10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

DME Stage 12 Lesson 186-187 

今日はノマ先生で受講しました。

ノマ先生とのレッスンのときは回線状態が良くないことが多いのですが、今日は最初からとても良い状態でした。
ノマ先生は例をたくさん挙げて単語や文の説明をしてくれるので安心して受講できます。例文が的確で面白かったせいか、いつもより先生がテキストからそれてくれたせいか、今日のレッスンは楽しかったです。
最近は新しい先生にチャレンジするのをやめて、気楽に受けられる先生で受講しています。この方が楽ですね。

rags to riches 無一文から大金持ちになる
blow 鼻をかむ
hoover/vacuum 掃除機をかける

11月はDME以外のことはほとんどやりませんでした。かといってDMEに真面目に取り組んだ訳でもなく、結構怠けた月でした。DUOも長く休んでしまいました。明日から少しペースを戻していきたいです・・・。

Kindle touchは日本から購入できるようにはならないんですかね?職場でもKindleを買いたがっている人がいて、お互いにどちらが先に買うか牽制し合っています。
スポンサーサイト

category: DME Stage 12

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 12 Lesson 186 

今日はダニエル先生で受講しました。

今日もショートレビューのところの解説を丁寧にやってもらいました。あやうくディクテーションももう一度やるところでした。

queueという単語の説明のところで、フィリピンではクリスピークリームドーナツに長い行列が出来ていると言っていました。東京でも数年前にオープンした時にはそんな感じでしたね。でも先生、「バカみたいですね(日本語)」は言い過ぎです。

chopsticksという単語の説明では、「日本にはchopsticks dayがあるだろう?」と言うので、「無いと思う。」と言うと、「ほら11月11日だよ。」というのでピンときて、「あ~、それは韓国だと思う。」と言うと素直にそうだったと認め、韓国人に友達でもいるのかと聞かれました。ポッキーそっくりなお菓子ペペロの記念日なんですよね、確か。先生は韓国人にも教えているんですかね?細かいことまでやけに詳しい。

今日もほぼ復習でほとんど進みませんでした。

category: DME Stage 12

cm 4   tb 0   page top

DME Stage 12 Lesson 185-186 

今日はジェリメ先生で受講しました。

今日はイディオムがたくさん出てきました。こういうのは比較的覚えやすいですね。

a pack of lies うそ八百
swallow one's pride プライドを捨てる
 You have to swallow your pride when you ask for a favor.(頼み事をするときにはプライドを捨てなければならない。)

jump the queue 列に割り込む
step out of turn 順番を守らず割り込む
 If I were in a queue and someone stepped out of turn in front of me, I'd tell that person to return to his place.(私が列に並んでいて、誰かが順番をはずれて私の前に割り込んだら、自分の場所に戻るようにその人に言います。)

at a stroke 一撃で、一気に
lick なめる
lick your wounds 傷を癒す

category: DME Stage 12

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 12 Lesson 185 

今日はフローア先生とジューン先生で受講しました。

ステージ12に入って、難しい言い回し増えた訳では無く、単語も一応知っているという状態なのですが、最近覚えたばかりの単語は使ったことが無いせいか、言いにくい文が結構あります。
文法的に難し文は全く出てきていないです。3rd conditionalやmixed conditionalが出てきたのはステージ10までで、それ以降は出てきていないのでは?

I have only pair of hands. やることが多すぎる、手一杯である

またまたフィギュアスケートネタで申し訳ないのですが、浅田選手、羽生選手ともに優勝おめでとうございます。浅田選手は全体的にはNHK杯の方が良かったものの、アウェイで優勝というのは立派です。何と言っても5種類のトリプルをプログラムに組み込んできているというところが素晴らしいです。ステップもようやくレベル4として認められるようになってきたし、本当に完成が楽しみです。ショートもフリーも最初のジャンプがダブルアクセルという普通の選手では考えられない構成なので、完成形ではやはりトリプルアクセルを入れる予定なのでしょうね。シーズン最後の世界選手権あたりでは見られるのかな?

