04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

DME Advanced Lesson 14 

今日はマベル先生で受講しました。

フィリピンは雨期に入って寒いそうです。こちらもそろそろ梅雨入りするのでしょうか?
レッスン自体はレビューが終わっていないので特に書く事はないです。

今日から、中断していた『瞬間英作文』を再開しました。
こんなに休み休みやっても効果あるんでしょうかね?
なぜ再開したかというと、今やっている『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』が終わった後の、瞬間英作文用の素材を見つけたからです。早く、そちらをやりたいので、頑張って『スラスラ・・・』を終わらせようとしています。

本の中の解説によると、以前やった『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』が第一ステージで、『スラスラ・・・』が第二ステージだそうです。ここまでで、英作文の基礎的な回路が出来るので、第三ステージはいろいろな文型や表現を習得して行くのだそうです。ちょっと楽しそうじゃないですか。
『スラスラ・・・』は中学英語レベルらしいので、順調に行けば、私もあと数ヶ月で中卒です。がんばります
スポンサーサイト

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 14 

今日はジェリメ先生で受講しました。
風邪をひいていたようです。

‘What home remedies did your grandmother use for a common cold(あなたのおばあさんが風邪の時に行う民間療法は何ですか)?’という質問があったので、卵酒の説明をしてみると,
‘egg~~~!?’と言って驚いていました。そして、「効くの?」と聞かれました。効かないでしょうね?私も飲んだ事は無いのですが、まずそうです。

質問の意図がいまいちわからなかったのが、これです。
‘If a friend of yours told you he’d taken some sleeping pills the night before and therefore felt dopey the following day what would he mean?(あなたの友人が、前日の夜に睡眠薬を飲んだら、翌日、ボーッとしていたと言ったら、何を意味していますか?)’
睡眠薬が効きすぎたという意味かなと思ったのですが、先生の模範解答は、’it would mean he couldn’t sleep because he had a broken heart.’と、「何か心配事があって眠れなかった事を意味している」という回答でした。

う~ん、今日は眠いです。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 14 

今日は通勤電車で、『週刊東洋経済』という雑誌が「脱TOEIC」という特集を組んでいるという中吊り広告を見たので、つい買ってしまいました。
まあ、受ける前から「脱TOEIC」も無いだろう、と思ってはいますが、きっとスピーキングのコツが書いてあるに違いないと思ったので買いました。まだ全部は読んでいませんが面白いです。
詳しくは書きませんが、ウィリアム・ヴァンスという方がなかなかいい事を言っています。
そして、昨日少し書いた『入門ビジネス英語』の関谷先生の記事もあります。タイムリーです。声が嫌いとか言ってゴメンナサイ。
それから、大西泰斗先生の記事もありました。先生の著書である『一億人の英文法』が紹介されています。私も本棚の中で数ヶ月間温めていますが、明日から読む事にします。

今日はデル先生で受講しました。

どうも、みんなが暑いと言っているのか、連日、先生方に「暑いんでしょう?」と聞かれます。気温を聞かれたので、「27℃ぐらいです。」と答えると、「ちょっと暑いわね。」とのことでした。

今日も病気の話題が続きます。
先生のおかげか、病気の話題が合っているのか、雑談で結構時間が過ぎて行きました。
何の話題からか、てんかんの話になり、「てんかんの患者が交通事故を起こしたことが問題になっている。」と言うと、「それは危ないわね。」と驚いていました。

先生に、dopeという単語にはネガティブな意味しか無いのか聞いてみたところ、基本的には、麻薬やスポーツなどのドーピングのようなネガティブで違法な場合に使うとのことでした。たまに、人に対してstupidの意味で使う事があるとのことでした。半導体のdopantの事が浮かんだので、投与するもの全般に使うのかなと思ったのですが、違うようです。

そんな感じで、いろいろ教えてもらっていたため、3問しか進みませんでした。

alleviate (痛みなどを)緩和する、和らげる
wonder drug 特効薬
dope (名)(スポーツや競馬での違法な)興奮剤、禁止薬物、(動)麻薬を常用する、ドーピングする
painkiller 鎮痛剤、痛み止め
epilepsia てんかん
migraine 片頭痛

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 14 

今日は暑かったですね。
そして、明日はまた竜巻注意報が出ているんですね。今年は変な気候です。

しばらく迷っていたNHKのラジオ講座ですが、もう2ヶ月がたとうとしているので決めました。『ラジオ英会話』と『入門ビジネス英語』と『攻略!英語リスニング』の3つで迷っていて、しばらくは全部録音して、通勤中などにダラダラ聞いていたのですが、一番負担が軽い『入門ビジネス英語』に決めました。でも、『攻略!英語リスニング』も捨てがたいので、テキストを買っておいて時間がある時にじっくり取り組みたいです。
『入門ビジネス英語』はビジネス英語と言ってもビジネス用語が出てくるわけではなく、ほぼ日常会話ですね。ちょっとフォーマルな言い方とか教えてもらえるので使えそうです。ちょっと関谷先生の日本語をしゃべる時の声が苦手なのですが、何故か英語の時はOKです。気楽に続けます。

