03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

DME Stage 8 Lesson 128-129 

今日はマリアン先生で受講しました。

'used to + gerund or noun'と'used to do'との違いを練習しました。
'turn over'(ひっくり返す、ページをめくる、譲る)、'turnover'(転倒、粗利益、離職者数)の違い、'wage'と'salary'の違いについての設問がありました。

連休中は受講が不規則になりそうです。
スポンサーサイト

category: DME Stage 8

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 8 Lesson 127-128 

今日はジェリメ先生とデニス先生で受講しました。

「be about + 不定詞」を使った文の練習がありました。
途中、ジェリメ先生から「DMEはネガティブな答えが多いから、ポジティブな答えを言って!」という指示がでました。適当に作文して答えると、「その答えは好きよ」と満足そうでした。

デニス先生との授業では、'How long does the Prime Minister occpy his position in your country?'という質問文があったのですが、たしか規定はなかったはずなので、「総理大臣が属している党によって違う」とか「総理大臣の任期は決まっていない」とかしどろもどろで言うと察知してくれたようで、'The Prime Minister occupies his position for an indefinite time in my country.'という答えを提案してくれました。なんかこれだどキューバやりビア並みの長期政権の国みたいじゃないですか?

現在開催中のフィギュアスケートの世界選手権ですが、小塚選手のフリーは素晴らしかったですね。今シーズンのプログラムはこれまでの中で最高のものだと思っていたのですが、それを肝心な時にバシッと決められるというのは日ごろの練習の賜物なのでしょう。非常に丁寧に練習しているのだろうなあと思います。
パトリック・チャンも素晴らしかったですね。明日からの女子も楽しみです。
あ~、東京でできなかったのが残念!モスクワにも行きたかったです。

category: DME Stage 8

cm 0   tb 0   page top

新居由佳梨 東京文化会館 

4月25日に東京文化会館で開催された新居由佳梨さんのコンサートに行ってきました。

プログラムは
リスト 巡礼の年第3年  エステ荘の噴水 
ラヴェル 水の戯れ
ラヴェル 鏡
ムソルグスキー 展覧会の絵
でした。

一音一音、考え抜いて弾いている、一音たりとも無駄な音は無く、全ての音にそれぞれの表情があるという印象を受けました。

前半のプログラムで水の透明感を表したいという彼女のコメント通り、水のキラキラ感がでており、繊細なラヴェルの曲と良く合っていました。
リストの「エステ荘~」はリストっぽいと言えばリストっぽいのですが、どちらかと言うとドビュッシーやラベルの曲のような雰囲気があり、「水の戯れ」と兄弟のように感じてしまいます。
私はラヴェルはどちらかというと苦手なのですが、新居さんの持ち味である音色の多様さを表現するには最適なプログラムだったのではないかと思います。

後半の展覧会の絵では、前半とは打って変わって、力強さや躍動感が伝わってくる演奏でした。
前半の繊細な演奏のあとに、なぜロシアものを?と思ったのですが、前半とのコントラストが明確に出ていました。小柄な方だと思うのですが、どこにそんなパワーが!という感じのダイナミックな表現も出来てしまうんだなあと驚きもありました。

アンコール曲は「亡き王女のためのパヴァーヌ」と「愛の夢 第3番」でした。こういう曲は、曲の雰囲気とぴったり合っていて本当に素敵でした。
曲の表情付けが素晴らしいのでストーリーのある曲、たとえばグラナドスの「ゴイェスカス」などを弾くとどんな感じだろうかと思いを馳せたりしながら会場をあとにしました

category: コンサート

cm 2   tb 0   page top

DME Stage 8 Lesson 127 

今日はパール先生とダニエル先生で受講しました。
ダニエル先生で2コマ予約していたのですが、レッスン直前にエイミー先生からコールがあり、パール先生とドロシー先生に変更しても良いか?とのことでした。変更自体はまあ良いのですが、理由は「ダニエルがまだ来ていない」とのことでした。遅刻?

パール先生との授業の時に、地震がありました。先生にもわかったらしく、'Afterquake?'と聞かれました。地震には慣れてきましたが、先生方も慣れてきたようです。

後半の開始時間になってもコールが無いので、ドロシー先生にコールすべきか考えていたら、ダニエル先生からコールがありました。遅れたことを謝りながら、イースターについて話していました。何かよほど楽しいことがあったらしく、ご機嫌でした。

'trial period'、'skill'、'loan'と'mortgage'の違いについて詳しく説明してくれました。ダニエル先生の説明はわかりやすいです。わからない時にはジェスチャー付きで例をたくさん挙げてくれるので、感覚的にわかります。