男子はアボット選手のジャンプミスが残念でした。アボット選手は直接得点につながらない要素がてんこもりで見ごたえがあります。

Youtubeでペアの川口・スミルノフペアの演技をみましたが、フリープログラムは本当に美しくて彼らに良くあっています。ロシアの観客の方々にもすっかりロシア人として受け入れてもらえているみたいでうれしいです。川口さんはロシア語ペラペラの様にみえますが、本人は英語の方が得意ですと言ってたのでうらやましい限りです。才女なんですね。

category: DME Stage 12

cm 0   tb 0   page top

比石妃佐子ピアノリサイタル 浜離宮ホール 

11月17日に浜離宮ホールで開催された比石妃沙子さんのコンサートに行ってきました。
曲目は以下のとおりです。

グラナドス:スペイン民謡による6つの曲
 プレリュード、郷愁、饗宴の響き、バスコンガダ、東方の行進曲、サンブラ、サパテアト
グラナドス:5月の歌
ファリャ:4つのスペインの曲
 アラゴネサ、クバナ、モンタニェサ、アンダルサ
モンサルヴァチェ:ハバネラ、イヴェッテの為のソナティナ Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
アンコール
アルベニス:パバーナ・カプリーチョ
グラナドス:スペイン舞曲「アンダルーサ」

前半はグラナドスの曲でした。グラナドスの曲の中ではマイナーなものだと思います。なぜ有名どころの曲ではないのかはわかりませんが、何か意図するところがあるのでしょう。

後半の最初は、ファリャの作品です。この曲は全曲ではないものの、自分でも弾いたことのある曲なので楽しみにしていました。ファリャの作品は難解な部分があったりもするのですが、比石さんの演奏だとスッと自分の中に入ってくる気がします。アンダルサなどは難しそうで敬遠していたのですが、弾いてみたくなりました。

モンサルヴァチェの曲は、ラローチャのCDではサラッと弾いているので不協和音が全く気にならなかったのですが、比石さんはむしろ不協和音が際立つように演奏しているのかなと感じました。音がきれいな人というのは強いですね。全然いやな感じにならず、むしろ心地よいとすら感じます。

イベリアのCDも発売されていたようなのですが、会場が込み合っていたので入手するのをあきらめてしまいました。ぜひ聴いてみたいので近いうちに買います!

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

クシシュトフ・ヤブウォンスキコンサート 東京文化会館小ホール 

以前下書きだけしていてアップし忘れていたのでだいぶ古い話になってしまいましたが、11月4日に東京文化会館で行われたクシシュトフ・ヤブウォンスキ氏のコンサートに行きました。

プログラムは以下の通りです。
ショパン:スケルツォ1~4番
ベートーベン:ピアノソナタ第17番「テンペスト」
ベートーベン:ピアノソナタ第23番「熱情」
アンコール
ラフマニノフ:楽興の時op.16-3
スクリャービン?
ショパン エチュードop.10-12「革命」

ショパンのスケルツォ4曲とベートーベンのピアノソナタ2曲という重めのプログラムでした。
ヤブウォンスキ氏のショパンに関しては今更コメントすることも無いのですが、素晴らしいできでした。
ピアノは何故かヤマハでした。1曲目の最初の部分で、ピアノとの相性が悪いかな?と思ったのですが、曲の中盤以降は気にならなくなりました。彼ほどのピアニストになると、ものの2~3分もあれば、どんなピアノでも手なずけてしまうことができるのでしょうか?

後半はベートーベンです。ヤブウォンスキ氏のテンペストは初めて聴きました。多少のミスタッチは合ったものの良かったと思います。
熱情は以前も聴いたことがありますが、素晴らしい出来でした。私は、ベートーベンのソナタに関しては、抑えめのテンポでがっちり弾くタイプが好きなのですが、ヤブウォンスキ氏のベートーベンはそういうタイプではありません。3楽章の後半はかなりのテンポで、体全体を使った重厚な音が疾走しているといった演奏でした。が、決してコントロールを失うことはなく安定した演奏でした。ペダルの使い方が細かく音の濁りが少ないため、音量がありつつもクリアな音でした。そして、終わった瞬間のガッツポーズ!気持ちはわかります!素晴らしい演奏でした。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 12 Lesson 184-185 