DME Advancedはジャズ先生とチェリー先生で受講しました。

ジャズ先生は数回受講していますが、特にこれといった特徴というのが無いような気がします。良く言えばバランスが良く、クセが無いということですかね。

ダニエル先生は、よく質問の内容を変えてしまいます。DMEは変な質問が多いので、日本や現代の状況に即した質問に変えてくれるので良いのですが、レビューの時にうっかりその事を忘れていると困ったことになります。
昨日の復習で、'Why do you think disorders like ADHD or dyslexia are so common nowadays?(ADHDや失読症のような問題が最近非常に一般的になってきているのは何故だと思いますか)'という質問があったのですが、昨日は病名をアトピーに変えて答えたので、非常に答えやすかったのです。質問をアレンジされていた事を忘れていて、ADHDの増えている理由って何よ?と口ごもっていると、'lack of attention and discipline from parents(親の関心としつけが足りないから)'という納得のいかない模範解答を教えてもらいました。政治家がいうと怒られそうな答えです。

チェリー先生とは久しぶりでした。
「今日は暑いよ~。」と言うと、「そんなのこっちはいつもよ!」と言われてしまいました。
そして、「今は季節は何なの?」という質問をされたので、「春です(一応)。」と答えると、「その後は何の季節が来るの?」と聞かれました。えっ?と思いつつ、「梅雨が来ます。」と答えると、「梅雨はいつから始まるの?」との質問でした。最初、会話の練習をさせているのかな?と思いましたが、どうも、いつ頃からどんな季節になるのかが感覚としてつかめていないようでした。そんな感じで、季節に関する話題がしばらく続き、レッスンに入りました。

チェリー先生は、模範解答は持っていないような気がしています。持っていても使っていないのでは?いつも、私の変な回答をもとに、一緒に考えてくれます。「こっちの方がベターかな?」とか言いながら、何パターンか考えてくれて、先生の中でベストアンサーが出ない時には、「次にダニエルの授業を受ける時に聞いてみて。」ということになります。まあ、私が覚えてられないのですが。

recuperate 健康を取り戻す、回復する、立ち直る
get over (困難・病気など)克服する、打ち勝つ、治癒する
come round 意識を回復する、正気に戻る

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 14 

アルクのヒアリングマラソンってどうなんですかね?
「ヒアリングマラソン特別お試し3カ月コース」が1万円という案内メールが来てました。6/25までだそうです。

http://shop.alc.co.jp/jump?mc=002777

1日3時間で1000時間やるというやつでしたよね。1万円なら試してみてもいいかなあと思ってしまいましたが、難しいのでしょうか?1日3時間は厳しいなあ。最低でも、1日3時間ぐらいは勉強しないと伸びないよ、ということなんですよね。全然足りてないや。
やる気が無い時や伸びが感じられない時ほど、新しい教材が欲しくなりますよね。
3カ月コース終了後は、1年コースへ自動継続となります。ということなので、注意が必要です。

発音レッスンに引き続き、DME Advancedもダニエル先生で受講しました。

病気の話の続きです。

昨日のレビューのところで、'Name me a contagious disease, please?'という質問に、昨日同様、'AIDS is a contagious disease.'と答えると、「contagious diseaseというのは触る事によってかかるものだから、エイズは違うでしょ?例えばインフルエンザとか・・・」と言うので、私が、「でもDME(standardの方)では・・・」と不服を申し立てようとすると、先生も思い出したらしく、「そうだ、Mr. DMEはインフルエンザはinfectious diseaseだと言っていたね。う~ん、ちょっと混乱してきた。」と言っていました。
結局、「じゃあleprosy(ハンセン病)でどう?」と聞かれたのですが、「leprosyの感染経路を知らないのですが。」というと、「じゃあ、hepatitisは?」と言うので、もはや病気自体わからなかったけど、ゴネていても先に進まないのでhepatitisにしました。
後で調べてみると肝炎のことのようですが、AIDSはだめで何故肝炎ならOKだったのか、さっぱりわかりません。まあ、hepatitisが覚えられたのでいい事にしよう。

もう一問、'If you were told that a new widespread epidemic of flu might be on the way, what would your reaction be?(もし、インフルエンザの集団発生が近づいているようだと聞いたら、どうしますか?)'という質問で、「get vaccinatedでしょ?」と言うので、「それじゃ、間に合わないと思う」と言うと、「中国や韓国では流行っているけど、日本ではまだ流行っていない状態だったら?」と言うので、1日で到達しそうだけどなあと思いつつも、ちょっと必死感があったので、「じゃあ、ワクチンを打ちます。」と答えました。

今日のレッスンは先生の勤務時間の最後の時間帯だったのですが、18時になるとブザーがなりました。先生は日本語で、「うるさい」と言いつつ、説明を続けていましたが、再度ブザーがなりました。先生は日本語と英語を混ぜて使います。「うるさいagain]とか「no moreがまん」などと言いつつ、最後は'I have to go'と言って終わりました。他の先生方もいそいそと部屋を出て行っていたので、ミーティングか何かあるんでしょうかね?

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

ダニエル先生で発音レッスンを受講しました。

今日は、「お~、ピンクのTシャツ!いいね!」と言っていたので、褒められたのかと思ったら、「日本もそういう季節になったんだね。」と言っていました。今日は、暑かったからなあ。

[s]と[ʃ]の区別の続きです。
これは、あっさり終わりました。

「今日は頭が働かないんだ~。」と授業の最初に言っていました。
途中で、English sheepという単語が出てきた時に、「イギリスの羊は有名だからね。白くて、大きくて・・・。」と言ったあと、「ごめん、忘れて。」と言い、「頭が働いてないから。」と、またぼやいていました。何も思いつかなかったようです。

続いて、[s]と[z]の区別です。一通り、単語を読んだ後に、「何か難しいところはある?」と聴かれたので、「最後の音がzの単語が発音しにくい。」と言うと、「最後がzの音で終わるのは多いよ。」とのことで、チェックが厳しくなった気がします。
'She goes to work on Mondays, Wednesdays and Fridays.'この文とか嫌がらせのようです。ゆっくりなら出来るんですけど、普通に読むと無声化してしまう事があります。意識するとよけい出来なくなったりもします。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 13-14 

今日はマベル先生で受講しました。

ようやくレッスン14に入りました。
これは病気の話題ですかね?