'optimist'に関係した質問の時に、日本にはoptimistが多いかと聞かれたので、'No'と答えると、大阪には多いだろうと言っていました。以下、ダニエル先生の持論です。東京は'optimist'と'pessimist'とが50:50で、大阪や神戸に行くともっと'optimist'の割合が増え、沖縄に行くと70%ぐらいになるのだそう。まあ、イメージ的にはそんな感じかも。

'What would you do if it turned out you couldn't pay back a loan to your bank?'の質問で、テキストどおりに答えたら、先生は、インドネシアかマレーシアに逃げるそうです。数十分でいけるし、誰もダニエルを知らないからすごく良い考えだと言っていました。インドネシアやマレーシアだとかなり浮きそうです。イスラムの国とか無理そうだし。

category: DME Stage 8

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 8 Lesson 126 

今日はグレセル先生とマリアン先生で受講しました。

新出語句として、'mass'(大量、大半、大衆、ミサ)、'take advantage of something'(~をうまく利用する、~を生かす)、'take advantage of somebody'(~につけこむ)、'forbid'(禁じる)、'return ticket'(イギリス英語で往復切符、round-trip ticket)などがありました。

'Are single people happier than those who are married?'という質問がありましたが、こういう質問は少し答えに困ります。こういう場合、「人によると思う」と答えるのはアリなんでしょうか?とにかく、先生に突っ込んで欲しくないと思いながら、'Yes'と答えてみたのですが、マリアン先生は、「女性が40歳を過ぎて一人でいるとさびしいと思う。あなたの周りではどうかわからないけど、私はそう思う。」といっていました。
DMEでは、たまに答えにくい質問があるので困ります。

category: DME Stage 8

cm 0   tb 0   page top

高校総合英語 Harvest Section 7 

『高校総合英語 Harvest』の続きです。

Section 7はページ数は少ないものの、整理しておきたいことがたくさん含まれていました。
高校生の頃に、動名詞をとる動詞として「MEGAFEPS + ~ing」と覚えるようにと言われた記憶がありますが、そんなことをせずとも理由がわかっていればもっと楽に覚えられたのに、と思いました。

Section 7 動名詞 4月18日~22日

 ☆前置詞toに動名詞を続ける場合
 look forward to + ~ing(~を楽しみに待つ)、be used to + ~ing(~に慣れている)、get used to + ~ing(~するのに慣れる)、be accustomed to + ~ing(~するのに慣れている)、be oppose to + ~ing(~するのに反対だ)

 ☆完了形の動名詞
 ・be proud of ~ing「~であることを誇りにしている」
 He is proud of being captain of the team.(彼はそのチームのキャプテンであることを誇りにしている。)
 過去のことについて思っていることを言いたいときには、完了形の動名詞[have + 過去分詞]を使う。
 He is proud of having been captain of the team.(彼はそのチームのキャプテンだったことを誇りにしている。)
 ・admit、deny、remember、regretなどの動詞に動名詞が続く場合は、それより前のことををいっていることが明らかなので、完了形にしなくても良い。
 I remember meeting him before.(以前彼に会ったことを覚えている。)

 ◎動名詞と不定詞の使い分け
 ☆動詞の後に動名詞を続ける場合
 ・その行為をすることが特定されない場合
 consider、discuss、imagine、recommend、suggestなどの動詞の後
 ・動名詞はしている途中のことや何かをやめることを表す場合
 practice、enjoy、finish、stop、give up、quitなどの後
 ・それまではっきりしていなかったことを述べる場合
  admit、denyの後
 ・実現されないことを表す場合
 avoid、escape、miss、put off、postpone、prevent、prohibit、mindなどの後

 ☆動詞に不定詞を続ける場合
 ・その行為をすることが特定される場合
 agree、decide、offer、plan、promise、refuseなどの後
 ・何かをすることをはっきりと示す場合
 desire、hope、want、wish、expect、meanなどの後
 ・実現されることを表す場合
 learn、manage、pretendなどの後

 ☆動詞の後に動名詞または不定詞を続けて、表す意味に違いの無いもの
 begin、attempt、continue、hate、intend、like、love、startなどの後
 ☆動詞の後に動名詞または不定詞のいずれかを続けることで、表す意味が異なるもの
 ・remember
 I remember sending an e-mail to Peter.(私はピーターにメールを送ったのを覚えている。)
 Remember to send an e-mail to Peter.(ピーターにメールするの、覚えておいてね。)
 ・try
 I tried walking on the ice, but I splipped.(私は試しに氷の上を歩いてみたが、滑ってしまった。)
 I tried to walk on the ice, but I couldn't.(私は氷の上を歩こうとしたが、できなかった。)
 ・stop
 He stopped taking photographs.(彼は写真をとるのをやめた。)
 He stopped to take photographs.(彼は写真を撮るために立ち止まった。)

