し訳ない。

マエス先生とのクラスの時にはだいぶ目覚めてきたので、普通にレッスンが成立しました。マエス先生は数回しか受講した事無いのですが、進みが速いんですね。レビューだからかな?かなりざっくり進んで、レッスン11に入っていました。この辺りは授業でやった時には1レッスンを数コマかけてやっていて、1コマで3問ぐらいしか進まないことも結構あったのになあ。

今やっている単語集とかぶっている単語が結構あるので、DMEの例文で覚えると良いかもしれないと思っています。DMEはセクションごとに似たような質問がずっと続くので、しつこいなあと思ったりもするのですが、記憶の定着には役立ちそうです。
Advancedになってから、あまり復習をやっていないので、ちゃんとやらなきゃダメですねえ。CDが無いとなかなか難しいです。新出語の例文と質問文だけでもいいのでCDが欲しいです。発音の確認にもなるし、第一、あのテキストの大文字だけの質問文では理解するのに時間がかかってしまいます。ということで、DME Advancedには、CDの添付とフォントの改善をお願いしたいです。

発音の確認がらみの話ですが、先生方の発音で「おや?」と思う事が結構あります。特に有声音の無性化(またはその逆)とアクセントの位置の違いが気になり、複数の先生で共通していることから、間違いというよりはフィリピン英語ではこれがスタンダードなのかもと思っています。'favorable'、'reasonable'、'circumstance'あたりは第2音節にアクセントがシフトしている先生が結構多いです。理解出来るので問題ないのですが、ちょっと調子が狂います。ちなみにそんな時には、私も真似してアクセントの位置を変えて発音しています。まあ、些細な問題ですかね?

『舛添要一の6カ国語勉強法』という本を買いました。もう絶版になっているようなので、中古本を買いました。勉強法を期待して買ったわけではなく、モチベーション維持のためです。まだ読みかけですが、やはり出来る人はかなり勉強していますね。頑張っている人の話を読むとやる気が出ます。そして語学学習に対する持論も展開しているのですが、賛同出来るところが多いです。ちなみに舛添ファンではないです、全然。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 1-15 General Review 5 

毎日蒸し暑くてギブアップ気味です。夜もエアコンをつけっぱなしじゃないと眠れなくなってきました。
家にいる間は良いのですが、通勤は地獄です。会社の最寄り駅が結構遠いので、会社に突く頃には疲れきってます。駅のホームも暑いし。おかげで3キロぐらい体重が減ってました これがキープ出来るといいのに。

今日はフローア先生とノマ先生で受講しました。

レッスン7から8の辺りをやっています。裏切りとか不倫についての話題です。結構難しい単語が多いです。質問も答えにくいものが多いです。ちゃんと復習していれば良いのですが、相変わらず初めての質問のようにあたふたしています。

フローア先生は、答えに詰まるとさっさとサンプルアンサーに誘導してくれますね。だからどんどん進んで行ってしまいます。ノマ先生も進め方が速いです。質問が変わるたびに頭を切り替えなければいけないせいか、終わった後はすごく疲れました。そういう意味では、言い直しをしっかりさせる先生の方が楽ですね。

『瞬間英作文(スラスラ)』はトレーニング2パート1の4周目が終わりました。
今日は試しに、『音読パッケージトレーニング』を使って音読とシャドーイングをやってみました。『K/Hシステム』の英文は自然なスピーチを用いており、詰まったり早口になったりするので慣れるまで大変でしたが、『音読パッケージトレーニング』のよどみなく読み上げる英文というのも結構大変でした。休むところというか立て直すところが無いのがつらいです。新しい素材をシャドーイングして集中力を使ったせいか、眠気が襲ってきます。

今日はピアノのレッスンに行ったのですが、また譜読み地獄に見舞われています。もう、次回のレッスンの言い訳を考えています・・・。一応、頑張ってみるけどさあ

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 1-15 General Review 4 

今日はダニエル先生で受講しました。

授業の始めに、総復習についての押し問答がありました。
「総復習をやっているということは、Book1が終わったんだね?おめでとう!」とか言うので、「終わってません。」というと、「じゃあ、なんで総復習なんかやってるの?レッスン16の続きから進めていい?」と聞いてくるので、「だめです。」と答えると、「なんで?」というやりとりが少しありました。先生が、「そうか、僕はレッスン15が終わったあとにそのままレッスン16に入ってしまったけど、本当は試験の後、復習に入らなきゃいけなかったんだね。」と気付いてくれました。
ということは、5レッスンごとに試験と総復習があるということですね。そして、Book1が終わると2nd General Reviewがあるということでしょうか?そんな説明は聞いた事がないですね〜。