'Name me a contagious disease, please?'という質問があったので、迷わず'AIDS is a contagious disease.'と答えると、「有名な病気?スペルを言ってみて。」と言われたので、よほど発音が悪いのか、間違っているのかと心配になりましたが、単に確認のためだったようです。あ~、びっくりした。

今日は、新しいところは2問しか進みませんでしたが、明日から病気の話が続くんですね。まあ、お金の話よりはマシか~。

disorder 疾患、不調、病気、障害
come down with 病気にかかる、病気で倒れる
outbreak (伝染病などの)大発生、爆発、勃発
under the weather 体の具合がよくない、二日酔いで
pass out 意識を失う、気絶する
bring someone round 意識をとりもどす

kindleで読んでいた『The Piano Shop on the Left Bank』をゴールデンウィーク中に読み終わってから、kindleでの読書をやってません。バッテリー切れしてました(kindleが)。つぎに読む本は買ってあるのですが、時間がないです。今はニュースの方が面白いので、英字新聞の購読をしてもいいのかもしれませんが、毎日となると荷が思い気がします。仕事で使えそうな専門書は、やはりkindle版になっているものが少なくてダメですね。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 13 

今日はディナ先生で受講しました。

多分、2回目だと思うのですが、前回の事は全く覚えていません。
テキパキ進んで、言い直しは結構しっかりさせる方で、文もちゃんと直してくれるバランスのいい先生です。雑談はほとんど無しでした。言い直しをしっかりしつつ、さっさと進みたい人には最適ですね。

今日こそレッスン13が終わるかな~と思っていたのですが、2問しか進まず、終わりませんでした。まあいいや。

また、ひとりDMEと瞬間英作文を休んでいます。最近は電車の中や会社のお昼休みには、出来るだけBBCやCNNのニュースを読むようにしています。単語が徐々に増えていっているせいか、以前に比べると格段に読みやすくなっています。
そんな中で、良く出てくる単語です。
allegedly 伝えられるところによると、~したとされている
とばしても意味は通じますけどね。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 13 

今日は予約が取れなかったのでオンライン英会話は無しです。
昨夜はデル先生で受講したので、そのことを少し記録しておきます。

授業開始の時に、日食の話を少ししました。
フィリピンでは、日食は良くないことが起こると言われているそうです。特に妊婦さんや妊娠中の動物が見ることは良くないとされているそうです。
日本ではそういう迷信はあるの?と聞かれましたが、無いですよね?
昨日はちょっと曇ってましたが、とにかく見ることが出来てよかったです。

Speaking practiceに入りました。これは短い質問が多く、難しい単語が少ないため、かなり適当に思ったことを言っても許されるレッスンです。(違うんですかね?)
デル先生、質問の合間に、単語の意味を聞いてきたりします。ペーパーテストで単語の定義をするのは嫌いではないのですが、口頭だとしどろもどろですね。
‘hermit(世捨て人)はどういう意味?'とか聞かれても、なんと言ったものやら。
「10年後、20年後の日本はどうなってると思う?」という質問があり、人口とか、テクノロジーとか、雇用とかいろんな項目に付いて質問されました。先生は日本のことについて本当に詳しいです。

レッスン13だけで何コマ使ってるんだろう?かなり長くかかってます。
でもレッスン14は、更に長くかかりそうです。チラッと見たところによると16ページもありますね。

昨日ニュースを見ていて思ったのですが、モンゴル系の力士はなぜあんなに日本語が上手いのでしょう?
なまりもほとんどなく、文法的な間違いも気付かない程度なのですごいなあと思っています。
そういえば、数年前に身近にウイグルからの留学生がいたのですが、彼女も日本に来て数年とは思えない日本語力でした。「日本語上手いですね!」というレベルではないんですよ。自国で使っている言葉はトルコ語に近いと言っていました。トルコの人が、以前、日本語は私たちにとって勉強しやすい言語だと言っていたので、そういうのも関係しているのでしょうね。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 13 

今日はマット先生で予約していたのですが、直前にジェイマル先生からコールがあり、「マットはお腹の調子が悪くてお休みだから、他の先生でもいいかしら?」と尋ねられました。えっ、また昨日の先生?という思いがよぎり、とっさに、'Who teaches me?'と聞いてしまいました。なんか失礼な感じですよね?先生が、「私よ。」と言ってくれたのでお願いする事にしました。

ベテランの先生ですが、時間帯の関係と人気の高さから受講した事はありませんでした。すごくいい先生ですね。こういうのを'lively manner(ステージ7あたりで出てきましたよね?)'っていうのか、と思いながら受講していました。
昨日、スルーされた回答も、より自然な言い方に直してもらったり、サンプルアンサーも言ってみる?と言って練習させてもらったりと、そんなに雑談等はしていないのですが、楽しい授業でした。
ちょうど、昨日のレビューで終わりました。もう、受講するチャンスは無いでしょうが、機会があればまた受けたいです。