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

NHKラジオロシア語講座 ニュースがわかる・応用編 第1課 

しばらくブランクがあったロシア語の勉強を再開しました。
予定では、DMEがステージ9まで終わったら英語の勉強に少し余裕が出るのではと思っていて、ロシア語はその後にと考えていたのですが、そうなる気配も無いですし、それを待っているとますますロシア語を忘れてしまうので始めることにしました。
NHKラジオ講座「ニュースがわかる・応用編」を勉強していくことにします。今の私には少しレベルが高い気がします。
学習方法は、基本的には音読(最低10回、スラスラ読めるようになるまで)を中心に新出単語を覚えていくことにします。
この半年はロシア語になれるために音読だけにしようと思いましたが、中身が理解できていない文は読むこともままならないことがわかりました。文を品詞分解して勉強することは非常に良い勉強になるのですが、時間がかかり挫折の元になるので、細かい文法事項は余裕があるときだけにします。

第1課はロシアの自動車市場についての話題です。
最初に女性の声でスキットを読むのですが、は、はやい
そして、車の台数など桁の大きな数字がいくつか出てきます。英語でもそうなのですが、桁の大きな数字には弱いです。

以下、新出語句および忘れていた単語や活用について書きます。
思いのほかたくさんあり、疲れました。第2課をやる日が来るかどうかわかりません。

авторынок(自動車市場) = автомобильный рынокの略
продажа(販売)
продолжáть(~し続ける) 、продóлжить(完、アクセント移動)
расти (成長する、иにアクセント)、вырасти(完、ыにアクセント)
 жить型の変化:я расту, ты растёшь, он растёт, мы растём, вы растёте, они растут
до 1,1 млн. = до одного миллиона cта тысяча
итог(総額、トータル)、по итогам (集計によれば)
рост (成長)
составить(~になる、集める)、 составлять(不完)
продавáемый(売れている)<продать
остаться (残る、留まる)、оставаться (不完)
иномарка(外国の商標) =  иностранная маркаの略
поставка(納入、供給)
успевать(~する間がある)、успеть(完)  успевать за кем-чем(後について行ける)
спрос(需要)
наблюдаться(見受けられる、起る)(不完)
óчередь(順序) (女)
динамика(変動、動態)
показывать(見せる、披露する)、показать(完)
 показывать кого-что кому-чему 例 показывать книгу другу(友人に本を見せる)
выглядеть(~のように見える、выにアクセント)(不完)
двузначный(2桁の数)
подряд(次々と、連続的に)(副)
частность(個別性、詳細)、в частности(特に、とりわけ)(挿)
увеличиться(増える、強まる、лиにアクセント)、увеличиваться(不完)

category: ロシア語

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 8 Lesson 125-126 

今日はノマ先生とジェンリー先生で受講しました。

2日間DMEが休みだったからといって特に復習や予習を頑張ったわけではなく、単にブランクがあった分、口がうまく動かなくなっていた気がします。
というわけで、ほとんど進まず、新出語句も'tidy'(整える)、'be on good/ bad terms with somebody'(~と仲が良い)ぐらいでしょうか。
最近、ディクテーションが調子いいです。ミスタイプが減ってきたみたいです。慣れでしょうか?

今日は天気悪そうですね。出かける予定があるのに億劫です。

category: DME Stage 8

cm 0   tb 0   page top

ポール・ルイス 王子ホール 

昨夜(4月21日)、王子ホールで開催されたポール・ルイスのコンサートに行きました。全5回のシューベルト・チクルスの第1回目です。
3月11日の地震以降、海外の演奏家たちのキャンセルが相次ぎ、久しぶりのコンサートでした。

ポール・ルイスのベートーヴェンピアノソナタ全集CDが非常に良い出来で、普段から愛聴しているため、今回の演奏会は非常に楽しみでした。

プログラムは以下の通りです。

ピアノソナタ 第15番 D840
3つのピアノ曲 D946
ピアノソナタ 第17番 D850

ピアノソナタ15番は、演奏会はもちろんCDでもあまり聞くことが無い、ソナタの中でも地味な存在です。木曜だし疲れているし眠ってしまうのではないかと心配していましたが、曲が始まると引き込まれていました。特に2楽章が良かったです。

3つのピアノ曲は、2月のシフの演奏会でも聴いたものです。シフの演奏が考え抜かれた端正な演奏であるのに対し、ポールルイスの演奏はより歌わせることを主体としたものであると感じました。この曲に限らず、幅のあるデュナーミクで演奏するスタイルなのですが、わざとらしさや嫌味が全く無く、内面をストレートに指と体を経て表現しているといった感じです。
この中では、第2番が最も好きなのですが、期待通りの素晴らしい演奏でした。

ピアノソナタ第17番は文句なしで良かったです!!

