05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

DME Advanced Lesson 16 

昨日はダニエル先生、今日はノマ先生で受講しました。

昨夜、夜中に予約画面をチェックしたら、ノマ先生に空きができていたので予約しました。週末の予約は本当に厳しいです。Advancedだと先生が限られてくるので、予約可能な先生がゼロの時間帯がかなり多いです。平日は独学を中心に、週末はDMEを受講しようという計画がうまくいきません。朝7時台ならいけそうですが、ちょっとつらいです。

ダニエル先生の授業は少しだけ残っていたレッスン15を終わらせた後、そのままレッスン16に入りました。
また、犯罪・法廷シリーズの話題です。DME Standardの時から好きな話題ですよね。私は好きじゃないですけど。英語では弁護士・弁護人だけで何通りの言い方があるのでしょうか?それぞれ微妙に役割が違うのかもしれませんが、よくわかりません。必要になる事も無いような気がするのでまあいいです。

ダニエル先生は時々日本語をしゃべりますが、ほとんどが単語程度です。たま~に、ちゃんとした文で話す時もあります。おおむね合っていますが、主格の助詞の「は」と「が」の使い分けは難しいようです。本人が気付いているかどうかはわかりません(わたしも指摘はしてないです)。
絶妙なタイミングで「でしょ~?」とか言うので、結構出来るのかな?と思う事もありますが、そうでも無いような気もします。先生の中でブームがあるようで、少し前は「キムタク」を例文でしょっちゅう登場させていました。なぜ今頃、キムタク?

今日のノマ先生の授業では、ショートレビューを終えた後、試験はもうやったのかと聞かれました。まだだと答えると、やるのかやらないのかを尋ねられました。やらない選択肢もあるんだ~と思いながらも、「後で提出します」と答えました。すると、「ところで、総復習はやってないの?」と聞かれたので、「まだやった事が無い。」と答えると、「じゃあ、今からやりましょう。」ということで、総復習をやることになりました さすがノマ先生、気付いてくれてありがとう!!

4ヶ月ぶりのレッスン1でしたが、以外と出来るものですね。でも、たしかAdvancedはレッスン3ぐらいまでは比較的易しくて、DME Standardと変わらないじゃないと油断させられた記憶があるので、調子に乗っていられるのも今日だけです。まあ、そんな感じでしばらくは復習になるので予習からは解放されます。そうなると平日のレッスンを少し入れてもいいかもしれません。
久しぶりでしたが、ノマ先生の授業、やっぱりいいですね。

charge 告訴、告発
defendant 被告人
defender 弁護人
prosecutor 検察官、検事
remorse 自責の念、深い後悔、良心の呵責
plead [plíːd] ~を嘆願する、訴える、弁護する
testify ~を証言する、証明する
スポンサーサイト

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

昨日の発音レッスンの記録です。ダニエル先生です。
もう少しで発音レッスンのテキストが終わります。

[ɑr]と[ɔr]と[əːr]の続きからです。
相変わらず[əːr]の音に違和感を感じています。口をグッと横に開いて舌を巻き上げて発音するとOKが出ます。burnとかcurdとかは、良く真似が出来ていると自分でも思うのですが、先生の発音するmurderのurのところがどうも真似出来ないです。他の単語と同じだと言われるのですが、違うように聞こえるんですよ。うまく説明出来ないので、先生の授業を受講される方は、なんとかして先生にmurderと発音させてみて下さい。私の言いたい事がわかってもらえるかもしれません。。。とりあえず、curdなどと同じように発音すればOKはもらえます。聞き取りのテストはパーフェクトでした。結構はっきり区別して発音してくれてますからね。

[ir]、[ɛr]、[ʊr]、[ur]の区別です。
これはそんなに難しくありませんが、poorやpluralなどの[ur]の発音では、相変わらず[u]の音の唇の突き出しが足りないと言われます。
matureやpureなどの[ʊr]の音では唇は突き出さないようにします。

テキストの途中で終わりましたが、来週でイングリッシュベルのオリジナルテキストは全部終わる予定です。全部終わったら、先生がスペシャルなレッスンを考えてくれるそうです。本当かな?

今日はこれからお出かけなので、DMEの記録はまたあとで

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

今週の記録 3週目 

オンライン以外の勉強を始めてから3週目の記録です。

『究極の英語学習法K/H System (入門編)』

シャドーイングの録音をやりました。間違えた語数の推移です。

初回 165/519
7日後 51/519
14日後 29/519
21日後 13/519

前回までは、間違いが第4パラグラフに集中していたのですが、意地になって第4パラグラフばかりをシャドーイングしていたせいか、間違いが2つまで減っていました。その分、他のところの間違いが増えてしまったのですが・・・。
普段からしゃべりが速い方じゃないので、こんなに自分が速くしゃべっているのを聞いた事がないな~と思いながら、録音を聞いてました。いつまでたっても出来るようにならないのでは無いかと思っていましたが、やればできるものなのですね。ただ、シャドーイングというよりも、もはや覚えてしまっているのでは?という気がするのですが。センテンスの頭だけ聞けば全部言えるというか・・・。いいんですかね、これで?