今日は午後から『スペインピアノを弾く会』という演奏会を聴きに行きました。
基本的にはアマチュアの方の演奏会だと思いますが、音大生とか専門の方もいらっしゃったように思います。
プロのピアニスト以外の演奏を聴くというのは、非常に勉強になります。そして刺激にもなります。
そして、やっぱりアルベニス大好きです。
練習がんばります

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 13 

昨夜はダニエル先生で、今朝は、ほかの先生で1コマずつ受講しました。

発音レッスンに続いて、DME Advancedもダニエル先生で受講しました。

レッスン12のEnglish in useの中で、いまいちよくわかっていなかった問題について聞いてみました。
元々の問題は、3つの文の下線部が空欄になっていて、その部分に入る同一の単語を答える問題です。答え自体はレッスン中に教えてもらったのですが、よく意味がわからないものがあったので、ずっと誰かに聞こうと思っていました。

1. I think the Defense Minister is a total waste of space, but don't quote me.
2. Could you give us a quote for three new windows?
3. To quote a popular nursery rhyme, girls are made of 'sugar and spice and all things nice.'

1問目の、'don't quote me'は、'Please don't make a report about what I said on TV or newspapers.(テレビや新聞で私が言ったことを報じないでくれ)'、別なシチュエーションでは、'Don't say I said this.(私がそのことを言ったといわないでくれ)'という意味だそう。ということで、1問目の意味は、「私はその国防相は全くの役立たずだと思うが、その事を私が言ったと言わないでくれ。」ということらしいです。
2問目の'a quote'は'a price estimate(見積書)'のことだということで、「新しい窓3枚分の見積書をいただけますか?」と、quoteの意味がわかってしまえば簡単なことでした。
3問目は'quote'の意味はわかったのですが、引用されている童謡が気になったのでYoutubeで確認してみました。"What are little boys made of?"というマザーグースのうたの中のものらしいです。一応、訳すと、「よく知られている童謡を引用すると、女の子は'砂糖とスパイスと素敵な何か'で出来ている。」という感じでしょうか?
要するに、私は「引用する」以外の'quote'の意味を知らなかったということですね。

レッスン13は難しい単語が少なくて良いです。でも先生はつまらなそうです。「なんで2つしか新出単語が無い?しかもruralとurbanを何故いまさら?」と、不満そうでした。
説明してもらったことは、'urbanized area'はビルがたくさん立ち並んでいる市街地域のことだが、'urbanized country'は若干意味が違って人口密度が高い国を意味しているとのことでした。

その後、「驚くべき」という意味の単語をいくつか習いました。
'astounding'は良い意味で驚いたときに使うそうです。'fabulous'も良い意味ですよね。'staggering'は良くも悪くもとにかく驚いたときに使い、'stupendous'は'amazing'の意味のほかにとても大きいということも表すとのことでした。
ここには出てきませんでしたが、marvelousとかincredibleとか、たくさんあってどれを使っていいのやらと言う感じです。感情を表す形容詞が多いのでしょうね。
ロシア語通訳者の米原万理さんの著書の中で、チェロ奏者のロストロポーヴィチが、「'素晴らしい'っていうのは便利な言葉なんだねえ。僕がどんな風に形容しても、君は全部'素晴らしい'と訳してしまう。」と言っていた、と書いていたのを思い出しました。比喩的な表現は日本語でも多いと思いますが、単語としてはバリエーションが少ないのでしょうね。まあ通訳と言う時間的な制約がある中では、使える日本語が限られてくるせいもあるのでしょうが。

stupendous 驚くべき、巨大な、並外れた
staggering  圧倒的な、驚異的な
fabulous (口)素晴らしい、うそのような
astounding 驚くべき、驚異的な
speechless 強い感情でものが言えない、開いた口が塞がらない
taken aback ~にびっくりさせられる、~で不意を突かれる

そういえば、授業開始の時に、「日本は暑いらしいね。」と言われたので、暑いかな~?と思いつつも、適当に「そうですね。」と合わせていたら、授業が終わる頃には、「東京はastoundingly hotらしいから、家で勉強でもしてろ。」と言われました。そんなには暑くないよ。いつも私が適当な受け答えをしているせいで、次の時間帯の受講生が妙な質問を受けているのではないかと気になってます。

今朝は、念願のキア先生の授業を受ける予定だったのですが、直前に代講の案内が来てしまいました。一度だけ受講したことがある先生で、いい印象がなかったので非常に迷いましたが、せっかく早起きしたし、前回受講した時は入りたてだったけど、もうかなり時間もたっているので良い先生になっているかもと思い、受講しました。う~ん、久しぶりに先生の質問読みの練習に付き合っている気分になりました。どう解答しても、いいとも悪いとも言わずに次の問題を読み始めるんですよね。何度か意味を聞いてみたり、答え方を教えてもらったりしましたが、途中であきらめてしまいました。無駄に進んでしまった・・・。
キア先生、なかなか受講できません。次は、夜の開始時間を狙うか?

