05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

DME 2nd General Review 20 

今日はジェーン先生とデル先生で受講しました。

デル先生はテキスト通りの質問の後に、私の状況に合った質問に作り変えて質問してくれたりします。記憶の定着に役立ちそうです。
最後は、「アリガト」、「サヨナラ」と言っていました。勉強中?

臓器売買関連のニュース怖いです。数年前に読んだ『ドナービジネス』という本を思い出しました。
スポンサーサイト

category: DME 総復習 Stage 5 - 8

cm 0   tb 0   page top

ベルリン・フィル八重奏団 東京オペラシティコンサートホール 

今日はベルリン・フィル八重奏団のコンサートに行きました。
プログラムは以下のとおりです。

1. モーツァルト:ホルン五重奏曲 変ホ長調 K.407 (ホルン:シュテファン・イェジェルスキ)
2. モーツァルト:クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581(クラリネット:ヴェンツェル・フックス)
3. ベートーヴェン:七重奏曲 変ホ長調 Op.20 
アンコール シューベルト 八重奏曲ヘ長調 D803

室内楽のコンサートはほとんど行ったことが無く、CDで聴くこともあまり無いのですが、夫が「彼らは別格だから行くべし!」とチケットを買っていたので、行ってきました。
さすがに上手いです。弦はもちろん、クラリネットが素晴らしかったです。
八重奏団といわれても、何の楽器なのかすらわかっていなかったのですが、いいものはいいですね。
それにしても、モーツァルトはどこを切りとってもモーツァルトだし、ベートーベンは最初の一音からベートーベンですねえ。『英雄』かと思っちゃいました。こんな幼稚な感想しか書けなくて演奏者の方々に申し訳ないですが、素晴らしかったです。常連のファンの方が多そうでした。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

ハートで感じる英文法 

『ハートで感じる英文法』を読み始めたので、記録をつけます。Lesson 12まであります。各Lessonが終わった日を書いていきます。
なんだかタイトルだけ見てもワケわかんないですね。

Lesson 1 「イメージでつかむ」前置詞の世界 6月20日
Lesson 2 theは「1つに決まる」 6月23日
Lesson 3 「導く」thatの気持ち 6月25日
Lesson 4 「迫ってくる」現在完了 6月27日
Lesson 5 「躍動する」進行形 6月29日
Lesson 6 すべての-ingは躍動する 7月3日
Lesson 7 未来形なんてない 7月5日
Lesson 8 助動詞のDNA 7月7日
Lesson 9 過去形が「過去じゃない」とき 7月17日
Lesson 10 仮定法を乗り越えろ 7月18日
Lesson 11 英単語もイメージだ 7月21日
Lesson 12 「文の形」にも感覚がある 7月24日

ようやく読み終わりました。サラッと読める本ですが、毎日5分程度しか読まないので一ヶ月以上かかってしまいました。
なかなか面白い本でした。文法事項として知っていることの理由を感覚的に、言葉のイメージとして説明してくれています。レッスン8、11、12あたりが感覚として身につくといいなあと思います。

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

DME 2nd General Review 19 

今日はユージーン先生とレース先生で受講しました。

ユージーン先生は最近入った先生ですが、講師歴は長いのでしょうか?教えなれている感じです。気さくな感じで、言い直しはあまり厳しくありませんでした。

レース先生に、友人とお好み焼きやに行った話しをすると、お好み焼きは大好き!とうらやましがられました。お店で食べる以外にも、家で作ったりもするんでしょう?と詳しそうでした。やはりお好み焼きはフィリピン人うけするようですね。

最近、DME以外のコースにも興味があります。日常会話を何とかしたいというのが大きな理由です。ベルでもいいのですが、日常会話コースがあるオンラインスクールはたくさんあるので思い切って他を探してみようかなと思っています。いくつか候補を絞ってあるのですが、あの長い自己紹介タイムのことを考えると億劫です。こんなんじゃ日常会話なんかできませんね~。あ、もちろんDMEは継続するつもりです。

category: DME 総復習 Stage 5 - 8

cm 2   tb 0   page top

DME 2nd General Review 18 

今日はミカイ先生とソフィア先生で受講しました。

ソフィア先生は初めてだったのですが、ちょっと驚きました。
言い直しが厳しいというのでしょうか?一文につき、30回ぐらい(それ以上?)言い直しを要求されました。特に噛んでいたとか、冠詞が抜けているというわけではありません。'A PIN's a Personal Identification Number.'とか'I remember the PIN to my card.'のような短い文なので、あまり間違いようがないのです。発音を直されるとか、もっとこういう風に言うようにという指導は特に無く、とにかく繰り返すのです。とりあえず素直に従いましたが、何が悪かったのか未だにわかりません。