『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』

トレーニング1が終わりました。
トレーニング2のパート1をやっています。ただいま2周目です。最初の方は、トレーニング1とほとんど変わらないなあと思っていましたが、後半は長めの文も出てきたりします。このテキストに慣れてきたせいか、途中までは、初回からビシッとテキストアンサー通りの作文が出来ています。15課ぐらいから、時々、テキストアンサーとの言い回しが違う文を作ってしまうことが多くなりました。文が長いといろんな言い方が出来るので仕方ないのですが、とりあえずテキストに合わせて進めます。

『TOEIC TEST 完全攻略 3000語』


今日で1860語を終えました。覚えきれていない単語がたまってきたので、それを集中的に覚えていたため、すこしペースダウンしてしまいました。1周目が終わるのはあと2週間ぐらいでしょうか?

『山口英文法 講義の実況中継』

まだ第2回目の講義までしか読んでいません・・・。

お昼休みなどには、出来るだけネットのニュースなど(英語の)を読むようにしています。覚えたての単語に出会いたいので、その日に覚えた単語の出てきそうなトピックを選んでます。結構、出くわすものですね。

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 15 

今日はデル先生とマベル先生で受講しました。
昨日受講出来なかったので、今日にまわしてみました。

前回の続きのhot potato(微妙な問題)あたりからでした。2コマ受講したのにもかかわらず、5問しか進んでいません。予習していないのが敗因でしょうね。レッスン15がなかなか終わりません。
たまには、質問の意味を勘違いしたまま答えている事もあります。先生も、都合良く解釈してくれて、辻褄があったりしてます。復習しながら、気付いてあちゃ~と思ってます。

ヒアリングマラソン3ヶ月1万円キャンペーンの締め切りは今日まででした。メールが送られてくるたびにクリックしそうになったのですが、どうにかやり過ごせました。また、3ヶ月後ぐらいにこのキャンペーンがあったら、乗っかるかもしれません。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 15 

今日も出遅れて(そんなに遅くは無かったのですが)予約をしそこなってしまったので、昨日のダニエル先生とのDME Advancedのレッスン記録を書きます。と、先週と全く同じ展開です。学習能力無しですね。
まあ、最近は独学の楽しみがあるのでオンラインが受講出来なくてもいいんです。問題はポイントの消費速度だけですかね。

前回の授業が、piece of cake(たやすいこと)、breeze(楽な仕事)、facilitate(仕事などを楽にする)、take the soft option(楽な選択をする)など、楽な仕事についてのトピックだったのに対し、今回はハードな仕事や選択に対するトピックです。

'Do you think that computerization would facilitate access to libraries and promote reading among the youth(コンピュータ化が図書館へのアクセスを容易にして、若い人たちの読書を促進すると思いますか)?という質問のところで、「アメリカでは図書館のコンピュータ化が進んでいて、e-bookが借りられるんだよ。日本ではどう?」と質問されました。私はあまり図書館を利用しないので事情がわからないのですが、e-book自体が普及していないので無理でしょうね。そのあとも、アメリカの図書館のサービスはすごくいいという話をしていたのですが、最後に「でも、そのサービスを知らない人も多い。」と言っていました。もったいないですね。
そういえば、kindleにも本の貸し借りが出来るサービスがありましたよね?自分の買った本すら追いついていない状況なので、まだ必要ないんですけど・・・。

昨日は久しぶりに、先生の韓国ネタが炸裂していました。学校の話になる度に、「韓国では」、「韓国では」と繰り返していたので、お前はなに人なんだ?と突っこんでやりたくなりました。

なんの話からだったか、韓国の学校での体罰についての話になって、「日本でも昔は体罰はあった。」と言ってはみたものの話は止まらず、「いいや、それは100年前とかの話だろ?韓国は今でもある。先生が、20人の生徒を20発ずつ1時間かけて殴ったりする。」とのことでした。どうも、韓国人の受講生が武勇伝を披露しているらしく、それが非常に先生の心をとらえているようです。体罰を受けた理由が、授業中に笑ったからとかそういう些細な理由だったことや、すべての先生が叩くための棒を持っているということも印象的だったようです。本当ですかね?先生は信じていますよ。

hot potato(微妙な問題)という単語が出てきた時に、「hot potatoというのは、韓国の生徒と話す時には朝鮮戦争の話、台湾の生徒と話す時には中国との問題、日本の生徒とは・・・」と言ってしばらく考えていましたが、「在日でしょ?」という答えにたどり着いていました。先生の生徒さんに在日韓国人(または朝鮮人)の生徒さんがいるそうで、「彼女は在日だけど、江戸っ子。」と言っていました。「在日」とか「江戸っ子」とか知っていて、先生の勉強もだいぶ進んでいるようです。

授業中は聞き流していたのですが、日本のhot potatoは、やはり領土問題ではないかと思います。在日外国人をどう取り扱うかは、過去にどういういきさつがあったにしても基本的に日本が決めることですが、領土問題は相手のある話なのでなかなか進まないですね。北方領土に関しては、一時期いい線まで詰めた話が出来ていたのに、トップがコロコロ変わるのでその度に話が戻って上手く行かなかったという記事を読んだりすると、この短期政権の連続もなんとかしないと国の信用が危ういなあと思います。