アンコールでは、シフのコンサートでもアンコールで弾かれた「ハンガリーのメロディー」でした。やはり歌わせるのがうまいですね。泣きのメロディというかそういうのがグッと迫り来る感じです。

やはり、彼のベートーヴェン全曲演奏会を聴いていないことが非常に悔やまれます。また時間をおいて、ベートーヴェンの演奏会も開催されることを期待しています。
このような時局に日本に来てくださる演奏家の方々に感謝します。
以下、王子ホールのホームページへのリンクですが、ポールルイスのメッセージとインタビューです。ご本人も決意をもって来日していらっしゃるようです。
「労働者階級の家庭~」とかいうあたりがイギリスらしいなあ、と思ったりもしました。

http://www.ojihall.jp/concert/lineup/2011/20110421.html
http://www.ojihall.jp/topics/interview/paul_int.html

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 8 Lesson 125 

今日はチェリー先生とジャニス先生で受講しました。

チェリー先生の授業は、ほとんど昨日のレビューだけで終わりました。

'leak like a sieve'(ざるのように漏れる)という熟語が出てきました。
調べてみると、物覚えが悪いことを'have a head like a sieve'と言うそうです。ザル頭ってちょっとひどい。大酒のみの「ザル」には'sieve'は使わないようで、'drink like a fish'と言うそうです。

'terrible'、'awful'、'horrible'の違いは、同義ではあるけれども'terrible'がよりフォーマルな表現であるとのことでした。知りませんでした。

文法事項として先日『Harvest Section2』で勉強した「現在形で未来の時や条件を表す用法」を習いました。

category: DME Stage 8

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 8 Lesson 124 

今日はデニス先生で受講しました。

レッスンの直前にチャットメッセージが来たので、代講かな?と思ったのですが、予約していたデニス先生からでした。読む間もなくコールがありましたが、内容は特に重要なことが書いてあるわけではありませんでした。

普段からニコニコしているのでわかりにくいのですが、今日はかなりご機嫌だったように思います。
スモールトークもかなり多めでした。

'stir'は「かき混ぜる」の意味では知っていたのですが、'The best thing to do in order to stir children's imagination is to read books to them.'のような使い方は初めてです。

'Are most people in this country oppose to their government?'の問いに、お約束とばかりに'Yes'と答えると、'You don't like Naoto Kan!'と言われてしまいました。こ、これは、ジェーン先生がチクった?う~ん、パーソナルデータに記入されていたりするのでしょうか。ちなみに、特にバリバリの反体制派と言うわけじゃないです。

ロシア語の勉強も開始したのですが、勉強自体もさることながら、ブログをつけることに苦戦しています。

category: DME Stage 8

cm 2   tb 0   page top

DME Stage 8 Lesson 123 

今日はジェリメ先生とジェニー先生で受講しました。

先日、コメント欄でappyさんから指摘を受けた'could'と'was able to'の違いについて習いました。どうも記憶にないと思ったら、まだやっていないところでした。
DMEではappyさんが仰っていたように、'could'は過去の能力について、'was able to'は過去における特定の行動について述べる場合に使用するとありました。
少し気になったのでうちにあった『All in one』という本を見てみました。
When I was young, I could [was able to] swim like a fish.(若い頃は魚のように泳ぐことができた)
Our boat capsized, but we were able to [× could] swim to the bank.(ボートが転覆したが、われわれは岸まで泳ぎ着くことができた)
一応、『Harvest』と同じ解釈のようですが、DMEの説明どおりに使っておけば間違いないですね。
この『All in one』という本を、いつ、何のために買ったのかさっぱり思い出せませんが、なかなか面白そうな本です。

ジェニー先生は初めての先生です。写真とはだいぶイメージが違います。ショートレビューとディクテーションとグラマーレッスンだけで、レッスン自体はやっていないのでちょっと判断できません。
ディクテーションの時に、英米でスペリングが違う場合、通常私は米式で綴るのですが、今日は'organize'とタイプしたところ'organise'と直されてしまいました。ダメですか・・・。ほとんどの先生はどちらでもOKだったのですが。

category: DME Stage 8

cm 0   tb 0   page top

ちぎりパン 

今日はちぎりパンを作りました。
適当にまるめてバットに並べて焼くだけなので楽です。
ちょっと甘めにしようと思い砂糖を多めにしたのですが、予想より甘くなってしまいました。ちょっと多すぎたようです。
最近は暖かくなってきたので、パン作りにはちょうど良いです。

