01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

山型食パン 

基本の食パンです。よく作ります。
配合が同じでも、小麦粉やイーストの種類を変えると味や風味が変わります。
今回使用したスーパーキングは扱いやすく、良く膨らみ軽く仕上がる、失敗の少ない粉です。
パネトーネマザーは風味良く仕上がるので、気に入っています。

山食

食パンの材料
強力粉(スーパーキング) 250 g
イースト(パネトーネマザー) 8 g
砂糖 15 g
塩 3 g
スキムミルク 12 g
バター 15 g
水 180 cc
スポンサーサイト

category: パン

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 7 Lesson 101 

今日はリン先生で受講しました。
日曜なのに音声が悪く、カメラを切ったりマイクのボリュームを上げてもらったりしたのですが、あまり良くなりませんでした。回線状況が悪いとテンション下がりまくりです。
質問文が良く聞き取れず、何度も質問をお願いしたので、先生は私の3倍ぐらいしゃべっていたと思います。申し訳ない!結局、勘で答えたりしてました。
そんな感じで、今日はほとんど進みませんでした。

評判の良いAmerican Accent Training をAmazonで買ってしまいました。すぐにやる予定は無いのですが、とりあえず買っておこうと思って注文したものが今日届きました。デカイ!!予想以上の大きさにびっくりです。しばらくは本棚に飾っておこう。

スカイプレッスン受講中の私の背後には本棚が写っています。最初の頃は、先生方に「何の本があるの?」とか「英語の本もあるの?」とか「そこは図書館なの?」とか聞かれました。一部しか写っていないので本がたくさんあるように見えるのでしょうが、実際はそんなにたくさんはありません。ひとりだけ、「君の部屋は狭そうに見えるが~」と仰った先生もいました。大きなお世話です。

「瞬間英作文」はPart2の16-21を10サイクル終わりました。

category: DME Stage 7

cm 2   tb 0   page top

DME Stage 7 Lesson 102 

今日はジェリメ先生で受講しました。

先生がお好み焼きが好きなのは以前から何度も聞いているのですが、今日も、作り方は知っているかとか、お店で食べるといくら位するのかとか、どれぐらいの大きさかとか色々質問されました。
'Do you like listening to old Japanese melodies?'という質問で'No'と答えると、童謡の「ぞうさん」を歌い、これも嫌いかと聞かれました。いろいろと詳しいです。
そういえば以前、DMEの質問で「人は普通死を恐れるか?」みたいなものがあったのですが、それに'Yes'で答えると、少し驚いたように日本人も死が怖いの?ときかれました。ハラキリとかのイメージなんですかね?

「瞬間英作文」はPart2の11~15を昨日10サイクル終えました。

category: DME Stage 7

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 7 Lesson 100-101 

今日はマリアン先生で受講しました。
マリアン先生は以前はかなりサクサク系の先生だなあと思っていたのですが、最近はあまりそう感じなくなりました。相変わらず言い直しは少なめなのですが、詰まったりすると詳しく説明してくれたり、スモールトークを挟んだりするようになったせいでしょうか。たくさん例を挙げて説明してくれるのですが、説明の時は速いです。普段、早口な人なのかもしれません。
長い文もありましたが、文自体が難しくないと結構楽です。

今日は、バリューの発音レッスンもありました。ジェイ先生はエアコンが嫌いなので扇風機派なのだそう。やっぱり暑いんですね。
4月に日本に来る時に、桜の花を見たいといっていましたが、4月半ばだと東京じゃ無理かもしれません。東北あたりだとまだ咲いていると思うので、是非見せてあげて欲しいです。

category: DME Stage 7

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 7 Lesson 99-100 

今日はジャニス先生で受講しました。
今日も眠いです。そのせいか勉強にもいまいち身が入りません。
飽きているのか疲れているのかわかりませんが、DMEもちょっと面白くないです。
特に新しい文法事項や単語が出てきたわけじゃないせいでしょうか?でも毎回新しいことが出てくるのも辛いですし。来週で仕事が忙しいのも少し落ち着く予定なので、状況がましになるかもしれません。
とりあえず週末が待ち遠しいです。

category: DME Stage 7

cm 2   tb 0   page top

文法はどうやって勉強すべきか? 