そうそう、話は変わって、p118の'preparing scribs'は'preparing cribs(カンニングペーパーを作る)'の誤植だとのことです。

expel 免職にする、退学させる
strenuous 骨の折れる
it's no picnic 楽な仕事ではない
hot potato 扱いにくい問題、難問

今日は、『瞬間英作文(スラスラ)』のトレーニング1が終わり、トレーニング2の「文型コンビネーショントレーニング」に入りました。トレーニング2はパート1とパート2に分かれていて、解説によるとパート2はかなり難しいらしいです。パート1は少しやってみましたが、トレーニング1とほとんど違いを感じないです。パターンが同じなので、初めての文でも結構快調にできます

category: DME Advanced Book1

cm 2   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

ダニエル先生の発音レッスンを受講しました。

[l]と[r]の区別の続きからです。
[r]の発音をする時に、少しゆっくり発音した(ためた)方が良いというアドバイスをもらいましたが、おおむね良いとの事でした。リスニングも全問正解でした。

その後に、[ɑr]と[ɔr]と[əːr](ベルのテキストでは[ɝ]という記号が使われている)の区別です。
ついに来てしまいました~。私は[əːr]の音が苦手なんですよね~。普通に会話をしていると、意味で判断してもらえるおかげなのか、誰にも指摘を受けた事は無いのですが・・・。そりゃそうですよね。'I go to work.'とか'The bird perches on a branch.とか文になっていれば、多少外れた発音でも認めてもらえますよね、多分。しかし、どうも自分では、ネイティブの発音を真似てもしっくり来ないものをずっと感じていました。

そして案の定、かなり手こずっています。最初は先生も、「まあ、出来てるんじゃない?」と言う感じだったのですが、たくさん発音して行くうちにボロが出てしまいました。far、four、furと続けて発音するように言われてその通りにすると、「furがfarみたいになってる、オーストラリア人みたいだ。」と言われました。オーストラリア人がそうなのかどうかは知りませんが、何度か練習してようやく'better'というところに落ち着きました。

この回が終わると、あと1つでベルのオリジナルテキストは終わりです。あと、2回ぐらいかな~?これが終わったらどうしよう??

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 15 

今日はマリー先生で受講しました。

日曜に受講したのが最後なので、5日ぶりです。どんな質問があったか全く覚えていなくて、ほぼ初めて状態のレビューでした。復習してないのがバレバレでした~。
マリー先生は割とあっさり進ませてくれる先生だったような気がしますが、今日は私の答えがひどかったせいか、結構言い直しをさせて頂きました。そんな感じで、ほぼ、レビューで終わりました。

今日は疲れたので、瞬間英作文だけやって寝ます。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

今週の記録 

勉強の進行状況の報告です。

『究極の英語学習法K/H System (入門編)』

今日はまた、シャドーイングの録音をやってみました。

初回 165/519
7日後 51/519
14日後 29/519

順調に間違いが減ってきてはいますが、間違いのうち、20/29が第4パラグラフに集中しています。速いし、切れ目が無いので難しいです。この間違いが一桁にならないと、次の段階に進めないんですよね~。

『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』


トレーニング1の9周目が終わりました。1週間で2周まわせたので、いいでしょう。あと1周でトレーニング1は終わりです。トレーニング1は『どんどん話すための瞬間英作文』に比べ難しくなったわけではないです。ほとんど同じような感じで出来ました。トレーニング2は文型コンビネーショントレーニングになるので、多少複雑になり、難しくなるようです。

『TOEIC TEST 完全攻略 3000語』

今日で1440語を終えました。ほぼ半分まできました。結構いいペースでやれてます。丸暗記なので、ダラダラやっても仕方ないので勢いでガーッと行きます。とはいえ、何度眺めたりつぶやいたりしても覚えない単語が時々あるのですよ。そういうのは、気がつくたびに辞書をひいてみたりしています。
『DUO』をやっていた時は、あまり覚えようと気負わずに音読を繰り返したので、今回は対照的です。

『山口英文法 講義の実況中継』


第1回目の講義だけ読みました。文法の大切さから始まり、文の構造について語っていました。決して読みにくい本ではないです。ただ、時間が足りないため進んでいないだけです。

上の4つに加えて、音読を加えたいと思っています。やるとすれば、『みるみる英語力がアップする 音読パッケージトレーニング』を追加する予定ですが、そうなると、ますます山口英文法が後回しになりますね。
音読、瞬間英作文、シャドーイングのようなトレーニング系は出来るだけ毎日やりたいので、優先順位が高いのですが、単語や文法は1日休んだからといって後退するものでもないので、自然に優先順位が下がってしまいます。

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 15 

今日はディナ先生とドロシー先生で受講しました。

essential–inessential、significant–insignificantなどの単語を含んだ質問が続きます。このあたりはYes/Noで答えられる質問が多いので、比較的楽です。

ディナ先生は前回も書きましたが、きちんと言い直しをさせる先生ですね。そんなに厳しくはないですが。
ドロシー先生は、ほとんど言い直しは無いです。野太い声が素敵です。

breeze そよ風、いとも簡単にできること、楽な仕事
take the soft option 楽な選択をする

先日習ったgratuitous(根拠のない、理由のない)という単語は、お二人ともすごく発音しにくそうで、何度か言い直したりしてました(多分、発音間違ってました・・・)。普段はあまり使わない単語なのでしょうか?英辞郎ではレベル12(12段階で)です。