とりあえず、総復習の続きからやることになりました。

'Who’s the most naive person you know?'という質問があったので、'ex-Prime Minister'と答えると、'Who?'と聞かれました。期待通りに、'ex-Prime Minister Hatoyama'と答えると、喜んでもらえました。最近は金正日の話も鳩山さんの話もしなくなりました。ブームが去ったようです。菅さんと野田さんには、元々興味がなさそうです。

'Do you believe that people falling in love become gullible? Why is that?(恋に落ちた人はだまされやすくなるか?それは何故か?)'という質問の先生のサンプルアンサーは、'because of hormone'だそうです。「boysはそうだ」と言っていました。「君はもっと良い理由を言えるだろう?」というので、「う〜ん。」とうなっていると、「自分で考えておけ。」と見捨てられました。

授業の終わりに、「ちゃんとスクールのサイトに行って、試験をダウンロードしてやっておくように。」と念を押されてしまいました。提出してない事はバレてるのね・・・。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

イングリッシュベルの発音レッスンをダニエル先生で受講しました。

前回の続きで、[ir]、[ɛr]、[ʊr]、[ur]の区別です。
これはそんなに難しく無いです。
途中、ロールプレイ的なものがあったので時間がかかってしまいましたが、なんとか時間ギリギリでテキスト全てを終わらせる事が出来ました。

次回についての詳細は教えてもらえませんでしたが、何か用意しておくと言っていました。とりあえず、一回受講してみて続けるかどうかを決める事にします。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 1-15 General Review 3 

今日はグレセル先生とドロシー先生で受講しました。

グレセル先生、夜のシフトに移ったんだ〜、しかも空きコマがある!と勢いで予約しましたが、今日は仕事で遅くなってしまって、ギリギリに帰り着きました。
多分、一年ぶりぐらいです。もっと前かな?数回しか受講した事が無いのですが、良い先生だった記憶があるので楽しみにしていました。

'Do most husbands shower their wives with flowers and small gifts in special occasions?(多くの男性は特別な日に妻に花やプレゼントを贈りますか?)'という質問があったので、フィリピンではどうなのか尋ねてみると、「そういうことはほとんど無いわね。」という返事が返ってきました。日本人より外国人の方がプレゼントが多いのかと思っていましたが、そうでも無いようです。

グレセル先生は途中でちょこちょこ雑談を入れながら進めて行くタイプで、楽しかったです。でも、聞き間違いでなければ、もうすぐお辞めになるようです。授業の最後に、「あなたに会うのは多分これが最後ね。来週にはもうここにはいないから。」と仰っていました。びっくりしたので何も気の利いた事はいえませんでした。せっかく夜のクラス来てくれたと思ったのに残念です。

ドロシー先生の授業では、思春期がらみのトピックの復習でした。
'What’s the best way to get rid of a pimple?(ニキビを治すのに最も良い方法は何ですか)'という質問がありました。これは以前、授業の時に、'sleeping enough and cutting down sweets(良く寝て甘いものを減らす)'と答えたら、ダニエル先生に、「それは予防であって治療ではない。ニキビを治すにはpimple creamかinjection(ニキビ用の塗り薬か注射)だ!」と言われた記憶があるので、今日は'using antibiotics(抗生物質の使用)'と答えたら、「その方法はお勧め出来ないわね。ニキビには洗顔よ。」と言われました。う〜む。
ドロシー先生はピーナッツを食べると確実におでこにニキビが出来ると言っていました。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

今週の記録 4週目  

今日は暑いですね。
4週目の記録です。この1週間は、飲み会やお出かけが多かったので、いまいち思うように勉強できていません。

『究極の英語学習法K/H System (入門編)』

シャドーイングの録音をやりました。何故か録音中に2度も電話がかかってきて、かなりやる気が失せましたが、なんとか集中し直して録音しました。
間違えた語数の推移です。

初回 165/519
7日後 51/519
14日後 29/519
21日後 13/519
21日後 9/519

やりました!ようやく間違いを一桁まで減らす事が出来ました。多分これ以上は減らせないような気がします。まあとにかく、これで、第一段階の「音をつかむ」というところが終わりました。次からは「意味をつかむ」です。具体的に何をすればいいのか忘れてしまったので、また明日の通勤中にインストラクションのCDを聞く事にします。
長い間シャドーイングをしていたので、このおじさんの声も好きになってきました。