今日はローズマリー先生とパール先生で受講しました。

ローズマリー先生、今日はしっかりと言い直しをさせました。「完璧になるまでやりましょうね!」とソフトな口調で何度も言い直しを要求されてしまいました。

いつもあっさり進むパール先生も、今日は厳し目でした。先生の英語はなめらかで聞き取りやすく、答えやすいところがいいです。

ステージ11までは知らない単語はあまり無く、DMEでは語彙の増強にはならないなと思いDUOを始めたのですが、ステージ12に入ってから「最近DUOで覚えました」という単語がたくさん出てきます。やっててよかったと思うべきか、別にやらなくてもよかったということなのか・・・。

tame 飼いならされた、単調な、大したことのない

今日は、うちの近所に酉の市のお店がたくさん出ていて、すごい人でした。何か買って見ようかなと思ったのですが、人混みの中に入っていくのがおっくうで、迂回して帰ってきました。ちょっと後悔。

category: DME Stage 12

cm 2   tb 0   page top

DME Stage 12 Lesson 184 

今日はアデル先生とデル先生で受講しました。人気者のお二人です。

アデル先生とは、DMEが終わったらどうするかという話になりました。ベルの各コースについてこのコースはここを伸ばすのに良いという説明をしてくれたので、「スピーキングが苦手」と言うと、「CNNコースをやるとリスニングとスピーキングが伸びるわよ」とのことでした。う~ん、CNNは敷居が高すぎます。

デル先生はいつも自然にスモールトークに入っています。先生の質問は具体的ものが多いので、比較的答えやすいです。
'In which European country are car prices higher than elsewhere?'という質問で'Switzerland'と答えると、その理由を聞かれました。国内に自動車メーカーが無く、輸入すると関税がかかるから(ウソかもしれません)と答えると、フィリピンと一緒ね!と言っていました。やはり自動車は非常に高価らしく、ごく一部の人しか持っていないそうです。

DMEの質問がらみで迷信の話になり、「日本では4という数字が嫌われているのでしょう?なぜ?」と質問されたので、発音がdeathと同じだからと答えると、それは大変と言っていました。ついでに、多くのホテルではルームナンバーに4がつく部屋や4階が無いというと驚いていました。

以前、デニス先生が野菜が嫌いだと言っていたことがありましたが、デル先生も野菜嫌いだそうです。好きな野菜は3つだけで、豆類とsquash(カボチャのようなものらしい)とじゃがいもだけだそう。それって野菜というよりも穀類に近いんじゃ?

こんな感じで進みは非常にゆっくりですが、楽しかったです。

category: DME Stage 12

cm 2   tb 0   page top

DME Stage 12 Lesson 184 

一週間ぶりのDMEです。
先週は仕事が忙しかったり、コンサートに行ったり、週末から家族旅行で台湾に行ったりといろいろありまして、長く受講できませんでした。

今日はダニエル先生で受講しました。
「今日は勤労感謝の日だったけど、何をして過ごしたの?」と尋ねられ、「一日中寝てました。」と答えると、「まあ、自分もそんな日もあるけど、頭が痛くなったり体調が悪くなったりするので、そういうことはさけている。」と少したしなめられてしまいました。昨日の夜に旅行から帰ってきて疲れていたので、つい寝すぎてしまいました。

squeezeはあらゆるタイプのギュッとする動作に使えそうですね。
果物をしぼる、何かを押し付ける、自白を強要する、狭いところに詰め込むなど。

trembleとshiverの違いは微妙らしく、trembleは恐怖や興奮などで震えるときに使い、shiverは寒さや興奮などで震えるときに使うそうです。trembleの方が長い時間の震えを表すと言っていた気がしますが、記憶があいまいでひょっとしたら逆だったかもしれないので、次回ダニエル先生のクラスをとった時に確認してみます。
いまいち違いが微妙すぎてよくわからないので海外のフォーラムなどものぞいてみたのですが、人によって言うことが違い、確実なのは寒さで震えるときにはtrembleを使うことは無く、shiverは人以外には使わないようです。

give someone the shivers ゾッとさせる
empty threat から脅し
happen, occur, arise(起こる、生じる)は同じ意味だが、ariseは若干フォーマルな表現とのこと
by no means 決して~ではない