今日は、『瞬間英作文』の8周目が終わりました。今回は3日で終わりました。やる気になれば速いです。その気になれば1日で1周出来るのと思いますが、続かなくなるのが目に見えているので、1日30分程度にしておきます。
『瞬間英作文』の著者の森沢氏が提唱している、『英語上達完全マップ』では、瞬間英作文だけでなく、音読、精読、多読、語彙、リスニングなどバランスよくやることが提唱されています。ごく真っ当なプログラムだと思います。この中の、音読というのを取り入れたいのです。ちゃんと音読用の素材も出版されているのですが、どのようにやったら良いかが書かれているマニュアルが結構長くて、なかなか実践にたどり着けないです。『K/H System』もインストラクションが長かったのですが、やり方を説明するCDが付いていたので助かりました。どれだけ無精なんだよ、自分・・・。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 15 

今日は出遅れてしまって予約が取れなかったので、昨日のダニエル先生とのDME Advancedのレッスンだけ記録しておきます。

ほぼ1週間ぶりのレッスンだと何も覚えてませんね~。これは良く無いです。
先生が前回やったところの確認をしている時に、「Focus on writingは難しそうだね。何か質問は無いの?」と聞いてくれました。多分、難しかった記憶があるので聞いておいた方がいいところもたくさんあったのでしょうが、どんな問題だったか全く記憶にありません。最悪です 質問は思いついた時にまとめてすることにします。ダニエル先生は質問は大歓迎のようで、とても丁寧に教えてくれます。最近、ダニエル先生の良さがわかってきました。みんなもそう思っているのか、予約が取りにくくなってきました。いや、普通に取れるんですけど、当日だと難しいという感じです。

4問位しか進んでいないので、内容に関してはあまり書く事はないのですが、発音で注意される事が何回かありました。油断しているとjob[ʤɑb]を[ʤob]と発音してしまったり、mankind[mænkaɪnd]を[mʌnkaɪnd]と発音してしまったりしたので、注意されました。イントネーションについても、「もう少し英語っぽく読んで。出来るはずだよ。」と何度かやり直しをくらいました。答えることに夢中になっていると、発音とか無茶苦茶になってしまいます。

gratuitous [grət(j)úːətəs] 根拠のない、理由のない

DME以外は割と真面目に勉強しています。でも、オンラインレッスンを休んでも、思ったほど時間が取れないことがわかりました。通勤中には出来ない事が多いので、家で時間を確保する必要があるんですよね~。シャドーイングに関しては、出来れば夫もいない時の方が集中出来ます。聞かれるのがイヤとかそういうのは全くないのですが、物音がすると集中力が途切れて出来なくなってしまいます。慣れれば出来るようになるのでしょうか?瞬間英作文や単語の暗記は多少うるさくても特に問題なく出来ます。

そんな感じで集中力を使い果たしているので、通勤中の歩いている時間は英語はやめて音楽を聴いています。
先週は、Pretty maidsの『Pandemonium』を聴いていました。Pretty maidsは10年位前にライブに行ったのを最後に、私がクラシックにはまり始めたので聴かなくなってしまいました。最近、ふと思い出して調べてみたらまだ活動しているようで、2年位前に出したアルバムの評判も良さそうだったので買ってみました。これは当たりでした メンバーチェンジがあったようで、キーボードも加わっていました。私は全盛期よりも後に彼らを知って、遡って古いアルバムを聴いたクチなので、キーボードは無くてもいいかなと思っていますが、キーボードが入っている方がファンのウケがいいようです。
興味のある方が見ているとは思いませんが、一応、一番キャッチーな曲のリンクを貼ってみます。Little Drops of Heavenです。メタルです。

こちらがインタビューです。北欧の人(彼らはデンマーク人)は英語が上手いと言いますが、上手いですよね。それにしてもロニー・アトキンス老けたなあ・・・。48歳だそうです。日本の同世代の人よりも一回り以上年上に見えます・・・。ちょっとショック。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

今日はダニエル先生で発音レッスンを受講しました。

[m]、[n]、[ŋ]の区別の続きからです。これは、言い分けるのは自信があったのですが、聞き分けが出来るかどうかは自信がありませんでした。でも、いつの間にか聞き分けも出来るようになっているようです

先生が言うには、fingerのような[ŋg]の音を持つ単語の'g'の音を出すのが苦手な人も結構いるそうです。singerの[ŋ]みたいになってしまうということでしょうか?
今日はかなり褒められたので気分がいいです。

気分よくやっていたのですが、前回同様に今回もノイズがひどくなったり、音声が突然聞こえなくなったりする不調が起こりました。先生も変な現象だと言っていたので、他の受講生との時には起こらないのかもしれません。私も他の先生の時には大丈夫なんですが。

続いて[l]と[r]の区別です。
これも単語レベルで発音する時には全く問題ない音です。聞き分けに関しては、[n]と[ŋ]よりも易しいです。

音声が悪い日は、雑談らしい雑談はほとんどないのですが、'butcher'という単語が出てきた時に、「butcher manは日本語で何と言うの?」と聞かれたので、「肉屋。」と答えました。すると、「肉屋はbutcher shopでしょ?そうじゃなくてbutcher manだよ。」と聞き直してきました。一瞬、私もわからなくなりましたが、「にくや」と答えると、驚いた様子で、「同じなの?日本語はなんて便利なんだ!」と言っていました。そう言われてちょっと心配になっています。精肉職人といえばいいのかもしれませんが、普段使わないしなあ。肉屋の人のことを肉屋って言いませんかね?先生は漢字の本とか持っていて、真面目に勉強しているようだったので、うそは教えたくないのですが。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

