02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

DME Advanced Lesson 7 

今日はジャズ先生とマベル先生で受講しました。

ジャズ先生は初めての先生ですが、風邪をひいていたようで、すごい声でした。質問文も長いものが多いので大変そうでした。そのせいか、いつもそうなのか、言い直しは少なく、あっさり進める先生でした。

マベル先生には「久しぶりね~。」と言われましたが、そうなのかな?
今日は、普段より言い直し少なめでした。

レッスン7は知らない単語が増えてきました。

break out in a rash ブツブツができる、急に発疹ができる
endow someone with (人)に~を授ける
well-endowed (才能・資源・金などに)恵まれた
budding 発芽
bud つぼみ、芽
nip ~ in the bud ~の芽を摘む、~を未然に防ぐ
credulous 信じやすい、だまされやすい
gullible だまされやすい、頭がとろい
naive うぶな人、だまされやすい人
sophisticated 洗練された、教養のある

フィギュアスケート世界選手権の話です。

ペアの高橋・トラン組やりましたね!!ペアでメダルとは快挙です!
高橋成美選手の言動がいつも面白いのですが、彼女のブログを見てみると、いたってまとも(失礼ですよね)というか、結構しっかりした子だなと思いました。
フリーの曲は、アンドレ・マシューという作曲家の「ケベックの協奏曲」というものらしいですが、ラフマニノフのパクリですか?(またも失礼)というような曲でした。クラシックの人なんですかね?
スポンサーサイト

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

発音クラスをダニエル先生で受講しました。

前回の続きの[ɔ]と[ʊ]の区別です。
これは、母音の区別シリーズの中ではマシな方です。そのせいか、練習問題も少ないです。
[ʊ]の音を出す時に、日本語の時のように唇を突き出さないように注意が必要です。

[ʊ]と[u]の区別です。これが母音シリーズの最後です。
[u]は唇を思い切り突き出します。舌の位置も高くします。ロシア語の'у'に近いですが、ロシア語の方が硬い音です。多分、舌の位置がより高いのだと思います。
意外と難しいです。suitとかpoolはいいのですが、Lukeとかfoolのように舌や唇を使用する単語だとやりにくいです。自主練が必要ですね。

それはさておき、フィギュアスケートの世界選手権です。
女子はまだ、浅田選手と村上選手しか見ていないのですが、二人とも良かったですね。村上選手は昨シーズンに比べて格段に良くなっていますね。シャコンヌは格調高く、情熱的で、はまりプログラムだと思います。
浅田選手は3アクセルは残念でしたが、他はとても良かったです。スケートの1ストロークの伸びがすごいです。このプログラム、今シーズンで終わりなのはもったいない気がします。

女子は、上位陣がこぞって3T-3Tになってしまいましたね。以前は、ルッツやフリップからのコンビネーションができない人がやるものという感じだったのに。浅田選手は3-2ですが、セカンドがループだと華やかになりますね。

男子は結構波乱が多かったですね。
高橋選手、4-3が残念でしたが、他は素晴らしいです。
羽生選手はまさかの1Lz、残念です。小塚選手はフリーに期待です。

ジュベール選手が久々に安定した演技を見せてくれましたね。調子のいい時の4回転は、この人も失敗することがあるんだろうか?というぐらいに安定しています。
そして、アボット選手。全米でのショートの神演技を見た後だと、う~ん、と言う感じです。フリーに期待です。

SPは、日米ともに佐藤ファミリーが不調でしたね。フリーに期待です。
これ、一応、発音レッスンの記録です。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 6-7 

今日はノマ先生で受講しました。
ようやく普段の生活に戻りました。

レッスン6が終わって、少しだけレッスン7に入りました。

'What do we mean by an adolescent(adolescentとはどういう意味ですか)?'という質問にどう答えていいか考えていると、模範解答に誘導されました。これが難しい・・・。そもそもpubertyとか回答中の単語を知らずに、教えてもらいながら答えました。多分、このように教えてもらったと思います。
'An adolescent is a young person who has undergone puberty but who hasn’t reached full maturity, it’s called a teenager(adolescentとは、思春期を経験しているが完全に成熟していない若者のことで、ティーンエイジャーと呼ばれています).'

adolescence 青年期、青春、青春期
make friends with ~と親しくなる、~と友達になる
reciprocate ~に報いる
romantic relationship 恋愛関係、情事
pimple 吹き出物、にきび
infatuated 夢中になった
adolescent (名)青年期の人、若者、(形)青年期の、思春期の
puberty 思春期、年頃
maturity 成熟(度)、成熟ぶり