ミカイ先生は、いつも通り明るくサクサク進んでいきました。

今日は、疲れがたまっていたのか昼前に起きて、さらに午後から昼寝までしてしまいました。たまにはこんな日も必要ですね。

category: DME 総復習 Stage 5 - 8

cm 6   tb 0   page top

DME 2nd General Review 17 

今日はマベル先生とケーリン先生で受講しました。

二人とも、ほとんどスモールトーク無しでどんどん進んでいきました。
平日、一日おきのペースに慣れてきたので連日はちょっと大変だなと思ったのですが、前回マベル先生に「またすぐに予約が入ってるわね!」と言われたので、なんとなくキャンセルしづらくなってしまいました。

最近、電車のドア上のディスプレイでよく宣伝している「トレイシー・ダイエット」という雑誌を買ってしまいました。一時期、ジムに通って筋トレをやるのにはまった時期があったのですが、今の家に引っ越してきてからジム通いを辞めてしまいました。筋力が多少残っているうちに何か始めなきゃなあと思っています。

category: DME 総復習 Stage 5 - 8

cm 2   tb 0   page top

DME 2nd General Review 16 

今日はデニス先生で受講しました。
音声が悪かったです。

デニス先生は車を運転するようです。信号無視でつかまったことがあるそうです。信号無視するつもりは無くてもうっかりやっちゃったことがありますが、より危ないですね。

『ハートで感じる英文法』を読み始めました。主にお風呂用です。これは気楽に読めそうです。また記録もつけます。

category: DME 総復習 Stage 5 - 8

cm 0   tb 0   page top

DME 2nd General eviw 15 

今日はジェリメ先生とミカイ先生で受講しました。

2nd general reviewの時には、皆さんスラスラ答えられるようになっているのでしょうか?私は、ちっともそんな感じではなく、初回のレッスンの時とたいして変わらず考えながら作文していることが多いです。初回との違いは、質問文がわからないことがほとんど無いということと、たま~に口が覚えていてくれてサラッと出てくる文があることぐらいでしょうか。DMEには良く出てくるフレーズや節があるので、そういうのはスラスラ出てきます。'if we want to learn a language well'みたいなやつです。単に復習不足ということですよね。
先生方にも辛抱強く付き合っていただいて、感謝です!

そうそう、DUOをやっていると「ほほ~!」と思うことがよくあるので、ちょっとメモしておきます。
「たぶん」という副詞を%で表した場合、
in all likelihood (95-90%), ten to one (90-80%), probably (90-75%), likely (80-60%), maybe (50%), possibly (50-40%), perhaps (50-30%)
こんな感じだそうです。maybeとかperhapsは、ちょっと自信が無い時に添えたりしていたので、そんな感じで良かったのかもしれません。

category: DME 総復習 Stage 5 - 8

cm 0   tb 0   page top

DUO 3.0 2周目 

DUO 3.0の2周目です。

基本的には、1周目と同じやり方で、読むだけというか真似るだけです。
以下、記録を付けていきます。

Section 1 - 5 6/18
Section 6 - 10 6/19
Section 11 - 15 6/20
Section 16 - 18 6/22
Section 19 - 24 6/26
Section 25 - 28 6/29
Section 29 - 31 7/3
Section 32 - 35 7/4
Section 36 - 38 7/5
Section 39 - 40 7/6
Section 41 - 43 7/7
Section 44 - 45 7/8

ようやく終わりました。思ったより時間がかかりました。
つっかえずに読める文がだいぶ増えています。
3周目までは同じ様に読むだけにする予定です。

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

DME 2nd General Review 14 

今日はマベル先生とデル先生で受講しました。

マベル先生は相変わらずいつもニコニコです。言い直しも手ごろです。声が高いので、そこが気になる人には気になるかもしれません。
授業の終わりのときに、「また明後日会えるわね」と言っていました。忘れていましたが、今週もう一度予約(明後日ではなかった)していたようです。

デル先生、divorceという単語が出てきたところで、日本では離婚は認められているかどうかを聞いてきました。フィリピンでは認められていないのですね。カトリックだから認められていないと言っていましたが、カトリックの国でも稀なのではないかと思います。離婚できないとなると失敗は許されないですね。