途中経過 

こんばんは~

『K/H System』と『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』を中心に勉強することにしてから1週間ほど過ぎました。まだ1週間なので、成果がある訳はないのですが、何も書かないと怠けてしまいそうなので、時々やったことを書いて勉強している事をアピッておきます。

『究極の英語学習法K/H System (入門編)』

シャドーイングの練習を日々頑張ってます。テキストの中の4分程度の文章を、毎日30分位ずつシャドーイングしています。速い部分以外はほぼ出来るようになりました。
今日、再度シャドーイングしているところを録音し、何ワード間違っているかを確認しました。

初回 165/519
今回 51/519

だいぶ減ったでしょう?まだ、ついて行けずにフレーズごと落としてしまうところや、ろれつが回っていないところもあります。
いいところもあって、イントネーションがかなりそれっぽいです。そして驚いた事に冠詞の抜けが全くありませんでした。これは多分、リズムを真似しているので、入るべきところには入れざるを得なくなるのでしょうね。
引き続きがんばります。

『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』

トレーニング1の7周目が終わりました。もう少しペースアップしたいです。

『TOEIC TEST 完全攻略 3000語』

今日で900語を終えました。一応、前日の分は全部覚えているつもりですが、3000語終わる頃には結構忘れているでしょうね。似た意味の言葉があり、覚えにくいものもありますが、そこそこ順調です。

『山口英文法 講義の実況中継』

やってません。ゼロです。優先順位の高い順にやっていくと、順番が回ってきません。たまには順番を変えなくてはいけないです。


こんな感じです。シャドーイングは元々出来なかった事もあり、非常に集中力が必要となります。そのためか、普段より体が(脳が?)睡眠を欲しがります。

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 14-15 

今日はフローア先生とデル先生で予約していましたが、デル先生がお休みのため、フローア先生2コマになりました。

フローア先生が2コマ続くと進みすぎて大変なのですが、今日は'Focus on Writing'の問題を解くところを含んでいたために、そんなに進まなくて済みました。キア先生は'Speaking Practice'のレビューはやりませんでしたが、フローア先生はちゃんとレビューもやりました。'Work in Pairs'は相変わらずしどろもどろで答えてしまいました。動物の権利などの話題だったので、自分の意見が特に無かったというのが原因のような気がします。

'Focus on Writing'は相変わらず難しいです。結構、答えを教えてもらうところが多かったです。

レッスン15に少し入りました。今のところは、単語も難しいものは無く、答えやすい質問が続いています。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

英語学習の見直し 

このブログのメインテーマでもあったDMEはめでたく終わったのですが、「英語話せます!」というには程遠い状態にあります。DMEをやっていらっしゃる方のブログを拝見すると、以前よりも言葉が出やすくなったとか先生方とのトークが楽しいという意見がよく見られます。ということで、DMEに一定の効果がある事は事実なのでしょうが、受講生のおちこぼれの私としては、どうも言いたい事が言えるようになったというよりは、もどかしい気持ちだけが積もってくるようになっています。

スピーキングに問題がある場合、フリートークなどのレッスンを増やし、英語に慣れるというのが正攻法のような気がしますし、その手も考えましたが、私の性格からすると漫然と受講しているだけに終わるような気もしています。また、スピーキング以外の問題点も自分なりに多々感じているので、これを機に3ヶ月限定でデスクワークメインの勉強にしたいと思っています。3ヶ月という期間には特に根拠はありませんが、少なくともこれ位は続けないと効果もわからないかなと思ってのことです。

具体的には、当面は以下のような事を予定しています。


『究極の英語学習法K/H System (入門編)』

こちらは、基本テクニックとしてシャドーイングを使って、英語的な音のつかみ方と意味のつかみ方を身につけるという学習法です。
これは、すでに先週から取りかかっているのですが、難しいです。

そもそも、私は、シャドーイングというものが出来ませんでした。DMEをやっていらっしゃる方のブログで、空いた時間にシャドーイングをやっていますとか、空いた時間にDMEのCDを聞いています、というのを見かけますが、私はどちらも出来ませんでした。CDを聞くぐらいは出来るでしょう?と思われるかもしれませんが、私はCDをヘッドホンで流していても聞いちゃいないのです。最初の1文か2文ぐらいは聞いていますが、そのあとは完全に他の事を考えているのです。ましてや、シャドーイングなどは全く出来ませんでした。一文ごとにポーズを入れてリピートしたり、質問に答えたりするのはできるのですが、ず~っと続く文を、微妙に遅れて追って行くというのは神業のように見えていました。なんとか真似したくて、『ゼロからスタート シャドーイング』という本を買って練習した事もあるのですが、これは単語レベルからシャドーイングの練習をするので、ちょっと面白く無くてすぐにやめてしまいました。

この『K/H System』では、最初に、例文のシャドーイングを録音して、何ワード間違っているかを確認する事になっているのですが、165/519も間違っていました。間違っているというよりもついて行けてない・・・。最後のパラグラフにいたっては、読むスピードは速いし、集中力は途切れているしで、「もう、放棄しましたか?」というぐらい、ついて行けてなかったです。この、間違いが1桁になるまでやるそうです。もちろん、それでは終わりではないのですが・・・。