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

ひとりDME 1周目 

長らくさぼっていたひとりDMEを再開することにしました。

最近、時間が取れなくて音読など声を出す練習をやっていなかったり、Advancedに進んでからレッスン中のリピートが減ったことなどが重なり、声を出す機会が減った気がします。そのせいか、DMEレッスン中に答えがスムーズに出てこないことが良くあります。記事レッスンの時には、自分で言える範囲のことしか言っていないせいか、あまり気にならないのですが。
appyさんのブログを見て、繰り返し学習の大切さを知ったのも大きいです。私もAdvancedと平行して、ステージ5ぐらいから受講し直そうかとも考えたりもしました。新しい先生方にも興味アリだし。でも、普段のレッスンにさらに25分追加するのは負担が大きいので、とりあえず自習してみます。

以前は通勤中に口パクでやることが多かったのですが、今回は出来るだけ家で声を出してやりたいと思っています。時間がないときは口パクになりますが。とにかく、毎日1レッスン分でも進めていくつもりです。今回は記録も付けます。10周回すにはかなりの時間がかかると思いますが、その頃にはこんなの簡単と言えるようになっていたいです。

ステージ5 3月28日~4月7日
ステージ6 4月8日~4月13日
ステージ7 4月16日~4月25日
ステージ8 5月1日~

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

ラングリッチ VOA 

ラングリッチでVOAレッスンを受講しました。
Making Power From Coconut Shells, Mango Pitsという記事です。

発展途上国の電気が使えない人たちのために、燃料を作り出そうという話です。貧しい国にはバイオエタノールの材料すら無いけど、ココナッツの殻やマンゴーの種などから燃料ができるんじゃないか?という話です。

まあ、記事自体はどうでも良いのですが、今日の先生は、私が初めてのレッスンだったのでしょうか?
普段は最初に、どのコースでレッスンをするか聞かれて、記事レッスンの場合は、どの記事かを伝えれば良いのですが、今日は記事を伝えてからが長かったです。どうもスカイプの操作かネットの操作に不慣れなようで格闘していたっぽいです。途中のadminのお兄さんとのやりとりも全部丸聞こえでした。説明してもらってから、パソコンをいじっているっぽいのですがやはりたどり着けず、結局、私が「アドレスを送りましょうか?」と提案して解決しました。ここまでで5分以上経過してました。

レッスン自体はすごく悪いということもないのですが、時間を勘違いされていたのか、終了5分前に、「他に質問ある?」と言って、「無い。」と言うと終了してしまいました。まあ、いいんですけど。
今日は音声は悪く無かったのですが、毎回何かしらトラブルがありちょっとストレスです。

category: ラングリッチ

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 6 

今日はジェリメ先生で受講しました。

最近、単語調べ程度はやってからでないと、難しくてすぐに質問が理解出来ないことがよくあります。今日は時間が無くてぶっつけでやったので、何度も聞き返してしまうものがありました。

'If you had made a will, and found out that the inheritor, someone you loved, was planning to spend the inheritance in a year, what would you do?(もしあなたが遺言書を作成したとして、相続人であるあなたの愛する人が、1年で遺産を使うことが分かったら、どうしますか?)'

コンマで何カ所も区切ってある文は、目で見るとわかりやすいのですが、音で聞くとわかりにくいです。

ちなみに私の答えはこれです。
'I’d renew the will and change the inheritor.'

ジェリメ先生は生徒用のテキストを見たことが無いのかもしれません。
以前も聞かれたことがあるのですが、「Advancedのテキストには回答はあるの?」と今日も聞かれました。
面白そうなので、レッスンが終わった後からでもいいので、模範解答集が見てみたいです。

have money to burn 金が捨てるほどある
economize 節約する、有益に使う
set/put aside ~を脇に置く、残しておく、取っておく
come into 相続する、受け継ぐ
donation 寄付(金)、献金
give something away 何かを無償で与える
shower a person 人にたくさんのプレゼントや賞賛を浴びせる


category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 6 

今日はチェリー先生で受講しました。

ようやくFocus on writingのformal–informalの書き換えの問題をやることができました。難しかったです。
infantile–childish、perspiration–sweat、somnambulist–sleepwalker、amiable–friendlyのformalの方は知らなかったです。
infantileの例を調べると、infantile leukemia(小児白血病)のような学術用語がほとんどでしたが、 leave the infantile behind(子どもじみた態度を捨て去る)という普通に使いそうなものもありました。

レッスン6は相変わらずお金の話です。go Dutchはよく単語集などでは見かけますが、本当に使うのでしょうか?失礼なのでは?と思ってしまいます。

affordable 手頃な価格の
foot the bill for ~の勘定を払う、~の責任を取る
go Dutch 割り勘にする
foot the cost of ~の費用を支払う

今週末から来週にかけて仕事で出かけるので、受講が不定期になりそうです。間があくと忘れてしまいそうなので、出来るだけ受講するようにしたいです。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 6 

今日はパール先生で受講しました。

パール先生はいつもあっさり進む先生なのですが、今日は結構言い直しをして、レビューだけで終わりました。どうしたんでしょうね?最近、あっさり進む先生でばかり受講していて、何も定着していないような気がしていたので、ちょうど良かったです。定着しない原因は、予習・復習を未だにまともにやっていないというのが一番大きいのですが。