今日は朝からずっと眠くて、もうだめだと思ったのでDMEはキャンセルしました。まあ、こんな日があってもいいかな。一応、義務感で「瞬間英作文」を少しやりました。

最近、英文法の勉強をきちんとしたいと思っています。
ロシア語を日本人の先生から習っていた時には、先ず文法ありき!という感じでがっちり習いました。先生が生き字引のような方で、どんな質問をしても答えが返ってくるばかりではなく、その周辺の事項や、チェコ語では~、ブルガリア語では~、フランス語では~と他のヨーロッパ語圏の言葉と比較して説明してもらえて、非常にためになりました。
その後に習ったネイティブの先生も言語学を専攻していた方だったので、会話と同時に文法にも力を入れて教えていただきました。ロシア語でロシア語の文法を説明してくれるのですが、まあ、大抵わからないので英語に切り替えて説明してもらっていました(先生は日本語が出来ない)。そうすると、ロシア語と英語の両方の文法用語を覚えないといけないわけなんですが、ロシア語の文法用語は長い!文法用語に限らずロシア語の単語は長くて覚えにくいものが多いのです。ですが、威厳に満ち溢れた年配のロシア女性(厳密にはアメリカ国籍)に「来週までにここからここまで全部覚えて来い」と言われれば死ぬ気でやるもんです。なのに今は半分以上忘れているでしょうね~。
話がそれまくりましたが、文法は大事だと思うのでどうやって勉強するのがいいのか考えながら寝ます。

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 7 Lesson 99 

今日はノマ先生で受講しました。
先生、髪を切っていました。短い方が似合ってます。
ノマ先生は、答えに詰まった時などに、シチュエーションを丁寧に説明してくれるところが好きです。
そして、多少時間オーバーしても切りのいいところで終わる傾向にあります。デニス先生もそのタイプだと思います。そのせいで最後の方は、絶対に間違えられないという緊迫感が漂います。

花粉症なので今日病院に行って来ました。しばらくは辛い日が続きます。

category: DME Stage 7

cm 0   tb 0   page top

アンドラーシュ・シフ 紀尾井ホール 

2月20日に紀尾井ホールで行われたアンドラーシュ・シフのコンサートに行きました。

プログラムはベートーベンのピアノソナタ30、31、32番でした。
30番の2楽章はちょっとやり過ぎかなと思うほどの打鍵でしたが、私が最も好きな3楽章、特に106小節目からの盛り上がりは感動的でした。私はベートーベンピアノソナタに関してはあまり速いテンポでの演奏は好みではないのですが、この部分に関しては、かなりのテンポでウワーッと弾いているリヒテルのCD(Richter The Master Vol.1)演奏が結構好きなのですが、残念なことに肝心なところでのミスタッチが目立ち、聴くたびに「あ~、惜しい!」と思っています。昨夜のシフの演奏は、それとは全く違うタイプのものでしたが、文句無しの素晴らしい演奏でした。
3曲中で特に良かったのが、31番で特に後半のフーガは圧巻でした。これまで、31番より30番の方が好きだったのですが、昨夜の演奏では逆転していました。
今回使用されたピアノもシューベルトの時に使用したものよりも曲に合っていました。1時間強の3曲連続の演奏の間、完全に空気を支配しきっていて、会場がシフの世界に圧倒されているという感じの素晴らしい夜でした。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 6 General Review, Stage 7 Lesson 98 

今日はジェリメ先生で受講しました。
5分ぐらいでステージ6の総復習を終えて、ステージ7に入りました。
多分、ジェリメ先生のレッスンは1ヶ月ぶりぐらいだと思いますが、相変わらずハイテンションで、ステージ7に入ったことをすごく喜んでくれました。こうやって生徒をのせるのも大事ですよね。

今日はステージ6でやった直接話法と間接話法の復習がメインでした。やはり問題文を読んでる間に文の前半を忘れたりして、途中私の創作が入ったりすることもあるのですが、以前やった時よりはスムーズにできました。
'ground floor'と'first floor'は紛らわしいですね。確か国によって階の数え方が違うんでしたよね?