ちぎりパン

ちぎりパンの材料(12個分)
強力粉 300 g
パネトーネマザー 10 g
砂糖 40 g
塩 4 g
バター 40 g
たまご 2/3個
牛乳 180 cc

焼成は180℃で13分です。

category: パン

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 8 Lesson 122-123 

今日はマリアン先生とジェンリー先生で受講しました。

新出語句として、'hang up'(電話を切る)、'hang on'(電話を切らないで待つ)、'ring up'(電話をかける)、
'ring a bell'(心当たりがある、記憶を呼び起こす)が出てきました。
'ring up'はイギリス英語で、アメリカでは'call up'だそうです。
特に説明は無かったのですが、'hang on'と'hold on'の違いも英米の違いなのでしょうか??
新出語句のところに'open up'という句動詞が出ていましたが、本文中のどこに使用されているのか見つけられませんでした。

そのほかには、'one by one'(一つずつ、一人ずつ)、'on after another'、'one after the other'(次々に)を使って文を作る練習をしました。

category: DME Stage 8

cm 0   tb 0   page top

高校総合英語 Harvest Section 5 - Section 6 

『高校総合英語 Harvest』の続きです。
セクションごとに私が忘れてしまっていたことや知らなかったことなどをメモしてます。各セクションの重要事項をまとめているわけではないです。

Section 5 受動態 4月10日
 ☆語順に注意する受動態
 'give'型の動詞(give, hand, lend, offer, pass, pay, sell, send, show, teach, tellなど)を用いる場合、受動態の文は、be動詞+過去分詞+to+人となる。
 His aunt sent him the package./ His aunt sent the package to him.という文を受動態に直すと、
 人を主語にした場合、He was sent the package by his aunt.
 物を主語にした場合、The package was sent to him by his aunt.
 'buy'型の動詞(choose, cook, find, get, leave, makeなど)を用いる場合、受動態の文は、be動詞+過去分詞+for+人となる。人を主語とする受動態を作ることはできない(例外あり)。
 The dress was made for her.

Section 6 不定詞 4月11日~15日
 ☆結果を表す不定詞
 She grew up to be a famous musician.(彼女は成長して有名な音楽家になった)。
 不定詞の前にonlyをつけると、「結局~することになった」という残念な結果を表すことができる。
 He practiced hard, only to lose the game.(彼は一生懸命練習したのだが、試合には負けてしまった。
 ☆判断の根拠を表す
 ・人の性質を表す形容詞の後に不定詞を続けると、そう判断した根拠を表すことができる。 
 Your daughter is very kind to help me.(手伝ってくださるなんて、あなたの娘さんはとても親切ですね。)
 ・It's+形容詞+of+人 でその状況においての判断を述べた後、不定詞で根拠を表すことができる。
 It's very kind of you to help me.
 ☆使役動詞
 ・get+名詞+不定詞 「なんとかお願いしてやってもらう」
 I got my sister to help me with my homework.(私は姉に宿題を手伝ってもらった。)
 ・have+名詞+動詞の原型 「だれかに何かをしてもらう」
 I had my brother repair my bicycle.(私は弟に自転車を修理してもらった。)
 ・let+名詞+動詞の原型 「だれかに~させてあげる」
 My father let me use his guitar.(父は私にギターを使わせてくれた。)
 ・make+名詞+動詞の原型 「誰かに(無理やり)~させる」
 My mother made me drink the tomate juice.(母は私にトマトジュースを飲ませた。)
 ☆完了形の不定詞
 to have + pp 「~したようだ」「~したらしい」
 ・Ken seems to have enjoyed his holiday in Hawaii.(ケンはハワイでの休暇を楽しんだようだった。)
 = It seems that Ken enjoyed his holiday in Hawaii.
 ・He claimed to have solved the mystery.(彼はその謎を解いたと主張した。)
 ・He claimed to solve the mystery.(彼はその謎を解くと主張した。)

使役動詞については『瞬間英作文』をやっている時に苦手であることはきづいていたので、使い方が区別できただけでも収穫です。

category: オンライン以外の英語学習

cm 4   tb 0   page top

DME Stage 8 Lesson 122 

今日はチェリー先生とケーリン先生で受講しました。

チェリー先生とのレッスンは適度な緊張感があっていいです。厳しい先生かと思っていましたがそうでもなさそうです。言いにくい文は、言いにくそうな部分を取り出して練習させるので、やみくもに質問を繰り返すやり方よりもうまく言えるようになるのが速いように感じます。
'What's the rule in English grammar that you're always forgetting?'の問いに、'3rd conditional'と答えると、'I agree. It's complecated.'とのことでした。先生も混乱したりするのでしょうか?

ケーリン先生とのレッスンは3回目なので、お互いに慣れてきたのかスモールトークを少し挟んだりしました。簡単に答えられる質問をしてくれている気がします。'Are you always able to hide your feelings?'の質問に'No.'と答えると、先生はそうではないらしくハッピーに見えるようにしているとのことでした。職業柄気を使っているのでしょうね。いつもハッピーに見えます。

今日は久しぶりに銀座に行きました。地下鉄を使って行ったのですが、途中で地震がありしばらく安全確認のために停車していました。地震慣れしているのか対応も素早く、5分ぐらいで運転再開となりました。それにしても地震多すぎです。

category: DME Stage 8

cm 0   tb 0   page top

ロシア語再開? 