結局、レッスン5のformalとinformalの言い換えのの問題は次回に持ち越されました。
Stage Examも一応やってみましたが、今日は何も言われなかったので、もう一度見直してから提出します。
語彙の定義の問題は、こんな答えでいいのかな?と思いながら書いているので、どういう判定がでるのかかなり心配です。

一時期は、DME Advancedの目的は何なのかわからないから、止めてもいいかなと思っていましたが、最近は新しい単語に出会えるだけでもいいやと思っています。あと、DMEをやっていると屁理屈をこねるのが上手くなるような気がします。それから、つまらない話でもちゃんと返事する練習とか・・・。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 5-6 

発音レッスンの後に、ダニエル先生でDMEも1コマやりました。

「今日は休みだよね?春が来るってことでしょう?どんなお祝いをするの?お寺に行くの?」と色々聞いてくるので、「お寺には行かないけど、特別な餅を食べます。」と答えると、「どんな餅?普通の餅と何が違うの?なんて名前?」と聞いてきました。「ぼたもち。」と答えると、語感が驚きに値したのか、Oh!と言った後、何度も「ぼたもち」とつぶやいていました。確かに変な名前だと思います。
そのあと、ぼたもちの説明をしたのですが、「イメージがわかないから来年は送ってね。」と言われました。この「送ってね」攻撃は結構よくあります。たまには、「日本のベルのオフィスに送れば届けてくれると思う。ダニエル先生へ、という手紙を添えるのを忘れないように。」などと具体的に教えてくれることもあります。

昨日、出された宿題をやっていなかったため、今日はレッスン6に進みました。そして、Stage Examもやっておくように言われました。examは文で答えるものが多いので、明日は無理かも。
レッスン6でも相変わらずお金の話が続きます。

'Have you ever been ripped off by a taxi driver in a foreign city?(外国の街でタクシードライバーに法外な金額を要求されたことがありますか?)'との質問に'Yes'と答えると、'Russia?'と聞かれました。私はそんなにロシアの話をしたことは無いと思うのですが、やっぱりロシアのイメージ悪いんですかね。そのあとロシア語は話せるのかとか、そんな話になりました。ダニエル先生の日本語よりはマシだと思う、とは言えませんでした。

cost a small fortune かなりのお金がかかる
bomb 大金
posh 高級な、豪華な
pay through the nose 法外な代金を払う、代金をぼられる
rip off 法外な料金を要求する、ぼる
rip-off 不当に高い値段、ぼったくり

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

ダニエル先生の発音クラスを受講しました。

この授業は、最初に小テストみたいなのをやります。先生によって違うのかもしれませんが、ダニエル先生は、チャットボックスにいくつかの単語を書いて発音させます。今日は、全問正解でした。前回は'women'と書いてあるのを見間違えて、単数形で発音してしまい、「ひっかかった~!」って感じで喜ばれてしまった・・・。

前回に続き、[ɔ]と[oʊ]の区別です。
やっぱり、気を抜くと「同じに聞こえる!」とやり直しをくらいます。う~ん、実際、先生の発音も、会話の中ではそれほど明確に言い分けているようには聞こえないんだよなあ。そこが聞き取れないのが問題なんですよね。

でも、スペルと発音記号がリンクしない問題は解決しそうです。ちゃんとルールがありました。これって常識ですか?私は知らずに適当に発音してました。

[ɔ]
Common letters:
o: dog, long, office, morning, more
a(l): tall, call, fall, always, also, already
au: fault, August, because

Other letters:
aw: law, jaw, saw
augh: caught, taught, daughter
ought: fought, nought, sought ou(r): four, your, course
oo(r): door, floor
oa: board

[oʊ]
Common letters:
o: so, no, open, over, old, ago
o...e: home, toe, phone, those, wrote
oa: boat, coat, road, soap, coast

Other letters:
ow: know, show, snow, window, yellow
oe: toe, Joe

Special:
ough: though, dough
ou: shoulder
ew: sew
oh: oh!

残った時間で、[ɔ]と[ʊ]の区別です。こっちの方が易しいかも。
ただ、[ʊ]の発音の時の口の形が、かなり横に開くというか、ほとんど開かないというか・・・。
日本語やロシア語の「う」の音を出す時とはかなり違って、決して前には突き出しません。でも、横開きのくせに、舌の位置を少し上にとか無理だし。
結局、横に開いた状態で「う」の音を出すとあっさりOKがでたので、これで行きます。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

ラングリッチ VOA ジェラルディン先生 

今日は代講でジェラルディン先生で受講しました。初めての先生です。代講にならなくても、初めての先生だったのでどちらでもいいです。
High Dropout Rate a Problem for South Africaという記事をやりました。