「瞬間英作文」はPart2の6~10まで10サイクル終わりました。

category: DME Stage 7

cm 2   tb 0   page top

DME Stage 6 General Review 

今日はジェーン先生で受講しました。
今日もちょっと音声が良くない感じでした。そのせいか、言い直しはかなり甘かったです。

ジェーン先生は、私の見た目(というか顔)について何か一言あるらしく、毎回何かしら言ってきます。
以前、歯並びを褒められたことがありますが、先生は自分の歯並びが気に入らないらしいです。全く気にならないのですけど?
前回は、「piroは純粋な日本人?」と聞かれました。今回も、「他の日本人たちと少し目の形が違うみたいだけど、他の国とのミックスではないか?」と聞かれました。
う~ん、日本では一度もそんなこと言われたことないし、海外でもどう見ても日本人に見えるらしく、「コンニチハ」と声をかけられることが多いです。謎です。
ちなみに別な先生には、めがねをかけてのレッスン中に「めがねを外すと宇多田ヒカルに似ているのではないか?」と言われたことがありますが、全く似ていないし言われたこともありません。

総復習中はあまり話題が無いですが、明日でステージ6が終わりそうです。

category: DME Stage 6

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 6 General Review 

今日はダニエル先生で受講しました。
回線状態が悪くカメラはオフでした。カメラがオフの方が真面目に進めてくれる傾向にある気がします。

DMEで週末の計画を聞かれる問いに、「神社に行くので原宿に行く」と答えると、「原宿は危険だ、やくざとオカマがたくさんいる」と言っていました。その後オカマについての説明をしてくれ、その認識はだいたい合っているようでした。しかし、原宿がやくざとオカマの街だったとは知らなかった。そうなんですか?
'social problem'を問われるところでは、'grass-eating man?'とか'otaku?'などの答えを先に言われてしまいましたが、草食系男子の認識が少しずれているようでした。「草食系男子はそんなに嫌われていないから、社会問題にはなっていない。」と私が言うと、顔をしかめて「俺は嫌いだ、今までに2回会ったことがある。センシティブでつまらないヤツで、テレビばっかり見ていてスポーツをしない・・・」などと言っていました。ひきこもりは'shut-ins'または'geek'と言うそうです。
明日の夜の予定を聞かれる問いで、クラシックのコンサートに行くというと、興味を示し、作曲家は誰かとか、交響曲なのかトリオなのか四重奏なのかなどと聞いてきたので、ベートーベンのピアノ曲の演奏会に行くというと、「うらやましい!ベートーベンもピアノソナタもコンサートも大好きだ!」という答えが返ってきました。たまにまともなリアクションをされるとこちらがびっくりです。

category: DME Stage 6

DME Stage 6 General Review 

今日はケント先生で受講しました。

完璧に言えるまで言い直しをさせる先生です。アナベル先生みたいに「もっと速く!」と要求したりもします。
質問文を噛んだりいい間違ったりすると必ず'I'm sorry.'と言う言葉を挟み、聞き返すときには'Pardon?'と言うので丁寧な印象です。
最初に受講した時には、質問文を読む時にモニターをガン見している感じだったのですが、今日はそんな感じでもありませんでした。
スモールトークもいろいろ振ってくれるのですが、どうにも話を膨らませられず'Yes''No'程度の答えになってしまい申し訳ないです。

予約画面を見ると、また新しい先生が増えたようですね。どんどん拡大中ですね。

その後、バリューの発音レッスンを受講しましたが、発音レッスンの30分はあっという間に過ぎてしまいます。

category: DME Stage 6

cm 2   tb 0   page top

DME Stage 6 General Review 

今日はLJ先生とマリゼ先生で1コマずつ受講しました。
なかなか対照的なお二方でした。

私は早朝でまだ着替えていなかったのでカメラを切っていたのですが、なぜかLJ先生の方の画像も表示されず音声のみでのレッスンとなりました。 てきぱきとした感じの先生で、適度にスモールトークもまじえてきます。言い直しはあまり厳しくないようでした。レッスンの最後に、今日のレッスンはどうだった?と感想を聞かれました。新しい先生だからみんなに聞いているのか、カメラを使っていなかったから様子が伝わらなかったのか、私がまだ目覚めていなくて感じ悪かったのか、などと考えてしまいました。

マリゼ先生はおっとりとした先生で、ものすご~く褒めてくれます。言い直しはほとんどさせない感じでした。スモールトーク大好きなようで、半分ぐらいはスモールトークだった気がします。と言っても、DMEの質問文がらみなので、日本の水力発電についてとか、東京の交通渋滞についてとか、民主主義は良いか?など、あまり先生のイメージやしゃべり方には似つかわしくない話題でした。なおかつ、答えようにもボキャ不足で子供の答えのようになってしまいました。