category: DME Stage 12

cm 4   tb 0   page top

DME Stage 12 Lesson 183 

昨日はノマ先生でひとコマ、今日はダニエル先生とチェリー先生でひとコマずつ受講しました。

ノマ先生は相変わらず淡々と進んでいきます。
remarkとregardが一つの文に出てくると、ちょっと混乱します。どちらも名詞だと問題ないのですが、動詞になるとちょっと待てよ?という感じです。
'What kind of remarks do you regard as very impolite?'という質問文があったので、'I regard remarks like 'You look fat' as very impolite.'と答えると、先生が「う~ん」という顔をして、「例えば'Your child is unfriendly'とか、テキストアンサーの'Your wife's lazy'とかがimpoliteね。」とのことでした。いまいちよくわからなかったのですが放置してしまいました。


ダニエル先生は、会うなり'Do you remember me?'と質問してきました。そんなに長くとってなかったかなあ?先生は自分の生徒のことはちゃんと覚えているそうです。
相変わらず楽しいレッスンです。ショートレビューにもかかわらず、すべての単語を、例文を作って細かく説明してくれました。これは印象に残るので本当にいいです。
昨日のしっくりこなかった'What kind of remarks do you regard as very impolite?'という質問になんと答えようかな?と詰まっていたら、'I regard remarks like 'You look fat' as very impolite.'という回答に誘導されました。あれ?これでいいのね?
途中でどのナッツが一番好きかという話になり、「カシューナッツ」と答えると、「カシューナッツ!高いよ!」と何故か日本語で返すので、つい「えっ?高いの?」と日本語で返事してしまった。フィリピンではアーモンドが高いらしいです。カシューナッツとクルミはそれよりは安いらしい。先生はナッツが好きなようです。以前も、一番好きなパイはペカンナッツのパイだと言っていました。太らないようなのでうらやましいです。
結局、ひとコマ分のレビューも終わりませんでした。

チェリー先生も久しぶりです。笑顔が素敵です。レビューをサッと終わらせて、レッスンに入りました。
今のところ、長い文や難しい文は出てきていません。

remark (n)意見、批評、見解
regard (n)心配、注意、関心、敬意、配慮 (v)見る、注意する、考慮する
regard A as B = think A is B AはBであるとみなす
give in 屈服する、降参する

category: DME Stage 12

cm 0   tb 0   page top

DME stage 11 General Review 

今日はジェリメ先生とマリアン先生で受講しました。ステージ1の頃から受講している先生なので気楽に受講できます。

ジェリメ先生は日によって言い直しが厳しい日とあっさり進む日があります。ノリのいい日は厳しめで、質問文の読み方を変えたりしながら何度もやります。面白いですけどね。
今日はこの一文にてこずりました。
'Some female film stars appear to be in good shape for their age.'
短いし、難しい文ではないのですが、変なところにsを入れてみたり、forがthanになったりで、なぜか10回ぐらい言い直しました。一度はまると抜け出せない文ってありますよね?わかっているのに口が勝手に違うことを言ってしまう。

マリアン先生はいつも陽気ですが、なぜか今日はあいさつの時から爆笑していました。何か変なこと言ったかな?

明日からステージ12です。ぼちぼちやります。

category: DME Stage 11

cm 0   tb 0   page top

DME stage 11 General Review 

昨日から私用で関西方面にいっていました。天気もよく、今が一番いい気候ですね。帰ってきてからフローア先生とローズマリー先生で受講しました。

フローア先生は相変わらずサラサラっと進みます。ローズマリー先生もそれほど言い直しは厳しくないので、今日は結構進みました。
出かけていたこともあり、それ以外の勉強もしていません。総復習中でそれ以外の勉強をしていないと、何も新しいことを学んでいないのでちょっと後ろめたさがありますね。寝るまでに単語の一つでも覚えることにします。