『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』

トレーニング2のパート1の3周目が終わりました。結構、スラスラできますよ。なのに、オンラインでの雑談の詰まりまくり具合はどうしたことでしょう?言いたい事が整理出来ているか出来ていないかの違いのような気がしています。

『TOEIC TEST 完全攻略 3000語』

今日で2520語を終えました。来週までには終わっていますね。終わったら2周目です。たくさん忘れているんだろうなあ。
最近、DUOが恋しいです。かぶっている単語も結構あるので、たまには音読するのもいいかもしれません。ボブのキャラもいいし、デイブのおかげでclumsyも覚えられたし。ニュース記事を読んでいると、DUOで出てきた単語は基本単語だったんだなあと思う事が多いです。マニアックなものは多分無いです。

『山口英文法 講義の実況中継』

ようやく第5回の講義まで読み終わりました。あまりにも読まないので、今週から文法はお風呂勉強にしました。夏だから10分ともたないですが、強制的に読むにはいいです。
山口さん、誰かは知らないですが「先生」という感じです。「このように訳した人は全然わかってませんね。」みたいな言葉でのお叱りがあります。

『英語上達完全マップ』によると、「精読」というものもやった方が良さそうなんですよね。毎日は厳しいので土日だけなら可能かな?
それにしても先週の記録をみると、ニュース記事を読むようにしている(これは続いている)とか、その前の週の記録では音読をやりたいとか、かなり気まぐれです。もうひとつ追加すると、以前やっていたような記事レッスンをまたどこかでやりたいです。

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 1-15 General Review 2 

ジェリメ先生とチェリー先生で受講しました。
お二人とも久しぶりです。

ジェリメ先生に、「最近は仕事が忙しいの?週1回か2回ぐらいしか受講していないんじゃないの?」と指摘を受けました。自分の生徒はよくチェックしているんですね。とりあえず、仕事が忙しい事にしておきました。

チェリー先生とは、また季節のお話になりました。以前も困った質問なのですが、「日本はオフィシャルにはいつから夏なの?7月?8月?」と聞かれました。私も歯切れが悪く、「え〜と、7月だけど、今はまだ梅雨なので、それが終わってから・・・。」と答えましたが、いまいち納得していなかったようです。

DME Advancedのレビュー中で、今、レッスン6の途中です。かなり問題をとばしているのでしょうか?すごい勢いで進んで行きますね。今のところ単語はほぼ覚えていて、忘れていたのは'squander(浪費する)'だけでした。
でも、語彙の説明の質問には、相変わらずしどろもどろの答えです。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 1-15 General Review 1 

今日はリン先生とフローア先生で受講しました。

デル先生で予約していたのですが、お休みのようでリン先生に変更になりました。かなり久しぶりというか、2、3回しか受講した事がありません。英語がきれいで途中の雑談も楽しい良い先生です。受講できるチャンスはほとんどないのが残念です。

フローア先生も久しぶりです。
2コマとも、昨夜キャンセルで空きが出たところを予約したので、連続してのレッスンではありませんでした。時間に余裕のある時には、こういうのもいいですね。

そういえば、まだ試験をやっていません。まあ、総復習がおわるまでにやればいいかという気になってます。
土、日は出かけていたために思うように勉強ができませんでした。強化月間のはずが普段とたいして変わりない感じになってます。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

ファジル・サイ ピアノリサイタル 所沢ミューズ アークホール 

ファジル・サイのコンサートに行きました。曲目は以下の通りです。

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第一一番 イ長調 「トルコ行進曲付き」
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ」
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」

手持ちのCDなどから、速弾きで弦や楽器をたたいたりするアクロバティックな現代奏法を駆使したピアニストというイメージを持っていましたが、予想外にすごく良かったです。
特にペトルーシュカが良かったです~~。ファジル・サイ編曲なんですね。バレエのペトルーシュカは人(人形)の名前というか愛称なのですが、ロシアではイタリアンパセリのことをペトルーシュカというのはなぜなんだろう??
話がそれましたが、展覧会の絵も良かったです。演奏家によってはすごくつまらなくなったりもする曲なのですが、今日のは良かったです。

アンコールは自作の曲でしょうか?私が知らないポピュラーっぽい曲とジャジーな曲のあとに、ショパンのノクターン(遺作)とベートーベンのピアノソナタNo.14月光第一楽章でした。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。