南アフリカの学校でドロップアウトする生徒が多いという問題についての記事です。

フリートーク好きな先生なのか、自己紹介で半分位時間を使ってしまいました。
今日は、この記事は終わらないな~と思っていましたが、ジェラルディン先生は、授業に入ってからが速い!
まず全部読ませていきなりディスカッションに入りました。
なぜ、ドロップアウトする生徒が多いのかとか、南アフリカの教育の問題点は何かとか、どうすれば良くなるか、とか普通に(日本語でも)難しい問題です。記事の中では、設備や資金の不足が挙げられていましたが、一番欠けているのは教育の重要性を理解出来ていない人が多いことではないかと言うと、先生もそう思うと言っていました。
少しフィリピンの話もしていましたが、小学校で1クラス60人とか普通にあるらしいです。先生は大変だなあ。

良く説明してくれる先生でした。最近は、意見を求められると、詰まらずに話し始めることが出来るようになりましたが、もう少し、自主的に発言出来るようになりたいです。今日は聞いている方が多かったです。

相変わらず、回線状態は良くありませんね。ベルや他のスクールの体験時には特に問題が無いので、スクールの側の問題だと思うのですが。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 5 

今日はノマ先生で受講しました。
先生、まだ咳が出てました。長引きますね。

最近、1コマだけの受講が続いています。
DMEをやっていた頃は、10~14コマ/週だったのに、先週はたったの3コマでした。
まあ、他のこともやっているのでトータルの勉強時間は減っていないはずなんですが、どうも罪悪感があります。

今日はレッスン5の中にある"Focus on writing"というところに入って、問題を解くというのをやりました。メチャクチャ難しいじゃないですか~。知らなきゃ出来ないですよ(というか知らなかった)。
文章の中から、インフォーマルすぎる表現を選んで、適当な表現に直すというものですが、知らないものがほとんどでした。文脈で推測して答えたりしましたが、はずれも多かったです。もっと本を読むといいのかな?
次回は、formal–informalの表を穴埋めしなくてはならないらしく、「次のレッスンまでにやっておいてね。」と言われました。明日、休みで良かったです。

donkey's years 非常に長い間、【語源】ロバの耳が長いところから
like a shot 〔弾丸のように〕素早く、すぐに、突然
in your boat (= in the same boat) 同じ境遇にある
well-organized きちんとした、几帳面な
bloke (英)やつ
loads of たくさんの
put off 気を悪くさせる、不快にする

work for peanuts 低賃金で働く

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 5 

日常英会話に引き続き、ジェリメ先生で1コマ受講しました。

相変わらず話題はお金がらみのことです。もう、早く話題を変えて欲しいです。
普段は雑談が多いジェリメ先生ですが、今日は真面目に進んでいきました。
今日のところはYes/Noで答えるものが多かったせいか、答えやすかったです。

well off 裕福である
badly off 貧乏である、不足している
affluent  裕福な、豊富な
have money to burn 金が捨てるほどある
hard up 金に困っている、不足している
impoverished 貧しい、疲弊した

少し前に始めた瞬間英作文の存在を忘れていて、今日、慌てて再開しました。読みかけのものや、やりかけのものが増えてきて収集がつかなくなってきました。「選択と集中」、できません・・・

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 日常英会話 レベル4 No.3 

今日はジェリメ先生でベルの日常英会話を受講しました。

今朝は9時頃に起きて、朝食を食べた後、また寝てしまい授業の開始直前に起きてしまいました(午後3時スタートです・・・)。すごいハレ目だったので、先生にもバレバレで、「今起きたの?目が典型的な日本人って感じでかわいい!」と言われました。起きたてだったのは間違いないのですが、ハレ目がかわいいっていうのはよくわからないです。

大学の専攻をどうやって決めるかという話題でした。前回の何かをお願いする時の頼み方の練習よりは会話らしいことが練習出来ました。ジェリメ先生は日本の大学についても詳しそうです。
こういう内容なら続けられそうです。日常英会話は順番通りにやる必要はなさそうなので、自分で事前にやりたいトピックを選べば良いのでしょうね。でも、つい順番にやりたくなってしまいます。

go with the flow 時代の流れに従う
feverish pitch 熱狂的な状態

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

English Power 体験レッスン ブレンダ先生 

今日はEnglish Powerの体験レッスンを受けてみました。

このスクールは、30レッスン/月で5,000円のコースと15レッスン/月で3,000円のコースの2種類で、非常にシンプルです。他のスクールと併用するなら15レッスン/月のコースが便利そうです。1日2コマまで受講出来て、1週間先まで予約が出来るようです。すごく使い勝手の良いシステムです。
オリジナルテキストもたくさん種類があっていいです。
American Accent Trainingのコースもあるようです。appyさんとharuさんの影響を受けて、1年位前に購入したものです。予想外にデカイ図体の箱に恐れをなし、未だ開封すらしていない状態ですが、日の目をみることができるかもしれません。
それから、カランコースもあるようです。