朝レッスンは私には厳しいです。やはり非常時のみにすることにして、明日からは夜レッスンに戻ります。

category: DME Stage 6

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 6 General Review 

今日はセレステ先生で受講しました。

昨日、今日、明日と夜受講できそうに無いので、朝ひとコマだけ受講しました。レビューだと気楽に受講できて良いです。
セレステ先生、ものすごく眠そうでした。目が普段の半分ぐらいの大きさになっているし、文章の読み間違いやカミ具合や、ワンモアタイムと言いつつ別な文を読んだりするなど普段の先生らしくないレッスンでした。先生たちも大変なんだな~と思いました。朝レッスンは私も大変ですが、明日も気が変わらなければ朝レッスンの予定です。

「瞬間英作文」Part2の1~5が10サイクル終わりました。3日ぐらいでまわせる量だと飽きる前に次にいけそうです。

category: DME Stage 6

cm 0   tb 0   page top

アンドラーシュ・シフ 東京オペラシティ 

昨晩、アンドラーシュ・シフのコンサートに行きました。前半は楽興の時と即興曲Op.90の全曲で、後半は3つの小品と即興曲Op.142を弾きました。
バッハの平均率やベートーベンのピアノソナタのCDは聞き込んでいるのですが、シフの演奏をライブで聴くのは初めてです。
最初の楽興の時を弾き始めたときに「んっ?」と少しピアノの音に違和感を感じました。和音の響き、分厚い和音ではなく2、3音だけを同時にならしたときの音の響きに違和感を感じました。曲が進んで行くに従い、あまり気にならなくなりました。旋律を際立たせるためには良いのかもしれません・・・。

即興曲はもともと両方とも大好きなのですが、非常に丁寧に弾いていて素晴らしかったです。Op.90-1は、少しとっつきにくい感じがあり今まで手を出せずにいたのですが、ぜひ弾いてみたい曲になりました。
アンコール曲のハンガリーのメロディーは予想どおりの選曲でしたが、こちらも非常に丁寧に弾いていました。曲によっては、ちょっとベートーベン的?という印象を受けたものもありました。これぞ私の求めているシューベルト!と言う演奏ではありませんでしたが、全体的には非常に良い演奏会で満足でした。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 6 General Review 

今日はマリアン先生で受講しました。

いつも元気で明るい先生です。今日は黒ブチのめがねをかけていました。
普段はあまり脱線せずにDMEを猛進する感じなのですが、今日はスモールトーク多めでした。しかし、スモールトークの英語が速い!
質問文にからめて何か武道をやっているのか聞かれました。そういえば'martial art'って言うんだったよなあ、と久しぶりに思い出しました。

少し弱くなったものの、まだ雪が降っています。朝までにはやんでくれるといいのですが。

category: DME Stage 6

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 6 Lesson 97, Exam 

今日はジャッキー先生で受講しました。
ちょうどExamの最後までで終わりました。明日からGeneral reviewですが、何をやったか全然覚えてないです。

数日前に、来年度のNHK語学番組が発表になったので気になるロシア語をチェックしてみると、テレビは当然のように再放送で、ラジオの方は4~9月は新番組とのことでした。週5日を初級編(月~水)と応用編(木、金)にわけており、初級編では基礎の基礎をやり、応用編ではやさしいビジネスロシア語をやるそうです。なぜこんな中途半端なことをするのか理解できませんが、聞く気が一気に失せました。対象者をどのへんに設定しているのか謎です。良くわかんないから適当に2種類やってみました、と言う感じに見えます。真面目に教えてくださる講師の方には悪いですが・・・。まあ、来月テキストだけは見に行ってみよう。
その点、英語の番組は充実してますね。なのになぜか食指が動かない。

category: DME Stage 6

cm 6   tb 0   page top

クリームパンとカレーパンを作りました 

昨日作ったパンです。丸い方がカレーパンで切込みが入っているほうがクリームパンです。カレーパンはカロリーダウンのために油で揚げずに焼いています。
普段使用する小麦粉の量は250~300 gなので、500 gをこねるのは大変でした下記の分量で作ると、クリームはちょうど良い量ですが、カレーパンのフィリングはちょっと余ります。