NHK杯は男女ともシングルは1,2位を独占しましたね~。おめでとう!ついでに、ペアもロシアだけど川口・スミルノフペアが1位で2位が日本の高橋・トランペアと、日本がらみが上位に入り、ダンスも日系人のシブタニ組が優勝という結果でしたね。
高橋成美選手はコメントがとぼけていて面白いですよね。コメントといえば、鈴木選手は勝たせてもらって申し訳ないという意味のことを言い、小塚選手は高橋選手の演技を見ていて自分はまだまだだなあと思ったと言っていました。日本人らしいなあという感じのコメントでした。

category: DME Stage 11

cm 0   tb 0   page top

DME stage 11 General Review 

今日はマベル先生とジェラリン先生で受講しました。

最近は、初めての先生とかほとんど受講したことが無い先生とかが多かったので、慣れたマベル先生のクラスで久しぶりにホッとしました。ベルは15分前でも予約可能なので便利なのですが、そうすると新人の先生になることが多くなってしまいます。私はどの先生でも割とOKなタイプだと思っていましたが、慣れていない先生だと多少は緊張しているようです。

ジェラリン先生は最近入った先生です。えーと、まあ普通の先生です。レビュー中なので特筆すべきことはなかったです。

NHK杯(フィギュアスケートですよ)見ましたか?まだの方は、こちらのNHKの動画サイトからどうぞ。
浅田選手、トリプルアクセルは失敗したものの、かな~り成長してましたね。基礎から練習したとの言葉どおりで、スケーティング技術の向上が顕著で、スケーティングもスピンもスピード感がすごかったですね。スケーティングの善し悪しは、会場で直接見るととてもわかりやすのですが、テレビだとカメラワークなどにもよるのでわかりづらくなります。でも、浅田選手のは昨シーズンまでとは格段に違ってます。やっぱり天才なのね~。シェヘラザードの編曲(特に前半)が多少気になるものの、プログラムも手が込んでいていいですね。今シーズンは期待できます!

鈴木選手は、これまで見た中で今日の演技が最高でした!3T–3Tを成功させ、なおかつスピンもステップもレベルが高くパーフェクな出来ですからね。明日が楽しみです。

category: DME Stage 11

cm 0   tb 0   page top

DME stage 11 General Review 

今日はマテット先生とヘラ先生で受講しました。

マテット先生は滑らかな英語で、テンポがいいです。元気よく流暢な英語で質問してくれるので、私の声も大きくなります。
ヘラ先生は3回目ぐらいかな?私は、ヘラ先生の質問の後は簡単な答えでも、ちょっと詰まったり、滑らかに言えなかったりして答えにくいです。リズムが合わないのでしょうか?丁寧に進めてくれるよい先生だと思うのですが。

最近、本を購入するのは書店よりもAmazonの方が多くなってきています。本以外にも、家電や衣類、食品までなんでも揃いますね。食品のところをのぞいてみると、輸入食材などもたくさん扱っているようです。
何を探しているのかというと、ビーツです。ボルシチを作るのにはビーツが欠かせないのですが、生のものは手に入りにくいので、以前は瓶詰めの酢漬け(そんなに酸っぱくない)を使っていました。残念なことに、最近売っているのを見かけなくなったのでAmazonで探してみました。一応ありましたが、以前使っていたメーカーのものはありませんでした。まあ、今回は買わないことにします。
一度調べると、いろいろ勧めてくるんですよね。「そんなに本気で欲しい訳じゃなかったのに・・・」とひとりで言い訳してみたりしてます。

category: DME Stage 11

cm 0   tb 0   page top

DME stage 11 General Review 

今日はマリー先生とケーリン先生で受講しました。

今日はレッスンはパスしようかなと思ったのですが、昨日もやってないし、これからしばらくは忙しい日が多くなりそうなので、出来るときにはやっておこうと思い直し、レッスンの直前に予約しました。最近は直前予約でも先生がいないということが無くなりましたね。

マリー先生は、3回目ぐらいかな?私の記憶では、フリートークが多く、DME自体はあっさり進む先生だったような気がしたのですが、言い直しは結構厳しかったです。'very good'と言いつつも、そのベリーグッドをもう一回聞かせて、という感じで、最低3回は答えを言いました。ステージ11は復習不足だったので、ちょうどよかったです。