ステージ7はずっと難しいわけではなく、Lesson 109-111あたりはそれほど難しくありません。もう少しでステージ7が終わるのでなんとか乗り切りたいです。

category: DME 総復習 Stage 5 - 8

cm 4   tb 0   page top

DME 2nd General Review 13 

今日はマリアン先生とノマ先生で受講しました。

今日は音声が悪かったです。マリアン先生の時には音がブツ切れになることがありつつもビデオをつけていましたが、ノマ先生の時にはビデオをオフにしてもちょっと聞き取りにくい感じでした。

ステージ7は辛いです。レッスンの時にも、ステージ8よりも難しいと感じていたのですが、なぜでしょう?総復習中に理由がわかるかもしれません。

『高校総合英語 Harvest』が終わったので、次のターゲットを物色中です。おとなしく『DUO』に専念するか、ひとりDMEをやるか、気分転換に新たな教材を追加するか、考え中です。
私は通勤中にiPodで英語を聞くというのに何度かチャレンジしているのですが、集中力が無いのか(間違いなく無いのですが)すぐにほかの事を考え始めたり眠ったりしてしまいます。最近では通勤時間の勉強はあきらめて、本を読んだり音楽を聴いたり眠ったりしています。

category: DME 総復習 Stage 5 - 8

cm 0   tb 0   page top

高校総合英語 Harvest Section 19 - Section 20 

『高校総合英語 Harvest』の続きです。

Section 19 前置詞 6月10日~11日
 特に目新しいことはかかれていなかったのですが、2語以上の語の組み合わせで前置詞のはたらきをする群前置詞(according to, in addition to など)は頻出のものが多いのでしっかり覚えておきたいです。

Section 20 接続詞 6月12日~15日
 ☆理由を表す接続詞becauseとsinceはどちらも「~なので」という原因・理由を表すが、sinceを使うのはその理由を相手もわかっているような場合で、「~なんだから」という意味合いになる。
 Since you have a fever, you should stay home.(熱があるんだから、家にいるべきよ。)

3月から始めた『Harvest』もようやく終わりました。途中、書かなければいけないことがたくさんあったユニットもあり、高校レベルの英語が理解できていないんじゃ仕方ないよなあと反省しました。
一応、一通りは終わったのですが、「不定詞」、「動名詞」、「分詞」あたりはもう一度復習しておこうと思います。後半はあまり細かく書いていませんが、手を抜いたわけではなく文法事項としては理解できているところだったので書いていません。
しかし、理解できていることと会話で使えることはまた別物なので、そのあたりはDMEで補っていけたらと思います。
 

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

DME 2nd General Review 12 

今日はマット先生とチェリー先生で受講しました。

マット先生は初めての先生ですが、誰かに似ている気がしてずっと考えていたのですが思い浮かびませんでした。明るく、遅めのスピードではっきりと読み上げる先生です。
'Who do you think the prettiest woman in the world is?'という質問があり、またも適当にナタリー・ポートマンと答えると、「わーお!ナタリー・ポートマンが好きなの?ブラックスワンは見た?最新の映画○○(知らないタイトルだった)は見た?」と盛り上がってしまい、適当に答えたとは言い辛い感じになってしまいました。いいかげん答えるのをやめたいのですが、とにかく来た球を打ち返したいので、ついつい口からでまかせになってしまいます。

チェリー先生は久しぶりに受講しました。覚えていていただけたようです。
チェリー先生は見た目が結構ワイルドな感じです。
前に受講した時には、すごくあっさり進む印象だったのですが、今日は結構言い直しがありました。まあ、単に私の答え方がひどかっただけなのかもしれません。

ステージ7になってから、進み方がグッと遅くなってきました。3ヶ月ぐらい前にやったことなので質問内容も覚えていないため、ぼんやりしていると何を聞かれているかわからなくなったりします。ステージ6と7の間にはやはり壁があるなあと感じています。

category: DME 総復習 Stage 5 - 8

cm 4   tb 0   page top

DME 2nd General Review 11 

今日はデル先生とアデル先生で受講しました。

デル先生は言い直しはほとんど無いのですが、質問に答えた後にそのことに関する話をすることが多いです。フィリピンでは~だけど、日本ではどう?みたいな感じです。話がそれっぱなしと言うことも無く、きちんとDMEに戻ってきます。進め方がうまいし、私みたいにスモールトークが苦手なタイプでも具体的に質問をされると答えやすいので良いです。

アデル先生は、授業の最初に「私のこと覚えてる?」と聞いてきました。忘れるわけがありません。
デル先生とは対照的な進め方の先生ですが、どちらも良い先生です。
'Tradesmen aren't usually wellcome when they come and try to sell us things.'という一文にかなりてこずってしまいました。今見るとなんてこと無い文ですね。
初回ほどではないものの、また汗をかきました。クセになるかも?