長くなってしまった。
日食グラスが届きました。月曜日、晴れて~~~!今日のような天気ならいいなあ。

category: DME Advanced Book1

cm 2   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

発音クラスを受講しました。いつも通りダニエル先生です。

スカイプのチャットボックスのフォントは変えられるんですかね?デフォルトのフォントだとclがdに見えてしまって、最初にやる前回レッスンの復習テストの単語が???になる事がよくあります。
今日は、clothesを発音するように指示が出たのですが、dothesに見えて、「こんな単語は知りませんね。ダズィズですか?」と意味不明な事を言ってしまい、先生も「..., give up?」と怪訝な顔で見ていました。そのあと先生がclothesの発音をして、ようやく見間違いに気付きました。あ~、恥ずかしい。以前にも同じような事があったので、今日で2度目です。
ちなみに、closeと同じ様にklóuzと発音する人が多いけど、厳密にはklóuðzと発音する、とのことで何度かやらされました。3回目位にはOKが出ましたが、まあ使う事は絶対にないと思います。

[k]と[ɡ]の続きのクイズを終わらせて、[s]と[ʃ]の区別に入りました。これも特に問題無さそうです。時々、[ʃ]の発音が苦手な日本人の生徒がいると言っていました。サ行に該当する音の発音はロシア語の方が区別が細かく、断然難しいので英語の方が楽に感じます。

ダイアログで出てきたフレーズで覚えておくように言われたものです。一般的なものですね。
Guess what?(面白い話があるよ、聞いてくれる?、何だと思う?)
What's up?(何かあった?、どうしたの?、元気?、最近調子どう?)
I can't wait!(待ちきれない。)

category: イングリッシュベル DME以外

cm 2   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 13 

今日はマリー先生で受講しました。

昨日は、予約出来ずレッスン無しでした。
でも、一応勉強はしましたよ。受講出来ない日も結構あると思うので、DME以外の記録を書いていってもいいかもしれません。

マリー先生は数回受講した事がありますが、話しやすい先生ですね。

前回よくわからなかったポーランド侵攻の質問、'As World War II began in Poland, where were the concentration of the first fight?'には、「ワルシャワ」と答えてみました。よく知らないんだけど、と付け加えると、先生も、それでいいんじゃない、とのことでした。まあ、歴史の試験じゃないのでいいですよね。

それからもう一問、前回うやむやな答えで終わってしまったもので、
'How do you think lemon juice concentrate is obtained?(どのようにして濃縮レモン果汁が得られると思いますか)'というのがあったのですが、先生は言いかけたサンプルアンサーが??だったので、そういう顔をしていると、「あなたが思った通りでいいのよ。」とのことでした。'I think lemon juice concentrate is obtained by squeezing lemon and boiling it.'と言うと、OKになりました。サンプルアンサー的なものは、水を加えてどうの・・・とか言っていたような?

かなり自由に回答させてくれる先生で、いい感じでした。
ちょうどショートレビューが終わったところでレッスン時間終了でした。この位ののんびりペースがいいですね。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 13 

今日はジェリメ先生で受講しました。

'As World War II began in Poland, where were the concentration of the first fight?(ポーランドにおける第二次世界大戦開戦時の、最初の戦いはどこに集中したか)'という質問文があり、答えに困っていると、先生に、「ベルギーが関係していると思うけど、良く覚えていないから調べておいて。」と言われました。in Poland とあるのでベルギーは答えではないかも。多分、ワルシャワだと思うのですが、違いますかね?

ポーランドは、昨年、旅行で行ったところです。美術館や博物館を見た記憶では、ドイツやソ連だけでなく、多くの国に攻め込まれた歴史のある国だなあという印象です。美しいワルシャワ旧市街も、戦後に再建されたものなんですよね。当時のドイツ軍はかなり嫌われ者で、ロシアに行った時にも、ドイツ軍がいかに悪かったかを聞かされました。あんたが言うか?という気もしましたが。

昨日の日記の中に書いた、power steeringはfeatureに入るのかという疑問は解決しました。辞書で調べると、「特徴、容貌、外観」などが書いてあり、最後の方に「(装置などの)機能、機構」とありました。これですね。知っている単語だと思っても、ちゃんと調べた方がいいですね。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

 

昨日はダニエル先生、今日はフロア先生で受講しました。

ダニエル先生は、どこから始めるにしても、いつも用語の説明からやってくれます。その代わり、説明文を読ませたり、自分が読んだりすることはありません。まあ、本に書いてあることなのでわざわざレッスン中に一緒に読まなくてもいい気もしていたので、これはこれでいいです。

featureは身体的な特徴など外見からわかる特徴で、characteristicは外側の特徴に加えて性格などの中身の特徴を示すとのことでした。
そうすると、前日のレッスンでOKだった、'What features do you usually look for in a boyfriend?(あなたは通常ボーイフレンドにどんな特徴を求めますか?)'という質問に対する、'The features I usually look for in a boyfriend are good looking and good personality.(容姿と性格です。)'という答えは間違いですね。ダニエル先生が示したサンプルアンサーは、'tallness and attractiveness'でした。tallnessは良いとして、attractivenessも有りなのか・・・。いまいち感覚がつかめていないです。

もうひとつ、'If you were to buy a car, which features would you look for?(車を買うとすれば、どんな特徴を求めますか?)'という質問に、'If I were to buy a car, the features I'd look for are its design and durability.(デザインと耐久性です)'と答えると、デザインはいろんなものを包括しているからダメだということで、'its color and power steering'という答えになりました。パワステは性能だからダメなのかと思いましたが、そうではないようです。やっぱり感覚的には理解できてないです。パワステじゃない車を運転したことが無いのでわかりませんが、先生の友達はパワステじゃない車を持っているそうで、車庫入れがすごく大変らしいです。

なんか今回は、何を聞かれているのかわからない変な質問が多くて、先生もなんじゃこりゃ?的なことを言ってました。

フロア先生はいつも穏やかな話し方で癒されます。言い直しはあまりさせないので、いつも進みすぎて後々困るのですが、今日は昨日の復習が結構たくさんあったのと、語句の説明文が長かったので、レッスン自体は3問しか進みませんでした。珍しいことです。