『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』
これは、継続中のものをやるだけですから、つらくは無いです。いずれ終わります。

『TOEIC TEST 完全攻略 3000語』
これは、語彙の強化です。単語集は何でも良かったのですが、『DUO』よりもちょっと難しい程度のレベルのものを探していました。これが終わったら『TOEFL TEST対策 iBT英単語』というのが控えています。いずれの試験も受ける予定はありませんが(iBTが何なのかもわかってないし)、せっかくなので、秋頃にTOEICを受けてみるのもいいかもしれません。
『DUO』の時は、例文ごと音読して覚えて行くという方式をとりましたが、今回はとりあえず単語だけ詰め込みます。そして、定着させる過程で、CDと例文を使います。多分その方が速いです。今のところ、1日120~180語進めていて、そのうち1~2割覚えなきゃいけない単語があります。
まあ、単語は覚えるだけなので、そのうちに終わるでしょう。できれば3ヶ月で終わらせたいです。

『山口英文法 講義の実況中継』

これは、Amazonがあまりにも勧めてくるので買ってしまったのですが、本当に講義記録のような本です。読み物に近い感じです。以前やった『Harvest』も再確認しつつ、読んでいこうと思います。

とりあえず、こんな感じでやっていきます。わかりにくいでしょうが、上の2つがメインです。ずっと口は動かしています。
あ~、DME Advancedは週末メインに細々と続けて行きます。

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 14 

今日はキア先生で1コマ受講しました。

初めての先生だったので気合いが入ってしまい、なぜか休日の早朝からフルメイクで挑んでしまいました。
前回予約した時に、先生がお休みして代講レッスンになった事を覚えていてくれたらしく、謝っていました。
落ち着いた感じの先生です。

昨日はレビューの途中で終わったつもりだったので、きょうもその続きかなと思っていたのですが、Speaking Practiceのレビューはやらないようで、新しいところに入ってしまいました。なので、全く予習していませんでした。メイクに時間をかけている場合じゃなかった・・・。

Speaking PracticeとWork in Pairsという、「おしゃべりしましょう」的なところです。
私がしどろもどろで答えても、「ポイントは合っているわよ。」と言いつつ、正しい文に直してくれました。予習はしてないわ、完全に目覚めていないわでひどいものでしたが、先生に助けられました~~。言い直しはほとんど無かったと思います。DMEよりもフリートークなどの方が楽しそうです。
夫が出かけたのをいい事に、レッスン後はまた寝てしまいました。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

久しぶりのオンラインレッスンです。
ダニエル先生の発音レッスンです。
授業の最初に、「いつも土曜に受講するのに、今週は何故金曜なの?」と聴かれました。明日は念願のキア先生の予約を取っているのでダニエル先生には金曜に回ってもらいました、とは言えず、週末を楽しむため、ということにしておきました。というか、いつも土曜に受講しているわけではないですよ。先週も金曜でした。

今日は、[tʃ]と[dʒ]の区別の続きです。これは、問題になるような音ではないのであっさり終わりました。
続いて、[n]と[l]の区別です。[n]と[l]を混同する人はあまりいないと思いますが・・・。先生も、「このテキストを作った人は頭が悪い。」と言っていました。ひょっとすると、韓国人から見ると近い音なのでしょうか?盧武鉉をノムヒョン、労働をノドンと発音するところからの推測です。それで、韓国人向けのテキストを下敷きにして作ったとか?でも、そうだったらダニエル先生は知っているでしょうね。詳しく無いので違っていたらごめんなさい。
当然、これらの音もあっさり終わって次に[m]、[n]、[ŋ]の区別に移りました。唇をしっかり結ぶ[m]、舌を上顎の前方にくっつける[n]、舌を喉の方にくっつける[ŋ]です。これは途中で終わりましたが、「簡単そうだね。」と言われました。確かに難しくは無いです。

発音レッスンの後、5分間休憩を入れてダニエル先生でDME Advancedをやったのですが、なぜかノイズがひどくて授業になりませんでした。何度かかけ直してくれたり、アナベル先生が音声チェックしてくれたりしたのですが、多少マシにはなったものの、最後まで音声はあまり良くありませんでした。音声の悪い日はあっさりキャンセル扱いにしてくれると助かるのですが・・・。集中出来ないので、時間の無駄です。ということで記録は無しです。

今週はずっとベルのレッスンを受講していなかったのですが、勉強の進め方を試行錯誤していました。試行錯誤というか、もう大体方針を決めてやり始めています。これについては、また改めて書きたいと思います。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

ラスベート交響楽団 第27回定期演奏会 練馬文化センター 

6月3日はラスベート交響楽団というアマチュアオーケストラのコンサートに行きました。

プログラムは以下の通りです。

メンデルスゾーン:フィンガルの洞窟 作品26
ドボルザーク:スラブ舞曲第1集より1、2、4、7、8
グラズノフ:交響曲第2番 嬰ヘ短調 作品16
アンコール
ドボルザーク:スラブ舞曲第1集より3