category: DME 総復習 Stage 5 - 8

cm 0   tb 0   page top

DME 2nd General Review 10 

今日はレース先生とフローア先生で受講しました。

今日はレース先生はあまり言い直しが厳しくありませんでした。
お天気の話題から入り、「フィリピンは台風が来ていたけど、今日は晴れると思う」と言っていました。フィリピンを通らない台風があるのかという感じで大変そうです。
'Are you usually willing to lend people money?'という質問に'No'と答えたら、日本人はそうよね~、と言っていました。DMEのテキストにもお金の貸し借りの文が良く出てくるので、外国人は良く他人に借金をするのでしょうか?

フローア先生は初めての先生です。言い直しはそれほど厳しくありません。真面目そうで良さそうな先生です。
文法説明とか'The noun of ~ is ~'のような質問の時には、先に'We use present perfect continuous ~'などと答えを教えてくれます。

最近、仕事やそのた諸々が重なって、受講が不規則になっています。飽きた訳ではないのですが・・・。

category: DME 総復習 Stage 5 - 8

cm 2   tb 0   page top

高校総合英語 Harvest Section 17 - Section 18 

『高校総合英語 Harvest』の続きです。

Section 17 代名詞・限定詞 6月2日~5日
 このセクションはほぼ理解できているようなので、特筆することは無いです。

Section 18 形容詞・副詞 6月6日~7日

 ☆形容詞を複数使って名詞を修飾する場合、「人が判断すること→客観的なこと」の順に並べる。
 順番の原則は、「判断→大きさ→新旧→色→材料」。

 ☆叙述用法でしか使えない形容詞
  alive, awake, afraid, alike, alone, content, glad, sorry, unable, wellなど。

 ☆much, manyについて
  muchとmanyは疑問文や否定文で使うのが普通で、肯定文ではa lot ofやplenty ofのような別な表現を使う。文章体ではmanyやmuchを肯定文で使うこともある。

 ☆場所と時を表す副詞を続ける時には、「場所→時」の順にすることが多い。

 ☆形容詞や副詞を強調する時にはveryを使うが、delicious、amazing、enormous、pricelessなどの表す意味に段階が無いものにはveryが使えない。この場合にはquiteを使う。

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

DME 2nd General Review 9 

今日はヘラ先生とマベル先生で受講しました。

ヘラ先生は直前でドタキャンをしたことがあり、今日が初めての受講です。
言い直しは厳しくありませんでした。
'is it easy to guess somebody's age?'という質問から、先生の歳を当てることになりました。22歳に見えると言っておきました。20歳前後ぐらいの若い先生なら2~3歳間違っても問題ないですよね?
そういえば、以前ダニエル先生の時にも同じような質問があり、「いくつに見える、40?」と深刻な顔で聞いてくるので、「さ、さーてぃ・・・」と答えると「サンキュー!」とかなり嬉しそうでした。

マベル先生は、適度に言い直しをさせてくれます。高くてかわいい声です。
最近、新しい先生で受講することが多いので、どの先生がどんな教え方だったのか覚えていないことが多いです。
先生たちも、授業の最初に「またあえて嬉しいわ~」的なことをいいますが、本当に覚えているのかどうかは怪しいです。

ステージ6の最後の方は易しくなってきています。もうすぐステージ7です。

category: DME 総復習 Stage 5 - 8

cm 0   tb 0   page top

DME 2nd General Review 8 

今日はパール先生とジェリメ先生で受講しました。

総復習の間は、がっつり言い直しをさせてくれる先生の方がいいかなと思っていたのですが、慣れた先生とスモールトークをまじえながらテンポ良く進んでいくのもいいなあと思いました。

ステージ5とか6のレッスンを受けていた時にはあまり難度に差が無いのではないかと思っていたのですが、やっぱりステージ6は難しくなっていますね。
これはちゃんと復習しておかないと。

category: DME 総復習 Stage 5 - 8

cm 0   tb 0   page top

東京交響楽団 特別演奏会 所沢市民文化センター 

6月5日に所沢ミューズアークホールで行われた東京交響楽団の特別演奏会に行きました。

プログラムは以下のとおりです。

グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調
指揮 小林研一郎
ピアノ 小林亜矢乃

ベートーベン:交響曲第5番ハ短調「運命」
指揮:小林研一郎

感想は後日書きます。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

DME 2nd General Review 7 

今日はジュリアス先生とエズ先生で受講しました。

ジュリアス先生はかなり久しぶりです。以前受講した時には、結構しつこく言い直しをさせる先生という印象だったのですが、今日は全くそんな感じはなかったです。appyさんの言う「語尾が上がる発音」というのは、健在だったような気がします。日によって違うのでしょうか。