いつも、ダニエル先生の授業レッスンでの回答が個性的なものが多い(先生に直されるとそうなってしまう)ので、その次のレッスンの時のショートレビューで、そのまま答えるか新たに創作するかで迷います。先生の回答をそのまんま答えると、あっさり、「違うわよ、こうよ。」とサンプルアンサーに導かれることや、爆笑されてしまうことがあるので要注意です。その点、フロア先生は優しいので、英文は直してくれますが、回答の内容がサンプルと違っても'I agree!'と言って、だいたい受け入れてもらえます。
質問文は相変わらず変なものが多いですが、新出単語に知らないものが無かったので、ある意味楽です。

時々、英語の会というところのホームページを覗くのですが、その中で、DUOのタイピングゲームを作った方のページが紹介されていました。
こちらです。
http://ivoca.31tools.com/books?tag=DUO
私はまだやっていませんが、右側の「みんなが苦手な問題」というところをチェックするだけでも役に立ちそうです。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

かなり久しぶりにダニエル先生との発音レッスンをやりました。
最近、ダニエル先生の予約が結構埋まっているのか、取りたい時間に空いていない事が多く、かなり期間が空いてしまいました。
お互いにどこまでやっていたかわからなくなり、先生が「じゃあ、記録を見てみるか。」と言って前回の記録を確認していました。普段は覚えているんでしょうかね?

毎回、前回の復習のための小テストを最初にやるのですが、そこで出てきた'sixth'という単語は言いにくいですね。「子供たちはみんなこれが言えないから、ゆっくり練習するんだよ。」と言っていました。アメリカの子供のことでしょうか?ロシア語でも、子供はきちんと区別して発音出来ない音があったり、格変化が正しく言えないというのは結構な年齢になるまで普通にあるそうです。日本語の場合、よほど小さなしゃべり始めの子供じゃない限り、そういうケースは少ないように思います。

前回の[t]と[θ]を終わらせた後、[d]と[ð]の区別に移りました。基本は[t]と[θ]が有声音になっただけなので、それほど難しくはありません。こちらもあっさり終わって、[k]と[ɡ]の区別に入りました。これは日本人で区別出来ない人はいないと思います。
子音に入ってから進みが速いです。母音の[ɔ]、[oʊ]、[ʊ]、[u]あたりは今でも結構厳しいです。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 12-13 

今日はマベル先生で受講しました。

English in useの後半は結構難しかったです。
マベル先生は普段の言い直しは厳しいけど、こういう問題を解く時にはあっさり進んで行きます。

英語を一年半以上勉強してきましたが、少しはマシになっているのだろうか?と最近疑問に思っています。で、何か試験を受けてみようかなと思っています。そうすると自分の弱いところがわかったりするのでしょうか?英語の試験ってたくさん種類があるんですよね?私が知っているのは英検とTOEICぐらいですが。TOEFLは留学する人が受けるやつですよね?
DME Advancedのグラマーレッスンみたいなやつをダニエル先生とやった時に、ややこしい文がでてくると、先生が「TOEFLみたいですね。」と言っていたのですが、「ですね」とか言われてもわからないし。
他の時にも、「この試験を受けた事があるか?」とか「あれは受けたか?」とか聞かれた事があるのですが、どれも知らない名前の試験でした。最初、試験の名前だという事すらわかっていませんでした。
どれを受けるのが良いのか、どうやって調べればいいんだろう?
勢いで申し込んで、受験日までにやる気が失せているパターンが容易に想像出来ますが、まずは一度、点数をつけてもらった方がいいような気がしています。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 12 

今日は久々のデル先生でした。相変わらず可愛いです。人気者です。
下手に事前に予約するよりも当日キャンセルを狙う方が良いような気がしています。

久しぶりだったけど、覚えていてもらえたみたいです。
デル先生とだと何故自然に言葉が出てくるのでしょう?聞かれる事や話している内容は他の先生も大して変わらないのに。これも先生としての才能なんでしょうか?それとも不思議なちからで・・・?

今日は予定通りEnglish in useに入りました。
辞書を使って事前に解いておくので全部出来るでしょうと思っていたら、どうしてもわからない問題がありました。3つの文のそれぞれの空欄に同じ単語が入るという問題なのですが、1つだけさっぱりわかりませんでした。答えは'quote'でした。う~ん、この問題だけは答えを教えてもらってもいまいちしっくり来ないです。

quote (名)引用、相場、見積もり、ことわざ、格言、(自動)引用する、引用を始める、(他動)~を引用する、見積もる、相場を言う、値付けをする
reach the point of no return 引き返せない所にまで来ている
waste of space 役立たずの人
nursery rhyme わらべうた

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 12 

今日はチェリー先生で受講しました。

レッスン12の普通の質問文のところがほぼ終わりました。
次回は'English in use'に入ります。これは予習しておかなきゃダメなやつだった気がします。

竜巻のニュースみましたが、すごかったんですね。
日本でもあるんだなあと恐ろしくなりました。
被害に遭われた方は本当にお気の毒です。

今日から仕事です。1週間が長いです。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 12 

結局、5月3日~5日は毎日帰りが夜の12時位になってしまい、ほとんど勉強していません。連日、銀座、有楽町界隈におり、コンサートの合間に散歩やお店の探索、カフェでのお茶などを楽しんでいました。楽しかったけど、さすがに疲れました。その間のオンライン英会話はゼロで、空き時間にPower Wordsをやったのと、瞬間英作文を少しやるだけで終わってしまいました。
それにしても、八重洲の地下街にあんなに人がいるのは初めて見ました。通り抜けに使おうとしたのに大失敗でした。