クリームパンとカレーパン

パン生地の材料(カレーパン8個分とクリームパン10個分)
強力粉(カメリヤ) 500 g
砂糖 80 g
塩 6 g
ドライイースト 6 g
スキムミルク 25 g
たまご 1個
バター 70 g
水 270 cc
カレーパンのフィリングの材料
ジャガイモ 中2個
たまねぎ 中1個
ひき肉 80 g程度
カレールー 2かけ
クリームパンのフィリングの材料
たまご 1個
砂糖 70 g
薄力粉 20 g
牛乳 300 cc
バター 大さじ1
作り方
一次発酵後の生地は、クリームパン用に60 gずつ10個、カレーパン用に45 gずつ8個に分割する。
それぞれにフィリングを包み、2次発酵後に210℃で15分焼成する。

category: パン

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 6 Lesson 96-97 

今日はサン先生で受講しました。

以前も書いた気がしますが、土曜の夜も受講できるようになって本当に便利です。
サン先生は2度目ですが、美人だし、ソフトな口調でジョークをまじえたりしながら笑顔で話しかけてくるので、男性人気が高いのではないかと思います。
やはり、言い直しはほとんどなしです。自由解答もOKでそれに対して色々コメントしてくれたりするのですが、文自体を訂正されることはほとんど無いです。間違いが無いわけは無いのですが・・・。

Lesson 96、97が3ページずつしかなかったとは!この調子では、明日にはステージ6が終わり、テストとレビューに入ってしまいます。毎回、もうすぐステージが終わりの頃になると、ちょっと名残惜しいと言うか、先に進んでもいいのかなという気分になるというか、あまり嬉しくないのです。

「瞬間英作文」のPart1のやり直しが今日終わりました。今回は満足です。明日からPart2に入ります!

category: DME Stage 6

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 6 Lesson 95 

今日はマージ先生で受講しました。

今日は午後から出かける予定だったのですが、天気が悪すぎるのでうちにいることにしました

祝日なので、普段受講しない先生を選んでみました。しかし、寝坊して頭が目覚めていなかったせいか、天気のせいか、音声があまり良くなくカメラを切ったせいか、私のテンションが全く上がらず、先生の振った話題にもそっけなく答えたり、もっとスピーディに答えた方が良いのだろうなと思いつつもゆっくりとしか答えられなかったりと、感じ悪い生徒だったかもしれません。申し訳ない

途中、'Does your country have a royal family?'という質問に'Yes,~'と答えると、驚いた様子で日本に'King'と'Queen'がいるの?というので、'Emperor'と'Empress'がいると答えたら納得していた様子でしたが、'Royal family'と'Imperial family'は区別すべき?

一人だし時間もあるけど勉強する気分ではないので、何か気分転換でもしよう!!

category: DME Stage 6

cm 4   tb 0   page top

DME Stage 6 Lesson 94-95 

今日はデニス先生で受講しました。
前回のレッスンの時に、次回は予習をしたほうが良いかなと思ったのですが、結局時間がなく復習すらろくに出来ずに臨みました。まあ、いつもどおりということです。

今日は、前回ほど「進めます!」と言う感じではなかったです。
'Would you prefer to join a tennis club or a chess club?'の質問で、テニスクラブを選んだ理由を聞かれたので、'Because I don't know how to play chess.'と答えたら、僕が教えてあげるとのことでした。たしか、この間はギターを教えてくれる約束でしたよね。常に先生なデニス先生です。チェスは得意だそうです。

私はこの質問'What does it mean in your language?'が嫌いです。ヨーロッパ系の言語なら簡単に答えられるのかもしれませんが、日本語だと難しいです。'doing'の意味を言えといわれても困りますよ~。

今日は、適当に作文した答えを良いたとえだねと褒めてもらったりもしたので、気分良くレッスンを終えることができました。単純ですね。

category: DME Stage 6

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 6 Lesson 93-94 

今日はノマ先生で受講しました。

音声は相変わらずです。先週は良かったのに・・・。
ノマ先生のスカイプのコメントのところに'angry'のマークがあったので、受講前にちょっと構えてしまいましたが、いつもどおりでした。音声が悪いにもかかわらず、テンポ良く進んでいきました。

DMEのCDで発音が英式なのは仕方ないとして、テキストのスペルが英式なのはちょっとなあと思います。たまに、これまで間違ってたのかな?と思ってびっくりすることがあります。'recognize'と'recognise'、'organize'と'organise'のような'z'と's'の違いとか、'practice'と'practise'とか、結構たくさんあります。'program'の複数形が'programmes'というのは長すぎです。米式のスペルの方がリーズナブルな気がするのは単に慣れているせいでしょうか?

