09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

産経オンライン英会話体験レッスン 

産経オンライン英会話の体験レッスンを受講しました。

1回目は「トライアルレッスンB」という自己紹介用のテキストを使いました。トライアル専用のテキスト以外からも選べるのかもしれません。
レッスンの最初にお互いに自己紹介をしました。
ロールプレイをしたり、説明を聞いたり、先生の自己紹介の見本を聞いたりした後で、もう一度自己紹介をしました。テンプレ通りにやらなくても、不可欠な要素さえ盛り込めば、自分でも違いがわかるほど進歩しました。25分とは思えないほど密度の濃いレッスンでした。

先生は、30代の女性の先生でした。美人で明るい先生です。と、ここまではフィリピン系オンラインではよくある話なのですが、とにかく頭の切れそうな先生です。就活のグループ面接では同じグループになりたくないタイプです。
自己紹介のテクニックだけを教えてもらうのが惜しい位でした。英語のスピードも速いのですが、休みなく説明や会話が続きます。かといって、一人でしゃべり続ける系ではありません。英語自体も、まるでアメリカ人のようなイントネーションだったので、留学経験があるのか尋ねてみると、無いそうです。アメリカのテレビ番組や映画を見て、覚えるほど真似をしていたそうです。フィリピンの先生達からは、英語の歌や映画を真似するというのはよく聞く勉強法ですが、日本では身近でやっている人はいませんよね?こんなに効果があるならやってみたいですね。(私も一度、映画のDVDを手本に台本を読むというのをやったことがありますが、見事に挫折してますね。)

届いたレッスンレポートは、アドバイス等に加え、自己紹介におけるTIPS等も有り、これまでに受け取ったことがないほど長いものでした。全ての生徒にあんなレポートを書いているのだとしたら、とても大変そうです。

体験レッスン2回目は日常英会話のテキストを使ってのレッスンです。B1レベル(中級)の中から外国の食べ物に関する記事を選びました。
正直、先生は特に悪くはないのですが、昨日の先生やビズメイツの先生と比較するとちょっと物足りない感じです。テキストに沿ったレッスンをすると、半分以上時間が余ってしまったので、先生がそのあと色々な質問をして、それに私が答える感じです。

レッスン終了後、レポートが送られてきました。やはり、かなりたくさん記入してありました。私の間違った文を訂正したものや、良かった点などです。会話中にタイピングしていたのはこれだったのかと思いました。
レベルチェックも兼ねていたようですが、次からはB2(中上級)の日常英会話かビジネス英会話を受講すると良いとのことでした。これは産経オンラインのテキストレッスンでは一番上の級です。ビズメイツではレベル1だというのに・・・。

今、新春キャンペーン中でいろんなスクールが入会特典をつけていますね。
私が受講しているビズメイツは初月半額、産経オンラインは通常5,980円が初月2,016円、hanasoも初月半額キャンペーンをやっています。こういうキャンペーンは始めるきっかけになりますよね。
スポンサーサイト

category: 体験レッスン

cm 0   tb 0   page top

オンライン英会話・体験レッスン 

今回はEnglish de goというところの体験レッスンを受講しました。

初回から、いきなりの代行レッスンでしたが、代わりの先生がとても良い先生で話しやすくて良かったです。
"Breaking News English"から、歩きながら携帯メールなどをするのは危険という話でした。この位、短くて易しい文だと、どんなことが書いてあったか聞かれても、割とスラスラまとめられるのですが、政治や経済の記事になると、とたんに詰まりまくってしまいます。

体験レッスン2回目の先生は、ESLのトピック集からどれについて話したいかを選ばせてくれました。一番、当たり障りのなさそうな食べ物に関する話題を選びました。この先生も話しやすい先生で、文法ミスがあればさりげなく言い直してくれたりして良かったです。
二人ともいい先生だったので、少し心が動いています。

もう一つは、eTOCです。こちらも2回の体験レッスンが受講できます。
一人目の先生とは、コロケーションの勉強をしました。使用する教材のリンクを送ってくれましたが、その教材は全く使用せず、コロケーションの説明をしてくれました。途中、質問をしたのですが、説明がちょっと納得いかず・・・でした。

二人目の先生とは、英検準一級コースをやりました。一応、合格しているのですが、一級コースだとさっぱりわからない可能性が高いし、一次試験の勉強をどうやってやるのか興味があったので。
すごく良さそうな先生だったのですが、音質に問題があり、半分ぐらいしか聞こえませんでした。何度かコールしなおしてもらったのですが、最後まで良くなりませんでした。
どうするか微妙な結果になってしまいました。

ウィリーズは週2回、ちゃんとやってます。
カリキュラムより、先生との雑談が楽しいです。

最近、体験レッスンをいろんな所で受けていてよく言われるのが、テキストを読むの時の発音やイントネーションが日本人ぽくないということです。もちろん、ネイティブっぽいと言われたことはありません。なに人っぽいのかはわかりません。フィリピンっぽいんですかね?まあ、それでいいということなので、このままで。
一時期、いろんなネイティブスピーカー(イギリス人は難しいのでアメリカ人だけ)の音源を真似していたことがあったので、そのおかげかもしれません。今はネイティブの真似ブームが去って、発音に関しては何もしていませんが、イントネーションは多少意識しています。