今日はフローア先生とドロシー先生です。
ドロシー先生は喉を痛めているようで、すごい声でした。フリートークだと、出来るだけ生徒にしゃべらせる作戦とか使えそうですが、DMEだと先生もしゃべり続けないといけないので、かわいそうです。

レッスン12は知らない単語が結構出てきます。質問はややこしく無いので、答えにくくは無いです。

articulate (動)ɑː(r)tíkjəlèit はっきりと発音する、考えを明確に話す(形)ɑː(r)tíkjələt 話す能力がある、はっきり発音された、明瞭な
rumbustious (英)騒々しい
rambunctious (米)乱暴な、やんちゃな、騒々しい
boisterous ばか騒ぎの、騒々しい、(天候が)荒れ狂った
turbulently 激しく、乱暴に、 騒々しく
fickle (天候などが)変わりやすい、気まぐれな
tedious (仕事・儀式などが)つまらない、退屈な、飽き飽きする
mundane  平凡な、ありふれた、日常の

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

ラ・フォル・ジュルネ 3日目 東京国際フォーラム 

ラ・フォル・ジュルネ 3日目です。

アブデル・ラーマン・エル=バシャ (ピアノ)
ラフマニノフ:13の前奏曲 op.32

ウラル・フィルハーモニー管弦楽団、ドミトリー・リス (指揮)

リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」

川久保賜紀 (ヴァイオリン)、シンフォニア・ヴァルソヴィア、ジャン=ジャック・カントロフ (指揮)

グリンカ:「ルスランとリュドミラ」序曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35

ボリス・ベレゾフスキー (ピアノ)、カペラ・サンクトペテルブルク (合唱団)、ウラル・フィルハーモニー管弦楽団、ドミトリー・リス (指揮)
チャイコフスキー:イタリア奇想曲 op.45
ボロディン:だったん人の踊り(オペラ「イーゴリ公」より)
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 op.18

ウラル・フィルハーモニー管弦楽団とドミトリー・リスの組み合わせは、このイベントでは何度も聴いていますが、このシェエラザードの時が一番乱れていたような気がします。全体的には良かったんですけどね。連日の複数講演でお疲れでしょうね。本当に演奏家の皆さんはタフですよ。

そしてラストの演目ですが、数少ない60分講演とはいえ、イタリア奇想曲、だったん人、ラフマの2番を1時間でというのは無理でしょうと思っていたら、やっぱり無理でした。特に素晴らしい買ったのは、だったん人ですね。やっぱり、歌が入るといいです~。これからは合唱もチェックしようと思います。

ラ・フォル・ジュルネのようなイベントには賛否両論あると思いますが、ショスタコービッチのバイオリン協奏曲などは、こういうイベントでもない限り、私はわざわざ足を運ぶ事は無いと思います。そういう意味で、良いイベントだと思います。客のマナーがどうとか、音響や使用楽器がいまいちとか、演奏者がベストな状態じゃないとか、そういうのは最初からわかっている事なので、それを差し引いても、得るものは多いと思うんですよね。
まあ、こんな感じでGWはとても楽しかったです。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

ラ・フォル・ジュルネ 2日目 東京国際フォーラム 

ラ・フォル・ジュルネ 2日目です。


アンヌ・ケフェレック (ピアノ)、プラジャーク弦楽四重奏団、ペネロープ・ポワンシュヴァル (コントラバス)
リャードフ:2つのバガテル op.17
チャイコフスキー:6月「舟歌」(「四季」 op.37bis より)
チャイコフスキー:12の小品 op.40より 第6番、第10番
グリンカ:大六重奏曲 変ホ長調

イーゴリ・チェチュエフ (ピアノ)、ベアルン地方ポー管弦楽団、フェイサル・カルイ (指揮)
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 op.30

庄司紗矢香 (ヴァイオリン)、ウラル・フィルハーモニー管弦楽団、ドミトリー・リス (指揮)

ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調 op.77

アブデル・ラーマン・エル=バシャ (ピアノ)、シンフォニア・ヴァルソヴィア、ジャン=ジャック・カントロフ (指揮)
バレエ組曲「白鳥の湖」
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番

昨年、ベートーベンのピアノソナタ30番を聴いて以来、是非また聴きたいと思っていたケフェレックですが、やはり良かったです。前半は小品ばかりだったのですが、後半のグリンカの六重奏が非常に良かったです。
よみうりホールは初めて行きました。古めかしいですね。

続いてラフマニノフの3番です。曲は超有名ですが、ピアニスト、オケ、指揮者、すべて初めて聴きます。ピアニストのチェチュエフ氏(Четуевだとすればチェトゥーエフかな?)が素晴らしい!!!ウクライナ人なのですね。いわゆる、モスクワ音楽院を出てチャイコフスキーコンクールで入賞タイプのピアニストとは違いますね。技術的にも素晴らしいですが、それ以外の叙情的な部分もすごく良いです。オケの印象はあまり残っていませんが、ホルン(の内の一人?)がすごく良かったです。