しばらく書いていませんでしたが、「瞬間英作文」続けています。といっても、Part1をやり直しています。セグメントに分けてやろうと思い、Part1を5つに分けてやっています。全部をまわすより圧倒的に速いです。1つのセグメントは3日でまわしています。Part2も細かく分けてやる予定です。

category: DME Stage 6

cm 2   tb 0   page top

DME Stage 6 Lesson 93 

今日はジェシー先生で受講しました。写真のイメージとちょっと違いました。
昨日に引き続き今日も音声がよくありませんでした。こちらの声が遅れて聞こえているようです。うなずくタイミングがかなりずれているし、こちらが答えている最中に同時か少し遅れてかぶせてくるのでやりにくかったです。
う~ん、もうちょっとスカイプの調子が良い時に受講しなおしたいです。

category: DME Stage 6

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 6 Lesson 92-93 

今日はジェーン先生で受講しました。

今日はあまり音声が良く無かったです。そのため、同じ答えを何度も聞き返されることになりました。ゆっくり、はっきり発音しないと聞こえてないようでした。

ジェーン先生は明るいです。DMEの文で何かの歌の歌詞と同じフレーズがあると必ず口ずさみます。でも、しゃべり方などが落ち着いた感じなので、安心して受講できます。
お気に入りの先生なのに、今日は回線状況のせいでちょっと残念な感じでした。

category: DME Stage 6

cm 0   tb 0   page top

仲道郁代コンサート サントリーホール 

今日は、サントリーホールで行われた仲道郁代さんと東京フィルハーモニー(小林研一郎指揮)のコンサートに行きました。
プログラムは、オールベートーベンで
1. ピアノ協奏曲第1番
2. ピアノソナタ第8番「悲愴」
3. ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
でした。

一言で言うと、とてもよかったです。
ピアノソナタ第8番「悲愴」は、テクニック的にはそれほど難しくないので、ピアノの先生方も子供の生徒さんに弾かせたりすることも多いのですが、プロの演奏でもこれだ!と思うものにはなかなか出会ったことがありません。一楽章の序奏のグラーヴェを妙にゆっくり弾いたり、主題が猛烈な速さだったりと落ち着かない演奏が多いのですが、今日の演奏は全楽章を通して非常にバランスの良い演奏でした。「皇帝」も2楽章の美しさと3楽章の力強さとの対比が素晴らしく、本当に来て良かった~と思いました。
途中、トークを挟んだのですが、ベートーベンや楽曲の話をさせると話が尽きないと言う感じで、相当研究されているんだなあと思いました。
あんなエレガントな女性になれたらいいな~と思いました。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 6 Lesson 91-92 

今日はジュリアス先生で受講しました。

直接話法と間接話法について習いました。直接話法から間接話法への書き換えは、文を見ながらだと簡単に出来ますが、聞きながらだと覚えておかないといけないので結構難しいです。

リーディングレッスンでは、'lose'と'loss'の発音を何度も直されました。'l'の発音を注意されることは結構あるのですが、今回の場合はそうではなく両者の区別が曖昧に聞こえていたらしいです。全然別な発音をしていたつもりなので、ちょっとショックでした。

ジュリアス先生のスモールトークは節度ある感じです。少し話をして、最後にジョークを付け加えて笑ったところで、「じゃあ次に行こう!」という感じです。

category: DME Stage 6

cm 8   tb 0   page top

米粉パン 

少し前から、ベターホームのパン教室に月一回参加しています。ここ、5年ぐらいパンを作ってきましたが自己流だったので、こね方や発酵の具合など正しいのかどうかを確認するために一度どこかで習いたいと思っていました。月に一回3時間程度で、予習も復習もいらないので楽しいです。自分では、絶対に作らないようなパンも作ることが出来ます。
今日のテーマは『米粉のパーカーバンズ』と『天然酵母のミルク食パン』です。米粉パンも自分で作ることは無いと思います。こねるのが小麦粉に比べて非常に力が要りますし、焼き上がりの小麦の香りが感じられないのはなんともさびいしいです。
お米に合う様にと、チャーシューとルッコラ、わさびマヨネーズを挟んでいます。こねる時の手触りも、食べる時の食感も普通のパンとは全然違いました。