ようやく英語での読書を始めました。2年位前に"The Piano Shop on the Left Bank"を読んで以来です。ニュース記事や論文は日常的に読んでいても、小説は非常に読みにくく、かなり時間をかけて読んだのを覚えています。今でも多分それは変わっていないです。
今回は、"The Snowden Files"を読んでいます。これはニュースの延長で読めるし、ニュースより英語自体が易しいので非常に読みやすいです。

category: 体験レッスン

cm 0   tb 0   page top

オンライン英会話・体験レッスン 

オンライン英会話の体験レッスンを受講中です。
イングリッシュ・ベルはしばらくは継続予定ですが、ニュース記事やテキストを使ったディスカッション主体のレッスンを加えたいと思っています。
他に希望する条件は、毎日受講型ではないということだけです。

リアル英会話、スラリーe、ウィリーズ英語塾の体験レッスンを受講しました。

リアル英会話は50分レッスンで講師陣に自信有りとのことです。レッスン価格もお手頃です。ポイントは1ヶ月ごとの購入ですが3ヶ月有効とのことで、使い勝手がよさそうなスクールです。
50分レッスンのためか、体験レッスンは1回だけです。
ニュース記事のディスカッションとかだと25分じゃ足りないことが多かったので、50分レッスンのみということなのかなと思いますが、体験ではフリートークを50分だったので、いまいち50分レッスンにこだわる必要性がわかりませんでした。最初に希望を言っておけば時事英語とかも選べたのでしょうかね?

スラリーeは2回の体験レッスンが終わりました。
最初のフリートークとカリキュラムレッスンは別々の先生で受講しましたが、どちらも話しやすい良い先生でした。
カリキュラムレッスンはグラマーレッスンとのことで、スポーツに関する動詞についてでした。雑談を交えながら楽しくおわりました。

ウィリーズ英語塾も50分レッスンのみです。担任制で週2回の時間固定制です。ここは、瞬間英作文(森沢本ではないので、スクールでは別な呼び方をしていたかもしれません)と音読を柱にしています。
体験レッスンは2回でした。スパルタ系かと思っていましたが、担当の先生がほんわかした感じの方だったので、全くそんな感じがしませんでした。瞬間英作文と音読はそこそこ出来ているらしいので、「あなたはもっと自分の考えを表現する練習をした方がいいわね。」ということで、合間にちょこちょこ質問を挟んだり、意見を言わせたりしてくれます。上手く言えませんでしたが・・・。
時間固定制というのは辛いのですが、まあ、なんだかんだで良さそうだったので、とりあえずここだけは本登録しました。サポートもきめ細かい感じです。

結局、予定外のスクールを契約してしまい、記事レッスンをするところはまだ決まっていません。スラリーeも良かったし、バリューに戻ってもいいのですが、あと2、3気になるスクールがあるので、気力が続けば体験レッスンを受けてみます。

category: 体験レッスン

cm 0   tb 0   page top

バーチャル英会話体験レッスン 

念願のバーチャル英会話の体験レッスンを受講しました。
グループレッスンに興味があったのと、予約無しで良いというのがいいなあと思っていました。料金も高くないし。

こちらのスクールでは、Skypeではなく専用のソフトウェアを使ってレッスンを行っています。とりあえず、ソフトウェアをインストールして、音声チェックをしていたのですが、なぜかマイクは認識しているのに音声が聞こえないので、あたふたと設定をいじっていました。
予約無しで受講できるのがウリなのですが、入室のタイミングが30分ごとなので、これを逃すとまたしばらく待たなくてはいけないと思い、かなり焦っていました。

なんとか音声チェックが終わり、ギリギリで入室すると、先生と二人きりでした。レベルは自分で選ぶことになっているので、まず入門レベルを選択しました。先生はバイリンガル講師らしいのですが、寿司ネタの名前以外で日本語を使うことはありませんでした。普段のイングリッシュベルでのダニエル先生とのレッスンの方が日本語を使っているかもしれません。

話す時にcontrolボタンを押すというルールに慣れず、押しっぱなしだったり、押さずにしゃべっていて先生に同じ質問を繰りかえされたりしていました。
普段、ハイテンションなフィリピンの先生に慣れているせいか、今回の先生がかなり落ち着いていて、大人しいように感じました。自分が答えた後の微妙な間がどうにも居心地がわるく、汗びっしょりになっていました。レッスンで汗をかくというのは久しぶりです。

一応、テキストのようなものに沿って進行していましたが、他の生徒がいないし、私は先生の質問に対してかなり自由に答えていたので、入門レベルの授業がどんなものなのか、よくわからないまま終わってしまいました。
結構、汗をかいて疲れたので、これが入門だとするとヤバいなと感じています。
次回は是非グループレッスンというものをやってみたいです。

category: 体験レッスン

cm 0   tb 0   page top

hanaso体験レッスン 2回目 

今日は、hanasoの2回目の体験レッスンを受けました。
予約していた先生が都合が悪いらしく、いきなりの代講レッスンでした。

前回同様、記事レッスンをしたいと希望欄に書いておいたのに、簡単な自己紹介のあと、記事レッスンにするかフリートークにするか聞かれました。記事レッスンをしたいと言うと、Breaking News Englishのリンクが送られてきて、「この中から選んでね。」と言われたので、一番新しい記事"Newborn baby alive after 40 hours in sewer"を選びました。
これまでに、Breaking News Englishを使ってレッスンしたことはほとんど無かったんじゃないかな。記事自体は簡単でしたが、まあ、あまり面白くないトピックだったこともあり、盛り上がりに欠けました。
先生は悪くはないんですが、特にこの先生じゃなきゃというのもなく、といったところです。

6/30までは初月半額キャンペーンをやっているそうですが、決め手に欠けます。先生も多そうだし、とりあえずやってみるというのもありですが、記事レッスンをやるスクールを探しているのに、毎回、「フリートークにするか?」と聞かれるのもちょっと面倒です。代講は多いのかなあ?あと3日ぐらい考えてみます。

category: 体験レッスン

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。