そしてエル=バシャ氏のプロコフィエフのコンチェルトですが、夜遅くまで待って聴いたかいがありました。こういうのをベレゾフスキーみたいなこてこてのロシア的なピアニストが弾いてしまうと(それはそれで好きな人にはたまらないのでしょうが)くどすぎる気がするのですが、クリアな音のエル=バシャ氏のピアノで聴くとなんとも知的で良いです。
来年のこのイベントのテーマは、フランス・スペインの音楽だそうですが、どうかエル=バシャ氏でアルベニスのイベリアを弾いてもらえないものかと願っています。出来れば岡田博美氏にもお願いしたいです。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

ラ・フォル・ジュルネ 1日目 東京国際フォーラム 

今日から3日間、東京国際フォーラムで行われるラ・フォル・ジュルネでコンサートを聞きまくる事にします。

有森博(ピアノ)
チャイコフスキー:ピアノ・ソナタ 嬰ハ短調 op.80
パプスト:チャイコフスキーのオペラ「エフゲニー・オネーギン」による演奏会用パラフレーズ op.81

カペラ・サンクトペテルブルク (合唱団)、ヴラディスラフ・チェルヌチェンコ (指揮)
スヴィリドフ:A.トルストイの悲劇「皇帝フョードル・イヴァーノヴィチ」付随音楽による3つの合唱
〈祈り〉〈聖なる愛〉〈懺悔の詩〉
スヴィリドフ:ソログープの詩による混声合唱の為のカンタータ《祖国への讃歌》から
〈ロシアの心〉〈広野の悲哀〉〈降誕祭前夜〉
ガヴリーリン:交響古劇《鐘の鳴る音》から
〈夕べの調べ〉〈雪やこんこん、白い雪〉
作曲者不明:12人の盗賊(ロシア民謡)
作曲者不明:鈴の音は単調に鳴り響き(ロシア民謡)
作曲者不明:バールィニャ(奥様小唄)(ロシア民謡)


ボリス・ベレゾフスキー (ピアノ)、シンフォニア・ヴァルソヴィア、ジャン=ジャック・カントロフ (指揮)

グリンカ:「ルスランとリュドミラ」序曲
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第2番 ト長調 op.44

初日の分は書きたいと思った事を忘れているかもしれませんが、とりあえず覚えている事をザッと書きます。

まず合唱は圧巻でした。空き時間があったため、衝動的に当日券を買ったのですが大当たりなプログラムでした。ド迫力の歌声が気持ちよかったです。

そして、チャイコフスキーのP協2番は、CDも一応持ってはいるものの、ほとんど聴く事がない曲です。なぜ聴いたかというと、演奏される事が珍しいからです。やっぱり変わった曲です。方向性は有名な1番に近いと思うのですが、そんなに良いメロディかなあ?と思う主題をしつこく繰り返します。そして、最も美しい2楽章はピアノトリオのようなつくりで、バイオリンとチェロの掛け合いに伴奏ピアニストさんが参加しました、という状態です。弦楽器が奏でるメロディはきれいなものが多いのに、ピアノソロは一転してガンガンした部分が多い曲です。チャイコさんはピアノに対する愛が無いのではないかと思う曲です。技術的には難しそうなので、ピアニストとしては楽しいのかもしれませんが。

他にも思い出したら追記します。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 11 

今日はマベル先生で受講しました。

休むつもりでしたが、残っているポイントの事を考えるとそんなに休んでもいられない事に気付きました。来週からは、また仕事が忙しくなりそうなので。
今回の分を使い切ったら、DMEは更にペースダウンしようかなあと思っています。何もしないよりはマシだと思いますが、もっと密度の濃い勉強の仕方があるのではないかと思っています。25分のうちの何%が新しい知識を得たり、身に付いたりしたかと考えると、効率が良く無いのではないかと。まあ、私は気が変わりやすいので、また違う事を言い出すかもしれません。いずれにせよ勉強は続けますよ~。

今日はAdvancedの試験が帰ってきました。29.5/30点というとても良い点でした。前回同様、赤が入っているところも点をもらえていたので、採点は甘いと思います。ちなみにDMEも含めて満点を取った事はありません。

毎日、連休を楽しんでいるか聞かれます。その度に、「今日は仕事で・・・」と説明しています。電車も思ったほど空いていないので、仕事の人も結構いるはずです。

category: DME Advanced Book1

cm 4   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 11 

今日はチェリー先生で受講しました。

昨日に引き続き、答えやすい質問が多かったです。まあ、たいして進んでいませんが。

いいかげんにAdvancedで出てきた単語をきちんと覚えようと思い立ち、『単語Box』という単語帳アプリを使って、単語カードを作る事にしました。機能は少なめですが、DropboxでPCと同期できるため便利そうです。入力もブログに書き出したやつを貼るだけなので簡単です。一度習った単語なので、3回ぐらい回せば覚えるかな~と思っています。

明後日から3日間、ラ・フォル・ジュルネに出かけます。今年のテーマはロシア音楽だそうです。先ほど、事務局からの連絡メールがあり、ブリジット・エンゲラーが来られなくなったので、出演者の変更があるとのお知らせでした。私は、ボリス・ベレゾフスキーとエンゲラーのデュオのチケットを買っていたのですが、クレール・デゼールというピアニストに変更になるとの事でした。彼女の演奏は、昨年、佐賀で行われたラ・フォル・ジュルネで一度だけ聞いたのですが、良い記憶がありません。記録を見返してみると、やはりコメントしていませんね。キャンセルしようかなあ?まあ、他にもたくさん聞く予定なのでいいです。

そんな訳で、明日以降はオンライン英会話は休むかもしれません。やろうと思えば出来ますけど・・・。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。