レッスンはブレンダ先生で受講しました。すごく良い先生ですね。
自己紹介の時に、「仕事で英文を読む機会は多いのですが、話す機会がほとんどないので、スピーキングの訓練をしたい。」と言うと、1. speaking power、2. Social Issue、3. Japan NEWs、4. Daily Conversationの中から選んでみたらどうかと勧められました。
speaking powerを選ぶと、その中にたくさんのトピックがありました。その中からbreakfastと言う項目を選びました。
写真を見ながら、質問したり、私の答えから会話を膨らませたりするのですが、途中フィリピン典型的な朝食の写真が載っているURLを送ってくれたり、他の国の朝食を食べたことがあるかなど話題を振ってくれたり、自然にいろいろな話に持って行ってくれました。あっという間に25分が過ぎてしまいました。
人気の先生のようで、たまたまキャンセルが合ったと思われる枠を予約出来ましたが、普段は無理でしょうね。
回線状態も良かったし、予約の取りやすさがどの程度なのか未確認ですが、そこが問題なければ非常に良いスクールだと思います。

category: 体験レッスン

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 5 

今日はチェリー先生で1コマだけ受講しました。DMEは随分久しぶりな感じです。
記録し忘れていますが、月曜のダニエル先生の発音レッスンの後に1コマ受講していました。

相変わらず、お金の話が続きます。
ダニエル先生は、thriftyはポジティブな意味で、tightfistedはネガティブな意味だと言っていました。
先生はお金のことには結構シビアな気がします。普段の会話からそう思っていましたが、浪費は悪であると思っているようです。まあ、正しいんですけど。
'Do you think that people who spend money like water are crazy?'という質問でも、crazyではなくstupidだと言っていました。お金を手に入れるには時間がかかるから、結局時間を無駄にしている的な理由でした。

チェリー先生は久しぶりです。今日はカメラオフだったせいか、雑談はほとんどなく進んでいきました。

今日の熟語は覚えやすいですが、単語は普段使わないものなので、文を口になじませて覚えたいです。
けちといえばstingyだと思っていましたが、出てこなかったので調べてみると、
stingy 〈話〉けちな、しみったれた、せこい
となっていたので、口語なんでしょうかね。

spend money like water 金遣いが荒い、金を湯水のように使う
spend money like there's no tomorrow 明日がないかのようにお金を使う
squander (名)浪費、散財(他動)~を浪費する、散財する
thrifty 倹約的な、つましい
tightfisted けちけちした、けちな
frugal 質素な、つましい、節約する

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

ラングリッチ CNN ルベン先生 

ラングリッチでCNNレッスンをしました。
Brain suffers when fish oil falls shortの続きです。

先生のスカイプの調子が悪かったらしく、私の声が聞こえていなかったようです。技術の人を呼んできて直してもらっていました。半分位時間が過ぎてしまいましたが、その後はクリアに聞こえました。

最初に、「昨日やったところから理解したことを言ってみて。」と言われて、いきなりしどろもどろになってしまいました。あ~、情けない。

ルベン先生は要約させるわけではないですが、ディスカッションという感じでもないです。記事をネタにおしゃべりするという感じです。
何故この記事を選んだのか聞かれたので、「CNNは難しいと思っていたので、親しみやすい記事を選んだ。」と言うと、「ナースなの?」と聞かれました。「専門はサイエンスです。」と答えると、「どうりで、eicosapentaenoic acid (EPA) とかdocosahexaenoic acid (DHA)をうまく読めると思ったよ。自分はうまく読めないからEPAとかDHAと言うことにしている。」と言っていました。
先生はナースなので、薬や病気のことを聞くとなんでも答えてくれます。ただ、薬の名前がマニアックすぎて、私にはわかりません・・・。
真面目にきっちりやりたい時には物足りないのかも知れませんが、気楽に話せる面白い先生です。

category: ラングリッチ

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 日常英会話 レベル4 No.2 

今日はミカイ先生で日常英会話を受講しました。

う~ん、このクラスは私には合わないかも。前回もそう感じたのですが、これはつまらないです

人にものを尋ねる時や、お願いする時の聞き方を勉強したのですが、問題が進むごとにテンションが下がっていくのが自分でもわかりました。先生、ごめんなさい。

DME Advancedだけだとつらいかな?と思って、色々混ぜようと思っていたのですが、う~ん、どうしよう。とりあえず、もう1回だけやってみようかなあ。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

ラングリッチ CNN クレア先生 

今日はラングリッチでCNNレッスンをやりました。
Brain suffers when fish oil falls shortという記事です。

一般的なアメリカの食事で不足しがちな魚や野菜には、オメガ3脂肪酸(EPA、DHA、ALAなど)が含まれており、それらが不足すると脳の疾患を招くことがわかったという記事です。

昨日ほどでは無いですが、今日も音声がかなり悪かったです。先月は良かったのに何故?
今、2ヶ月目がスタートしたばかりなので、もうしばらくは続けますが、スカイプの調子がこんな感じだったら他を探そうと思っています。記事レッスン自体は楽しいんですけどね。