エズ先生は新人の先生という感じです。言い直しは全く厳しくありません。最初、ものすごくゆっくりと質問してくれたため逆に聞き取りにくかったので、できるだけ速く答えるようにしたら先生も少し速くなってきた気がします。
最近受講してきた新しい先生たちは、結構しっかり言い直しをさせる先生が多かったので、スクールからの指導があるのかなと思っていたのですが、そこら辺は先生個人に任されているようですね。

category: DME 総復習 Stage 5 - 8

cm 0   tb 0   page top

パン教室 6月分 

2週連続のパン教室でした。

今日はイタリア風のパンです。生地は水のかわりにトマト缶を使って捏ねてます。
手前の三角のパンが夏野菜のパンで、ズッキーニ、プチトマト、パプリカ、オリーブをのせて焼いています。
奥の丸いパンは、同じ生地にベーコンとチーズを包んで、クミンシードを散らして焼いています。生地にバジルが練りこんであるので、風味豊かなパンです。
家で作るならクミンシードは無しにしたいなあ。

トマトパン

category: パン

cm 0   tb 0   page top

DME 2nd General Review 6 

今日はレース先生とテレサ先生で受講しました。

レース先生、明るくて可愛いです。前回に続いてまたも発音を褒められました。先生によってリピートしやすかったり、その逆だったりするので、相性もあると思います。リピートしにくい先生の時には、ものすごい日本語アクセントで棒読みになっているのが自分でもわかります。
週末の予定を聞かれて、暑いから泳ぎに行こうかな、と言ったら、先生は泳げないと言っていました。周りにビーチはいっぱいあるけど泳げないのだそう。泳げないと言っている先生が結構います。

テレサ先生は初めての先生でした。言い直しはそれほど厳しくない感じでした。総復習で1コマだけだとはっきりとはわからないのですが、良さそうな感じの先生です。
私は問題なく聞こえていたのですが、先生の方は聞こえづらかったらしく、ビデオを切ってと言ったり、もう一度答えを言ってみてと言ったりしていました。でも以前に比べると回線状態が良くなっている気がします。

category: DME 総復習 Stage 5 - 8

cm 0   tb 0   page top

DUO 3.0 1周目 

途中ですが、DUO3.0の記録をアップします。Section 45まであるので、随時更新します。

以前一度はやったことがあるので、今回はスラスラ読めたら次の文に行くという方法で、10サイクルまわしたいと思っています。無理に覚えようとかは無しです。それは10サイクル終わった時点で覚えていなければ、やり方等考えたいと思います。

Section 1 - 4 5/26
Section 5 - 7 5/27
Section 8 -10 5/28
Section 11 -14 5/29
Section 15 -17 5/30
Section 18 -20 5/31
Section 21 -22 6/1
Section 23 -25 6/2
Section 26 -29 6/5
Section 30 -31 6/6
Section 32  6/7
Section 33 -35 6/8
Section 36 -40 6/11
Section 41 -45 6/12

6月12日に終了です。
復習用CDを使って、イントネーションや発音を真似る(自己満足の範囲で)という方法でやりました。2、3回でスッと読めるものもあれば、部分部分を抜き出して何度も練習しないといけないものもあり、読むだけとはいえ、結構時間がかかりました。今回は単語集というよりは音読の教材として使っていますが、意味がわからない文はどうしても上手く読めないので、その都度意味を確認したり、単語や熟語の用法にも注意したりしつつ音読しました。多少は頭に残るのではないかと思いますが、甘いかな?

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

DME 2nd General Review 5 

今日はジェリメ先生で受講しました。

ちょっと疲れていたせいか、最後の方は眠気が襲ってきたりして全く集中できないまま終わってしまいました。総復習なので質問の意味がわからないと言うことはないのですが、いくつか節がある質問文の場合、どこから答えようかなあとぼんやり考えたりしてしまい、たびたび答えに誘導されてしまいました。
頭が働いていない時はダメですね。

復習に力を入れるために一日おきに受講しようと思っていたのですが、結局、DMEの復習はあまりしておらず、DUOの方を進めてみたりしています。DUOの方が英語が聞き取りやすいというかリピートしやすいので、ついそちらの方をやってしまっています。英文が短いせいでしょうか?

category: DME 総復習 Stage 5 - 8

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。