09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Piroの外国語学習と趣味の日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

バリューイングリッシュVOA講座 31回目 

バリューのVOA講座です。今日で8回コースの最終回です。
今回のテーマはこちらです。

US Takes Action Against Cyber Theft Threat

アメリカが司法省を中心に、主に中国からと思われるサイバーアタックと戦っている話です。

先生の質問は、「日本でもアメリカのようなサイバーアタックの例とそれに対する政府の取り組みはあるか?」、「日本でも大企業がハッキングされた例はあるか?」、「なぜ、大企業が狙われているのか?」、「アメリカのセキュリティ会社と中国政府の言い分は、どちらが信用出来るか?」などでした。

話はわかりやすいのですが、日本政府がどのように取り組んでいるかとか知らないので、子供の会話のようになってしまいました・・・。

今回をもって、バリューのVOA講座をしばらくお休みしようかなと思っています。理由はいろいろありますが、基本的にバリューは先生もスクールもいいので、またすぐに戻ってくるかもしれません。講座や先生は他を試してみるかもしれませんが。
VOA講座は、10ヶ月ぐらいやっていたのでしょうか?長らくお世話になりました。

get away from 〜から離れる、〜を去る
get ... down 〜の気を重くさせる
get down to 本気で取りかかる
スポンサーサイト

category: バリューイングリッシュ

cm 0   tb 0   page top

バリューイングリッシュVOA講座 29回目 

バリューイングリッシュのVOA講座です。いつも通り、フェイ先生です。

テーマはこちらです。
Nigerian Doctor Honored for Fight Against River Blindness

アフリカでみられる河川盲目症と、それと戦った女医さんの話です。サブサハラ地区の急流周辺に発生するハエが媒介するウイルスが原因で、皮膚疾患がおこったり失明したりするそうです。特効薬はあるのですが、内戦や貧困で患者の手に渡らないため、その薬を提供するプロジェクトを始めたとのことです。

先生からの質問は、「こういった病気は日本でもあるか?」、「この女医はどのようなことをした人か?」、「病名の由来は何か?」、「薬が手に入らない理由は何か?」、「皮膚疾患を負った女性達はなぜ社会に受け入れられにくいのか?」、「ハエに噛まれたらどのような症状が起こるか?」などでした。

理解しやすい話だったのですが、やはり回答になるとつまりますね。あと、語尾を濁したり、途中で考えてしまったり・・・。フェイ先生は本当に教え方の上手い先生なので、そんな時には、適当に質問の言い回しを変えて答えやすい様にしてくれるので助かってます。良い先生です。

先月、ほとんどオンラインを受講していないので、この2週間ほど、集中的に受講中です。まあ、カランの最初の方なども含むので、スピーキングにどれ位効果があるかは謎ですが、ましになるといいなあ。スピーキングはずっと苦手なのですが、最近、前よりひどくなったんじゃないかと、さすがに危機感を感じています。

Don't give me that. そんなこと言わないで。
give away 無料で与える
give as good as they get 互角に戦う、やり返す

category: バリューイングリッシュ

cm 0   tb 0   page top

バリューイングリッシュVOA講座 28回目 

バリューイングリッシュのフェイ先生で、VOA講座を受講しました。
先生は自宅からレッスンをしているのですが、昨日は親戚の方が来ているとのことで、「うるさくてごめんなさい」との前置きがありました。

今日はこちらのトピックです。

Study Finds Overweight People Have Lower Risk of Death

オーバーウェイトの人の方が死亡リスクが低いという研究結果があるそうです。
先生からの質問は、「このタイトルは信じられるか?」、「この研究では、肥満の人は正常な人よりどれ位死亡リスクが低いか?」、「一般に、肥満の人はどのような病気にかかりやすいと考えられているか?」、「BMIとは何か?」、「BMIを指標として用いる問題点は何か?」、「周囲の人を見て、肥満の人の方が死亡リスクが低いと思うか?」などでした。

最後まで読むと、肥満の方がいいと言っている訳ではありません。適性体重の方が心臓病や糖尿病のリスクは低いのでいくら太ってもいいという訳では無いようです。記事には研究結果のことは詳しく書かれていないのですが、筋肉質の人は体重が重くなるのでBMIが高めに出てしまうけど、そういう人はむしろ健康でしょう、ということが書かれていました。

今日は、自分の意見がよく言えていて良かったとの評価でした。

be good-for-nothing 役立たず
pick on いじめる、いびる
get on someone’s nerves 〜をいらいらさせる、〜の癇にさわる

category: バリューイングリッシュ

cm 0   tb 0   page top

バリューイングリッシュVOA講座 27回目 

現在、出張中です。出先のホテルで昨日の記録を書いています。普段使っているパソコンじゃないので書きにくいです。それはそうと、出張中は勉強は無理ですね。ロゼッタストーンやその他の語学系のアプリがiPhoneに入っているのでやろうと思えばできるのですが。