米粉パン

以前、バリューのジェイ先生に、週末の予定を聞かれたときに、「クッキングスクールに行く」と言うと、「すごいお金がかかるんじゃないの?」とものすごく驚かれてしまいました。どうも、フィリピンではかなりのセレブが行くところのようで、鍋や調理器具一式を買わされたりもするようです。材料費も道具代も必要ないし、受講料も高くないと言いましたが、「う~ん、日本人の言うことだからなあ・・・。」と、納得いかなそうな感じでした。

category: パン

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 6 Lesson 91 

今日はダニエル先生で受講しました。
見るからにご機嫌そうです。こういう日は絶対にDMEは進まないよなあと思いつつレッスン開始。

まずは、朝ごはんの話で軽く5分ぐらいは引っぱり、その後DMEを開始しました。
今日のキーワードは「我慢」だったようです。DMEの質問文で、「もし大金持ちだったら、自分で家事をするか?」というものがあり、それに「自分でやる」と答えたら、「日本人は我慢を知っているからね。フィリピンには我慢というものが無い。ダニエルは我慢を知っているよ、掃除も洗濯も料理も全部自分でする。」と言っていました。とにかく「我慢」は良いことらしいです。
適当に答えたものは、やはりちょこちょこ直されます。直されなかったのは、「全ての新聞は真実を報道するか?」の答え(Noで答えました)の理由、'Because some newspapers want to control public opinion.'ぐらいかなあ。'Wow, North Korea!'と言って喜んでいました。相変わらず北朝鮮ネタはすきそうで、ひとりでサケを飲みながら金正日について考えると言っていました。ビーチに連れて行って語り合いたいらしいです。
雑談だと思って適当に相槌を打っていると、いつの間にか文法説明をしており、突然'Got it?'と言われることがあるので油断ならないです。

そんな感じでレビューにほとんどを費やし、今日のレッスンは5~6文しか進んでないです。まあ、いいです。

category: DME Stage 6

cm 4   tb 0   page top

DME Stage 6 Lesson 90-91 

今日はサン先生で受講しました。3日連続で初めての先生です。
新しい先生ですが、英語を教えることにすごく慣れている印象を受けました。言い直しは少なめです。そして日本人受けしそうなソフトな感じの美人です。

初めての先生の時には予習をしておこうと思っていたのですが、時間不足でまたもぶっつけでした。レビューのところは結構すらすらと答えられたのですが、今日のレッスンのところは、簡単な文以外は何度も質問文を言ってもらうことになりました。解答はかなり自由なものでOKで、むしろ自由な解答を奨励している感じでした。

'desert island'が無人島のことだとは知らず、意味を聞かれる質問で「知りません」と言う羽目になってしまいました。直前に'desert'の説明を問われたので砂漠の意味ではないのだろうとは思ったのですが。。。
'Does it appear to you that the better we get to know people, the more we like them?'この文が聞き取れなくて、何度も質問してもらうことになったのですが、書かれたものを見るとそんなに長くもないし、わかりにくい文でもないですね。多分、質問を聞いている最中に「長い!」とパニックになって、思考停止してしまったのだと思います。

はぁ~、今週は長かったです。

category: DME Stage 6

cm 0   tb 0   page top

DME Stage 6 Lesson 90 

今日はドロシー先生で受講しました。今日も初めての先生です。
帰りが少し遅くなったので1コマだけにしました。

ゆっくり、はっきり読み上げる感じの先生でした。言い直しは、間違えていなければ無しでした。かなりゆっくり、ぽつぽつと答えた時にも無しでした。
今日はChinese new year だけど、知ってた?と最初に聞かれました。二月初旬だとは思っていましたが、今日だったんですね。スモールトークもはっきり発音してくれるので助かります。と言っても、そんなにはありませんでした。

先週、散々スカイプの接続不良のことを書きましたが、先週末からこちら一度も不調だったことがありません。対応してもらえたのかな?

category: DME Stage 6

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。