以前、一度だけ体験レッスンを受けたラングリッチのホームページを見に行くと、まだログイン可能で、体験レッスンももう一度受けられそうです。ずいぶん前だったのに、ちゃんと残っているんですね。夜の時間も予約は取りやすそうです。
私がチェックしたなかで料金プランなどが一番お得、というか都合がいいのはテノリエイゴというところで、1ヶ月4900で31回のレッスンが受講でき、一日何度でも受講可能で(ひと月分の上限内で)、使い切れなければポイントは翌月に持ち越せるそうです。ただ、先生が150人ぐらいはいそうで、そうなると多分、玉石混合なんだろうなあと思い、ちょっと敬遠してしまっています。教材もたくさんありそうなんですけどね。
月末あたりから、また体験レッスンを受講したいです。ベルのままでもいいような気もしているんですが。

category: DME Stage 11

cm 0   tb 0   page top

DME stage 11 General Review 

今日はアデル先生とノマ先生で受講しました。

Macでブログを書くのは初めてなので、「ことえり」の変換っぷりにちょっと驚いています。ノマ先生はIMEでも「野間先生」と日本人のように変換されてしまっていたのですが、ことえりでは「呑ません制」となりました。意味が分かりません。

アデル先生はかなり久しぶりでした。先生からも、「久しぶりね!どうしてたの?私のこと覚えてる?」とか、「次はもっと早く会いたいわね。」と言われました。なかなか予約が取れないんですよ~。
授業は相変わらずビシビシ言い直しをさせます。レビューの時には、回答に気を取られなくてよいので、イントネーションやストレスの置き方が少しでもおかしいと容赦なく言い直しになります。訓練という感じで楽しいです。

最近ノマ先生のレッスン頻度が高いような気がします。たまたまです。

総復習中は気楽な反面、だらけやすくなるのが難点です。

category: DME Stage 11

cm 4   tb 0   page top

DME stage 11 Lesson 182, Exam 

今日はパール先生で受講しました。

今日はショートレビューを終わらせたあとテストをやりました。いつになく聞き取りが楽でした。パール先生だったからかな?
タスク2の単語の日本語の意味を書く問題は、辞書的に書かなくても自分なりの理解で書いてもOKなようなので(経験上)、割と自由に回答してます。
ショートレビューとテストで今日は終わりました。明日から総復習です。

しばらくDME以外の勉強を怠けていましたが、明日からまた元のペースに戻す予定です。
ひとりDMEはステージ6の1周目で止まっているので、明日の通勤時から再開します。
『english×english』はペースダウンしつつも続けているのですが、『DUO』はやってませんねえ。まず、どのぐらい単語を覚えたかをチェックしてから次の方針を立てようと思っているのですが、手が回らない状況です。

少し気が早いですが、DMEが終わったらオンラインレッスンはどうしようかなあというのも考えていて、とりあえず話す機会はあったほうがいいので何かは続けるつもりです。
今のところ、ニュースレッスンが楽しそうにみえます。でも、appyさんがやっているVOAレッスンはかなり難しそうなので、スクール選びも含めてどういうプランがあるのか検討したいと思っています。

category: DME Stage 11

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 11 Lesson 182 

昨晩はコンサートに行っていたためDMEはお休みして、今日は、昼間は髪を切りに行ったり、その他の雑用のために不在で、夜はフィギュアスケート中国杯のテレビ放送を見る予定だったので、朝しか無いな(朝レッスンはいやだけど)と思いティナ先生とキーシャ先生で受講しました。

ティナ先生は2回目かな?最初、先生は私を認識していなかったようですが、ビデオがつながった瞬間、「ああ、前に会っているわね!」と思い出していただけたようでした。言い直しはあまり厳しくないです。
キーシャ先生は初めてですが、なかなか堂々とした感じでした。ただ、レビューのところもリーディングレッスンとか新出語の説明とかをしたりしました。私もあまり先に進みたくなかったので(なんとなく今日はstage examを受けたくなかった)、そのまま受け入れました。ちょっと、ヨーラ先生に似た感じかな?

eyeshade まびさし
Eyeshade is used to block light from our eyes or to make it less bright.(eyeshadeは我々の眼から光を遮るため、またはまぶしくなくするために用いられます。)

「まびさし」という日本語を初めて聞きました。目のひさであろうということは想像できるのですが。
広辞苑より。1. 兜の鉢のひさし、2. 帽子のひさし、3. 窓の上の狭いひさし
この場合、2番ですかね。