今日は仕事帰りにピアノの先生のところに行っており、帰りが遅くなったのでDMEはお休みです。明日も帰りが遅くなる予定なので多分お休みします。

この4月から開講になったNHKラジオロシア語講座『ニュースがわかる・応用編』を録音だけしていたのですが、今日初めて通勤中に聞いてみました。ロシアの新聞記事からの抜粋を解説するというスタイルです。う~ん、なんとかやれそうな気もします。ビジネスロシア語の講座だと思っていたのですが、わりと一般的な内容のようなのでとっつきやすいです。あまり真面目にやろうと思うと絶対に続かないので、単語を覚えることに特化するか、音読の練習素材と割り切るかのどちらかで、ロシア語を完全に忘れてしまわないようにするために始めてみたいと思います。

この番組のゲストのヤロスラフ・シュラトフさんの日本語はすごいです。ラ行の発音で日本人でないことはわかるのですが、そのほかは内容も発音も完璧です。
ロシアで日本学などを専攻した人はそういうものなのかもしれません。旅行中にガイドをお願いした方も東洋学を専攻した方だったのですが、日本語が完璧なだけでなく日本についてものすごく詳しいです。社会や経済、政治、歴史にとどまらず文学や芸術まで本当に良くご存知です。他にも数人の方にお世話になったことがあるのですが皆さん博識でした。ただ、皆さん中年以降の年齢の方だったので、若い人もそうなのかどうかはわかりません。

まだ、どうするか決めてはいないのですがラジオ講座を勉強することになったらブログに記載するかもしれません。そうなるとDMEの時間が必然的に削られることになるのですが。

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 8 Lesson 121-122 

今日はケーリン先生とジェーン先生で受講しました。

ケーリン先生は発音に少し癖がありますが、なんとなく居心地の良い先生です。
スカイプのインフォメーションには、'Yesterday I dared to struggle. Today I dare to win!'と書いていました。

'Who, in your opinion, is the dullest politician in your ccountry?'と言う質問があったので、ジェーン先生はわからないだろう思い、つい現首相の名前を言ってしまいました。次の'Why?'に対してもきっちり理由を言ったところ、「それは総理大臣でしょう?」と言って笑っていました。あっ、ご存知でしたか。

'stubborn'(がんこな)、'take back'(取り消す)、'pigheaded'(がんこな)などが新出語句として出てきました。
'as a matter of fact'を使って文を作る練習をしました。'because'の時みたいに単に理由を述べるのではなく、新しく情報を付け加えて答えるように指示されました。

category: DME Stage 8

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 8 Lesson 120-121 

今日はデニス先生で受講しました。

レッスン121は、知らない単語や難しい文が結構出てきます。
言い回しが難しいのもあるのですが、世界史に詳しくない私としては単純に答えがわからないものも結構あります。

'broke'(無一文の)、'go broke'(無一文になる)、'make the best of'(不満足な条件を最大限に活用する)、'suffer defeat'(敗北する)、'fierce'(獰猛な、激しい)などが新出語句です。

そういえば、昨日のレッスンで'Would you rather I spoke slowly?'という質問があったので、'Yes'と答えたらとてつもなく遅いスピードで次の質問文を読むという意地悪をされてしまいました。ゆっくりな方が聞き取りやすいと思っていたのですが、妙に遅いとかえって聞き取れないということがわかりました。'I wouldn't rather you spoke slowly.'と言うと、いつもの速さに戻してもらえました。

category: DME Stage 8

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 8 Lesson 119-120 

今日はダニエル先生で受講しました。

すごく久しぶりな気がします。しかし、「カップ麺は食べた?もうたくさん?」と、前回の話題を引きずっていました。すごく記憶力がいいのか、みんなに言っているのかよくわかりません。
その後、'Stage 8? Amazing!'と言われました。ほんと、amazingですよ。後半戦に入ってもこんなにしゃべれないとは・・・。

'would rather'の使い方を習いました。文法説明は好きなようで、次は文法だね!と言い、詳しく説明してくれました。

'count on'(~を頼りにする)

今日も内容的にはそれほど難しくなかったと思うのですが、ダニエル先生との授業では私が聞き返すことが多いことと、先生が横道にそれることが多いことからあまり進みません。