クレア先生は自己紹介で結構時間を使うタイプでした。仕事のこととか詳しく聞いてきました。具体的に聞いてくれた方が答えやすいです。
レッスンはテキパキ進める感じで、読ませて、どう理解したかを言わせるという感じでした。もう少し残したので次回に持ち越しです。

ベルのCNNレッスンは、動画を1度見て(予習しておくものだったのかも?)いきなりディスカッションだったのでかなり厳しく、CNNには恐れをなしていたのですが、今日の記事はVOAとレベル的に同じ程度だと感じました。

category: ラングリッチ

cm 0   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

今日もダニエル先生との発音レッスンです。

前回の続きの[ɑ]と[ɔ]の区別です。聞き分けは全部できたのですが、発音は曖昧になってしまいがちで、結構しつこくやりなおしました。特に[ɔ]の方が問題らしい。自分でもかなり自信が無いので、ひととおり終わったら戻ってもらおうと思っています。

残りの時間で、[ɔ]と[oʊ]の区別です。これも曖昧に聞こえるようです。[oʊ]はフィリピンにも無いから、フィリピン人も苦手だと言っていました。実は、発音の区別が出来ないというよりも、スペルを見てどちらの音で発音すべきかがわかっていないのが、この2つです。
どうも、私は唇の突き出し具合が足りないらしく、先生も横を向いて口の形を見せてくれたりしていました。
普段、先生はほとんど口を動かさずにしゃべっているように見えますが、発音クラスの時にはかなり大げさにやってくれます。私も、おおげさに口を動かしてやるとOKが出たので、ビジュアル的にだまされているのではないかと勘ぐったりもしています。口の形が変わると音も変わるってことですよね、きっと。

私は曖昧に発音してしまうものが多いです。英語だと注意されることは少ないのですが、ロシア語では子音も注意されてました。Б(B)、М(M)、П(P)は唇をきっちりつけてから発音しないとだめなので、かなり意識してやってました。私の主観では、英語は母音の方が難しいですが、ロシア語は子音の方が断然難しいです。

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

ラングリッチ VOA セシル先生 

今日は前回の続きでGetting Paid to Play Sick at Schoolをやりました。

音声がブチブチ途切れて非常に聞き取りにくく、ビデオを切ったり、スカイプを立ち上げ直したりしたのですが直りませんでした。
かなりひどくて、「もう止めたい」とチャットウィンドウに書いたのですが、「私はちゃんと聞こえているから大丈夫よ。」と強引に続けることになってしまいました。

前回の続きなので内容はわかっているので、音声が悪い中、先生からの質問は何度も聞き返したり、推測したりしつつ答えました。本当に何度も聞き返したので、先生もうんざりしたかもしれません。なんだかんだで、本文は最後までたどり着きました。

ストレスフルな授業でしたが、レッスンの最後に、「内容を非常に良く理解していて、自分の意見を表現するのも上手い。」と褒めてもらいました。「内容を理解している」というのは他の先生も言ってくれることがあるのですが、「表現するのが上手い」と言われたのは、多分初めてだと思います。お世辞でもうれしいです。単純なので、イライラしまくってた授業でしたが、すっかり上機嫌になってしまいました。

category: ラングリッチ

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 4 

今日はフローア先生とパイ先生で受講しました。

パイ先生は、かな~り昔に2回位受講したことがありましたが、先生は「初めてだったかしら?」と言っていました。当然ですね。だいぶ前に受講したことがあると言うと、謝っていました。私の記憶では、おしゃべり好きで、言い直しの厳しい先生だったのですが、言い直しは全く厳しくありませんでした。笑顔の可愛い先生です。

こんな質問がありました。ゴルゴみたいです。
'If you found out that your husband had a secret savings account in Switzerland, what would you think and what would you do?(もしあなたの夫がスイスに口座を持っていることがわかったら、どう思い、どうしますか?)'
下記のように答えてしまいましたが、模範解答が何だったのか知りたいです。
'I’d think that he might set up a crime and I’d observe his behavior.'

overdraft 過度の引き出し、預金残高を超過して金を引き出すこと
overdraw 預金口座から超過引き出しをすること
standing order 自動振替

2日間受講していなかったので、今日はベル2コマとラングリッチ1コマ受講しました。休日ですが、3コマはきついです。

遅ればせながら、ようやく私もiPhoneを手に入れました。Macの方で使っていたApp StoreのIDでいけるはずなのですが、うまくいかず、結局もう一つIDを取ってしまいました。

category: DME Advanced Book1

cm 2   tb 0   page top

ラングリッチ VOA ジョワーナ先生 

今日はジョワーナ先生でVOAレッスンをしました。
Getting Paid to Play Sick at Schoolという記事です。

とても可愛くておしゃべり好きな先生でした。大学で英語を専攻しているそうです。
自己紹介と雑談で半分位時間が過ぎてから、記事に移りました。

未来の医者や看護婦の訓練のために患者役をやる人のお話です。アメリカにはいろんな職業がありますね。

この先生も要約はさせずに、進みました。半分位まで読んだところで、どんな感想を持ったかを聞かれました。
面白い話ですが、どれ位役に立つんですかね?
今日は半分で終わりました。