さて毎週しつこいですが、フィギュアスケート中国杯をテレビで見ました。
ソトニコワ選手はジャンプのミスが無ければ!と惜しい感じでした。ロシアはいい選手が揃ってますね~。長洲選手は本調子ではなさそうでした。慎重になっていたのかな?
男子フリーは波乱というか、妥当な結果に落ち着いたというべきか。織田選手、ジャンプはひとつを除いては手堅くまとめた感じでしたが、全体的にキレが無かったように思います。完成形が見たいです。アボット選手は年々良くなりますね。ライサチェク選手やウィアー選手と同世代だったために、早くから活躍していた彼らと比べて遅咲きで地味な印象がありましたが、以前の優等生的な演技から脱して、多少のジャンプミスは気にならないような演技でした。こちらも完成形を早く見たいですね。
来週は真央ちゃんですね。楽しみです。

category: DME Stage 11

cm 2   tb 0   page top

DME Stage 11 Lesson 181-182 

今日はノマ先生とライカ先生で受講しました。

ライカ先生は初めての先生でした。ショートレビューのときにはほとんど言い直しがなかったのですが、レッスンの時には適度に言い直しをさせました。テキストアンサーにはこだわらないようで、私が適当に答えるとそれに対して「それはどういうシチュエーションだったの?」とか「他の人はなんと言ったの?」など話を膨らませようとしてくれました。

parcel、package、packetの違い(DMEテキストより)
イギリス英語では、郵便で送るものはparcelといい、アメリカ英語ではpackageという。
イギリスでは'a packet of cookies(クッキー一箱)'を買い、アメリカでは'a package of cookies(クッキー一箱)'を買う。

今日はなぜかものすごく眠くて、朝10時ぐらいに起きてご飯を食べた後、またベッドに戻り昼まで寝て、お昼をとった後にも昼寝をしてしまい夕食前に起きました。さすがに食べて寝るしかしていないので、人としてまずいと思い、夕食後にDMEのレッスンを入れました。よく寝たおかげですっきりしました。

category: DME Stage 11

cm 2   tb 0   page top

DME Staeg 11 Lesson 180-181 

今日はチェリー先生とローズマリー先生で受講しました。

ローズマリー先生はアデル先生の代講でした。
チェリー先生は割とさらっと進んでしまうので、ローズマリー先生のレッスンは丁度チェリー先生のレッスンのレビューで終わりました。ローズマリー先生の言い直しの程度は、厳しすぎず甘すぎず丁度いいです。

a ray of hope いちるの望み
silhouette シルエット(スペリング注意)

レッスン180は長い文が多かったです。先生方も長い文の前には、「次は長い文よ~!」と教えてくれます。
silhouetteのように、フランス語由来の単語はつづりが独特ですね。エチケット(etiquette)も似たような感じです。

11月だというのに暖かいですね。お風呂上りなどはエアコンを付けたくなるぐらいです。一応、我慢してますけど。

category: DME Stage 11

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 11 Lesson 180 

今日はノマ先生とディナ先生で受講しました。

ノマ先生は相変わらず歯切れ良く進めてくれます。適応に答えても'correct!'と言って、OKになることが多く、しどろもどろでも、こう言いたいのでしょう?と私の言いたい事を推測してくれます。

ディナ先生は初めての先生です。最初、質問がすごくゆっくりだなと思いましたが徐々にテンポを上げてくれたようです。初めてだとお互い手探りなんですね。この先生、しゃべり方が誰かにそっくりなのですが思い出せません。ベルの先生かなあ?

slide out of ~を逃れる、~からこっそり抜け出す
a flying saucer 空飛ぶ円盤

ここ10日ぐらいDMEを受講する以外には何もやっていません。仕事が手一杯で余裕が無い感じです。DMEも結構抜ける日が多いですね。そのわりには遊びに行く時間はちゃんと作れるのですが。
落ち着いたらまたやります。DUOも8周目で止まってしまっていますが、もう少しな感じなので続きをやりたいです。唯一やっているのは『1日一行!英字新聞リーディング』です。朝、電車で読んでる人を見かけたら私かもしれません。

category: DME Stage 11

cm 2   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。