今日も強い余震がありました。余震と原発問題が解決しないうちは復興という気分になれないと思うので、なんとかおさまって欲しいです。

category: DME Stage 8

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 8 Lesson 118-119 

今日はシーアン先生とジェーン先生で受講しました。
レッスン118は長くて言いにくい文が多かったのですが、119は難しい言い回しや新出単語も少なく、短い文が多かったです。
ちょっと言いにくかったのが、advertisementを含んだ文でした。これまで米式の[æ̀dvə(r)táizmənt]で覚えていたのですが、テキストでは英式の[ədvˈɚ:tiszmənt]だったので非常に戸惑いました。'i'を[i]と読むか[ai]と読むかだけの違いなら問題ないのですが、アクセントの位置が違うと私の耳は別物と認識してしまうようです。

ひとりDME開始というわけではないのですが、ステージ3を復習してみようと思い立ち、iPodで聞きながら答えていってみました。びっくりです!ちゃんと答えられるじゃないですか!普段、スクールの営業妨害のように「進歩を感じない」とぼやいていましたが、ちょっとずつ進歩しているようです。
この感じはピアノの初見演奏に似ています。自分が今レッスンしている曲と同レベルの曲の初見演奏はかなり悲惨なものになるのですが、技術的なレベルをグッと落とした曲ならスラスラ弾けてしまうあの感じです。

久しぶりにTalkMasterを引っ張り出してきて、NHKラジオロシア語講座の応用編を録音しています。知らない単語がたくさんあります。これを真面目にやる時間は捻出できない気がしますが、週2回なのでどこかでやりたいと思っています。でもやはり録り溜めておくだけになりそうな気がします。

category: DME Stage 8

cm 4   tb 0   page top

高校総合英語 Harvest Section 1 - Section 4 

『高校総合英語 Harvest』を読み始めました。文法書はたくさんありすぎて、どれを選んでよいのかわからなかったのですが、一冊しか読まないわけではないとわりきって、適当に選びました。
Section 20まであります。
気付いたこと、新たに知ったこと、忘れていたことを簡単にメモしていく予定です。

Secrion 1 語順 3月10日~3月13日

Section 2 時制 4月1日~4月2日

Section 3 完了形 4月3日~4月4日
 ☆現在完了形で未来の時や条件を表す場合
  未来のある時点で完了していることを想定する場合は現在完了形を使う。
  When you have cleaned your room, you can watch TV.(掃除をし終わったら、テレビを見てもいいよ。)

Section 4 助動詞 4月5日~4月9日
 ☆could/was able toの使い方
  ・過去の能力について使うときにはどちらを使っても良い。
  ・やってみて実際にできたことを表すときには、was able toを使う。
   I was able to get two tickets for the concert.'(私はそのコンサートチケットを2枚手に入れることができました。)この場合、couldは使えない。
  ・できなかったことを表すときは、couldn'tでもwasn't able toでもよい。
 ☆過去のことを表すwould/used to
  ・would/used to両方を使って過去の習慣を表すことができる。
  ・used toを使って過去の状態を表すことができる。
   I used to wear glasses, but now I wear contact lenses. 過去の状態はwouldでは表すことはできない。
 ☆過去のことを推量する表現
  ・may/might have + pp「~したかもしれない」
   She may have missed the train.(彼女は電車に乗り遅れたかもしれない)
  ・could have + pp「~したかもしれない」そうなる可能性があったのに、実際にはそうならなかった場合にも使う。
   I could have broken my leg.(足の骨を折っていたかもしれないな。)
  ・should have + pp「~したはずだ」
   The train should have arrived in Nagoya by now.(その列車は今頃名古屋についているはずだ)
  ・should have + pp「~すべきだった」過去にしなかったことに対する後悔を表す。
   I should have studied harder.
  ・shouldn't have + pp「~すべきではなかった」過去にしたことに対する非難や後悔
   You shouldn't have bought that CD.
  ・must have + pp 過去のことについての確信を表す。
   It must have rained last night.(雨が降ったに違いない。)
  ・cannot have + pp 過去についての可能性のなさを表す。
 
余談ですが、DMEでhave gotという表現がよく出てきましたが、have toもイギリス英語ではhave got toという形を使うことがよくある、とのことです。
この本にはそういうことがちょこちょこ書かれていて、○○と△△はほぼ同じ意味だが、こちらのほうが控えめなニュアンスになる、など侮れない情報が記載されています。
Section 4は重要なことがたくさん書かれています。要復習です。

category: オンライン以外の英語学習

cm 2   tb 0   page top

DME Stage 8 Lesson 118 

今日はチェリー先生とノマ先生で受講しました。

チェリー先生は読み上げスピードがすごく速いです。さすがにイディオムの説明やレッスンに入ってからの質問は少しテンポを落としてくれましたが、ショートレビューの時はどうなることかと思いました。