ラングリッチの記事レッスンは、あらかじめトピックがいくつか選んであるので、先生方は予習済みなのだと思っていましたが、そうでも無いようです。もちろんそれで問題ないです。

category: ラングリッチ

cm 0   tb 0   page top

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング 

今日から「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング」を始めることにしました。
記録をみると、「どんどん話すための瞬間英作文」をやり終えてから約1年たってます。もう一度「どんどん・・・」をやり直した方が良いのかもしれませんが、とりあえず新しい方をやってみて、難しそうだったら前の本に戻ることにします。

「どんどん・・・」はセグメント分割をして狭い範囲を繰り返し練習しましたが、シャッフルではセグメント分割せずに全体をサイクル回しすることを勧めています。

以下に記録をつけていきます。

Training 1 文型シャッフルトレーニング
1サイクル目 3月9日~3月24日
2サイクル目 3月26日~3月31日
3サイクル目 4月1日~4月8日
4サイクル目 4月9日~4月17日
5サイクル目 4月18日~5月1日
6サイクル目 5月3日~5月10日
7サイクル目 5月31日~6月13日
8サイクル目 6月14日~6月17日
9サイクル目 6月18日~6月20日
10サイクル目 6月21日~6月24日

Training 2 文型コンビネーショントレーニング Part1
1サイクル目 6月24日~6月27日
2サイクル目 6月27日~6月30日
3サイクル目 7月1日~7月4日
4サイクル目 7月5日~7月7日
5サイクル目 7月8日~7月11日
6サイクル目 7月12日~7月16日
7サイクル目 7月17日~7月25日

8サイクル目 7月26日~8月1日
9サイクル目 8月2日~8月4日
10サイクル目 8月11日~8月12日


Training 2 文型コンビネーショントレーニング Part2
1サイクル目 8月19日~

category: オンライン以外の英語学習

cm 2   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 4 

今日はジェリメ先生で受講しました。

最初のあいさつの時に、「わ~、すごくやせたんじゃない?」と言われました。冬の終わりに痩せている訳がないのですが、唯一思い当たる原因は、ウェブカメラを変えたことです。カメラのせいか、取り付けの時にアングルが少し変わったせいだと思います。やった

今日も長い文が多かったです。用語の説明は辛いです。

先生に、"PERFECT STRANGER"という映画をすすめられました。この中の会話がいいそうです。私にその良さがわかりますかね~?

授業の終わりに、ジェリメ先生の後ろにマベル先生がやって来て、手を振っていました。お二人は仲良しのようです。

intrusion(侵入)とinvasion(侵害、侵入、侵犯)は似ていますが、invasionの方が強い意味のようです。

home equity loan 住宅担保ローン
stone's throw 石を投げて届くほどの近距離、すぐ近く
current account 当座預金
savings account 普通預金口座

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 4 

今日はマベル先生で受講しました。

フローア先生の後のマベル先生、予想はしていましたが、ほぼレビューで終わりました。
新しいところは2問だけです。

Advancedの回答が答えにくいのは、質問の内容が難しいというのが大きい気がします。もちろんDMEの時と同様にYes/No+おうむ返しみたいなものもありますが、なかなか複雑なことを聞いてくることも多いので困ったものです。
さらに、DMEの回答は練習すると口になじむのですが、自分で作った文は言いにくいということもあります。いじればいじるほど、口語っぽくなくなってしまいます。う~む。

話は変わって、私は最近、ほとんどテレビを見ないので、当然有料チャンネルには加入していません。が、Jスポーツが3/1からBSで見られるようになるにあたって、3/11まで無料期間中だそうです。何が嬉しいかというと、現在フィギュアスケートの全米選手権を放送中なので、ちゃっかり見てます。来シーズンは加入も検討しよう。

category: DME Advanced Book1

cm 0   tb 0   page top

ラングリッチ VOA ローレンス先生 

ラングリッチのローレンス先生でVOAレッスンを受けました。ローレンス先生は2回目です。
Inspections at Apple's Suppliers in Chinaという記事です。

Apple社が中国の会社に製品の委託製造をしているのですが、その工場の労働条件が劣悪であるとのことで、Appleが批判されているという内容です。

ローレンス先生は、まず文を自分で読むか先生が読むかを選ばせてくれます。発音チェックなどをしてほしいので私が読みました。
他の先生たちは、読みながらパラグラフごとに要約させるのですが、ローレンス先生はわからないところがなければそのまま次のパラグラフに移ります。なので、10分ぐらいで読み終わり、残りの時間をディスカッションに使えます。
この進め方は良いですね。でも、要約は要約で勉強になるのであってもいいです。