昨夜、バリューのフェイ先生のVOA講座を受講しました。
トピックはこちらです。
Internet Users in China Must Use Real Names

中国のインターネットユーザーは実名を使用しなければいけないというものです。当局は、ユーザーの個人情報保護のためだと主張しているようなのですが、大方の見方は政治家の腐敗などを暴露されることを防ぐためではないかと考えているようです。

先生の質問は、「日本ではネット上で実名を使用する必要があるか?」、「実名使用の目的は何か?」、「なぜ批評家たちは、当局の実名使用の目的は個人情報保護のためではないと考えるのか?」、「ネットでの実名使用を義務付けることによって、政治家の汚職などについての書き込みはなくなると思うか?」などでした。

今回は、発音がずいぶん良くなっていると褒められましたが、多分ほかに褒めるところが無かったためだと思います。自分でも嫌になるぐらい幼稚な言い回ししか使っていないんですよね。もうちょっと、他に言い方があるだろうと思うのですが。

書く方は幾分マシで、メールとチャットだけしかしない人には、英語ができる人だと思われているようです。
最近知り合いになった人で、大学生にアカデミックライティングを教えている人がいるのですが、その人から"Your grammar seems really good. Better than many of my students, for sure!”と言われました。まあ、(彼が教えている)アメリカの大学生は、高校の教育がなっていないから文がまともに書けないという話の流れだったので、単純に私が褒められているわけではないのですが。でも、かなり勘違いしている部分がありそうなので、 実際に会話しようといわれるのが怖いです。その点、アンディさんやターニャさんは私がしゃべれないことを知っているので気楽です。シンガポール君にいたっては、日本語でしかやり取りしたことが無いです。

category: バリューイングリッシュ

cm 0   tb 0   page top

バリューイングリッシュVOA講座 26回目 

フィギュアスケートの世界選手権が始まりましたね。
まだ見ていないのですが、男子SPは結構波乱があったようですね・・・。でも、パトリック・チャン選手はスコアから察するに相当良い演技をしたのでしょう。楽しみです。それから、昔のロシアの選手のようで結構気に入っているデニス・テン選手も良い位置にいますね。あと、4回転を何本跳んでも点数が伸びない印象があった、ケビン・レイノルズ選手も上位に来ています。高橋選手は、きっとフリーで巻き返してくれるでしょう。

それはさておき、バリューのVOA講座です。

こちらの記事です。
Lifelong Bilingualism Gives Seniors Mental Edge

2カ国語を話す人は、単一の言語しか使わない人に比べて脳を効率的に使っており、特に年を取ってから顕著であるという話です。

先生が、「Piroは日本語と英語が話せるけど、自分をバイリンガルだと思う?」と質問したので、Noと答えました。とんでもないです。バイリンガルってどっちもネイティブスピーカーレベルの人のことですよね?先生はさらに、「じゃあ、私は?」と聞いてきたので、「先生はバイリンガルだと思う。」と答えました。先生は、母語と英語以外にも、日本語と韓国語を勉強中だそうです。

記事の内容に関する質問は、「最近の研究では、バイリンガルの人はモノリンガルの人に比べてどのような特徴があることがわかったか?」、「研究者達は、被験者をどのようなグループにわけて、どのようなテストをおこなったか?」、「アルツハイマーの患者においてはどのようなことがわかったか?」、「一般に、バイリンガルであるアドバンテージは何か?」などでした。

VOAにかぎらず、BBCや日本国内の新聞などもそうなのですが、医療・健康関連の記事はとばし記事か?というようなものが多いと思います(結構、BBCがひどいと思う)。新聞が悪いというか、元になっている論文がかなり研究の初期段階であるのに、さもヒトにも適用できるような論調のものとか、論文自体がかなり怪しげなものとか、いろんなケースがあります。「おや?」と思う見出しの記事は、大抵怪しいです。今回の記事は、別に怪しいというつもりは無いですが、学術論文と違って新聞の影響は大きいので、慎重に取り扱って欲しいところです。実際には、研究機関やプロジェクト側が新聞に売り込むパターンが多いので、鵜呑みにするというか、いちいち検証出来ないというところでしょうね。

しばらく書いていませんでしたが、コロケーションの勉強は続けています。
get lost いなくなる、(命令形で)失せろ
wash one's hands of~ 〜と手を切る、〜から足を洗う
couldn't care less まったく無関心である、全く興味が無い
また、couldn't (can't) + 比較級が出てきましたね。

category: バリューイングリッシュ

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。