招待ハガキを頂いたので聴かせて頂きました。いつもありがとうございます。
多分、私はコンサートでグラズノフを聴くのは初めてではないかと思います。

前半のスラブ舞曲集は第1集の方からの抜粋でした。
ちょっと厳しい事を言わせて頂きますが、音のバランスが少し良く無い部分があったように思います。スラブ舞曲集の1-1の冒頭の主題が、ほとんど聞こえませんでした。曲の感じとかは良く表現出来ていて全体的には良かったのですが、ちょっと惜しい感じでした。

後半のグラズノフはさすがに音のバランスも完成度も前半の曲と比較して格段に良いですね。さすがにロシア音楽を専門とするオーケストラだなと思いました。
この時代のロシアの作曲家というのは皆、ロマンチックな部分と派手さと泥臭さが混在していて非常に好きです。
個人的には打楽器とClの女性が良かったなあ。

ロシアもの専門のオケだとマニアックすぎる選曲のところもありますが、こちらはそういう感じではなく、誰でも安心して聴ける選曲になっています。次回も期待してます。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 14 

今日はフローア先生で受講しました。

相変わらず、病気に関する質問が続きますが、今日のところは自分の意見を言う問題が多かったので、結構自由に回答出来ました。フローア先生も自由な回答は歓迎してくれるタイプの先生なので良かったです。
質問によっては、特に自分の意見も知識も無かったりするので、早く模範解答に誘導してほしいという時もあるのですが、病気シリーズの模範解答は知らない単語が目白押しでかなり辛いことがわかっているので、自由に答えさせてもらって助かりました。
でも、先生の回答で、テキストに載っていないような単語を教えてもらう事もあるので、自分の回答とは別に教えてもらいたいです。

結構、答えにくい質問もあります。カトリックのことは全然知らないので、これはフローア先生に教えてもらいました。
'Why does the catholic faith disapprove of the use of contraceptives(なぜカトリック教徒は避妊薬の使用が認められていないのか)?'
'The Catholic Faith disapproves of the use of contraceptives, because Catholic are following doctrine that people are maid to multiply(人類は繁栄しなければならないという信条に基づいているから).'

途中から、Speaking Practiceに入りました。頻繁にありますね。
DMEらしく、こんな変な質問もあります。
'If you had a chance, would you go to a séance with a famous healer or are you too skeptical about spiritual healing?(もしチャンスがあれば有名なヒーラーと降霊会に行きますか?またはスピリチュアルヒーリングには懐疑的ですか)'
あとは従来の医療と代替医療はどちらがいいかなどの質問がありました。まあ、代替医療を用いることで精神的な安定が得られるのであればそれも有りなんですかね?

reimburse (払った金を)払い戻す、(人)に賠償する
impaired  正常な機能が損なわれた、障害のある
bone marrow 骨髄
alternative technique 代替技術
autosuggestive 自己暗示
séance 降霊会
acupuncture [ǽkjupʌ̀ŋ(k)tʃə(r)] 鍼、鍼治療
hypnosis 催眠術

最近考えているのですが、勉強の仕方を少し変えてみようかなと思っています。
1年半以上やってきて思うのは、コツコツやっていればいつかは話せるようになるでしょう、というものではないなあということです。多分、今までと同じようにやっていると、1年後も知っている単語や言い回しが少し増えました、という程度だと思います。
仕事があるのでどっぷり浸ることは難しいのですが、期間を区切ってガッツリ本腰を入れてやらなきゃダメだなと感じています。そのためにはしばらくオンラインを休むかもしれません。どういう方法でやるのがいいのかは、検討中です。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 14 

今日は暑かったですね。湿度も高いので、最近はエアコンのお世話になっています。
節電をしなきゃいけないんですよね・・・。
この時期になるとダイエット熱がやってきます。ダイエットというより、筋トレでビシッと鍛えたいです。健康診断の日に朝食を抜いただけで、頭痛が起こったりしてすごく不調になったので、食べないとかは無理です。最低週2回ぐらいは運動したいです。

DME Advancedはノマ先生とデル先生で受講しました。

久しぶりのノマ先生です。
今日はレビューだけで終わったので、ノマ先生の自由さが感じられなくて残念でした。

デル先生は、あいさつのときに今日の予定を聞かれました。
泳ぎに行くつもりだと言うと、「いつか泳ぎを教えてね。」と言われました。
ベルの先生たちは泳げないという人が多い気がします。授業でやらないんでしょうね。

今日は病気の名前のオンパレードでした。
デル先生に、「なじみのあるものを挙げてみて。」と言われたので、出てきた単語の中から一つずつ挙げていくと、結構知っているものもありました。下に書き出したものは知らなかったものです。chickenpoxは覚えやすいですね。病名は長くても覚えやすいものが多いです。ただ、スペリングが独特で、発音にいまいち自信が無いので、新出単語の発音だけでも音源があると助かります。先生によって、微妙に違う発音で教えて下さるので迷いが出てきてしまいます。

デル先生が、「日本では、子供が水疱瘡になった時にどうするの?」という質問がきました。最近は、みんなワクチンを接種するので、水疱瘡にかかる子供は少ないと思う、と言うと、フィリピンでは水痘ワクチンは普及していないと言っていました。で、質問の水疱瘡になったらどうするかには答えていないんですが、病院に連れて行くぐらいしか思いつきませんね。かかってしまったら対症療法なのでは?
フィリピンは気候のせいか、日本より格段に感染症が多いようです。マラリアやデング熱、ハンセン病などの名前が先生方から度々出てくるので、よくある病気なのだと思います。

chickenpox 水痘
measles はしか、麻疹
tuberculosis 結核
jaundice 黄疸
suppository 坐薬
contraceptive 避妊薬、避妊具