ディスカッションは面白かったです。
今日はむしろ私が質問する側で、「中国の受託会社は賃上げをしたことを評価されているようだが、信用出来るのか?(調査期間が終わったら賃金カットということにならないか?)」とか、「労働者への待遇が悪いのは受託会社なのに、この記事ではAppleだけが責められているが、本来は受託会社の方に責任があるのではないか?」とか納得いかないところを質問してしまいました。答えにくいところを全部答えてもらった感じです。

褒め上手な先生です。DMEでムチ打たれているので、ラングリッチではアメをもらっておくことにしよう。

category: ラングリッチ

cm 0   tb 0   page top

ラングリッチ 発音レッスン マリアン先生 

仕事で忙しく、昨日、今日とレッスンは受講していません。
多分、先週の受講記録だと思うのですが、下書きだけして投稿し忘れていた記事をアップします。今読んでみると、大して中身のない記事ですね。

==========
ラングリッチのマリアン先生で発音レッスンを受講しました。ベルにも同名の先生がいるので、名前だけみるとごっちゃになりますが、実際には全然似ていないです。
ベルは先生の名前がかぶらないように配慮しているようですが、ラングリッチは普通に同じ名前の先生がいるようです。受講履歴だけみるとわからなくなりそうです。

[s]と[ʃ]の違いをやりました。
最初は先生のあとについて何度か繰り返させたりして丁寧にやっていましたが、後半は時間が迫ってきたせいか、「自分で読んでみて。」と言われて読み、「good」と言われて次に進むという感じで淡々と終わってしまいました。
==========

明日からは普段通り受講出来る予定です。
ラングリッチの継続をどうしようかなと考えています。2月、3月は忙しいので、10回受講出来れば十分と思っていたので、そこはクリア出来そうなのですが、一日、最大で2コマしか受講できないので(時間と集中力の関係で)有効に使いたいんですよね~。自習時間も増やしたいし。

category: ラングリッチ

cm 0   tb 0   page top

DME Advanced Lesson 3-4 

今日はフローア先生で受講しました。

'speaking practice'のレビューもやってくれたのでほっとしました。でも、ジョブインタビューのところはとばしました。'as a chef'で答える気満々だったのに。まあ、いいか。

フローア先生は、短い答えでも質問に合った答えであれば、あっさりOKになります。他の先生たちは、結構
「他の例はないの?」とか「何故そう思ったの?』とか尋ねて、それも盛り込んだ長い回答に作り替えることを要求してくることが多いので、「あれ?これでいいの?」という感じです。

レッスン4に入って、'What is a mortgage?'という質問文がありました。'mortgage(担保有りのローン)'はDMEでも出てきた単語で、意味はわかるのですが、今日はこのサンプルアンサーが一番長くて手こずりました。

'A mortgage, in informal language refferrd to as home loan, is a legal agreement by which a bank lends you money to buy a house or land, etc., and you pay the money back over a particular number of year.'

テキストの説明文そのままですね。言い直しても、どこかフレーズや単語が抜けるので、フローア先生には珍しく何度も言い直しをしました。

window of opportunity (目的などを達成するための短期間・短時間の)絶好のチャンス
installment 複数の連続する構成要素の一つ分

category: DME Advanced Book1

cm 2   tb 0   page top

イングリッシュベル 発音クラス 

イングリッシュベルのダニエル先生で発音レッスンを受けました。

今日は[æ]と[ʌ]の区別です。
[æ]の音は最近それほど苦手ではなくなった気がします。[ʌ]の方は特に難しい音ではないのであっさりと終わりました。聞いて区別する問題は、迷う余地なしです。

最近、ダニエル先生はDMEの方でもそうですが、単語を覚えているかどうかの確認をよくします。発音レッスンといえども油断ならないです。
今日も、発音レッスンでbugという単語が出てきた時に確認されました。

先生:bugの意味は覚えている?DMEでも出てきたよね。2つ意味があるけど。
私:1つだけ覚えています。
先生:何?
私:insect
先生:もう1つは、bacteriaでしょ?flu virusみたいな。
私:...

bug、DMEでやりましたっけ?『虫』の方は知っていたのかDMEで覚えたのかわかりませんが、bacteriaをbugというのは、かなり印象的なことなのに全く覚えていません。やばいですね、記憶力。

残った時間で、[ɑ]と[ɔ]をやりました。こちらの方が難しいです。これは半分位終わったところで25分が過ぎたので、「DMEをやるよ。」と言われて終了になりました。こういう時は、なぜか時間にきっちりしているのでびっくりです。

先にアップしたDME Advancedの方の受講記録ですが、へこんでいたのは自分の進歩のなさに対してであって、先生の授業に不満があってのことではありません。
お昼のクラスのあと、ベラヴェッカというシュトーレンに似たお菓子を食べて元気になりました。ベラヴェッカというお菓子は初めて知ったのですが、シュトーレンよりもしっとり、ずっしりした感じでドライフルーツとナッツがぎっしり詰まっていてとても美味しかったです。作ってみたいなあ。

plaid [plǽd] 格子縞の

category: イングリッシュベル DME以外

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。