今日は、意味はわかるものの非常に答えにくい質問が多かったです。

'confess'(告白する、ざんげする)、'confession'、'a claim for damage'(損害賠償請求)

category: DME Stage 8

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 8 Lesson 117 

今日からステージ8です。デニス先生で受講しました。

車関連の用語を勉強しました。車のパーツで大事なものは?の質問の答えが、ギア、ブレーキ、エンジン、ラジエーターというのは、どうも納得がいかないです。エンジンはいいとして、タイヤ、ハンドル、アクセルが無いと走らないと思う。
'What would you do if you were on a plane and noticed that one enegine wasn't working and the wings were burning?'という変な質問に、'I would give up my life.'と答えたら笑われました。パラシュートで飛び降りればいいというポジティブな意見を頂きました。
質問は変なものが多いですが、今日は、単語や言い回しはそんなに難しいものはありませんでした。

今、高校生用の文法書を読んでいる途中ですが、知っていることに紛れて、へ~!と思うこともあり面白いです。『瞬間英作文』は苦行的に「仕方ないやるか」と思ってやっていたのですが、こちらは楽しく読んでます。

category: DME Stage 8

cm 0   tb 0   page top

どんどん話すための瞬間英作文 

「どんどん話すための瞬間英作文」

ブログを見直しながら終わった日をまとめてみました。

Part 1
 1月初旬~1月27日 10サイクル終了
 1月28日~2月12日 やりなおし終了
Part 2
 1~ 5 2月13日~2月16日 10サイクル終了
 6~10 2月17日~2月21日 10サイクル終了
 11~15 2月22日~2月25日 10サイクル終了
 16~21 2月26日~2月27日 10サイクル終了
 22~28 2月28日~3月 2日 10サイクル終了
 29~34 3月 2日~3月 6日 10サイクル終了
 復習 3月 7日~3月 9日
Part 3
 1~ 6 3月10日~3月13日 10サイクル終了
 7~12 3月14日~3月20日 10サイクル終了
 13~17 3月21日~3月23日 10サイクル終了
 18~22 3月24日~3月27日 10サイクル終了
 復習 3月28日~4月4日

category: オンライン以外の英語学習

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 7 General Review 

今日はマリアン先生で受講しました。

相変わらず明るい先生です。最近、マリアン先生との授業の時が一番スモールトークが多い気がします。
最初の頃は、とにかくテキストをどんどん進める先生という印象だったのですが、最近は雑談や英語の勉強についてのアドバイスなどが増えてきました。とにかく話すことが大事だという結論になることが多いです。

今日教わった語句 household chores(家事)

category: DME Stage 7

cm 0   tb 0   page top

ちくわパン 

今日はちくわパンを作りました。
地震の影響で練り製品がなくなるかもという噂がありましたが、店頭にたくさん並んでいました。
ちくわパンは以前どこかのメーカーから発売されていましたが、実際に売っているところに出会えず食べたことがありません。今でも売っているのでしょうか?ということで、アイディアだけ頂いて作ってみました。

ちくわパン

ちくわパンの材料
パンの材料
強力粉(カメリア) 300 g
砂糖 25 g
塩 4 g
ドライイースト 4 g
スキムミルク 15 g
バター 30 g
たまご 1/2 個
水 170 cc
具の材料
ちくわ 7 本
魚肉ソーセージ 4 本
棒状チーズ 3 本

焼成は210度で12分です。

魚肉ソーセージを入れた方の断面の写真です。
チーズの方がおいしかったです。

ちくわパン断面

category: パン

cm 2   tb 0   page top

DME Stage 7 General Review 

今日はグレセル先生とジェンリー先生で受講しました。

グレセル先生は前回受講した時は言いなおし厳し目だった気がしたのですが、今日は総復習だったせいか結構あっさりと進みました。途中でちょこちょこスモールトークを挟みます。スモールトークの答えに詰まったりすると、簡単に答えられるような質問に言い換えてくれたりします。

ジェンリー先生は初めての先生でした。昨日と同じく総復習中なのであまり先生の特徴がわかりにくいのですが、言い直しはあまり厳しくなさそうでした。

文法の勉強を少しずつ進めています。別にカテゴリを作って記録していくつもりです。

category: DME Stage 7

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 7 General Review 

今日はケーリン先生とノマ先生で受講しました。

ケーリン先生は初めてでした。総復習中なので良くわかりませんが、良い先生のような気がします。
最近の私の良い先生かどうかの基準は、発音や言い直しの厳しさよりも、質問や単語の意味がわからなかった時にわかりやすく説明してくれるかどうかになってきています。質問が難しく、2回の読み上げだけでは理解できないことが結構あるので。
その点ノマ先生は、私が答えに詰まっているとすかさず「こういうシチュエーションよ」と説明してくれるので助かります。

category: DME Stage 7

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。