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 14 

発音レッスンに引き続き、ダニエル先生でDME Advancedを受講しました。

今日は、差別用語などに関して習いました。

背の低い人は、'vertically challenged'、頭髪の薄い人は、'to be hair disadvantaged'というのだそうです。
アメリカでは背が低いという事も蔑視している事になるのでしょうか?「ちび」という意味のスラングなら他にあるようですが、'short person'も失礼な言葉なのでしょうか。ちょっと最後の方で時間が押している時に教わったので、質問出来ませんでした。
'vertically challenged'は直訳すると、「垂直方向に努力を必要とする人(英辞郎)」らしいので、やっぱりハンディキャップ扱いなのかも。他にも、'mentally challenged(精神障害のある)'とか、'visually challenged(視覚障害のある)'などと言うようです。
先生は、「英語では、障害のある人を差別しないように、そのように言う事になっている。」と言っていましたが、これが世界共通なのかどうかはわかりません。アメリカはうるさそうですが、例えばシンガポールとかはどうなんだろうか??

一昨日の授業で質問の意図が分からないと言った問題です。
‘If a friend of yours told you he’d taken some sleeping pills the night before and therefore felt dopey the following day what would he mean?(あなたの友人が、前日の夜に睡眠薬を飲んだら、翌日、ボーッとしていたと言ったら、何を意味していますか?)’
ジェリメ先生は、「何か心配事があって眠れなかった事を意味している」と言っていましたが、ダニエル先生は、'he would mean that he felt stupid and sleepy(ボーッとしていて眠い事を意味している)'と言っていました。どう答えてもいいようです。多分、お二人とも模範解答は使わない派だと思います。マベル先生は割と使う派だと思います。

これは、前回私が勘違いしていた問題です。
'Why do smugglers dope animals?(密輸業者はなぜ動物に薬物を投与しますか?)'という質問です。
前回、私はdopeという単語はimportの意味も持っているのだろうか(そんな意味は無いです)と都合良く解釈して、輸入禁止動物を密輸するという意味かなと思い、'in order to earn money'と答えて、OKをもらいました。
ダニエル先生は、「変な問題だね。」と少し考えてから、「smugglerだから競走馬にドーピングするということじゃないよね。多分、動物の体内に麻薬を隠して運ぶんじゃないかな?」と解釈していました。
一応先生の答えです。
'Smugglers dope animals in order to hide drugs inside the animals.'

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

発音レッスンを受講しました。

今日は[ʃ]と[ʒ]の練習です。

テキストのタイトルが'I like television'だったので、'Do you like television?'と聞かれました。テレビはほとんど見ないので、好きじゃないと答えると、なんと先生も、「僕も好きじゃない。みんななんであんなにテレビばっかり見ているのか理解できない。ミステリーだ。」と言っていました。本当ですか?一時期、日本のテレビ番組の話ばっかりしていて、ついていけなかったんですけど・・・?そういえば、最近テレビの話をしなくなったかも。

テキストは[ʃ]の音より[ʒ]の音を重点的に練習させる作りになっていました。
'television'、'Asia'、'treasure'などを10個ぐらいの[ʒ]を含む単語を発音すると、「パーフェクト!」と褒めてもらえました(めったにないんですよ)。日本人には[ʒ]の音が[dʒ]になってしまう人が結構多いのだそうです。
「フランス語をやってたの?フランス語には[ʒ]の音が使われるんだけど。」と聞かれました。「フランス語はやっていないけど、ロシア語にもこの音(ж)があるから・・・」と話していると、「ロシア語って言うのは変わった選択だ。お母さんがロシア系なの?」とか、「ロシア料理は作れるの?」とか聞かれました。「ロシア料理は作れます。」と答えると、「本当?ブリヌィも作れるの?」と聞かれました。私はブリヌィを知っているフィリピン人がいることに驚きました。フィリピンでは食べられないんだと言っていました。アメリカで食べたのかな?

アメリカには思った以上にロシア人が多いのかもしれません。私のロシア語の先生も、アメリカの自宅に帰ったときにはお土産にロシアの雑貨やお菓子を買ってきてくれました。ロシア語のテキストも、アメリカなら簡単に良い本が手に入るんだけどと嘆いていたことがありました。

続いて、[tʃ]と[dʒ]の練習です。
こちらの方が簡単かな?

先生が、「[tʃ]の音は日本語にもあるでしょう?ひらがなの[ち]がそうでしょう?」というので、「似た音はではあるけど、若干違う。」と答えると、日本語のテキストらしきものをパラパラとめくりながら、「えっ、じゃあカタカナの[チ]?」と聞き返されてしまいました。ええっ!?そのテキストには、ひらがなとカタカナの発音は違うと書いてあるのですか?
先生は本を見ながら、「ちゃ、ちゅ、ちょ」とか発音していましたが、それは間違いなく日本語の発音でした。英語のchとはちょっと違うと言いたかったのですが、伝わらなかったようです。
私のイメージではこんな感じです。
тя > ちゃ > cha > ча
左に行くほど、舌が上顎にくっつく面積が増えるイメージなんだけどなあ。間違ってますかね~?

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。