07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

アンドラーシュ・シフ サントリーホール 

コンサートの記録を書くのは久しぶりですね。長い間行っていませんでした。
3月16日、アンドラーシュ・シフ氏、サントリーホールでのコンサートです。

6つのバガデル
ピアノソナタ32番ハ短調 op.111
ディアベッリの主題による33の変奏曲ハ長調 op.120

私は会場に来るまで知らなかったのですが、震災のための追悼と復興への祈りを込めたコンサートだったようです。
ピアノはベーゼンドルファーでした。演奏はいつも通り、素晴らしいです。

アンコール1曲目は、バッハのゴールドベルクのアリアでした。ベーゼンはベートーベンよりバッハの方が合うのかもしれません。
本人から被災者や遺族、日本人へメッセージがあり、その後、驚いたことに、アンコール2曲目としてベートーベンのピアノソナタ30番をフルで演奏してくれました。終わったら、会場が総立ちでした。演奏も素晴らしいですが、人柄も素晴らしい方です。
会場を出たら9時50分でした。開始から、3時間近くに及ぶ熱演でした。
スポンサーサイト

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

清水和音 ピアノリサイタル 所沢文化センター 

7月7日に所沢文化センターで行われた清水和音氏のピアノリサイタルに行きました。

曲目はこちらです。

ベートヴェン:ピアノソナタ第17番 ニ短調 Op.31-2
ベートヴェン:ピアノソナタ第21番 ハ長調 Op.53
ベートヴェン:ピアノソナタ第26番 変ホ長調 Op.81a
ベートヴェン:ピアノソナタ第23番 へ単調 Op.57

オールベートーヴェンです。
清水氏は有名なピアニストであるにもかかわらず、私は何の知識も音源も持っておらず、先入観無しで聞くことができました。ベートーヴェン、得意なんでしょうね。とても良かったです。熱情の3楽章の後半も、激しいながらも決して崩れない演奏で、品の良さが感じられました。
アンコール曲があったように思いますが、全く思い出せません。。。記録はすぐにつけないと、ダメですね。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

ハオチェン・チャン ピアノリサイタル 東京芸術劇場 

6月22日に東京芸術劇場で行われたハオチェン・チャンのピアノ・リサイタルに行きました。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ 第30番 ホ長調Op.109
ショパン ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 Op.58
リスト バラード 第2番 ロ短調
ドビュッシー 前奏曲集 第2巻より「風変りなラヴィーヌ将軍」、「ヒースの茂る荒野」、「月の光がふりそそぐテラス」、「花火」
ストラヴィンスキー ペトルーシュカより3楽章

もう随分前のことで、記憶も曖昧なので、あまりコメントは書きませんが、想像以上に良い演奏会でした。特に、ベートーベンの30番!正当派な演奏でした。ショパンはかなり自由で、ちょっと演歌風。アンコールは、ショパンのノクターン0p.9-2とワルツOp.18でした。
テクニックは完璧です。まだ若いので、楽しみなピアニストが増えて嬉しい限りです。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

都響・調布シリーズ「ドイツ3大Bの響宴」 調布市グリーンホール 

6月7日に調布市グリーンホールで行われた東京交響楽団の演奏会に行ってきました。指揮は川瀬賢太郎氏で、
ピアノはクシシュトフ・ヤブウォンスキ氏でした。

プログラムはこちらです。

バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第3番
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第4番
ブラームス:ハンガリー舞曲 第1番~第5番

ドイツ3大Bというとかたい感じがしますが、とっつきやすい曲ばかりです。
お目当てはヤブウォンスキのベートーベンです。ベートーベンの協奏曲は第5番『皇帝』が有名ですが、4番も同じ位好きです。ヤブウォンスキのベートーベンはソナタを何曲か聴いたことがありますが、協奏曲は初めてです。上手いです!本人も満足そうでした。アンコールにショパンの『華麗なワルツ』を弾きました。

ブラームス、すごく良かったです!指揮者の川瀬氏はラ・フォル・ジュルネに続いて2回目です。若いし、細いし、身のこなしが軽やかで、表情豊かです。多分、顔の表情も豊かだと思います。
オケのアンコール曲は、ブラームスのハンガリー舞曲第6番でした。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

岡田博美《イベリア》全曲を弾く トッパンホール 

5月24日に岡田博美氏のリサイタルに行ってきました。イベリアの全曲演奏会ということで楽しみにして行きました。
5月は、ラ・フォル・ジュルネでもペレス氏のイベリア全曲を聴いたばかりです。それほど演奏されることが多くないアルベニスの作品を立て続けに聴くことが出来てラッキーです。

プログラムはイベリア全曲で、アンコールにナバーラ(岡田博美氏補筆)と『組曲スペイン』よりタンゴが演奏されました。

イベリア第3集は、一年半ほど前に行われた岡田氏のコンサートで聴いていますが、今回の方が断然良かったです。私は第3集が一番好きなのですが、弾きにくいのか、結構崩れる方が多いのです。でも、今回の演奏は、本当に素晴らしく、プログラム後半に行くに従ってノリも良くなってました。岡田氏とピアノとの相性も良さそうでした。

アンコールの岡田氏補筆のナバーラは、途中までは多分セヴラック版と同じ(?)だと思うのですが、後半がかなり華やかな感じ、印象派風というかラヴェル風というか、になっていました。
本当にいい演奏会でした。

category: コンサート

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。